FC2ブログ

タグ:比企谷八幡

八幡「死ねばいいのに」

1: ◆9K3QvrUluE 2016/04/15(金) 23:45:13.39 ID:PrT2DjiPo
平塚「比企谷、この舐めた作文は何だ?」

八幡「いや、高校生活を振り返ってのテーマに沿って書いたつもりですが?」

平塚「アニメと読書のことしか書いてないじゃないか!」

八幡「はぁ」

平塚「それにスレイヤーズや爆れつハンターが入ってないぞ!!」

八幡「流石にそれは世代じゃないので」

平塚「うっ。……いや、しかし名前を知ってるだけでもましか……」

八幡「それで作文は書き直せばいいんですか?」

平塚「当たり前だ。それと君は友達はいるか?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1460731513

続きを読む

  タグ:

八幡「ずっとお前のことが好きだった。俺と付き合ってくれ」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/01(月) 12:42:50.33 ID:hyqJ9q9H0




海老名「…………」

戸部「あの……、俺さ、その……その」





SSWiki :http://ss.vip2ch.com/jmp/1514778170

続きを読む

  タグ:

八幡「つまり、彼ら彼女らは平等に不平等である」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/15(火) 22:06:08.27 ID:q1wzAMxw0
──「出る杭は打たれる」という諺があるように、他人より優れている人間は憎まれるのが世の常である。
他人に嫌われたく──疎まれたくなければ、可能な限り自分の存在感を消すことが得策だ。少なくとも俺はそう生きてきた。

……だがしかし、これはあくまで俺だからそうしただけである。
俺と似ている彼女──誰もない空き教室で、一人本を呼んでいた雪ノ下雪乃は、俺と正反対の生き方を選んでいた。

つまり、正解はひとつではない。存在しないのだ。
……だがしかし、某錬金術師はこのようなことも言っている。

──ないのなら、作ってしまえばいいのだ。

続きを読む

  タグ:

八幡「リア充の真似事でもしてみるか・・・」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/12(火) 01:58:45.83 ID:VyFpitZA0
八幡(普段リア充共を見下しバカにしているが)

八幡(よく考えたらした事も無いリア充を叩くのは流儀に背く)

八幡(俺は読んだ事も無い漫画を叩く事はしない)

八幡(よってまずはリア充を体験してみる)

八幡(そしてその糞さを証明して思いっきり叩くことにしよう、そうしよう)

八幡(で、リア充ってどうすればいいんだ・・・)

続きを読む

  タグ:

由比ヶ浜結衣「ヒッキーが女の子だったら」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/14(日) 20:21:26.29 ID:WhATNrF60
由比ヶ浜「でさー、ヒッキー」

比企谷「ヒッキーって言うのやめてくれないか?引きこもりみたいだし」

由比ヶ浜「えー、可愛いのに……それに病室に引きこもってたじゃん」

比企谷「誰のせいだと思ってんだよ」

由比ヶ浜「あ、ごめん……」

比企谷「あ、いや、冗談だっつの」

由比ヶ浜「ふふっ、ヒッキー優しいから大好き」

比企谷「そういう事言うからお前はビッチなんだよ。私が男だったら勘違いしてるぞ」

由比ヶ浜「ヒッキーならいいよ私」

比企谷「うわぁ、レズかよ引くわー……毎日見舞いに来たのもそう言うことかよ」

続きを読む

  タグ:

由比ヶ浜「ヒッキー大変!小町ちゃんと体が入れ替わっちゃった!」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/01(火) 18:42:29.13 ID:UE+yY/pb0
比企谷「……いや、小町の姿で言われても誰と入れ替わったのかわかんねえし」

由比ヶ浜「あたし、あたし!由比ヶ浜結衣!!」

比企谷「へー。で、小町。それは新しい遊びか?」

由比ヶ浜「信じてないし!?」

小町「いやあ、お兄ちゃん。実はこれが本当なんだよー」

比企谷「おう。いたのか由比ヶ浜」

比企谷「まさかお前も、小町と入れ替わったーなんて言わないだろうな」

小町「お兄ちゃん、ちょっと耳貸して」

比企谷「お前、お兄ちゃんって」

小町「いいから耳貸して。お兄ちゃんは……」ゴニョゴニョ

比企谷「な、なんでそれを」

由比ヶ浜(なにを言ったんだろう……)

続きを読む

  タグ:

雪ノ下「いつものように比企谷くんを罵倒していたら泣きだしてしまった」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/10(金) 00:19:39.53 ID:nEefnmZe0
朝 自室



八幡「ん……」


八幡「……なんだ、夢か」


八幡(中学時代の、イジメられてるとまでは言わないもののそれなりにキツイ記憶が蘇ってきた。陰口だとか、もしくは本人にあえて聞こえるように放たれた悪口だとか、そういった類

のものだ。とにかく、あまり良い寝起きじゃない)


八幡「はぁ……」


八幡(……学校行くか)


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1436455169

続きを読む

  タグ:

八幡「自然な所に収まった結果」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/27(月) 00:36:51.86 ID:y8+urdF+0
学校

三浦「結衣~今日ってさ、暇?」

結衣「部活あるけど」

三浦「それ終わってからでもいいからさ」

結衣「ごめ~ん、ゆきのんとご飯の約束もあるから」


三浦「そうなんだ、まあいいや」

結衣「ごめんね」


三浦「…」


海老名「どうしよっか?帰る?結衣は無理みたいだし」

三浦「ん、そうしよ」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1490542611

続きを読む

  タグ:

八幡「あれから10年…デブニートになった俺は雪ノ下と再会した。」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/16(月) 11:54:16.02 ID:miroJH3+0
雪乃「もしかして比企谷くんかしら?」

八幡「誰だよお前?」

雪乃「部活の部長を忘れるなんて酷いわね。」

八幡「雪ノ下か…?随分大人っぽくなったな。」

雪乃「当たり前よ。あれから10年よ?大人にもなるわよ。」

八幡(性格も大分落ち着いて少し社交的になったな…)

八幡「そうか…じゃあな。」

雪乃「待ちなさい。ちょっとぐらい時間あるでしょう?お茶でもどうかしら?」

八幡「お前の奢りならな…生憎俺はニートで金がねぇんだよ。」

雪乃「あら?お金がない割には随分太ったみたいね。」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1463367255

続きを読む

  タグ:

いろは「せんぱーい!海にいきましょー♪」八幡「…は?」

2: 林檎味 2015/07/14(火) 20:56:58.84 ID:VQaEU+dQO

いろは「きこえませんでしたかー?今度の休みに海に行こうって言ってるんですよー♪」

八幡(なんで俺が誘われているんだ……何か裏があると思い頭をフル回転した結果二つの答えがでてきた。一つ目は……)

八幡「……罰ゲームか?」

いろは「なんでそうなるんですかー思考がネガティブ過ぎてひきます」
八幡(違うのか…なら二つ目で決まりだな!……というかいろはすひかないで!悲しくなるから(泣)


八幡「なら葉山と行くときの練習ってことか」

続きを読む

  タグ:

違和感【俺ガイル】

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/13(土) 17:00:12.07 ID:6WiK3+Eb0
注意。

八幡×小町です

地の文(になっているかは分からない)メインです。

短編で、完結してます。

ちょいエロです。

お願いします。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1418457602

続きを読む

  タグ:

葉山「彩加と」八幡「隼人と」戸塚「八幡と」

1: ◆vSr2v0ytw2 2016/03/18(金) 18:22:21.76 ID:GRAOxm1jo
「なあ」

「ん?」

「何?」

三人しかいない真夏の教室で、机に足を乗せながら言う

「なんでクーラーついてねえの?」

六つ並んだ机の上に寝転んでいるヤツが答える

「節電だってさ」

被せるように

「暑すぎるよねえ」

と、椅子を三つ並べて足を伸ばして座っているヤツも言う

「予報だと36度までいくらしいぞ」

「聞くだけで暑くなるな…」

「あははー…」

いつも笑顔を絶やさないヤツもさすがに参っているのか、大きく体を椅子にもたれかける

「お前ただでさえエロいんだからそういうことするなよ」

「せくすぃーでしょ」

「はははっ」

何故夏休みの真っ只中に俺こと比企谷八幡と、葉山隼人と、戸塚彩加が冷房も付いていないクソ暑い教室に閉じ込められているのかというと

「なあ」

「ん?」

「なにー?」

「期末テスト平均未満なの何個あった」

「「全部」」

八幡「俺より酷いな」

補習食らったからなのである――!

SSWiki :http://ss.vip2ch.com/jmp/1458292931

続きを読む

  タグ:

八幡「俺の知らない俺がイル」

1: ◆.6GznXWe75C2 2017/01/23(月) 16:53:08.14 ID:/rKlOuIfo
八幡「どうなってんだよこれ……」

いろは「何言ってるんですか、先輩?」

八幡「いや、今言ったセリフをもう一度頼む」

いろは「はい?」

八幡「いいから」

いろは「今って……、だから、先輩はわたしの彼氏じゃないですか」

八幡「…………」

いろは「この前、先輩から告ってきたんじゃないですか」

八幡(一色の目にふざけてるような意志は見られない)

八幡(となるとふざけているのは俺の方か?)

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1485157987

続きを読む

  タグ:

八幡「バレンタインデーは運命の日でした」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/09(火) 05:51:49.52 ID:CZAt0GcT0

2月

奉仕部の部室

雪乃「比企谷くん」

八幡「ん~~?」ペラ

雪乃「人が呼んでる時は、せめてこっちを向いてと言われなかった?」

八幡「小町至上主義の親に育てられたからな、教わってない」

雪乃「まあいいわ」

八幡「なんだよ?」

雪乃「これは…あくまでも、奉仕部の分析の為に聞くのだけど…」

雪乃「その、チョコレートはどのくらいもらったの?」

八幡「……」



SSWiki :http://ss.vip2ch.com/jmp/1433796699

続きを読む

  タグ:


お知らせ
また、サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
アイドルマスターを各種かてごり分けしました

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

Twitter

SSなびのTwitterアカウントです

最新記事
ピックアップカテゴリ
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク
リンク
リンク3
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

RSS