タグ:梅木音葉

【R18】梅木音葉「二人に響く愛と本能」

1: ◆agif0ROmyg 2017/06/11(日) 21:53:28.86 ID:hNl4eUND0
アイドルマスターシンデレラガールズの梅木音葉のR18SSです。




撮影など、旅先での仕事が少し遅くなった時。

彼はよく私をホテルに誘います。

私、アイドル梅木音葉を担当しているプロデューサーは、これでなかなか有能な方で、普段の仕事の差配はとても上手く回してくれています。

そんな彼が、折り悪く宿が空いてなかったなんて言ってくるのは、いかにもわざとらしい。

でも、そんな適当な嘘を言ってくることも承知の上。

強引に誘わないのは彼の最後の職業人としての挟持なのでしょうか、それともそうすることで私の心のガードが緩むと考えているのでしょうか。

おそらく両方、なのでしょうね。

そうして、私たちは今夜も、いわゆるラブホテルに向かいます。

駐車場からすぐ入れるため、私達みたいなアイドルでも案外利用しやすいのが嬉しいですね。

他の利用者から顔をまじまじ見られることもまずありませんし。

それに何より、普通のホテルとはぜんぜん違う、この淫靡で薄暗い雰囲気。

部屋を選んで鍵を受け取るだけでも何か煽り立てられているような感触があります。

このホテルに来るのは初めてですけれど、ラブホと呼ばれるような建物はどこもおおむね同じ。

薄暗くて微かにロビーに音楽が流れてたりして、でもそれ以上に耳に飛び込むのはベッドの軋み、シャワー、そして嬌声。

ビルの中に部屋がたくさんあって、その全てが男女の睦み合いのためだけに作られた部屋で、何組ものカップルが絡み合っている……

薄い壁や床、天井を隔てて声が漏れ聞こえる、こんなところ。

手を引かれて歩いているだけでも、私の視界に淫らな色が満ち溢れて、言葉にできない衝動が脳神経をかき回します。

扉の向こうから艶かしい色が漏れ聞こえてくる、その部屋の前を通ると、狂気を孕んだ喘ぎ声が視界の端に広がって目を背けることなどできません。

まるで男性がいやらしいDVDか何かを見ているときのように、私も焚きつけられてしまいます。

鍵を開けて私たちの部屋に入った時には、もう出来上がってしまっていました。

狭い中に大きなダブルベッドを無理やり詰め込んだ、寝ることしかできない部屋。

そう言えば彼とこういうホテルに来るのは久し振りのことですね。

私は未成年で、まだお互いの家におおっぴらに出入りできるような関係ではありません。

そのせいもあって、彼とは結構なご無沙汰。

認識すると、改めて興奮してきました。

奮い立っているのは私だけでなく、彼の方も呼吸がちょっと荒くって。

そんないかにもオスっぽい色、誘ってるんですか私を。

発情してるのを魅せつけて、こんな狭い部屋、呼吸すら淫らに響きます。

ここはもう正気でいられる場所じゃありません。

傍に立つ彼にしなだれかかって、首に手を回し、そのまま唇を合わせました。

部屋に入ってすぐ、靴も脱がずにこんな風にキスするのは、本当に欲望をもて余し切っていたみたいで少し恥ずかしいですけれど、実際そうなんですから仕方ありませんね。

私より少し背の高い男性と立ったままキスするのは、あまりやりやすいものでもありません。

でも、今まで何回もやったことですし、相性も悪くないようで、すぐに没頭してしまいます。

プロデューサーさんの舌が私の口の中にぬるりと入り込んできて、粘っこい唾の体温で頭の中が染まっていきます。

触れるだけの軽いキスでは物足りない。

お互いの口を啜りあう貪欲な口付けで、頭の中をかき回してほしい。

粘膜と唾の鳴る音で、私はゆっくりと狂っていきます。

何も味なんかついていないはずなのに、どうしてこんなにキスが美味しいんでしょう。

目を閉じてこの感覚に浸るのもいいのですが、そうしたところで淫らな色は消えてくれません。

続きを読む

タグ:

モバP「音葉イヴ茄子聖を孕ませる」【R18】

1: ◆agif0ROmyg 2016/10/31(月) 21:51:24.41 ID:k+wgwEUU0
アイドルマスターシンデレラガールズの、梅木音葉、イヴ・サンタクロース、鷹富士茄子、望月聖のR18SSです。







共感覚と言うのはあくまで感覚の一種であって、別に超能力や魔術のたぐいではないらしい。

しかしながら、人間の体から出る音は呼吸にしろ何にしろ、その人間の精神を反映しているもの。

ゆえに、初対面ならいざしらず。

親密な相手なら、少し観察し聴覚に集中することで、どんな気持ちでいるのか何となく分かると、音葉は言う。

だから、寒くなりつつある秋の日。

年末年始。即ち我が担当アイドル、梅木音葉、イヴ・サンタクロース、鷹富士茄子、望月聖の4人にとってのかき入れ時に向けて冬の営業計画を立てていた時。

忙しくなり始めた時期に滾りつつある欲望を悟られても、もはや否定はしない。

「……私達のために仕事をしてくれるのは、とても嬉しいのですけれども。
そろそろ少し休憩も必要なのではありませんか……?」

なんということのない言葉だが、事務所で二人きりのときに音葉が「休憩」というのは、単に体を休めるだけのことを意味しない。

172cmの長身と抜群のスタイル、どこか浮世離れしていて幻想的な言動、立ち居振る舞い、雰囲気。

男の欲望を掻き立てる女としての一面と、妖精めいて世俗的な情欲から一線を引いたような一面。

相反する要素を矛盾なく併せ持ち、アイドルとしてその両面を強く押し出していけるのが、我が担当アイドル梅木音葉の強みである。

そして今、俺以外の人間の視線を気にしないでいい音葉は、その女の面でもって俺を誘っている。

いつもより少し近い距離で、むっちりと大きく膨らんだ胸を寄せてきている。

……音葉にしてみれば、至近距離で自分の男があからさまに発情しているのを見せつけられていたわけだから。

そういう意味では俺の方から誘ったといえるかもしれないが。

いずれにしても、ここで彼女を振り払わねばならないほど切羽詰まっているわけでもない。

いつも通り、二人連れ立ってベッドのある休憩室へ滑り込んだ。

「……こうやって手を引いてもらえるのは、嬉しいものですね。
 あなたの昂り、色と音と、もっといろんな方法で伝わってくるようで」

セリフの選択こそファンタジックだが、言っている内容自体はさほど難解でもない。

好いた相手に求められて嬉しくなるのは男も女も同じ、ということだろう。

音葉の頬はほんのり赤らんでいて、穏やかな物腰に秘められた愛欲の熱さを思わせる。

「つがいを求める雄の吐息……紫色で、見ているだけでもそわそわしてしまって……
 我慢できなかったのでしょう? どれくらいしていないのですか?」

確か……最後にしたのは茄子と、2日前か。

あのフワフワムチムチ巨乳を掴んでバックから思い切り中出ししたんだった。

思い出すだけで我慢汁が出そうだったが、音葉の方は少し不満げ。

「……そうでしたか。別に、したくなったら私を呼んでくれてもよかったのですよ。
 今更お互い、遠慮するような仲でもないでしょう」

確かに。

だからこそ俺は服を脱ぎ下半身を露出させ、音葉は上半身裸になってその片手では到底掴みきれない大きな胸をさらけ出しているのだ。

「私の胸、お好きですよね? いつもこの胸を見て、唾を飲み込んでいますものね。
 ……今日は、前に茄子さんに教わったのをしてあげましょうか」

そして白くて深い谷間に唾を垂らし、俺の視線を浴びてニッコリ微笑して、そのまま竿を胸で挟み込んできた。

シミひとつ無い抜けるような肌、みずみずしくて吸い付くようなおっぱい、アイドルのなかでも上位に位置する巨乳。

そんなもので男性器をサンドされてしまったら、すぐに先走りが出てしまう。

楽器の演奏以外では不器用な音葉だったが、こちらの技はなかなかうまくやってくれている。

やはり才能だろうか。

続きを読む

タグ:

梅木音葉「二人の淫らなコンチェルト」【R18】

1: ◆agif0ROmyg 2015/02/28(土) 16:40:53.40 ID:gz0q5lFO0
アイドルマスターシンデレラガールズの、梅木音葉のSSです。
全編R18.

SSWiki :http://ss.vip2ch.com/jmp/1425109253

続きを読む

タグ:


お知らせ
また、サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
カテゴリをあいうえお順にしました、

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
ピックアップカテゴリ
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。