タグ:東條希

絵里「うるさい同級生」

1: ◆UFNnDwMYPk (湖北省)@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 22:40:45.72 ID:CPdUYXKL
のぞえりです。
たまには酉ありで。

続きを読む

タグ:

希「……」カキカキにこ(何を書いてるのかしら?)

1: 名無しで叶える物語@(神宮)@\(^o^)/ 2015/10/17(土) 14:29:54.03 ID:tjC6iUmi
にこ(日記?にしては真剣に書いてるけど……)

絵里「ちょっとにこ、聞いてるの?」

にこ「へ?あ、いや、なんだっけ?」テヘヘ

絵里「もう、今日のBiBiの練習をどうするか話し合ってたんじゃない」

にこ「そ、そうだったかしら」

絵里「しっかりしてよね、もうすぐライブなんだから」

にこ「そうね……それじゃあ今日はフォーメーションの確認と発声練習をしましょう」

絵里「おっけー、じゃあ練習にいきましょ」

にこ「分かったー。よーし!今日も練習頑張るわよー!!」

絵里「おー!」

にこ「……」チラッ






希「……」カリカリカリカリ

にこ(……気になる)

続きを読む

タグ:

希「ウチの友達は小さい」

1: 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2017/01/23(月) 20:19:37.76 ID:8EvwOiqR
希「あら?部室の電気がこんな時間まで…誰かいるんかな?」

希「そろそろ帰らんと、先生に怒られる…」

にこ「…」

希「にこっち…こんなところで寝てたら風邪ひいちゃうよ」

希「ま、もう時間はもう少しあるしちょっとだけ寝かせてあげよかな」

続きを読む

タグ:

希「1人暮らしは寂しくてな、子犬を飼い始めたんよ」花陽「わぁ、とてもかわいいです!」 [

1: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/12/29(木) 22:51:29.03 ID:2EoZB8QP
   
希「みんなと楽しく練習して家に帰ると誰もいない……」

希「あぁ、ウチは孤独なんやなぁって無性に寂しくなるんよ」

花陽「希ちゃん……」

希「そんな時、ウチのマンションはペットOKだって知ったんや」ニヤリ

花陽「よかったね、希ちゃん♪」

希「それで子犬を飼い始めたんやけどめっちゃかわいくてな」

花陽「希ちゃん、とっても幸せそうです」

希「今日は花陽ちゃんにも自慢のうちの子を見せてあげるやん♪」

花陽「ふふふ、楽しみです」

続きを読む

タグ:

希「幽霊のんたんと!」にこ「にこの大学生活」【後編】

360: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/12/09(金) 17:31:16.80 ID:oncpntMi

前スレ:

希「幽霊のんたんと!」にこ「にこの大学生活」【前編】




・13

にこ「いくわよ」

真姫「OK」

にこ「ワン、ツー、スリー...」

続きを読む

タグ:

希「幽霊のんたんと!」にこ「にこの大学生活」【前編】

1: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/12/05(月) 22:21:31.25 ID:U42KMtGu
・1

にこ「大学二年なってやっと念願の一人暮らし...」

にこ「やったわ!ついに自由よ!」

にこ「えーっと、確かこの部屋だったわね...」

にこ「ちょっとボロいけど...まぁ、家賃も安いし全然アリね」

続きを読む

タグ:

【ss】アルパカ「九人や。ウチを入れて」

1: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/09/23(火) 10:53:59.20 ID:b5K2wpw3
ほのか「えっ……?アルパカも?」

アルパカ「占いで出てたんや。このグループは九人になったとき未来が開けるって」

続きを読む

タグ:

希「打ち上げは焼肉で決まりやん!」

1: 名無しで叶える物語@1(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/10/18(日) 22:36:05.27 ID:YLetW0jG
絵里「みんな、ライブおつかれさま」

ことり「今回のライブ、うまくいったね!」

真姫「ええ。カンペキな私を見せられたわ」

花陽「真姫ちゃんすごい……花陽なんか、踊りを二回もまちがえちゃった……」

凛「えー?そんなの平気だよ!凛は少なくとも五回はまちがえたし!」

真姫「終わったことをあれこれ気にしても、仕方がないわよ」

花陽「……そうだね。ありがとう、凛ちゃん、真姫ちゃん」

にこ「さて、無事にライブも終えたことだし――あれね。あれをやるわよ!」

海未「あれ…………?なんでしょうか?」

にこ「打ち上げよ!」

海未「ああ、打ち上げのことですか」

絵里「そうね。打ち上げ、やりましょうか」

続きを読む

タグ:

穂乃果「ゆーず?」海未「多分、マイクロズの事じゃないかと」希「!?」

1: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2015/09/16(水) 23:19:21.03 ID:oqmW9dM1
海未「ちなみにμは、10-6メートルの事ですね」

穂乃果「へぇ~」

ことり「海未ちゃんは頭良いなぁ」

希「って、全然違うわっ!」ガラッ

穂乃果「わわっ、副会長!?」

海未「お元気そうですね」

ことり「こんにちは~♪」

続きを読む

タグ:

希「にこっちって18やん?」 にこ「そうね」

1: 名無しで叶える物語(笑)\(^o^)/ 2015/05/09(土) 21:30:00.06 ID:D0yKWqIu
希「そっかぁ」

にこ「……えっ、終わり!?」

希「終わりやん」

にこ「そうなの……何で聞いたのよ」

希「いや、18かぁって思って」

希「ウチと同じやんって思って」

希「あっ、聞こっ! って思って」

希「聞いた」

にこ「そ、そうなの」

続きを読む

タグ:

海未「リリホワでルームシェア」

1: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ (ワッチョイ f6e0-JJWz) 2015/11/08(日) 22:02:13.87 ID:Vwzi1Q+L0
海未(大学生になりリリホワでルームシェアを始めたの所まではよかったのですが...)

凛「お待たせ海未ちゃん希ちゃん♪今日のご飯は凛ちゃんラーメンだよ♪」

希「えぇ~またカップラーメンなん!?」

海未「凛...たまには自分で作ってみてはどうです?」

凛「うぅ...実は凛が働いてるスーパーで凛ちゃんラーメンが大量に売れ残っちゃって...」

凛「なにか申し訳なくなって凛が全部買い取ったんだ...」

凛「でも凛一人じゃ食べきれなくて...」ポロポロ

続きを読む

タグ:

絵里(26)「巨乳レズデリヘル呼んだら希がきた…」【後編】

463: 名無しで叶える物語(わたあめ)@\(^o^)/ 2016/04/16(土) 11:50:51.74 ID:U0ES2AUk

前スレ:

絵里(26)「巨乳レズデリヘル呼んだら希がきた…」【前編】




ーーーーーーーーーーーー
ーーーーーー
ーーー

希「……………」ヨシヨシ

絵里「………グスッ…」

希「………落ち着いた…?」

絵里(26)「……ええ。なんかごめんなさい、何度も…いい歳して…」カァァ

希「ホンマ…最後はカッコつかんよな、えりちは?」ニヤ

絵里「…………ほっといてよ。…ねぇ」

希「…………ん…」

絵里「……………私まだ返事貰ってなくない?」

希「バレたか」

絵里「わざとなのね…」

希「……今は…なんとも言えんよ」

絵里「」ガーン…

希「えっ、えりち…だ、大丈夫大丈夫…!そんな死にそうな顔せんとってよ!…今は…その…」

絵里「……いつ返事はもらえるの?」

希「……少なくとも…この仕事してる時はウチ恋人は作るつもりないよ」

絵里「……そう…なのね………」

希「…………」

絵里「………ねぇ…」

希「無理」

絵里「まだ何も言って無いじゃない!」

続きを読む

タグ:

絵里(26)「巨乳レズデリヘル呼んだら希がきた…」 【前編】

1: 名無しで叶える物語(わたあめ)@\(^o^)/ 2016/04/08(金) 01:51:24.22 ID:44WvFv3R
のぞえりです


絵里(26)「ハイ…ハイ…。○○ホテルの○号室です…。ハイ…メグミチャンデ…ハイ…ヨロシクオネガイシマス…」

ピッ…

絵里(26)「フッ…フフフフ…フフフ…」

絵里(26)「ついに呼んじゃった…レズ専デリヘル!」

絵里(26)「……あぁ…ついに…私…卒業できるのね…」

絵里(26)「今まで男女問わず数多のアプローチを受けてた私だけど…」

絵里(26)「男の人は正直恋愛対象になれなかったし、かと言ってレズバレはプライドが邪魔してどうしても踏み込めないまま気が付けば誰とも触れ合うこともなくアラサーに片足突っ込んじゃった…」ホロリ…

絵里「レズデリヘルの存在を知った時は涙がでそうだったわ…一筋の光…唯一の希望よ…」

絵里(26)「ボーナスも入ったし…日頃の自分へのご褒美よ」

絵里(26)「あぁこの期待と不安と高揚感…悪くないわ…うん」

絵里(26)「………」ソワソワ…

絵里(26)「……とりあえずもう一度歯磨きしておきましょう…」

ーーーーーーー
ーーーー
ーー

続きを読む

タグ:

にこ「一向に進展しないほのえりにイライラしてきたわ」希「何とかせななぁ」

1: 名無しで叶える物語@(神宮)@\(^o^)/ 2015/10/12(月) 20:07:22.26 ID:gFSZgZOf
絵里「ほっ!穂乃果!///」

穂乃果「は、はい///」

絵里「わた、私は!穂乃果の事が!」

絵里「すっ……!すっ!///」

穂乃果「///」

絵里「~~~~ーーー!///やっぱり無理ぃぃぃ!!」ダッ

穂乃果「え!?絵里ちゃん!?」

<ウワーン

穂乃果「……」

穂乃果「絵里ちゃんの……」

穂乃果「……ぅ絵里ちゃんのヘタレーーーー!!!」



のぞにこ「……」

続きを読む

タグ:

真姫「素敵なママ」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/05(月) 05:50:30.32 ID:PnEgiNO+o
\前回のラブライブ!/

にこ「穂乃果の持つ人を惹き付ける匂い、『ほのかふれいばー」



穂乃果『にこちゃん!』ダキッ

にこ『ふぁぁぁ…』トローン



にこ「それを調査すべく、メンバーの匂いを調べて行ったにこ達」



海未『これは…穂乃果の匂い…!』

凛『同じシャンプー使ってるもん!』



にこ「そこで、希の匂いを嗅ぐ真姫ちゃん…」



真姫『ふぁぁぁ…落ち着く』クンカクンカ

希『ちょ、ちょっと真姫ちゃん…』



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1399236630

続きを読む

タグ:

絵里「…まずいわ…トイレ行きたい…」

2: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/09/16(金) 04:07:00.48 ID:j1FG7/lx
のぞえり@付き合ってない

2泊3日合宿中 真姫別荘 

寝室(雑魚寝部屋) 

深夜

スヤー…

スー… スー…

ムニャムニャ…タキタテ…ナノカ…ムニャ…

ムニャ…ヘンナ…ネゴトノ…カヨチンモ…スキ……ムニャムニャ…

シーーーン…

モゾモゾ…

絵里「…………」ムクッ…

絵里(あぁ…恐れていた事態が…本当に起きてしまったわ…)

絵里(……トイレいきたい…)

絵里(あぁ…どうして今日に限って…ああ…)ズーン…

続きを読む

タグ:

希「マキちゃんが指をペロって舐めてなー」真姫「」ガタッ

1: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2015/08/01(土) 10:21:40.43 ID:BlZNDnB7
ことり「わぁー、可愛いねぇー」

希「でしょー?ほんっと甘えん坊さんでな」

希「昨日なんかも──── 」

ガチャ

真姫「おはよう」

ことり「あ、真姫ちゃんおはよー」

希「真姫ちゃんおはようさん」

続きを読む

タグ:

希「そういえば夏休みの宿題、まだやってないやん……」

1: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/08/31(月) 22:46:16.11 ID:ehCsiZpZ
希「というわけでニコっち、宿題うつさせて!」

にこ「えー?まだ宿題終わってないニコ?」

にこ「もう学校始まってるし……明日提出だよー?」

希「終わってないというか……なにもしてない……」

にこ「なにもしてない!?それはもう、あきらめるしかないニコ……」

希「あきらめたら、また先生に怒られるやん……」

にこ「のぞみん、がんばれー♪」

続きを読む

タグ:

ことり「実は、あなたに恋してます」

1 :名無しで叶える物語@10/11名前欄変更投票・詳しくは議論スレへ(もんじゃ)@\(^o^)/ :2015/10/19(月) 12:15:28.48
ことり「…来る、かな…。」

希「さーて、学校終わりっと…それにしても、練習の無い日は暇やなあ。…ん?おーい。何しとるのー?」

ことり「?あっ、希ちゃん。実は今日穂乃果ちゃんとお出かけする予定だったんだけど…急用が入っちゃったみたいで。」

ことり「(なーんて…本当は希ちゃんを待ってたんだけどね。)」

希「お、という事は暇ってことやんなー?もし良かったらその用事、ウチに付き合わせてくれへん?」

ことり「えっ、私は全然大丈夫だけど…希ちゃんは大丈夫なの?」

希「うんうん、ウチはどうせ暇やったからねー。で…どこ行く予定やったん?」

ことり「ありがとう希ちゃん♪えっとね、今日はこの間新しく出来たショッピングモールに行こうとしてたのー。」

希「おー、いいやん。あそこウチも気になってたんよね。そしたらことりちゃんにウチの洋服でも選んでもらおかな♪」

ことり「本当ー?ことり、頑張っちゃいます!」

希「(ふふ、相変わらずことりちゃんは可愛いなあ。)ありがとう、じゃ行こか?」

ことり「はーい、しゅっぱーつ♪」

続きを読む

タグ:

絵里「6月の花嫁」

1 : ◆H/FrQlqtF. :2014/06/08(日) 11:04:52.55
短めです。




~~~~~

空は昨日からずっと灰色をして、止めどなく冷たい粒を落とし続けている。
ぽたぽた、ざーざー。
そういえば、ここに来る前に通りすがった誰かの庭の、紫陽花がとても綺麗だったわ。

傘なんかじゃとても体全体を雨からガードすることはできなくて、少し足元は濡れてしまった。
あっ、髪はおかしなことになってないかしら?
そんな心配から、手鏡を出して前髪の形を直す暇もなくドアが開いて。


「いらっしゃい、エリち♪」


多分、その瞬間私の不快指数はどこかへ吹っ飛んでしまったに違いないわ。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1402193092

続きを読む

タグ:


お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク