FC2ブログ

タグ:望月聖

【デレマス】聖「ひ、聖……見ちゃいました」

1: 名無しさん@おーぷん 2018/10/08(月)06:51:11 ID:lrD
―少女の視線の先

―1人のスーツ姿の男性が、年は中学生ぐらいだろうか。女の子を連れて歩いていた

むつみ「あわ、あわわ。そっち行くと、そ、そのホテルの方がへ」

聖「落ち着いて……言葉、噛んでる」





むつみ「でででも、プロデューサーさんと……その由愛ちゃんが一緒に」

―片方の少女はホテルの意味を理解しているようだが

聖「でも……ホテル?まだ夜じゃない……ですよね」



―金髪の少女は理解していなかった

続きを読む

  タグ:

モバP「プロダクションを建ててフェスで勝とう」

関連スレ:

モバP「プロダクションを建てたのに……」


モバP「プロダクションを建てて一か月……」


モバP「プロダクションを建てて二か月……」


モバP「プロダクションを建てて二か月ちょっと……」


モバP「プロダクションを建ててから久々にゆっくり……」


モバP「プロダクションを建ててフェスへ行こう」



1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/03(日) 18:49:43.23 ID:Zj1Zhm+e0
P(アイドルのプロデュースに夢見てプロダクションを建てて約半年……。)

P(所属アイドルが佐城雪美、小早川紗枝、浜口あやめ、喜多見柚、桃井あずき、望月聖の6名…。)

ちひろ「………」

P(フェスも終盤か……。)

prrrr……

ちひろ「Pさん、メール来てますよ。」

P「えっ!あ、ありがとう確認するよ。」

P(ん、これは……)ポチポチ

『 Pさんお疲れ様!
  4回戦凄かったね!あたしも見てて思わずヒートアップしちゃった!
  次の戦いに勝てば、決勝進出だね!
  あたし……応援してるから。心細くなったらいつでも電話してね?

                      原田美世』

P「………………」

続きを読む

  タグ:

モバP「プロダクションを建ててフェスへ行こう」

関連スレ:

モバP「プロダクションを建てたのに……」


モバP「プロダクションを建てて一か月……」


モバP「プロダクションを建てて二か月……」


モバP「プロダクションを建てて二か月ちょっと……」


モバP「プロダクションを建ててから久々にゆっくり……」



1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 15:03:34.50 ID:FOy3BUpC0
P(アイドルのプロデュースに夢見てプロダクションを建てて約半年……。)

P(所属アイドルが佐城雪美、小早川紗枝、浜口あやめ、喜多見柚、桃井あずき、望月聖の6名…。)

ちひろ「………」カタカタ

P(…………)

ちひろ「Pさん、メール来てますよ。」

P「えっ!あ、ありがとう確認するよ。」

P(もしかして……。)カチカチ

『 モバイルプロダクションの皆様

  プロダクションマッチフェスティバル本戦のご案内
  お世話になっておりますフェス運営事務局です。
  (中略)
  それでは、当日お待ちしております。

                      フェス運営事務局』

P「………………」

続きを読む

  タグ:

モバP「音葉イヴ茄子聖を孕ませる」【R18】

1: ◆agif0ROmyg 2016/10/31(月) 21:51:24.41 ID:k+wgwEUU0
アイドルマスターシンデレラガールズの、梅木音葉、イヴ・サンタクロース、鷹富士茄子、望月聖のR18SSです。







共感覚と言うのはあくまで感覚の一種であって、別に超能力や魔術のたぐいではないらしい。

しかしながら、人間の体から出る音は呼吸にしろ何にしろ、その人間の精神を反映しているもの。

ゆえに、初対面ならいざしらず。

親密な相手なら、少し観察し聴覚に集中することで、どんな気持ちでいるのか何となく分かると、音葉は言う。

だから、寒くなりつつある秋の日。

年末年始。即ち我が担当アイドル、梅木音葉、イヴ・サンタクロース、鷹富士茄子、望月聖の4人にとってのかき入れ時に向けて冬の営業計画を立てていた時。

忙しくなり始めた時期に滾りつつある欲望を悟られても、もはや否定はしない。

「……私達のために仕事をしてくれるのは、とても嬉しいのですけれども。
そろそろ少し休憩も必要なのではありませんか……?」

なんということのない言葉だが、事務所で二人きりのときに音葉が「休憩」というのは、単に体を休めるだけのことを意味しない。

172cmの長身と抜群のスタイル、どこか浮世離れしていて幻想的な言動、立ち居振る舞い、雰囲気。

男の欲望を掻き立てる女としての一面と、妖精めいて世俗的な情欲から一線を引いたような一面。

相反する要素を矛盾なく併せ持ち、アイドルとしてその両面を強く押し出していけるのが、我が担当アイドル梅木音葉の強みである。

そして今、俺以外の人間の視線を気にしないでいい音葉は、その女の面でもって俺を誘っている。

いつもより少し近い距離で、むっちりと大きく膨らんだ胸を寄せてきている。

……音葉にしてみれば、至近距離で自分の男があからさまに発情しているのを見せつけられていたわけだから。

そういう意味では俺の方から誘ったといえるかもしれないが。

いずれにしても、ここで彼女を振り払わねばならないほど切羽詰まっているわけでもない。

いつも通り、二人連れ立ってベッドのある休憩室へ滑り込んだ。

「……こうやって手を引いてもらえるのは、嬉しいものですね。
 あなたの昂り、色と音と、もっといろんな方法で伝わってくるようで」

セリフの選択こそファンタジックだが、言っている内容自体はさほど難解でもない。

好いた相手に求められて嬉しくなるのは男も女も同じ、ということだろう。

音葉の頬はほんのり赤らんでいて、穏やかな物腰に秘められた愛欲の熱さを思わせる。

「つがいを求める雄の吐息……紫色で、見ているだけでもそわそわしてしまって……
 我慢できなかったのでしょう? どれくらいしていないのですか?」

確か……最後にしたのは茄子と、2日前か。

あのフワフワムチムチ巨乳を掴んでバックから思い切り中出ししたんだった。

思い出すだけで我慢汁が出そうだったが、音葉の方は少し不満げ。

「……そうでしたか。別に、したくなったら私を呼んでくれてもよかったのですよ。
 今更お互い、遠慮するような仲でもないでしょう」

確かに。

だからこそ俺は服を脱ぎ下半身を露出させ、音葉は上半身裸になってその片手では到底掴みきれない大きな胸をさらけ出しているのだ。

「私の胸、お好きですよね? いつもこの胸を見て、唾を飲み込んでいますものね。
 ……今日は、前に茄子さんに教わったのをしてあげましょうか」

そして白くて深い谷間に唾を垂らし、俺の視線を浴びてニッコリ微笑して、そのまま竿を胸で挟み込んできた。

シミひとつ無い抜けるような肌、みずみずしくて吸い付くようなおっぱい、アイドルのなかでも上位に位置する巨乳。

そんなもので男性器をサンドされてしまったら、すぐに先走りが出てしまう。

楽器の演奏以外では不器用な音葉だったが、こちらの技はなかなかうまくやってくれている。

やはり才能だろうか。

続きを読む

  タグ:

聖「私の歌を聞いてくれる人」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/16(火) 00:18:40.70 ID:26jIj1Fo0
前の

茄子「世界で一番幸運な私」




寺生まれのPさんとか、微妙にイカれてる茄子さんとか、微妙におさないよしのんとか、ふじともとかがでます

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1455549520

続きを読む

  タグ:


お知らせ
また、サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
カテゴリをあいうえお順にしました、

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

Twitter

SSなびのTwitterアカウントです

最新記事
ピックアップカテゴリ
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。