タグ:星空凛

ことり「凛ちゃん凛ちゃん!」トントン 凛「えっ?」プニッ

1: Wi-Fiでスレたてれなかったから禿でスレたて(禿)@\(^o^)/ 2016/04/20(水) 00:49:41.56 ID:dexkxLvQ
凛「あっ/////」

ことり「引っかかった~♪」

凛「もう~ことりちゃん~!」プンプン

ことり「凛ちゃんのほっぺぷにぷにしてた♪」

凛「もうっ/////」

続きを読む

タグ:

凛「ど、どうして…凛なんかスカウトするの…?」武内P「…笑顔です」【ラブライブ】

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/12(月) 22:40:58.79 ID:7jRRwD0So
ラ!板が投稿できないのでこっちに移行します

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1421070048

続きを読む

タグ:

凛「髪型も変えてみる?」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/12(火) 21:02:13.38 ID:5/NuEEcl0

海未「『やんやんっ 遅れそうです』?」


海未「それ以上やったら怒りますよ?」


凛「海未ちゃん寝てるにゃ」



の続き的な。

気付けば第4話です。

真姫「ふんふふ~ん」テクテク ←番外編

また数日かかるかと思いますが、楽しんでいただければ幸いです。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1407844922

続きを読む

タグ:

星空凛「ここは……病院……?」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/04(日) 02:34:34.56 ID:VX24KkS10
凛「おかしいなー。凛、どうしちゃったんだろ」
キョロキョロ

凛「何も思い出せないにゃ……」

凛「!!そうだ、こんなことしてる場合じゃないよ……!学園祭のライブに向けて、練習に戻らないと」

ズキッ

凛「痛っ!?」

ズキンズキン

凛「ど、どうなってるの?力を入れようとしただけで」

凛「……早く、ベッドから起き上がらないと」

凛「……」

凛「だ、だめにゃ……」

凛「足が……動かない……?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1443893674

続きを読む

タグ:

凛(26)「(お腹空いたな…)」トボトボ

1: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/02/03(水) 14:23:17.28 ID:lNLuGFXn
凛「(コンビニ…)」

ウィーン
店員「いらっしゃぁせー」

凛「…」

凛「…フライドチキンください。あ、あと唐揚げ棒もください」

店員「270円です…」

凛「…」チャリン

店員「…30円のお返しでーす」

凛「…」ガサッ

続きを読む

タグ:

ことり「かよちゃんっ!下着みせてっ!」花陽「」

1: 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2017/01/15(日) 19:22:12.71 ID:ECzkUBz4
花陽「ななな…えぇっ///なんでぇ…?///」ウルウル

ことり「今後の衣装の参考にしたいの♡はやくはやくぅ♡」

花陽「ちょっと待ってよことりちゃんっ!///花陽の下着なんてみても参考になんか…」

ことり「なるよっ!絶対になる!」

花陽「ぴゃあっ!!?///」ビクッ

ことり「ことり、もうあんまり時間ないの…だからかよちゃんっ!おねがぁい♡」

花陽「う…うぅ…なんでこんな目に…///」ウルウル

ことり「ことりの下着も見ていいからぁ♡ねっ?」

花陽「そっ…そういう問題じゃ…///」

ことり「じゃあかよちゃん、ばんざーい♡」

花陽「せっせめて自分でっ…!///」ピャアアア



(^8^)
<

続きを読む

タグ:

凛「μ’sのメンバー全員に抱きついていたのがバレた」

1: 名無しで叶える物語(さくらんぼ)@\(^o^)/ 2015/03/01(日) 21:34:31.76 ID:pe42w5/X
部室

真姫「……」カミノケクルクル

にこ「っち」

花陽「……………はぁ」

ことり (・8・)







凛(なんか空気が重たいにゃー)

続きを読む

タグ:

凛(19)「変わらないもの」

1: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/04/03(日) 23:06:03.29 ID:RMMruyW6
※凛しか喋りません


凛「…あ、いらっしゃい、待ってたよ」

凛「もう待ちくたびれてたよ、入って」

凛「寒かったでしょ」

凛「だと思って、お鍋にしたよ!」

凛「え? 機嫌がいいって……まあね」

凛「久しぶりに高校の時の友達に会ってきたんだー」

凛「あの頃は、毎日見てたはずなのに、すごい久しぶりだった…」

凛「そうそう、μ's」

凛「あの日から…μ'sはおしまい」

凛「でも、凛、さみしいとは思ったけど、悲しいとは思わなかった」

凛「だって、μ'sの…みんなとの関係は変わらないから」

凛「……ああ、ごめん。立ち話もあれだね。とりあえず…あ、お風呂?いいよ、あ、でも着替えが…」

凛「…持ってきた?」

凛「……ふーん」

ーーー

凛「いただきまーす」

凛「…あ、見て、テレビ」

凛「そう。アイドル研究部部長だった、矢澤にこ先輩。にこちゃん」

続きを読む

タグ:

希「ウチも入れて9人や」穂乃果「そうなの?」

1: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/08/22(土) 15:00:06.77 ID:D3DO2KVH
穂乃果「海未ちゃんにことりちゃん、真姫ちゃん凛ちゃん花陽ちゃん」

穂乃果「にこちゃんに、せいとかいちょー……そして希先輩!」

穂乃果「この9人でμ's……あれ!? 8人しかいないよ!?」

希「穂乃果ちゃん……自分を入れ忘れてるんよ」

穂乃果「あっ、そっか! えへへ///」

一同「ふふっ」

続きを読む

タグ:

凛「真姫ちゃんのママ」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/07(金) 02:21:15.38 ID:O9IPQuIw0
真姫ママ「ねぇ、真姫ちゃんは今日の晩御飯何がいい…?」

真姫「んー……別になんでもいいわよ。」

真姫ママ「そうね……じゃあホワイトシチューとかにしましょうか。」

真姫「!!」

真姫ママ「あっ……良かった♪お気に召してくれたみたいね。」

真姫「えぇ……も、もう、変な言い方しないでよ、ママ。」

今日はμ'sの練習も無くて、暇だったからママと一緒にスーパーに買い物に来てる。

ママと買い物なんていつ以来かな……。

思えば、こうやって一緒におでかけする機会も減ったかも…。

フフ、でもいい感じかも……♪


……あれ?

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1438881675

続きを読む

タグ:

ことり「凛ちゃんと遊園地」

1: ◆UFNnDwMYPk (湖北省)@\(^o^)/ 2015/07/22(水) 21:24:30.44 ID:iHEjBH22
クリスマスちょっと前の設定です



うーん。いい天気
ぴゅうっとふく風はとっても冷たいですが、今日はとっても――――お出かけ日和

ことりは今日、凛ちゃんとふたりでお出かけをします
お母さんが皆と一緒に行ってきなさい。って遊園地のチケットをくれたんです

本当はμ'sの皆と一緒がよかったのですが、凛ちゃん以外は皆忙しいみたいで
でも――――今日しかイベントがないから
だからもう、凛ちゃんと楽しもうかなって

続きを読む

タグ:

花陽「すごく美味しいラーメン屋さんがあったよ!」凛「ほんと!?」

1: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2015/10/07(水) 20:19:38.76 ID:l884WVZ0
凛「かよちんがラーメン屋さんを紹介してくれるなんて思わなかったよ~」

花陽「えへへ……あっ、ここだよ凛ちゃん」

凛「へぇ~、すっごく楽しみだにゃー♪」ガラッ

店主「らっしゃい! 空いてる所にどうぞ!」

凛「はぁい……よいしょっと。メニューメニュー……う~ん、どれにしようかな~」

花陽「すみません、炒飯ください!」

凛「……」

店主「へいっ!」

花陽「あっ、追加で半ライスください!」

凛「……」

店主「へいっ!!」

続きを読む

タグ:

海未「リリホワでルームシェア」

1: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ (ワッチョイ f6e0-JJWz) 2015/11/08(日) 22:02:13.87 ID:Vwzi1Q+L0
海未(大学生になりリリホワでルームシェアを始めたの所まではよかったのですが...)

凛「お待たせ海未ちゃん希ちゃん♪今日のご飯は凛ちゃんラーメンだよ♪」

希「えぇ~またカップラーメンなん!?」

海未「凛...たまには自分で作ってみてはどうです?」

凛「うぅ...実は凛が働いてるスーパーで凛ちゃんラーメンが大量に売れ残っちゃって...」

凛「なにか申し訳なくなって凛が全部買い取ったんだ...」

凛「でも凛一人じゃ食べきれなくて...」ポロポロ

続きを読む

タグ:

穂乃果「ふひ、ふひひ...」【後編】

375: 1です(庭)@\(^o^)/ 2015/09/30(水) 18:07:32.53 ID:v0tPoRFG
前スレ:

穂乃果「ふひ、ふひひ...」【前編】




次の日

昼休み 部室

穂乃果「うぐっ...うぅ...!」

真姫「」オロオロ

花陽「ほ、穂乃果先輩?な、何で泣いてるんですか?」

穂乃果「ほ、穂乃果の...!お宝がぁ...」

凛「だ、誰かに捨てられたんですか?」

穂乃果「うぇぇぇぇぇ...」

にこ「よしよし。何があったかは知らないけど、取り合えず泣き止みなさいよ」

真姫「と、トマトならありますけど...」オロオロ

穂乃果「...食べる」

カプッ







穂乃果「あ、やっぱり美味しい♪」

続きを読む

タグ:

穂乃果「ふひ、ふひひ...」【前編】

1: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2015/09/27(日) 19:34:22.09 ID:etIG3NxP
2年クラス

生徒A「見て、また高坂さん一人で笑ってる...」

生徒B「うぇぇ、不気味...」

穂乃果「......」

穂乃果(ふん...)


生徒C「キャー!すごーい!」

穂乃果(ん?)チラッ

ことり「そんなことないよ~」

生徒D「いや凄いよ!可愛い服~!」

ことり「そ、そうかな?えへへ...」

穂乃果(...ふん)


生徒E「園田さーん!ここの問題教えてくれない?」

穂乃果(......)チラッ

海未「良いですよ。ここの問題は...」

生徒E「ふむふむ、なるほど!すごい分かりやすい!」

生徒F「園田さんの教え方は上手いな~」

海未「いえ、そんなことないですよ」

穂乃果(......)

続きを読む

タグ:

にこ「もういい加減はっきりさせるわよ!」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/27(月) 07:19:26.93 ID:Hu8teo/z0
凛「うわっ…びっくりしたぁ…」

穂乃果「何で急に大声出したのにこちゃん?三人で静かに勉強してる時に…」

にこ「もう我慢ならないのよ!あんた達と一緒にされるのは!」

凛「どういうこと?」

にこ「もうこの際はっきりさせてもらうわ!この三人の中で誰が一番バカなのか!」

穂乃果「えっ…バカ!?」

凛「凛達がバカって…どういうことにこちゃん!?」

にこ「もうあんた達もうすうす気づいてはいるんでしょ…私達三人がμ'sの三馬鹿と言われてることに!」

穂乃果「えっ…三馬鹿って!?」

凛「どういうこと!?にこちゃん!」

にこ「私達三人がよっ!私と穂乃果と凛が、まわりからμ'sの三馬鹿呼ばわりされてるのよ!」

穂乃果「三馬鹿って…!?何が!?」

凛「にこちゃん…一体どういう にこ「何で分かんないのよっ!?そういうとこが既にバカなのよっ!!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1414361956

続きを読む

タグ:

凛「凛は海未ちゃんの味方だよ?」 [

2: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2015/09/12(土) 18:05:57.52 ID:H7SnmhSC
かよちんがことりちゃんと付き合いだした。そのことを凛が知ったのは、2人が付き合い始めてから一ヶ月以上も後のことだった。

凛「どうして・・・教えてくれなかったのかな?」

この疑問にもはや意味はない、答えなどわかりきっていた。
凛が知らなかったかよちんの秘密。それに訳があるとするなら、凛を傷付けないためなのだから。

凛「どうして・・・凛じゃなくてことりちゃんだったのかな?」

激しく燃える炎は、長く燻る炭火を凌駕する勢いを持つ。つまりは、そういうことなのだろう。
かよちんと結ばれるのは、自分だと思っていた。でも、かよちんは凛との長い時間よりも、ことりちゃんと出会ってからの短い時間を選んだんだ。

凛「どうして・・・こんなに・・・」

意味のない自問自答だと、自分でもわかってる。けれど、今夜もやめられなかった。

凛「ことりちゃんなんて、いなければよかったんだ・・・。いや、あの時凛がかよちんの背中を押していなければ・・・」

そう思うたびに、自分への嫌悪感に潰れそうになる。
真っ暗な部屋で天井を見つめたまま、凛は今日もかよちんのことを想っていた。

続きを読む

タグ:

凛「かよちんが不良に苛められてる…?」

1: 名無しで叶える物語(しうまい)@無断転載は禁止 2016/07/06(水) 11:23:09.80 ID:YvWRdlRV
―放課後・屋上―

真姫「…で?ことり。話って何よ」

ことり「う、うん…ごめんね皆、練習後にいきなり呼び出して…」

穂乃果「ううん。なにか、大事な話なんでしょ?」

ことり「うん……あのね…?ことりの思い違いならいいんだけど…」

ことり「その…」

ことり「…」

ことり「花陽ちゃんが…苛めに遭ってるんじゃないかって、思うの」

続きを読む

タグ:

絵里「娯楽部を作れって? ……拒否するっ!」

1: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/01/07(木) 18:22:13.67 ID:PoPA0P3c.net
穂乃果「えー! なんでなんでー!」

凛「拒否するなにゃ!」

希「エリチのイジワルー! ぶーぶー!」

絵里「そもそも何よ、娯楽部って……どうせ目的もなくダラダラするつもりなんでしょ」

穂乃果「もー全然わかってないなー、絵里ちゃんは」

希「ダメダメ生徒会長やね」

凛「そうにゃそうにゃ」

絵里「そ、そこまで言うのなら活動内容を聞かせてもらおうかしら」

穂乃果「凛ちゃん、希ちゃん言ったげてよ!」

凛「いいよー! まずは、うーんとねー、春はお花見しながらお団子とか桜餅とか食べるでしょー」

希「夏は暑いから冷房の効いた部屋でアイス食べる!」

凛「秋は焼き芋にゃー」

希「冬はあれやね、こたつでぬくぬくしながらミカンを」

絵里「ってダラダラする気満々じゃないっ! それに食べてばっかり」

凛「ちゃんと雪だるまも作るもん!」

絵里「そういう問題じゃなくて…」

続きを読む

タグ:


お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
スマホの人気ランキングのレイアウトを修正しました

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク