タグ:新田美波

美優「楓さんに弱みを握られました……」

1: ◆QbMLM0d8YE 2016/06/21(火) 22:00:54.45 ID:oaf0gih40
美優(今日は、レッスンの予定だったけど、トレーナーさんの都合で延期……)

美優(そのまま帰るのも勿体無いし、事務所に誰かいないかしら)

ココヲ…アアソコハ……

美優(ルームから声がする……。アーニャちゃんと美波ちゃんね)

美優(本当の姉妹みたいに仲が良くて微笑ましいわね)フフッ

アーニャ『ミナミ。ここ、どうですか? イケそうですか?』

ミナミ『ア、アーニャちゃん!? そんな乱暴にしたら!』

美優「……ん?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1466514054

続きを読む

タグ:

新田美波「オトナ、一歩手前の距離で」

2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/08(火) 16:32:11.63 ID:6NsC879C0
事務所の創立記念の船上パーティー。
客船を貸し切っての豪華クルーズだったが宴もたけなわ。
学生組以下はほとんど引き上げてしまい、そこでお開きになるはずだったのだが…

予想外というか予定調和というか。宴の興奮(というか酔い)醒めやらぬ大人組を乗せ、
船は再び航行を始めるのであった…。

続きを読む

タグ:

凛「美波が泣いてる……」

1: ◆QbMLM0d8YE 2015/11/28(土) 23:34:01.25 ID:i/oy5RVQ0
美波「……」

凛(声、かけるべきかな)

凛(まだ事務所には誰も来てないし、そっとしておくていうのも……)

美波「……ふふっ」

凛(……笑った? 悲しくて泣いてるわけじゃないのかな)

凛(だったら、なんで泣いてるんだろう)

凛(……やっぱり、気になるな)

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1448721240

続きを読む

タグ:

新田美波「文香ちゃんと奏さんと飲むことになった」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/21(日) 16:24:13.33 ID:8c1mGwCvO
アニメ最終回後の設定です
それに伴い登場キャラの年齢が増えてます

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1456039453

続きを読む

タグ:

モバP「みんながプロデューサーって呼んでくれなくなった」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/13(月) 22:29:04.10 ID:sRBUMqcTo
ちひろ「そうですか」

P「はい」









ちひろ「…………」カタカタ

P「…………」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1465824543

続きを読む

タグ:

武内P「新田さんと飲むことになりました」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/08(月) 14:02:03.98 ID:SOsWrEuq0
アニメ最終回後の設定です

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1454907723

続きを読む

タグ:

新田美波「痴漢してくださいっ!」【R18】

1: ◆agif0ROmyg 2016/08/07(日) 22:08:45.84 ID:lcmtSZJ60
アイドルマスターシンデレラガールズの、新田美波のSSです。R18。






薄い水色のシャツに、チェックのスカート。

ラクロスの練習をしに行くときのと同じスタイルで、私、アイドル新田美波はその日も電車に乗っていました。

乗車率は100%をゆうに超えて、身動きも取れないくらいのぎゅうぎゅう詰め。

今日はスティックを持っていないのですが、代わりに大きめのスポーツバッグを肩にかけています。

混雑の中でバッグを無くさないようにするのが精一杯で、思うように移動することすらできません。

人波に流され過ぎないように耐えてはいても、奥へ奥へと押し込まれ、いつの間にか車両の隅に追いやられていました。

扉付近よりは楽ですが、この辺りも人はたくさん詰め込まれています。

……それに。

……っ。

満員電車の中、どちらかと言うと人目につきにくい場所。

揺れのせいで身体が当たった、などというのとは全く異なる感触。

そっと私の身体を撫でるいやらしい手つき。

こういう場所には、たいてい痴漢が潜んでいるものです。

後ろを振り向くこともままならない状況ですが、男は自分の身体で他の乗客の視線を遮ろうとしているようです。

逃れようとしてみてもますます追いつめられるだけ。

腰を触られて声が出そうになるのを、必死でこらえます。

さっき駅を出たばかりですので、まだまだ次には辿り着きそうにありません。

普通なら、声を上げて撃退を図るべきなのでしょうが。

スカート越しにお尻を撫でられて、身体がビクンと跳ねそうになってしまいます。

優しくゆっくりとした手つき、それでいて欲情を隠しきれていないかすかな震え。

痴漢さんの指は私の身体を、半ば無理やりほぐしていきます。

男の人に身体を弄られながら声を出してはいけない、というこの状況。

心拍数がどんどん上がって、予想以上の衝撃。

そんな私の感覚も知らずに、男の手はシャツの下に侵入し、ブラのフロントホックを簡単に外してしまいました。

とっても慣れた手つきで、外されるまでそれと気付けないほど。

ずり落ちる下着を必死に手で押さえつけますが、するとどうしても下半身の守りが緩みます。

それを見逃す痴漢ではありません。

やや短めのチェックスカートに骨ばった大きな手が這入ってきて、私の股をそっと触ってきたのです。

下着の上から触られるだけなのに、こんな公共の場でされているというだけで、もう平静ではいられません。

ゆっくり丁寧に、痛くならないようにじっくりといじめてくれる痴漢さんの愛撫で、私の警戒心は少しずつ解かれていきます。

だんだん息が荒くなってくるのを悟られたくなくて、なんとか自分を落ち着かせようとしていたとき。

続きを読む

タグ:

新田美波「アーニャちゃんを無視してみよう」

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/15(日) 20:47:58.265 ID:Y4DQEQopH
美波「最近アーニャちゃんが私とばかり絡んで他の子達と馴染めてない気がするなぁ」

美波「……」

美波「うん!これはアーニャちゃんのためでもあるのよ美波」

美波「決してアーニャちゃんの反応が見たいとかではないの!」

美波「辛いけど心を鬼にして……」

続きを読む

タグ:

美波「コレクション?」みく「だにゃ」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/21(金) 16:36:54.34 ID:7LCJSHpVO
美波「猫耳、猫磁石、猫ボールペン、猫ケータイカバー…」

みく「凄いでしょ?」

美波「凄いね。本当に猫が好きなんだから…」

みく「猫ってとってもカワイイにゃ。だから猫のデザインとか見るとすぐに欲しくなっちゃって」

美波「飼ってないんだったっけ?」

みく「ウチじゃ飼えないにゃ。寮だし…」

美波「そっか…残念ね」

SSWiki :http://ss.vip2ch.com/jmp/144014261

続きを読む

タグ:

新田美波「時の蝕み」

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/03/08(火) 09:00:25.02
・シンデレラガールズSS
・新田美波の2年後の『卒業』の話です
・準拠は特にありません。独自設定、独自解釈を含みます
・三人称地の文メイン
よろしくお願いします。


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1457395224

続きを読む

タグ:

モバP「フェロモンまき散らす未成年2名とお泊まり」

1 : ◆C2VTzcV58A :2016/03/06(日) 02:57:27.19
美波「………」ピコピコ

P「ただいまー……お、美波。ゲームをやってるのか」

美波「おかえりなさい、プロデューサーさん。ほら、このゲームです」

P「ん? ああ、ポケモンか。そういえば、ついこの前新作の発表がされていたな」

美波「最近、事務所のみんなの間でちょっとしたブームなんですよ。私もそれに乗っかって、久しぶりに始めちゃいました」

美波「昔は全然知らなかったんですけど、ポケモンの対戦って奥が深いんですね。紗南ちゃんや杏ちゃんから教わって、びっくりしちゃいました」

P「努力値とか個体値とかだろう? 俺も詳しく知ったのは大学の頃だったな。友達にいろいろ聞かされてさ」

美波「あれ? ということは、もしかしてプロデューサーさん」

P「一応、育成や対戦のほうもそこそこいけるぞ。ここ半年はあんまりやってないけど」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1457200647

続きを読む

タグ:

モバP「美波のパンツの色を当てるゲームをしよう」美波「!?」

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/11/08(土) 18:42:48.48

P「暇だな」

美波「暇ですね」

P「…」

美波「…」

P「なぁ美波」

P「ゲームをしないか」

美波「ゲームですか?」

P「美波のパンツの色を当てるゲームだ」

美波「!?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1415439758

続きを読む

タグ:

新田美波「リレー小説ですか?」 武内P「はい」

1 : ◆C2VTzcV58A :2015/11/22(日) 00:15:51.74
武内P「先日、シンデレラプロジェクトの皆さんの手で一本の小説を作り上げるという企画が提案されました」

武内P「できあがった小説は、とときら学園の中で公開される予定です」

みりあ「ねえ、リレー小説ってなあに?」

莉嘉「リレーするお話を書いた小説なんじゃない?」

きらり「リレー小説っていうのは、みーんなが順番にお話を書いていって、ぞれをぜーんぶまとめてひとつのお話にするってことだよ?」

きらり「みんなで力をあわせて、読んでてたのすぃお話を作るにぃ☆」

みりあ「わあ、なんだかおもしろそう!」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1448118951

続きを読む

タグ:

新田美波「すごく...キスしたい...」

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/11/25(月) 00:46:54.22
のんびりと書いていきます

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1385308014

続きを読む

タグ:

美波「どうしよう……」凛「なにが?」 -

1 : ◆QbMLM0d8YE :2015/05/21(木) 23:56:56.14
美波「わっ! り、凛ちゃんいたの?」

凛「ん、今来たところ。皆は?」

美波「まだ来てないみたい。プロデューサーさんも、営業だって」

凛「ふーん。……それで?」

美波「な、なに?」

凛「何か悩んでるじゃない? そんな感じがするけど」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1432220206

続きを読む

タグ:

武内P「アイドルの授業参観、ですか」

1 :@VJP ◆3R9GEH/ofI :2015/04/02(木) 22:42:09.26
千川ちひろ「はい♪プロデューサーさんの知らないアイドルの一面を見れば、これからのプロデュースが輝かしいものになるのではないかと!」


武内P「それは....どうでしょうか」

今西部長「いいんじゃないかな?プロデュースするには、彼女達とのコミュニケーションが必要だ。
それがプライベートなら、なおさらだと私は思うよ」

武内P「.......では、アイドル達に話を」

ちひろ「ダメですよ!アポありで行ったら予習してアイドル達の一面を見れないかもしれません!」

武内P「は.....はぁ.........」※首に手をあてる

今西部長「では学校の方とご両親には私が連絡を入れておくよ。こう言っちゃ悪いが君の場合、保護者として来ても怪しまれる可能性があるからね.......」

武内P「........お手数をお掛けして、すみません。ではお願いします」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1427982128

続きを読む

タグ:

新田美波「え、ええっ? 鞭でお仕置きされる役ですか?」

1 : ◆C2VTzcV58A :2015/10/16(金) 13:21:39.20
1ヶ月半経ってもメイド美波のSSが増える気配がないので、また自分で書きました

関連すれ:

新田美波「え、ええっ? 鞭ですか?」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1444969299

続きを読む

タグ:

新田美波「え、ええっ? 鞭ですか?」

1 : ◆C2VTzcV58A :2015/09/02(水) 14:26:54.80
月末ガチャネタ


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1441171614
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/09/02(水) 16:34:09.07
新田美波(19)


http://imgur.com/qb3fLXH.jpg
http://imgur.com/TEgGbVW.jpg

続きを読む

タグ:

モバP「新田美波がエロすぎてオナ禁すらできない」

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/07/21(火) 22:43:03.33
※Pが最初だけ複数出てきます。



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1437486173

続きを読む

タグ:

モバP「やっぱ嫁にするなら美波だよな」

4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/08/23(日) 14:02:49.10
美波「な、なに言ってるんですか急に!冗談にしたってもっとマシなのを...」

P「いや、割とマジで言ってるんだけど...」

美波「だ、だとしたら余計に悪いです!だいたいどうして...私なんですか...?」

P「うーん...そうだなぁ...」


P「まず第一に、美波って優しいだろ?」


美波「そ、そんなことありません、普通です!ふ・つ・う!」

P「いやいや、普通の人は俺が泊まりの時に差し入れ置いてってくれたりしないだろ、しかも毎回だぞ?」

美波「し、しますよそれくらい!」

P「オッケー、じゃ百歩譲ってそれが普通のことだとしよう」

美波「は、はい...」

P「それじゃあさ、深夜に俺のケータイに励ましのメッセージを送ってくるのも普通か?」

続きを読む

タグ:


お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク