タグ:御坂美琴

御坂「佐天さんが死んだ?」初春「はい・・・」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/20(月) 20:46:34.38 ID:AjiuqhrT0
御坂「どういうこと!なんで?」

黒子「落ち着いてくださいましお姉さま」」

御坂「落ち着けるわけないじゃない!!」ビリビリ

黒子「くっ」

御坂「あ、・・・ごめん黒子」

黒子「大丈夫ですの・・・」

御坂「それで・・・なんで佐天さんは・・」

黒子「はい、事故らしいですの。建設中のビルから落ちたものに・・・」


初春「違いますよ。表向きはそうなっていますけどね」
2人「え?」

初春「私たちも危ないですよ・・・」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1413805584

続きを読む

  タグ:

御坂「あんたなんて」食蜂「大嫌いよぉ」

1: >>1 2013/01/11(金) 23:05:40.56 ID:bpYk7R6AO

結標「貴女なんて」白井「大嫌いですの」


の後日談です。
・食蜂操祈×御坂美琴です。
・白井黒子×結標淡希です。

※CAUTION!
・90分、90レスでお読み頂けます。
・百合要素が多分に含まれております。
・上琴要素が多少なりとも含まれます。


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1357913140

続きを読む

  タグ:

宗介「こちらウルズ7、常盤台中学の潜入に成功した」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/17(月) 00:15:30.38 ID:6ob3lNul0
かなめ『ソースケはもう“ウルズ7”じゃないでしょーが』


宗介「む、そうだったな」


かなめ『……まあこれも一応“任務”だし?“ウルズ7”って呼ぶのも面白いわね
じゃあ“ウルズ7”。“任務”の内容を復唱しなさい』


宗介「“御坂美琴”の護衛であります。マム!」


かなめ「結構!」

続きを読む

  タグ:

食蜂「御坂さぁん…おトイレいかせてぇ…」 プルプル

2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/05(金) 00:10:40.66 ID:APqbZQD/P
御坂「なぁに? よく聞こえなかったけど?」

食蜂「な、なんでこんなことするのよぉ……」ブルブル

御坂「ふーん、まだそういうこと言える余裕があるのね」

食蜂「ち、違うわよぉ!! お、お願い! 早くしないと……」

御坂「早くしないと、何?」

食蜂「も、もう!! 分かってるんでしょう!!」

御坂「ま、アンタのことだからこのまま漏らしても相当な屈辱でしょうけど?」

御坂「せーっかくのイベントだもの。”女王様”の素晴らしい姿を見てもらいたいでしょう?」

食蜂「え? な、何言ってるのよぉ? そ、それは……」

御坂「ちょちょっと手を加えておいたの。ボタンを押せば学園都市中の携帯にリアルタイムで配信されるようにね」

御坂「うーん、でもいまいち面白そうな風景がないのよねぇ~。何か起こらないかしらねぇ~?」チラッ

食蜂「や、やめてぇ……御坂さぁん……」ブルブル

続きを読む

  タグ:

美琴「左手を掴めば……!」上条「しまった!」【微エロ?的な注意・・】

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/01/06(水) 10:11:17.83 ID:7Mc47cIb0
ギュッ!
美琴「喰らいなさいっ……?!」ビクン!

美琴「え?!いやっなにこれ!!」ビクビク!

美琴「だめっ…!離してっ!?あっ…あっ…!!!」ガクガクガク!

美琴「あーっ!!い!!イク!!!!いっちゃうーっ?!?!」ビクビクプッシャー!

上条「……えっ?」

美琴「ハァ…、ハァッ…ハァ」ビクン ビクン


みたいなのよろしく

続きを読む

  タグ:

美琴「ちょっとアンタ!!なんで無視すんのよ!!」 上条「・・・」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/01/08(金) 00:56:36.73 ID:fxn03YFO0
上条「はぁ?ビリビリを無視しろだって?」

 冬休みでごろごろしていた上条は突然のことに驚きの声を上げた。それもそのはずである、大飯食らいのインデックスが突然居なくなり、めったに訪ねてこない隣人が

 いきなり血の気の多いビリビリこと御坂美琴を無視しろといってくるのだから。

上条「おいおい、そんなことしたら俺がアイツに殺されちまうじゃねえか!!上条さんは詳しく説明してほしいですねぇ・・・」

 上条は驚きながらも冷静に、訪ねてきた隣人、土御門に理由を求める

土御門「それがにゃ~カミやん。昨日学園都市に魔術師達が数人潜入したって情報が入ってきたんだにゃ~。そいつらの目的は上条勢力の主要人物の命・・・つまりカミやんと親しい人を狙ってるんだにゃ~」

上条「!! それじゃあインデックスは!?アイツは無事なのか!!!」 

 上条の言葉を聞きながら土御門は説明を続ける

土御門「落ち着け!カミやん。それで魔術側と関係があるインデックス、ディープブラッドはネセサリウスで保護することになったんだが、、美琴たんは対象にならなかったんだにゃ~・・・」

上条「はぁ? ・・・ふざけんな・・アイツも危険なんだろ!?なんで放っておくんだよ!!魔術と関係あるとかないとか関係ないだろ!!アイツはすごい苦しい目にあったばかりなんだぞ?そんなことってありかよ!

アイツの命より魔術のほうが大切だっていうなら、俺はその幻想をぶち殺す!!」

 上条は右の拳を握り締めながら言う。

土御門「カミやんの言うこともわかる。だがな、これは上の決定なんだぜぃ・・・。」

 土御門は申し訳なさそうに告げた。

続きを読む

  タグ:

食蜂「飽きちゃったしい、そろそろ―――反撃と行きましょおかあ☆」

関連スレ:

食蜂「御坂さん、もう、やめてえ、お願い、やめてえ」


美琴「食蜂操祈を徹底的に無視したらどうなるのか」



1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/17(金) 00:40:40.44 ID:bKMS1bo60
食蜂「みぃさかさぁん」

美琴「何?また殴られたいの?」

食蜂「御坂さぁん、こわぁい……会って早々いきなり殴るなんてえ」

美琴「あんたがやれやれ言うんじゃないの」

食蜂「あらあ、いったいなんのことお?」

美琴「はぁ……もうあんたの相手をするの面倒臭いんだけども」

食蜂「ひっどおい、私を捨てるのお?」

美琴「私とあんたの関係は何なのよ……」

食蜂「やだぁ、ただのクラスメイ……あ、お友達よお☆」

美琴「ああああ、うざいうざい!!」

食蜂「またするのお?別にいいけどお」

美琴「だから殴る方も大変なのよ、今はそういう気分じゃないからやらないわよ」

食蜂「ふぅん?気分次第なのねえ」

美琴「なんで頼まれて殴らなきゃいけないのよ……殴り屋にでも頼めばいいじゃない」

食蜂「ちょっとお、御坂さぁん、私の能力忘れたのお……?」

続きを読む

  タグ:

美琴「食蜂操祈を徹底的に無視したらどうなるのか」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/16(木) 01:32:02.82 ID:5bLMJNBf0
美琴「やってみる価値あるわよね」

美琴「どうせ私が図書館で本を読んでるだけで嫌がらせしてくると思うし」

美琴「あいつ、私に嫌がらせをすることに関しては誰よりも力を入れるし」

美琴「ならいっそ私が反応しなければ良い訳で」

美琴「なーんだ、最初からこうすればよかったのよね、なんか楽しみになってきた」

美琴「ふふ、ふふふー……」

黒子(お姉さまがお風呂で独り言を延々と……大丈夫ですの?お姉さま……)

美琴「~♪」

続きを読む

  タグ:

食蜂「御坂さん、もう、やめてえ、お願い、やめてえ」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/15(水) 02:54:30.79 ID:UwoNPPgA0
美琴「え?何?聞こえない」

食蜂「わ、私が悪かったわよお……御坂さんのお友達にはも、おぶっ!」

美琴「何言ってるの?全然わかんなーい」

食蜂「お腹殴らないでえ……」

美琴「大丈夫、大丈夫、レベル5だし」

食蜂「私関係ないのよぉ……おごっ!」

美琴「いやぁー、でもさ、やっていいことと悪いことくらいあるわよね?」

食蜂「だから、謝ってるじゃない、のお……」

美琴「あ?」

食蜂「ご、ごめんなさいい……あがっ……あ、あ……」

美琴「ちょっと、失神?……しょうがないわねぇ」

ビリビリッ

食蜂「ッ!?」

美琴「ほら、起きて起きて」

続きを読む

  タグ:

美琴「なんで死んじゃったのよ・・・ バカ」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/01/04(月) 14:26:21.32 ID:459S+OlB0
美琴「……!!! ~~~ッ!!!!」

上条「(何言ってんだ… よく聞き取れない…)」

御坂妹「……」

上条「(なんだよその沈痛な表情は… ま、いつもとかわんねぇけど)」


上条「(あ~ 頭がぼーっとする   ん?)」

上条「(なんだ…これ 胸に鉄骨?)」

上条「(……あぁそうか そこで倒れてる白髪と相討ちになって)」

上条「(はは、倒したんだな  そうか、良かっ…)」


上条「ゲホッ!!ゲホッ!!!げほっ!!!」 パタタ

美琴「嫌ぁ!! 死んじゃやだぁぁ!! うあぁあぁああああああ!!!」




続きを読む

  タグ:

美琴「黒子を無視し続けたらどうなるか」

23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/11/11(木) 18:54:53.26 ID:rfNVwCwd0

黒子「あの、お姉様。なんで無視するんですの?」

美琴「……」

黒子「いいですわっ。お姉様がそのつもりなら」ヌギヌギ

黒子「わたくしの愛をどこまで無視し続けられるかっ、試して差し上げますのっ」ガバッ

美琴「――ッ!」バチバチバチ

黒子「あうんっ!?」バタッ

美琴「……」

続きを読む

  タグ:

美琴・黒子「じゅーでん」

関連スレ:

御坂「これって……デートよね……」


御坂「じゅーでんー」


御坂「ぴぃ!?」



26: VIPにかわりましてGEPPERがお送りします 2010/02/11(木) 03:34:13.08 ID:o6VTH8so
当麻「……腹減った」
当麻「くそ、まだ3時半じゃねえか……」
当麻「そーっと、そーっと……起きるなよー……」

ガチャ

当麻「あーやっぱり何もねえっすよねー」
当麻「仕方ねえ、コンビニでも行くか……」

美琴「う……どしたの?」

当麻「あー、すまん起こしたか」

美琴「なーに? お腹すいたの?」

当麻「いやー、はは。ちょっとコンビニでも行ってくるわ」

美琴「って、ちょっと待ちなさいよ」

当麻「ん?」

美琴「深夜のデートっていうのもいいでしょ?」

続きを読む

  タグ:

上条「常盤台女子寮の代理ですか・・・」

4: VIPにかわりまして管理人がお送りします
関連スレ:

上条「寮監……ですか」その1(1日目)


上条「寮監……ですか」その2(1日目からの分岐)


上条「寮監……ですか」その3(1日目からの分岐以後本編)


上条「寮監……ですか」その4【エロ注意】(番外編)



138: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/04(木) 03:29:51.97 ID:JiZNFiksO
上条「……で、なんでまた俺はここにいるんでせうか?」

美琴「それは、また寮監が寮を離れなきゃいけなくなったからでしょ?」

黒子「前回の仕事ぶりを寮監はいたく気に入りましたの。そこで、今回も貴方に白羽の矢がたったというわけですわね」

上条「……まあ、かなり良い待遇の仕事だし、仕事をすることに文句はねえんだけどさ。……ただ、半ばどころかほぼ脅迫でしたよあの電話」

美琴「それだけ寮監もアンタを信頼してんのよ。ほら、グダグダぼやいてないでさっさと寮監室にいきなさい」

黒子「挨拶は夕食時でいいと思いますの。きっと皆さん喜びますわよ」

上条「はいよー」


続きを読む

  タグ:

佐天「こ、こっから先は一方通行だァ!?」美琴「えぇー!?」

1: VIPにかわりましてGEPPERがお送りします 2010/08/16(月) 20:44:08.21 ID:tBSNST60
・放課後、学校帰り

佐天「はぁ、来週は身体検査(システムスキャン)かぁ……」

佐天「どうせまたレベル0って判定されちゃうんだと思うと気が重いなぁ」トボトボ

黄泉川「んー? 憂鬱そうな学生が居ると思えばいつだかの講習生じゃん」

佐天「え?」

続きを読む

  タグ:


お知らせ
また、サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
カテゴリをあいうえお順にしました、

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

Twitter

SSなびのTwitterアカウントです

最新記事
ピックアップカテゴリ
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

フリーエリア