タグ:幼馴染

幼馴染「遅いよ。ずっと待ってたのに」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/16(月) 04:49:27 ID:CTZQQCUQ
幼馴染「心配したんだよ?」

男「ごめん、寄り道してたから」

幼馴染「どこ行ってたの?」

男「えっと……本屋」

幼馴染「ふーん」

幼馴染(ウソつき)

続きを読む

タグ:

幼馴染(16)「Hしたいの?じゃあ1000万円払ってね♪」

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/03/26(土) 01:04:33.864 ID:0Iu5VgdVd
幼馴染(16)「無理だよね♪ ざんねんでしたーw」
幼馴染(16)「私のハジメテはそんなに安くないんだよー。ふふふ」


幼馴染(18)「ドーテイ捨てたいって? 100万払えば考えてあげるけど?」
幼馴染(18)「え、それっぽっちも払えないのに私としたかったの?うけるーw」


幼馴染(20)「10万円ならいいよ。こんな美少女の処女が10万ってお得じゃない?」
幼馴染(20)「あんたが買ってくれないなら他の人に売っちゃおうかなー?w」チラチラ



幼馴染(22)「5万円……5万円でどうよ」
幼馴染(22)「高級ソープみたいなもんだと思えば高くないでしょ?」
幼馴染(22)「え…テクがないからお断り…??そんな」

続きを読む

タグ:

幼馴染「ごめんね俺君、突然あたしの家に呼んだりして」 俺「え、あ、いや、全然いいけど」

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/09/09(水) 23:19:49.319 ID:9lYoOPnp0
俺「おじゃましまーす」

幼馴染「言わなくていーよ?あたししか家いないし」

俺「!?」

幼馴染「今日ね。とっても面白い話があるの。俺君に聞いてほしくてさー」

俺「お、おう…」

幼馴染「あっ!そうだ!ちょっと左手見せてくれない?」

俺「え?な、なんだよ。ほら」

幼馴染「ありがとう。ごめんねいきなり」

俺「なんか…汚れてたか?」

幼馴染「あはは、ちがうちがう。んーっとね、後で説明したげる」

幼馴染「じゃー話すからそこ座って!紅茶とお菓子用意するからちょっと待っててね!」

続きを読む

タグ:

幼馴染「あ……」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/26(木) 06:32:40.49 ID:P6FOkYj6O

幼馴染「あいしてる」

男「……今なんつった?」

幼馴染「うん? 何も?」

男「えぇー…嘘だろお前」

幼馴染「男どしたの? ほっぺ赤いよ? 熱あるんじゃない?」ズイ

男「か、顔ちけぇよ離れろ」

幼馴染「気のせいかなぁ。どれどれ」ペト

男「くっつけんなよデコを!」

幼馴染「……結構あるね。37.2度」

男「こんなんで正確な温度分かるわけねーだろ」



SSWiki :http://ss.vip2ch.com/jmp/1485379960

続きを読む

タグ:

幼馴染「バレンタインチョコ?あるわけないじゃん……」

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/14(日) 01:24:27.728 ID:5oQPzpBCd
幼馴染「はぁ?なんでボクがあげなきゃいけないの」

幼馴染「毎年あげてるからって今年もー、なんて勝手に計算しないでよ」

幼馴染「ないの! 君の分はありませーん」

幼馴染「あ、友実ちゃん友彦くんおはよー」タッタ

幼馴染「ハッピーバレンタイン! 友チョコと義理チョコだけど食べてねー」

幼馴染「わぁボクにもくれるの?ありがとー」

続きを読む

タグ:

幼馴染「好きだよ、女ちゃん」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/01/16(月) 23:50:53.83 ID:Mn5Uh7/+o
※百合エロ注意

続きを読む

タグ:

幼馴染「バレンタインチョコ?あるわけないじゃん……」

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/14(日) 01:24:27.728 ID:5oQPzpBCd
幼馴染「はぁ?なんでボクがあげなきゃいけないの」

幼馴染「毎年あげてるからって今年もー、なんて勝手に計算しないでよ」

幼馴染「ないの! 君の分はありませーん」

幼馴染「あ、友実ちゃん友彦くんおはよー」タッタ

幼馴染「ハッピーバレンタイン! 友チョコと義理チョコだけど食べてねー」

幼馴染「わぁボクにもくれるの?ありがとー」

続きを読む

タグ:

幼馴染「もういい加減諦めたら?」

1: ◆TMTTBwd/ok 2017/02/06(月) 00:45:48.31 ID:cUSW1SkH0
幼馴染「あなたも飽きないわね。これで何度目かしら」

「幼ちゃんが頑固なのがいけないんだ!」

幼馴染「仕方ないじゃない。その気がないのだから」

「でも、これがきっかけで好きになるかもしれない」

幼馴染「あなたのことは好きよ。世界で一番愛しているわ」

「じゃあ、なんで30回も告白を拒絶するのさ!」

幼馴染「何度も言ってるじゃない。貴女が女だからよ」

女「ぐぬぬ……」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1486309548

続きを読む

タグ:

男「お前さー、ほんとは女なんじゃねーの」 幼馴染「死ね」

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/04(木) 23:46:10.160 ID:5Ge2wL1I0
男「だってさー、どう見ても女だよお前」

幼馴染「人が気にしてることをズケズケ突っ込むなよ」

男「じゃあなんでそんな髪型なんだよ!!」

幼馴染「仕方ないだろ短くしたら壊滅的に似合わないんだから!」

男「あと仕草とか!白くて細い指で髪の毛掻き上げんなー!」

幼馴染「きもちわる…」

男「ちょっと確認させろ」

幼馴染「は?」

男「男である証拠を見せろ」

幼馴染「マジで死ねよお前」

続きを読む

タグ:

幼馴染♀(8)「だがし屋いこーぜ!虫取りしよー! 川あそびしたいなー!」

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/07(日) 20:15:40.164 ID:qABPlola0
幼馴染(8)「やだー帰りたくないー! ずっといっしょに遊ぶー!」

幼馴染(8)「ずっとはむり? ばーかしらないのか」

幼馴染(8)「男と女はな、けっこんしたらずっと一緒にいられるんだぜ!」

幼馴染(8)「朝も昼も夜もだぜ!」

幼馴染(8)「だからお前と結婚したら一日中遊べるんだ! あははは」





幼馴染(12)「え…久々に遊ぼうって…?」

幼馴染(12)「やだよ…お前と一緒に居たら他のやつらにからかわれるもん…」

幼馴染(12)「ボクは女同士で遊ぶから。じゃ…」

続きを読む

タグ:

男「おはよう」幼馴染「あっ・・・」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/06/04(土) 23:04:14 ID:BvJU5yKM
幼馴染(顔にハナクソ付いてる・・・)

男「ん?俺の顔に何か付いてるのか?」

幼馴染「ううん、なんとも無いよ」

男「昨日は徹夜だったからな。クマが・・・」

幼馴染(どうしよう・・・こういう場合って言ったほうがいいのかな・・・)

男「幼馴染は昨日の課題どうだった?」

幼馴染(うう・・・でもやっぱり気になる・・・)

男「?」

友「おー、幼馴染と男!おはよう!」

男「オッス!」

友(はっ・・・ハナクソォ!)

続きを読む

タグ:

女幼馴染「ボクってかわいいと思うかい?」男「別に」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/01(金) 22:15:11.05 ID:K4MsX08P0
幼馴染「は? 一回死ねよ」

男「いやいや、正直に答えただけだが」

幼馴染「もう一回聞く。ボクってかわいいかい?」

男「全く」

幼馴染「......」

男「......」

幼馴染「よし分かった。君を今から殺す」つ包丁

男「いや待て待て。何故そうなる」

幼馴染「ボクのことをかわいいと思わない人はこの世に必要ないからな」

男「そんなこと言ったら、多分人口の90%は必要なくなるな」

幼馴染「は?」

男「いや、なんでもない」

幼馴染「じゃあ、情けでもう一回聞いてあげる」

男「そうですか」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1459516506

続きを読む

タグ:

幼馴染「私のこと好き?」男「別に」

1: VIPにかわりまして、NIPPERがお送りします。 2015/09/26(土) 20:10:58.60 ID:Ev69lPpR0

幼馴染「いや、そこは『好き』って言えよ」

男「嘘はいかんだろ」

幼馴染「これじゃあ、聞いた私がバカみたいだろ」

男「バカなんだろ」

幼馴染「......」べしべし

男「ごめんごめん。好きだからお前のこと」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1443265858

続きを読む

タグ:

幼馴染「ぼくね、もう処女じゃないんだよ」

1: 名無しさん@おーぷん 2014/05/19(月)23:39:24 ID:O5RepZwg4
夏休みが明けて、いつものように幼馴染みのキミと並んで歩いていた時のことだった。
彼女はおなかをさすり、あっけらかんと言い放つ。

幼馴染「彼氏と花火大会の帰りにエッチしたんだよ」

男「え……?」

続きを読む

タグ:

幼馴染「くそ!!犯される!!やめろ!豚野郎が! 」 男「えー…」

1: 名無しさん@そうだ選挙に行こう 2015/12/14(月) 15:38:08.934 ID:TJKCZR/pd.net
男の部屋


幼馴染「やめろ!!畜生っこんなくずに犯されるなんて!!」

男「俺の部屋で裸になってM字開脚してなにいってんだ?」


幼馴染「…………」

続きを読む

タグ:

幼馴染の末路4

1 : ◆/BueNLs5lw :2016/01/20(水) 20:13:41.93

幼馴染の末路


幼馴染の末路2


幼馴染の末路3



百合
かれん視点


結局、次の日、ひよちゃんは大学に顔を出しませんでした。
あの日、私の部屋に脱ぎっぱなしだった服は全部無くなっていました。
つまり、嫌われてしまったということだと思います。
当たり前です。
初恋だったんですが。
実らないとも言われてますし。

ひよちゃんの喜ぶ顔が見たくて、私がやってきたこと、
その全てがたった一日で無駄になってしまいました。
あまり言い訳もしなかったので、今までの日々が全て下心でできていた、
なんて思われてしまったらどうしましょうか。
仕方がないですかね。
それだけのことを、私はしたのですから。

何もせず、ひよちゃんの隣で笑い合う未来もあったのに。
どうしてその未来を選べなかったのでしょうか。
壊れた関係を戻すために、また、同じ時間を過ごしたい気持ちもあります。
でも、それはしません。
そういう約束を私はあえて交わしたのです。
ひよちゃんに近づいて分かったのは、
自分は滑稽だと言うことでした。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1453288421

続きを読む

タグ:

幼馴染の末路3

1 : ◆/BueNLs5lw :2016/01/17(日) 11:48:21.32

幼馴染の末路


幼馴染の末路2




のろのろ更新
百合
ひよ視点




冬休みは順ちゃんのことで頭がいっぱいになったまま終わりを告げた。
前々日から風邪気味で、休もうかとも思ったけど待っている友達がいたので、何とか自分を振るい立たせた。
けど、休みが明けてからもやっぱり考えることは順ちゃんのことばかりだった。

「ひよちゃん、誰とラインしてるんですか?」

「順ちゃんだよ」

かれんちゃんが、背中に抱き付いてきた。

「わッ、なに?」

「こっちも構ってください」

わあ、かれんちゃんが、可愛いことを言ってきた。

「ご注文は?」

「ひよちゃん、一杯」

「おっけー、待っててねー」

そう言って、3分くらい待ってもらった。
きっかり時間になった頃に、

「はい、今日の順ちゃんタイム終わり」

と、かれんちゃんがスマホを私のポケットに誘導する。
うーん、それは分からないよ?
かれんちゃんは私の腕を引っ張って、立ち上がらせた。

「ここからはかれんタイム」

「今日は、どこに連れていかれるのかなあ」

「南棟の裏。新たなにゃんこを発見しました」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1452998901

続きを読む

タグ:

幼馴染の末路2

1 : ◆/BueNLs5lw :2016/01/10(日) 22:15:10.67
幼馴染の末路

の続き
順ちゃん視点


メキシコの遠い親戚からもらったサボテンのテキーラグラスを、ひよは珍しそうに蛍光灯にかざす。
どうして女の子って、使いもしないのに部屋に並べたがるのかな。
まあ、お陰で多少間を保ててるんだけど。

お風呂から上がり、酔いも覚めてすっかりいつも通り。
という訳にもいかない。

先程から、全くこちらを見ようとしない彼女に、私はなんて声をかけたものかと胸裏でため息をついていた。
ロサンゼルスの話は昔したような気がするから、メキシコの話でもしようか。
興味ないか。

英語や絵画、洋楽にインポートものの服。中学時代、そういったものに憧れた。
日本の友人には理解はされても、田舎の学校では共感できる人間は少なく、あまり表に出すことなどなかったけど。

高校では、多少似たような思考の人がいて、大学ではサークルにいる時だけ、素の自分になれたような気がした。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1452431710

続きを読む

タグ:

幼馴染の末路

1 : ◆/BueNLs5lw :2016/01/05(火) 00:44:39.00
幼馴染 百合
がっと思いついたまま書きますので
読み難くなったらすいません





恥ずかしくて、
怖くて、
いつも、
彼女には、
届かない。

音楽好きの家に生まれた彼女は、
歌がとても上手で、
おまけに声はとても柔らかくて綺麗。
カラオケに行った時などは、耳が幸せだった。

その声が好き。

変に思われたくなくて、
言えなかった。



学校の帰り道、
家は反対方向だったのに、
いつからだったか、
同じ方向に歩みを進めていた。
割と教室では真面目でクールな方なのに、
一人っ子のせいか、
甘えん坊。
裾を引っ張って、
自分の家の方へ向かわせる。

我がまま。

でも、
一緒に少しでも帰りたくて、
言わなかった。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1451922278

続きを読む

タグ:

幼馴染「思い出話を作りませんかっ?」

1 : ◆AYcToR0oTg :2015/10/18(日) 09:13:18.84

男「なんでまた?」

幼馴染「だってわたしたち、そういえばあったねーって共感できる思い出がないじゃありませんか」

男「それに不都合でも?」

幼「大ありですよっ。昔話で盛り上がれない関係なんて、これじゃあ偽装幼馴染ちゃんです!」

男「そこまで言うなら作ってみるか。思い出話」

幼「ええ、そうしましょう? きっと楽しいですよっ」

男「記憶のねつ造って楽しいもんかなあ」

幼「やってみればわかりますって。楽しもうとする姿勢が大事ですよ、男さん」

男「わかった、やってみよう」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1445127198

続きを読む

タグ:


お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク