タグ:小泉花陽

花陽「すっかり甘えんぼさんになっちゃったね♡」ナデナデ ことり「だってぇ...///」

1: 名無しで叶える物語(わたあめ)@\(^o^)/ 2017/01/21(土) 22:32:10.44 ID:9z+sR8BJ
花陽「髪の毛サラサラだねぇ♡」ナデナデ

ことり「えへへ...//」

花陽「ふふっ、本当に甘えんぼさん♡」チュッ

ことり「はぅぅ///」

ことり「お姉ちゃぁん...♡」ギュュゥ

花陽「だいじょうぶ、花陽はずっとそばにいるよ♪」ナデナデ

続きを読む

タグ:

希「1人暮らしは寂しくてな、子犬を飼い始めたんよ」花陽「わぁ、とてもかわいいです!」 [

1: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/12/29(木) 22:51:29.03 ID:2EoZB8QP
   
希「みんなと楽しく練習して家に帰ると誰もいない……」

希「あぁ、ウチは孤独なんやなぁって無性に寂しくなるんよ」

花陽「希ちゃん……」

希「そんな時、ウチのマンションはペットOKだって知ったんや」ニヤリ

花陽「よかったね、希ちゃん♪」

希「それで子犬を飼い始めたんやけどめっちゃかわいくてな」

花陽「希ちゃん、とっても幸せそうです」

希「今日は花陽ちゃんにも自慢のうちの子を見せてあげるやん♪」

花陽「ふふふ、楽しみです」

続きを読む

タグ:

花陽「もうっ、ことちゃんたら甘えんぼさんなんだからぁ♡」アマアマナデナデムギュムギュ

1: 名無しで叶える物語(わたあめ)@\(^o^)/ 2016/12/25(日) 23:03:54.84 ID:IDORCWLI
ことり「かよちゃん♪」

花陽「ことりお姉ちゃん♪」

ことぱな「えへへ♡」

続きを読む

タグ:

花陽『甘いお星様』

1: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2015/09/02(水) 18:42:08.54 ID:zNW5pDxC
──── ☆μ's共有ブログ☆────

投稿者:小泉花陽


み、みなさんこんばんはっ


こ、小泉花陽ですっ



あ、ここに書かなくてもいいんですね。ごめんなさいちょっと慌てててて


少し息を整えますね






ふぅ……え?慌ててた理由、ですか?

それはですね、なんと凛ちゃんからプレゼントをもらっちゃったんです

続きを読む

タグ:

花陽「すごく美味しいラーメン屋さんがあったよ!」凛「ほんと!?」

1: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2015/10/07(水) 20:19:38.76 ID:l884WVZ0
凛「かよちんがラーメン屋さんを紹介してくれるなんて思わなかったよ~」

花陽「えへへ……あっ、ここだよ凛ちゃん」

凛「へぇ~、すっごく楽しみだにゃー♪」ガラッ

店主「らっしゃい! 空いてる所にどうぞ!」

凛「はぁい……よいしょっと。メニューメニュー……う~ん、どれにしようかな~」

花陽「すみません、炒飯ください!」

凛「……」

店主「へいっ!」

花陽「あっ、追加で半ライスください!」

凛「……」

店主「へいっ!!」

続きを読む

タグ:

穂乃果「ふひ、ふひひ...」【後編】

375: 1です(庭)@\(^o^)/ 2015/09/30(水) 18:07:32.53 ID:v0tPoRFG
前スレ:

穂乃果「ふひ、ふひひ...」【前編】




次の日

昼休み 部室

穂乃果「うぐっ...うぅ...!」

真姫「」オロオロ

花陽「ほ、穂乃果先輩?な、何で泣いてるんですか?」

穂乃果「ほ、穂乃果の...!お宝がぁ...」

凛「だ、誰かに捨てられたんですか?」

穂乃果「うぇぇぇぇぇ...」

にこ「よしよし。何があったかは知らないけど、取り合えず泣き止みなさいよ」

真姫「と、トマトならありますけど...」オロオロ

穂乃果「...食べる」

カプッ







穂乃果「あ、やっぱり美味しい♪」

続きを読む

タグ:

穂乃果「ふひ、ふひひ...」【前編】

1: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2015/09/27(日) 19:34:22.09 ID:etIG3NxP
2年クラス

生徒A「見て、また高坂さん一人で笑ってる...」

生徒B「うぇぇ、不気味...」

穂乃果「......」

穂乃果(ふん...)


生徒C「キャー!すごーい!」

穂乃果(ん?)チラッ

ことり「そんなことないよ~」

生徒D「いや凄いよ!可愛い服~!」

ことり「そ、そうかな?えへへ...」

穂乃果(...ふん)


生徒E「園田さーん!ここの問題教えてくれない?」

穂乃果(......)チラッ

海未「良いですよ。ここの問題は...」

生徒E「ふむふむ、なるほど!すごい分かりやすい!」

生徒F「園田さんの教え方は上手いな~」

海未「いえ、そんなことないですよ」

穂乃果(......)

続きを読む

タグ:

花陽「おかえりなさい、あなた」

1: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2015/08/28(金) 03:22:16.77 ID:eNZw6Nxf
花陽「どうしたの!?そんなに暗い顔して…」

花陽「え?上司の人にに怒られちゃったの…?」

花陽「そっか…じゃあ、わたしがその分優しくしてあげるね…」ニコッ

花陽「あっ、そうだ!ご飯出来てるよ」

花陽「お風呂も沸いてるし…」

花陽「あっ、それとも…わたし…?」

花陽「えっと…男の人ってこういうこと言われたいんじゃないかなぁって思って…」

花陽「えっ、ご飯にする?」

花陽「そっか…」

花陽「ちょっと、残念です…」ボソッ

花陽「え?何でもないよ、ご飯今用意するから上がって」ニコッ

続きを読む

タグ:

海未「やめてください……う、後ろは…ダメなんです」にこ「往生際が悪いわねぇっ!」グググ

1: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2015/08/13(木) 19:45:37.61 ID:VWprM8G2
花陽「いい景色だね」

海未「はい。そうですね」

花陽「空気も美味しいし、なんだか楽しい気分になっちゃうよ」

海未「やはり来てよかったですね。登山」

花陽「最初はどうなっちゃうんだろうって思ったけど、思った以上に楽しいんだね」

にこ「おーい。ふたりともー」

海未「ふふ、花陽にも登山の楽しさを伝える事ができて嬉しいです」

続きを読む

タグ:

花陽「皆に梅干しおにぎりを作ってきたよ!」絵里「梅干し…?」

1: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/09/03(木) 16:25:38.89 ID:eAgbxiEj
海未「今日の練習はここまでにしましょう」

穂乃果「はあ~今日も疲れた~~」

ことり「みんなお疲れ様♪」

花陽「…あの!皆におにぎりの差し入れがあるの」

凛「待ってましたにゃ~!」

花陽「今日の具は梅干しだよ!」

絵里「梅干し…?」

続きを読む

タグ:

真姫「ねえ、あの、今日も,」花陽「うん、いいよ♪」

1: ◆VQ5DOXveVA 2015/09/24(木) 00:28:16.23 ID:gAqeMPMr0
~放課後~

花陽「やっと練習だねえ」ノビー

真姫「ねえ、は、花陽?」

花陽「うん?」

真姫「きょ、教室、私たちだけよね」

花陽「そうだね」

真姫「その、だから、あの、えっと」

花陽「今日もしたい?」

真姫「///」コクリ

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1443022096

続きを読む

タグ:

絵里「フフッいつでもお姉ちゃんに甘えてイイのよ?」

1: 名無しで叶える物語@10/11名前欄変更投票・詳しくは議論スレへ(たこやき)@\(^o^)/ 2015/10/19(月) 18:00:54.45 ID:KH09TNeL
花陽「うぅ…この問題わからないよぉ」

絵里「あら?花陽だけ?」

花陽「あ、絵里ちゃん。まだみんな来てないよ」

絵里「勉強中?」

花陽「うん、テスト近いから…そうだ絵里ちゃんこの問題なんだけど…」

絵里「どれどれ…」



花陽「凄く分かりやすかったです!」

絵里「お役に立てて嬉しいわ♪」

花陽「ありがとう!お姉ちゃん!」

絵里「え!?」

花陽「あっ!…うぅ…///」

というのを考えてたんだ

続きを読む

タグ:

花陽「降ってきた幸運」

2 : ◆Rqih6at1hY :2015/09/03(木) 19:37:43.59


花陽「雨、かあ……」

この時期には珍しく、今日は雨。

通り雨だと思ってたんだけど、

花陽「凛ちゃんの様子からして、これは、長引きそう……」

いつも一緒にいる凛ちゃんは、今日は隣にはいません。

凛ちゃんは、実は、偏頭痛持ちなので、

凛『ごめんね、凛、ちょっと頭痛いから、帰る……』

と言い残して、雨の降る少し前に帰って行ったのでした。

どうやら、低気圧が近づくと、なりやすいみたいで。

花陽「私も一緒に帰っちゃえば、良かったかな」

なんて、思ったら、ダメだよね。

本戦も近いし、よし、気を引き締めないと。




続きを読む

タグ:

俺「か、かかか、かよちん!?」花陽「ひぃっ!」

1 : ◆ZTPjpycbhE :2015/03/18(水) 22:15:34.74
俺「みゅ、μ'sのかよちん――小泉花陽ちゃんですよね?」ブヒィ

花陽「あ、え、えっと……」タジタジ

俺「はあ、はあ。生で見ると一層可愛いなあ」ブヒブヒ

花陽「う、うぅ……」ウルウル

俺「い、いつも応援してます」ハァハァ

花陽「あ、え、えっと。ありがとう、ございます」オドオド

俺「おどおどしてるぱなよたそまじえんじぇー」

花陽「だ、ダレカタスケテー……」ボソッ

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1426684534

続きを読む

タグ:

花陽「サンドイッチ」

1 :名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ :2015/04/20(月) 21:06:32.99
凛「わぁ~!気持ちいいにゃ~!」

それはもうすぐ7月になろうかというある日の昼休みのことでした。

最初は涼しくていいね、なんて言っていた夏服ですら息苦しくなってくるようなジメッとした日々の合間。

雨の日は嫌いじゃないけど、さすがに毎日続くといやになっちゃう。


だから、4時間目のちょっと眠たい古文の授業中に空がさあっ、と晴れて、思わず――


「「おお~っ!」」


というどよめきが教室から上がった時、花陽は凛ちゃんがこの後に言い出すことがすぐにわかったんだ。


凛「かよちん!今日は外でお弁当食べよう!」


うん、私も賛成!

続きを読む

タグ:

穂乃果「たのしいパラドックス」

1 :名無しで叶える物語(浮動国境)@\(^o^)/ :2015/09/02(水) 20:21:39.92
バター猫のパラドックス

猫は常に足を下にして着地する。
一方でバターを塗ったトーストは常にバターを塗った面を下にして着地する(選択的重力の法則)
このとき猫の背中にバタートーストを貼り付けると猫はどのような動きをするか?

続きを読む

タグ:

花陽「凛ちゃんには言えないよ。」

1: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2014/11/27(木) 05:00:31.03 ID:zdC/DiMM.net
@駅前カフェ

希「…でも、いつかは言わんとあかん事ちがう?」

花陽「うん…でも、今の花陽には勇気がなくて…」

希「まあ確かに。」
希「デリケートな問題やからなあ…」

ことり「そうだよね…」
ことり「ことりも、穂乃果ちゃんに言えるかって聞かれたら…」

花陽「やっぱり、そうだよね…」
花陽「うぅ…どうすればいいんだろう…」


希「でも、花陽ちゃんは諦めたくないんやろ?」

花陽「…はい!」

希「…なら、まずはその心からやな。」

続きを読む

タグ:

花陽「お鍋の美味しい季節になりました。」

1: たこやきSS ◆YG2P2XShjg (たこやき)@\(^o^)/ 2014/11/30(日) 16:00:38.72 ID:eksgUT2z.net
@部室

花陽「ああ…どうしてもお鍋が食べたいです。」

花陽「いつもお米好きに思われている花陽ですが…」

花陽「実は、お鍋も大好きなんです…」

花陽「でも、お母さんに毎日お鍋を頼むのも。」
花陽「なんだか気が引けちゃうし…」

花陽「うう…でも、我慢できません。」


花陽「…こうなったら!」
花陽「一人鍋用の道具を買ってみましょうか…」

花陽「でも、晩ご飯の後に食べたら太っちゃうし…」

花陽「むしろいっそ、部室でお昼に鍋というのも…」ジュルッ

花陽「ああ…おなかが減ってきました…」



ガラッ

続きを読む

タグ:

花陽「サボっちゃえサボっちゃえ、月曜なんてサボっちゃえ」

1: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2015/08/31(月) 03:36:55.53 ID:ZP+3NC6a.net
~ある月曜、朝4:00~

花陽「目が覚めました」パチリ

花陽「うー……変な時間に目が覚めちゃったなあ……」ゴシゴシ

花陽「二度寝しよう……二度寝二度……」

花陽「……………………」

花陽(学校へ行く……明日の一時間目は数学……嫌だね。いまやってるとこ全然分かんないよ……)

花陽(先生に当てられたら困るなあ……やだなあ……あの先生厳しくて苦手だよ……はあ…………休みはもう終わり……)

花陽(うー……あした行かなかったらどれだけ楽か……うー、うー……!)


サ ボ れ ば い い ん じ ゃ な い ?


デビル花陽「サボればいいんじゃない?サボればいいんじゃない?」

お米花陽「ダメです!サボリなんてよくないです!みんな頑張ってるんですよ!」

花陽(そうだそうだ、よくないぞー)オー

デビル花陽「そういえば数学の課題やってなくない?」

お米花陽「あっ」

花陽(あっ、サボろう)

続きを読む

タグ:

花陽「音ノ木坂を卒業後、防衛大学校に進学しました」

1: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ (ワッチョイ 05b7-oRme) 2015/11/10(火) 18:09:35.94 ID:HgP9h2Zu0.net
201X年4月1日

花陽「なぜか防衛大に進学することになりました」

花陽「学費はかかりませんし将来も約束されているので両親も喜んでます」

花陽「それにお給料も…」

花陽「今日は防衛大の着校日、μ’sの元メンバーや家族と離れ離れになるのはちょっとさみしいけど、ワクワク気分でいっぱいです」

花陽「防衛大の正門に着きました。とても立派で驚いちゃった」

花陽「そのまま体育館に案内されたよ、そこで自分が入る大隊(寮)に振り分けられるんだって」

花陽「まるでハリーポッターの組分け帽子みたい!!」

花陽「自分の大隊が発表されたらそこ案内されたよ」

続きを読む

タグ:


お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク