タグ:小日向美穂

小日向美穂『夢幻』

2: ◆ikbHUwR.fw 2017/12/21(木) 07:52:34.49 ID:WM4FKTfA0
   〇

 ミホはまず、ここはどこだろう? と思った。

 澄み切った空、青い草の匂い、穏やかな日差し。見覚えのない、だけど、どこか懐かしさを感じる景色が広がっている。
 直前までの記憶が定かではない。なぜ自分はこんなところにいるのか。
 ミホはきょろきょろと辺りを見回した。
 どの方角も、ただただ見渡す限りの草原が続いていて、村に帰ろうにもこれではどちらへ歩き出せばいいのかもわからない。

 どうしよう、と考えていると、視界の片隅に白い塊が映った。白いのは外套だ、人が倒れている。
 駆け寄ったミホが、その顔をのぞきこむ。金色の髪をした男の子だった。歳は自分と同じか、少し下ぐらいだろうか。その肌はまるで死人のように青白い。
 一瞬、悪い予感が脳裏をよぎるが、少年がかすかに身じろぎをするのを見て、ミホはほっと胸をなでおろした。

 さて、この少年は何者だろう。
 なんとなく、少し目を離したら消えてしまいそうな、はかなげな雰囲気がある。失礼かもしれないけど、本当に生きた人間だろうか、とミホは思った。
 少年のまとう白い外套は、見た目はぱりっとしているのに触れてみると驚くほどに柔らかかった。絹糸で織ったものかもしれない。すその端を手に取ると、薄手なのにそれ自体が熱を発しているかのように温かさが伝わってきた。
 貴族様だろうか。よく見れば、かたわらには細やかな装飾のほどこされた剣が落ちている。

 小さな村での閉鎖的な生活を送るミホにとって、貴族というのは噂話でしか聞くことのない、雲の上の存在だ。生まれてから一度だって見たことはない。でも、だからこそ、自分や村のみんなとは明らかに違うこの少年は、きっと貴族なのだろう、と思った。
 どなたかは知らないけど、やがて日も暮れるだろうし、こんなところで寝かせておくわけにはいかない。ミホは名も知らぬ少年の体を軽く揺さぶった。
「ううん」と小さなうなり声を上げて、少年がまぶたを開く。きれいだ、と思った。
 ミホは宝石のように輝くふたつの紫色の目を、呆けたように見つめていた。
 しばらくそうしたあと、はっと我に返る。
 目を開いたと言うことは、相手も自分を見ているのだと気付き、ミホの頬が羞恥に染まる。

「ご、ごめんなさい! 倒れていたから起こそうと思ったんだけど。あの、私はミホって言います。あなたは?」

 ミホは慌てて跳びすさり、深々と頭を下げた。

「ボクは……」

 少年が体を起こしながら、鈴の音のような透き通った声をもらす。
 ミホは胸に手を当てて、続きの言葉を待った。

続きを読む

  タグ:

小日向美穂「夢色、キラキラ、ダイヤモンドダスト」

1: ◆WJfkFowgA. 2016/12/16(金) 00:03:57.97 ID:g4iXPbsKo
12月16日は美穂ちゃん誕生日、そんな記念のお話です

SSWiki :http://ss.vip2ch.com/jmp/1481814237

続きを読む

  タグ:

小日向美穂「対狸用強力惚れ薬」

1: ◆DAC.3Z2hLk 2017/12/06(水) 03:50:13.59 ID:sPMy6kxN0
 モバマスより小日向美穂とLiPPSのSSです。
 ファンタジー要素、一部アイドルの人外化などオリジナル設定多々ありますのでご注意ください。

 これの奴です。↓

小日向美穂「こひなたぬき」



SSWiki :http://ss.vip2ch.com/jmp/1512499813

続きを読む

  タグ:

小日向美穂「プロデューサーさんinプロデューサーくん」

関連スレ:

小日向美穂「こひなたぬき」



2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/30(月) 12:24:37.02 ID:jy2g7gfM0
 寮の部屋の扉が開く。

「ふぅ~、疲れたぁ……」

 入って来るのは、大事な担当アイドル、小日向美穂だ。
 今日も仕事に学校にと頑張ってきたのだろう。流石にくたくたのようで、荷物を置くなり「んっ」と伸びをした。

 俺はそれを、室内から見ている。

「ご飯食べて、お風呂入って……あ、そうそう、お仕事の資料も読んでおかなきゃ……」

 美穂はやることを指折り数えながら、ベッドの上の俺を見てにっこり笑った。

 無駄な前置きは省く。
 そもそも何故こうなっているのかわからないのだから。

「――ただいまっ、プロデューサーくん!」


 俺の意識は今、白いクマのぬいぐるみこと「プロデューサーくん」の中にあるのだ。

続きを読む

  タグ:

小日向美穂「こひなたぬき」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/20(金) 01:43:05.54 ID:xT7KgNMd0
アイドルマスターシンデレラガールズの小日向美穂のSSです。
ファンタジー要素、独自設定など含みますため、ご留意ください。

※台本形式、地の文、両方あります。

SSWiki :http://ss.vip2ch.com/jmp/1508431385

続きを読む

  タグ:

小日向美穂「夢で逢えたら」

2: ◆kBqQfBrAQE 2016/12/17(土) 16:41:19.23 ID:Tqz6kMYs0
見えない世界に足を踏み出すというのは、この上なく怖いものです。
その中では、何が待ち構えているのか分からないから。

また、その先にある光の向こうへ顔を出すことも、怖いものです。
見えない世界を歩いてきた結果が、後悔するものであるかもしれないから。

私が立っているのは、暗がりの舞台袖。

10段ほどの階段の先には、大きなステージが待っています。

そのステージの向こう側では、今か今かと、私を待つファンのざわめきが聞こえてきます。

不思議と、緊張はしていない。むしろ、ワクワクして胸が高鳴っているくらい。

「美穂、そろそろいいか?」

ふと、スーツ姿の男性が話しかけてきました。

美穂「はいっ、準備万端です!」

この人は、私のプロデューサー。私をいつも支え、助けてくれる人です。

「緊張はしてない?」

美穂「大丈夫ですよ、プロデューサーさん。むしろワクワクしてるくらいですから!」

そう言って私はニッコリと笑うと、彼も微笑みました。

「よし…トップアイドル小日向美穂のステージだ、目一杯楽しんで来い!」

美穂「はいっ!」

私は気合を入れるように返事をして、ステージまでの階段を上ります。

その一歩一歩は足取り軽く、駆け上るように、飛んでいくように。

最後の一段を踏み、飛び跳ねるようにステージへと出ていくと…目の前には桃色の光の海が広がると同時に、みんなの歓声が響いてきたのでした。


_________
______
___

続きを読む

  タグ:

小日向美穂「プロデューサーくん」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/30(木) 19:07:37.21 ID:KzC4Vy7jO
「ああ……ああ、ありがとうございます」

「本当に、ありがとうございます……プロデューサーさん」

「嬉しいです」

「とっても」

「心の底から」

「本当に本当に」

「私、嬉しいです」

「胸から溢れて湧いてくる熱いものに、身体の全部を溶かされていっちゃうのを抑えられないぐらい」

「気持ちよくて心地いい甘い痺れが、全身へ広がって奥へ奥へ浸み込んでいくのを止められないぐらい」

「幸せな温かさに全部を満たされて……どうしようもないくらいたまらなくなっちゃうのを、もうどうにもできないぐらい」

「嬉しいです」

「プロデューサーさんが私を選んでくれて」

「プロデューサーさんが私を受け入れてくれて」

「プロデューサーさんが私を好きになってくれて……他の誰よりも、私のことを愛してくれて」

「私は、嬉しいです」

「だから……プロデューサーさん、ありがとうございます」

「何度も伝えていることですけど」

「何回も贈っていることですけど」

「でもまた、もう一度、貴方に言わせてください」

「ありがとうございます」

「私を選んで私を受け入れて……そして、私を大切な唯一の相手にしてくれて」

「ありがとうございます、プロデューサーさん」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1490868457

続きを読む

  タグ:

小日向美穂「私が死んだ夜、卯月ちゃんは日向のままで」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/11(月) 08:13:47.21 ID:uEtBBT+lo
アニメデレマス基準のうづみほです。

SSWiki :http://ss.vip2ch.com/jmp/1460330027

続きを読む

  タグ:

モバP、美穂「ぷちデレラ?」

2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/30(火) 01:15:39.24 ID:ygHqSapz0
【誕生】
ちひろ「はい!このドリンクを飲むとぷちデレラが生まれます」

P「そんな危ないもの!絶対に飲むんじゃないぞ!」

美穂「うーん…飲むだけでいいんですよね?」

ちひろ「はい!一気にいっちゃつてください」

P「えっ…ちょっと待ち」

美穂「えい」ゴクン

続きを読む

  タグ:

小日向美穂「好きを想う」

1: ◆i/Ay6sgovU 2016/03/21(月) 19:23:39.50 ID:YEu02TvIO


「ふう……。今日もレッスン、疲れたな……」

ベッドの上で横になりながら、黒髪の少女は呟く。

「アイドル……かぁ……」

 まるで他人事のような言い方は、当然、自分の状況に向けられたものだ。
そしてその口調からは、自分の飛び込んだ環境への戸惑いが滲み浮かんでいる。

「明日も頑張ろう……」

 小さな声を残して眠りについたこの少女――小日向美穂――は、つい数日前まではただの、養成所に通う、アイドルを夢見る1人に過ぎなかった。



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1458555819

続きを読む

  タグ:

【モバマスSS】ちひろ「枕営業・・・?」P「ほんとの意味で」

1: ◆P1ZZk9vB9M 2016/04/30(土) 02:00:03.64 ID:AiqqYy3wo
・こんなタイトルですがホラーです
・美穂ちゃんが可哀想な目にあうので苦手な方は見ないことをお勧めします

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1461949193

続きを読む

  タグ:

まゆ「勘違いは罪、ですよねぇ」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/06(日) 12:53:24.81 ID:4pj60yR30
【注意】このSSではまゆと美穂に生えています。
男の娘に耐性の無い方は摂取を控えてください。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1441511604

続きを読む

  タグ:

美穂「私にとってのアイドル」

1: ◆ji5zpvWQ2s 2015/11/10(火) 22:54:41.13 ID:6pcH84uQ0
※CuteJwelries!001 をアニメ終了後に出すという設定です


美穂「おはようございます!」

P「おはよう、美穂。今日も元気だなぁ」

美穂「えへへっ!最近はお仕事も順調でとっても楽しいですから!」

美穂「お芝居も出来ましたし、CDも出せるなんて......まるで夢みたいです!」

P「CPの卯月ちゃんや、響子ちゃんとの仕事も評判がいいしな」

美穂「ありがとうございます!ところで......今日は何のミーティングなんですか?」

P「ああ、美穂とカバー曲について相談をしようと思ったんだ」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1447163680

続きを読む

  タグ:

小日向美穂「私達のプロデューサーと。」

3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/08(水) 20:01:05.59 ID:Fxpubhq+0
ー事務所ー

美穂「はあ…」しょんぼり

P「よう、どうした美穂、アホ毛に元気がないぞ」

美穂「あ…プロデューサー…おはようございます…」

P「おう、おはよう。で、どうしたんだ、そのアホ毛」

美穂「あの…髪の毛っていうか…元気がないのは私なんですよ…」


P「はあ?レッスンであがりまくって叱られた?」

美穂「そうなんですよ…最初の挨拶だって…」ほわんほわんほわ~ん(回想)

ーーーーー

続きを読む

  タグ:

城ヶ崎美嘉「シャボン玉」小日向美穂「パチンと消えた」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/27(月) 22:00:42.16 ID:HdoVrF9P0
美嘉「シンデレラプロジェクトの子たちの活躍をアニメ化した作品の、Blue-ray Disc 3巻に特典でつける、私たちの新曲を収録してきたわけだけどさ」

美穂「タイトルはshabon songでしたね」

美嘉「…なにあの曲」

美穂「……はい」

美嘉「…なにあの歌詞」

美穂「……はい」

美嘉「…“シャボン玉パチンと消えた”」~♪

美穂「…“その瞬間 私変わった”」~♪

美嘉「…“あと数センチの距離が”」~♪

美穂「…“やけに寂しくて”」~♪

美嘉「…………」

美穂「…………」

美嘉美穂『さびしい!!』

SSWiki :http://ss.vip2ch.com/jmp/1438002041

続きを読む

  タグ:


お知らせ
また、サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
カテゴリをあいうえお順にしました、

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

Twitter

SSなびのTwitterアカウントです

最新記事
ピックアップカテゴリ
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

フリーエリア