タグ:多田李衣菜

モバP「パッションなお姉…幼…妹…あれ?」

2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/16(土) 20:44:28.60 ID:TLyMt86k0
依田芳乃「レッスン終わったのでしてー」

モバP「おー、おつかれさん」

芳乃「そなたー。膝に乗せて欲しいのでしてー」

モバP「よーしいいぞー。ほれー」グリグリ

芳乃「頭をこねくりまわすのはーやめて欲しいのでしてー」

モバP「そうかー、じゃあ高い高ーい」

芳乃「むー、わたくしは子供ではないのでしてー」

モバP「はっはっはー」

千川ちひろ「プロデューサーさん、お仕事は終わってるんですか?」

モバP「当然です。芳乃と遊ぶために午前中に終わらせました」ナデナデ

芳乃「むふー」ドヤァ

続きを読む

タグ:

【R18】多田李衣菜「豚肉、ニラ、牡蠣、鰻、オクラ、油揚げ、鶏卵」

1: ◆agif0ROmyg 2017/03/08(水) 00:27:30.53 ID:BpvAgxIy0
アイドルマスターシンデレラガールズの、多田李衣菜のR18SSです。





ある日の夕方。

予定を一通り終えた私、アイドル多田李衣菜は、帰る途中にスーパーに寄る。

手頃な値段の食材をいくつか購入し、向かうのは実家でも寮でもない。

1人で放っておくと適当な食事ばかり摂っていそうな、私の担当プロデューサーの家だ。

合鍵を使ってマンションに入り、まだ帰宅していないことを確認。

今日のあの仕事ぶりから考えて、帰ってくるまで……多分、あと一時間くらいかな。

それだけあれば十分だよね。

エプロンを付けて、早速調理を開始した。

こんな押しかけ妻みたいなの、もちろん今日が初めてってわけじゃない。

週に数回……最近じゃ、ほとんど毎日だ。

彼の帰宅を待ちながら夕飯なんて作っちゃって、これじゃまるで半同棲……

いや、もうそろそろ、完全に同棲してると言ってもいいレベルになりつつあるかも。

着替え、下着まで持ってきちゃってるし。

たまに汚されるから、予備が必要になるんだよね。

……前までは、プロデューサーさんとこんな風になるとは思ってなかった。

もちろん信頼はしてたけど、プロデューサーさんの方も私のこと、子供みたいに思ってたし。

でも、ずっと一緒に仕事してるうちに、私のことをよく知ろうとしてくれて、自分でもうまくまとめられない話や希望みたいなのもしっかり聞いてくれて。

そんな頼れる大人の貧弱な食生活を見かねて、パートナーとして色々してあげてたら。いつのまにか恋人同士みたいになって……手を出されて、色々教えられちゃった。

割りと年の離れた相手だし、ほとんどされるがままだった。

最初は痛かったし、もう翻弄されっぱなしで、いっぱいいっぱいだったけど。

終わった後、気の抜けたようになったプロデューサーさんが、普段のピシっとした感じと全然違ってて。

他の誰にも絶対見せない隠しきれない弱さみたいなのがすっごく新鮮で、私だけに見せてもらえるのかなって思うと、変な優越感があった。

苦しかったけど、でももっと色々したくなって、繰り返すうちにすっごく相性が良いことも分かって、あとはもうズブズブと。

本当はこういうの、良くないことなんだろうけど。なんだかんだいいつつプロデューサーさんも私の事、大好きみたいだしね。

可愛がって構ってくれるのはずっと前からだけど、付き合うようになってからは求められることも多い。

ただ世話されるだけじゃなくて対等に見られているというのは、気分がいい。

女としても、じっくり慣らしてもらったおかげで、もう痛くもなんともないし、むしろ楽しいしね。

そうこうしているうちに。

「ただいま。……李衣菜、今日も飯作ってくれてるのか。ありがたいな」

愛しの旦那様が帰宅した。

予想よりちょっとだけ早い。晩御飯の完成まで待ってもらおう。

と、思っていたんだけど。

……!

いつの間にか背後に立っていた彼が、急に手を伸ばしてきた。

ちょっと、止めてよー。危ないよ。

単にじゃれに来ただけかと思ったけど、腕の力は予想以上に強い。

ジーパンに薄手のシャツを合わせて、上からエプロン着けただけのラフな恰好なんだけど。

思いのほか挑発的だったっぽい?

確かに薄着だったけど、これは単に火を使うと暑いからであって、誘惑するつもりなんてなかったんだけどなあ。

「新妻っぽくて興奮する、李衣菜はエプロン似合うな」……なんて、口説かれちゃってるよ、私。

続きを読む

タグ:

木村夏樹「だりー、ライブどうだった?」

1: ◆jjEzShkDDk 2014/02/27(木) 00:17:36 ID:3Cud0AGo
李衣菜「ライブ?すっごく楽しかったよ!」

夏樹「そうかー、お前も気付けばどんどん先に行っちまうよなあ」

李衣菜「んーん、私の憧れは今でもやっぱりなつきちだもん」

夏樹「へへっ、嬉しい事言ってくれるじゃねーか」

李衣菜「えへへ!」

夏樹「今回は765さんの所が主体だっけ?」

李衣菜「そうそう!たくさん有名な先輩がいてすっごく緊張したけど、みんな優しくしてくれたよ!」

夏樹「まっ、そこはお前の人懐っこさのお陰でもあるな」

続きを読む

タグ:

多田李衣菜「事務所で一番可愛い子って」

1: ◆jjEzShkDDk 2014/02/12(水) 22:25:31.24 ID:S3pPKCgI0
李衣菜「誰だと思う?」

夏樹「だりー」

李衣菜「え?」

夏樹「だからだりーが一番可愛い」

李衣菜「えっ、ちょっ、なつきち!?」

夏樹「ん?」

李衣菜「いや、もうちょっと考えてから答えてもいいんだよ?」

夏樹「そうか」

李衣菜「うん」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1392211531

続きを読む

タグ:

モバP「だりやすかれんの10年後」

1: ◆5F5enKB7wjS6 2016/01/07(木) 23:19:55.82 ID:lpVVZLdQO


―――


李衣菜「…………」

泰葉「…………」

加蓮「…………」


李衣菜「……えっと。久しぶり、だね」

加蓮「うん、久しぶり。2人とも元気そうで良かった」

李衣菜「いつ振りかな……こんなふうに顔突き合わせて話すの」

泰葉「そうね……。確か、私たちがそれぞれの道を歩きだしてからだから……もう10年くらい前?」

李衣菜「うわ、そんな経つ?」

加蓮「ふふ、みんなテレビに出てるから、ずっと会ってなかったなんて思えないよね」

泰葉「ええ、本当に。でも……また、こうして会えて嬉しいな」

李衣菜「うん。泰葉も、加蓮も……変わらないね」

SSWiki :http://ss.vip2ch.com/jmp/1452176395

続きを読む

タグ:

李衣菜「~♪」蘭子「…」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/22(土) 22:42:00.22 ID:DBih/sXiO
李衣菜「~♪」

蘭子「…」

李衣菜「あー…これぞロックって感じだね」

蘭子「…その宝具は、何を奏でているのだ?」

李衣菜「?…ああこれ?勿論、ロックだよ!」

蘭子「激震の旋律…我が魂と共鳴するのだろうか」

李衣菜「…?…??」

蘭子「…」

李衣菜「…」

蘭子「…」

李衣菜「…聴く?」

蘭子「今こそ、我が魂と共鳴せん!」

李衣菜「良かった合ってて」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1440250920

続きを読む

タグ:

李衣菜「さ」泰葉「む」加蓮「い」

1: ◆5F5enKB7wjS6 2015/11/10(火) 19:40:32.30 ID:t1VJts3sO

―――泰葉のお部屋


がちゃっ


李衣菜「――ふい~、いいお湯だったぁ」フキフキ

泰葉「あ、おかえりなさい……って、そんな薄着じゃ風邪引いちゃうよ?」

李衣菜「あはは、大丈夫。すぐ着るから」

泰葉「少し暖房つけるね」ピピッ

李衣菜「ん、ありがと。――あ、お風呂のお湯、勝手に抜いちゃったけど良かった?」

泰葉「ほんと? ううん、別にいいけど……みんな出たら私がやろうと思ってたのに」

李衣菜「へへ、いつも借りてるだけじゃ悪いしさ」

泰葉「そんなの気にしなくても……。ふふ、少しはこの子も見習ってくれたらいいんだけど」チラッ

加蓮「んぅー? なに~?」ゴロゴロ モグモグ

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1447152032

続きを読む

タグ:

李衣菜「私ってロックだよね!」泰葉「え?」加蓮「え?」

1: ◆5F5enKB7wjS6 2016/01/05(火) 01:54:15.65 ID:uZbDlLtpO


―――事務所


李衣菜「え?」

泰葉「?」

加蓮「?」


李衣菜「…………」

泰葉「…………」

加蓮「…………」


李衣菜「私ってろっk」

泰葉「え?」

加蓮「え?」


P「…………」カタカタ

SSWiki :http://ss.vip2ch.com/jmp/1451926455

続きを読む

タグ:

李衣菜「プロデューサーが風邪?」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/15(火) 12:50:44.20 ID:BohB8u5i0
李衣菜「あの病気にかかりそうにないプロデューサーが?」

ちひろ「そうなんですよ。今朝風邪で休ませてくれって連絡があって」

李衣菜「あのプロデューサーをダウンさせるなんて、かなりひどいんじゃ…」

ちひろ「ええ、電話口でも死にそうな声してて、流石に休養が必要だと判断したの」

李衣菜「心配ですね。それで、そのことを知ったみんなが今、言い争ってると」

ちひろ「そうなの。誰がお見舞いに行くかって話になったみたい」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1450151444

続きを読む

タグ:

渋谷凛「プロデューサーが鏡の前で泣いてる…!?」

1: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/10(月) 22:46:48.98 ID:O0kUOlMSo
モバP「あ、やべ、鼻毛出てる」

モバP「あちゃー、これいつからだろ。恥ずかしいな~。とりあえず引っこ抜いとくか」

モバP「ふん!ふん!ふん!ふん!ふん!痛っ!」プチッ

モバP「あ~何で(鼻毛を抜くと)涙が出るんだろう…」グスン


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1392040008

続きを読む

タグ:

モバP「だりやすかれんと秋の足音」

1 : ◆5F5enKB7wjS6 :2015/09/16(水) 13:06:38.55


―――事務所


加蓮「んー、最近涼しくなってきたよねー」

李衣菜「そだね、いつの間にか。夜なんて寒いくらいだし」

泰葉「季節の変わり目だから、体調管理はしっかりしないとね」

李衣菜「うん。……ね、加蓮?」

泰葉「ね?」

加蓮「う、うん」


「「ね??」」

加蓮「……なんだろ、私二人に信用されてないのかな?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1442376398

続きを読む

タグ:

渋谷凛「私が正妻だという風潮」佐久間まゆ「は?」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/21(日) 12:38:35.45 ID:VtpNUaYL0
※基本的にアイドルたちが適当なことを話すだけの日常系SSですので修羅場などは期待しないで下さい。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1434857905

続きを読む

タグ:

李衣菜「職業体験」泰葉「TBS」加蓮「デート」

1 : ◆5F5enKB7wjS6 :2016/03/14(月) 00:41:26.15


―――事務所


李衣菜「…………」

泰葉「…………」

加蓮「…………」


李衣菜「……おかしくない?」

泰葉「うん、おかしいと思う」

加蓮「な、なっなにが? お、おかしいところなんてひとつもないと思うけど?」

李衣菜「……泰葉、まずはトークバトルショーお疲れさま!」

泰葉「ふふ、李衣菜も職業体験のお仕事お疲れさま。衣装も相まってかっこよかった……♪」

李衣菜「へへ、さんきゅ♪ ……で、そこの北条さんは?」

泰葉「そうね、北条さんはどんなお仕事してきたの? 教えてほしいな……ふふっ」

加蓮(あわわわわわわ……!)ガクブル

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1457883686

続きを読む

タグ:

モバP「だりやすかれんの休憩中」

1 : ◆5F5enKB7wjS6 :2015/10/11(日) 18:23:05.95


―――


加蓮
『やほー』


李衣菜
『あれ?ドラマの撮影じゃなかったっけ』


加蓮
『いま休憩ちゅー
 ヒマだったから(笑)』


加蓮
『そういうりーなだってレコーディングじゃないの?』


李衣菜
『さっき終わったよ。今は電車で移動してる('ω'*)))
 次はラジオのしゅーろくー』


泰葉
『おつかれさまです。
 二人とも頑張ってるね』

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1444555385

続きを読む

タグ:

モバP「だりやすかれんとまだまだ暑い日」

1 : ◆5F5enKB7wjS6 :2015/08/26(水) 22:40:07.75


―――事務所


李衣菜「――あ~も~、あっつい!」


泰葉「本当にね……。はぁ、一時期涼しくなったと思ったのに……」

李衣菜「雨降っても中途半端だし、じめじめじめじめじめじめ……!」イライラ

泰葉「お、落ち着いて李衣菜。気持ちは分かるけど」


加蓮「――――」グデー

李衣菜「……おーい、生きてるー?」

加蓮「……死んでるぅ……」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1440596407

続きを読む

タグ:

北条加蓮「昔の私へ、贈る言葉」

1 :だりやすかれんだよー  ◆5F5enKB7wjS6 :2016/05/06(金) 08:06:09.52



――大きくなったわたしへ。



おげんきですか。


わたしはいま、びょういんのベッドでお手がみをかいています。


大きくなったわたしは、きっともうげんきいっぱいで、おそとを走りまわってるとおもいます。


てんてきとか、けんさとか、しないでいい、けんこうな体になってたらうれしいです。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1462489569

続きを読む

タグ:

渋谷凛「ロックなあの娘の誕生日」

1 :dryskrn2015 :2015/06/27(土) 01:30:10.43


―――事務所


凛「ねえ、プロデューサー。ちょっと相談したいことがあるんだけど」


P「ん、なんだ? 仕事のこと?」

凛「ううん、そうじゃなくて……もうすぐ李衣菜の誕生日でしょ?」

P「あぁ、覚えてるよ。……あ、もしかしてなにかプレゼントしてやりたいってことか?」

凛「ふふ、話が早くて助かるよ。それで、プロデューサーにも協力して欲しいんだ」

P「もちろん! 李衣菜のためならなんだって用意するぞ」

凛「あ、大丈夫。プレゼントはもう決めてあるんだ」

P「へぇ、どんなのだ?」


凛「うん、プロデューサーをリボンで縛っt」

P「却下」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1435336200

続きを読む

タグ:

モバP「のぞいた晴れ間とロックな少女」

1 : ◆5F5enKB7wjS6 :2015/07/01(水) 14:17:15.78


―――事務所


P「――お。雨、上がったみたいだな」


李衣菜「ほんとですか? ……あ、虹だ」

P「おお。綺麗だな」

李衣菜「ですね」

P「梅雨もそろそろ終わりかな?」

李衣菜「もう7月ですしね。海行きたいなぁ……」

P「あ」

李衣菜「? どうしましたプロデューサー」


P「誕生日おめでとう李衣菜」

李衣菜「だいぶあっさり言いましたね」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1435727835

続きを読む

タグ:

モバP「だりやすかれんの星に願いを」

1 : ◆5F5enKB7wjS6 :2015/07/05(日) 13:20:57.00


―――泰葉のハウス


李衣菜「――久しぶりだね、お泊り!」

泰葉「ふふ、うん。久々に賑やかな夜になりそう」

李衣菜「オフが重なってよかったねっ」

泰葉「ええ♪」

加蓮「やっぱり泰葉の部屋落ち着く~」ゴロゴロ

李衣菜「いや、加蓮はくつろぎすぎでしょ……ん? なに書いてるの?」

加蓮「短冊だよ。もうすぐ七夕だしね」

李衣菜「あぁ、そういえば。見せて見せてー」

加蓮「んー」ピラッ


『はっぴーばーすでーりーな!』


李衣菜「願い事じゃないし!? あ、え、えっと……ありがと、う?」

加蓮「うん♪」

泰葉「ふふふ♪」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1436070056

続きを読む

タグ:

武内P「おはようございます」李衣菜「おはようございます」

1 : ◆C2VTzcV58A :2015/07/30(木) 11:46:23.60
李衣菜「………」

武内P「どうか、しましたか」

李衣菜「う、ううん。なんでもないです」

武内P「そうですか。……今日も、がんばりましょう」

李衣菜「は、はいっ」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1438224383

続きを読む

タグ:


お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
スマホの人気ランキングのレイアウトを修正しました

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク