タグ:夕立

提督「夕立の蜃気楼」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/16(日) 04:31:18.89 ID:Q24QgJ/V0
工廠の一室、立て掛け鏡の前で夕立は得意げに上機嫌であった。目線が高くなったので、以前より離れた位置より己を鏡に映して色々な格好を試す。小さい鏡像からは以前の大きな像には感じ取ることができなかった惹きつけるような存在感があった。

熟した。この夕立には細い枝先に赤々とぷっくり実った夏蜜柑の爽快な潤色があった。その重さに戸惑って揺れる梢のように、夕立もしなやかな四肢全体を使ってどうしたものかとポーズをゆらゆらと試行錯誤していたのだ。

腰曲げて鏡に顔を近づけてみると怪しげに輝く赤い目に赤みがかった金髪が覆いかぶさってくる。邪魔なのでヘアピンでまとめた。夕立は鏡の夕立とはたと目を合わせた。一体これは誰なのだろう。夕立。それは分かっていた。

しかし、ここにやってきた吹雪と睦月にはそれがわからなかったようで、ここに顔を覗かせたかと思うと途端に亀のように慌てて頭を引っ込めて慇懃に無礼を詫びて出て行ってしまったのだ。友人に赤の他人の如く扱われたことに夕立は自由の愉悦を覚えた。それは今世界で夕立の居場所を知っているのは唯一自分だけだという隠棲への解放と安堵であった。

夕立は改めて自分の形貌を眺めた。以前のどこかおっとりとした感じはない。物憂げな陰に潜む不敵な聡明さは夕立という輪郭を明瞭にしようとするが、更にそこには未分の野性があって、するりと今しがたの先進的な印象を解体していく。夕立は水渦を内にする冷たい鉄杯を思い浮かべ、静的なのか動的なのかと自分自身に複雑な印象を覚えた。

夕立は少し急いでグローブをはめて長いマフラーを首に巻きつけた。吹雪と睦月はいまだ夕立を探しているはずである。誤解を解いてやらねばと颯爽と肩で風を切ると、白いマフラーの端は旗印のようになびいた。夕立は改造の結果に満足した。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1439667078

続きを読む

  タグ:

夕立「生理が来ないっぽい…」

14: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/04/26(日) 21:45:18.762 ID:FjcgbWlX0
吹雪「え?」

夕立「吹雪ちゃん…どうしよう」

吹雪「それって…できちゃったってこと?」

夕立「ぽい…」

吹雪「…降ろそう」

夕立「え……」

吹雪「今なら間に合うでしょ!?すぐに降ろそう!?」

続きを読む

  タグ:

夕立「ドーナツがないっぽい!」

2: ◆Lsw27IvP02kT 2017/01/13(金) 23:51:13.53 ID:i5BRbGR+o
夕立「ない・・・ない・・・ないっぽい!」

夕立「ここに置いてた大事なドーナツがない!」

白露「一番先に帰ってきましたー!って夕立、何でムンクの叫びみたいな顔してるの?」

夕立「ここに置いてたドーナツ知らないっぽい?」

村雨「ううん、知らないけど・・・」

夕立「ちょっと聞き込みしに行ってくるっぽい!」バタン

白露「大事なドーナツだったのかな?」

春雨「たしか由良さんに貰ったものだと思います」

村雨「あー夕立、由良さんのこと好きだからねー」

春雨「何も起こらないといいですけど・・・」

続きを読む

  タグ:

夕立「何もかも吹雪のせいっぽい!!」

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/02/27(土) 03:27:44.92
夕立「このままじゃ、夕立たち死んじゃうっぽい…」

睦月「大丈夫だよ、夕立ちゃん。きっと助けがくるはず…」

夕立「本当にっぽい?」

睦月「多分…」

吹雪「どうしてこんな事になったんだろう…」

夕立「何もかも吹雪のせいっぽい!!」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1456511264

続きを読む

  タグ:

夕立「もしもし、あたし夕立さん」

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/25(木) 22:13:19.83
提督「」カキカキ

提督「」カキカキ

提督「ふぅー・・・」

提督「やっとここまで終わったか」

提督「」チラ





時計『02:05』





提督「もうこんな時間か・・・」

提督「(秘書艦の時雨も、もう寝かせてしまったしな・・・)」

提督「(俺も早く終わらせて寝よう・・・)」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1435237989

続きを読む

  タグ:

夕立「提督さん、褒めて褒めてぇーっ!」

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/05(日) 15:41:53.25
夕立「ぽいぽーい!」ダキ

提督「はは、今回の出撃も大活躍だったな!」

夕立「夕立、提督さんのためならもっと頑張っちゃうっぽい!」

提督「それは嬉しいな! よしよし、良い子だ」ナデナデ

夕立「わふわふ!」

提督「夕立は本当に良い子で可愛いなぁ!」ナデナデ

夕立「えへへ!」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1428216112

続きを読む

  タグ:

夕立「吹雪ちゃんのオナ声が気になって眠れないっぽいー」

1 : ◆84fBB9YNFY :2015/04/12(日) 22:00:26.48
夕立「毎日だよ毎日、『司令官、司令官』ってさぁ、うるさいっぽい」

睦月「う、うん、確かに、声はちょっと大きい、かな……?」

夕立「声だけじゃないよー、いじってる音もうるさいっぽい」

睦月「それは……確かに吹雪ちゃん、ちょっと激しいけど……」

夕立「まあ濡れちゃいやすい体質なら仕方ないっぽいけど」

睦月「そ、そうだよ、体質だよ、体質」

夕立「あと昨日なんかさぁ、司令官で一回終わったと思ったら、今度は『赤城先輩、赤城先輩』って」

睦月「そ、それは、まぁ……」

夕立「節操無いっぽい!」

睦月「まぁ、うん、まぁ……あはは……」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1428843626

続きを読む

  タグ:


お知らせ
また、サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
カテゴリをあいうえお順にしました、

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

Twitter

SSなびのTwitterアカウントです

最新記事
ピックアップカテゴリ
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。