タグ:勇者

勇者「幼馴染がすごくウザい件」

2: ◆y7//w4A.QY 2017/03/11(土) 20:30:12.00 ID:RjIOA7Qm0
暑い夏の日だった。
バンドギア王国の郊外、ど田舎のミルー村でギラギラと照りつける太陽の下、ミラは前歯でアイスクリームのコーンを噛み砕いた。
巻き紙の部分をまわし、外周をかじっていく。内側のアイスを吸い舐め最後のコーンを口に放り込むと両手を打ち鳴らした。

ミラ「カケル、面白いものを見せてあげる」

整った切れ長の一重の目をチラリと向けて、眉をひそめる俺に含みをもたせてこう言った。どうせろくでもないと訝しみながらも、誘いに乗ることにした。
しばらく無言で歩きながら、やるせない気分のまま、ぼんやりと視線を流れる景色に向ける。

俺の気持ちは、いつも深い霧に包まれているようだった。

なぜ、こいつの家の近くに生まれたのだろう。
なぜ、こいつにいつも振り回されるのだろう。
なぜ、こいつは、こんなにも! 自己中心的なんだ!!

注意しておく。俺は別段、どこか体調がすぐれないわけでもない。ましてや精神を病んでるわけでもない。

一見して見れば絶世の美女とも見間違えるほど、ミラの容姿は整っている。うらやましがる物好きな連中がいるのも俺は知っている。
しかし、俺が我慢できないのは、ミラの傍若無人な振る舞いだ!

誰か! 変われるなら変わってくれ!

ミラには、もっとふさわしい世界があるはずだと俺は思う。

どんなに絶望的な状況も切り抜けられる、さながらの尻に火がつく事態も、けっして自暴自棄になることもなく、自己邁進して我が道を突き進む。

そんな漫画のような世界がミラには合ってるんだ――。

こんな、毎日を惰性に身を任せている俺とは違う。

何度も何度も逃げようとした。

ある時は――。

カケル『今日は用事が……』
ミラ『なんの用事? 終わるまで待ってあげる!』

また、ある時は――。

カケル『(よし、いないな……)』
ミラ『カケルっ!! ……なに驚いてるの?』
カケル「(お前から逃げようとしてたんじゃボケェっ!!)」

このように、ミラから逃げようとともがくほど、否応なく気がつかされたことは、恐ろしい勘で先回りされ、いつのまにか側に立っている。そんな状況だった。

続きを読む

タグ:

勇者「全身呪いの装備で固めてしまった」

1: ◆i29f5n1Y1w 2017/03/28(火) 03:39:23.69 ID:JgjaRmWG0
勇者「このダンジョンもここで最後だな」

勇者「さっき倒したボスっぽいヤツの先には一体どんな物が…」ゴクッ

勇者「いざ!」ガチャ



勇者「こ、これは……剣だ! お札っぽいのが貼られてたり、あと骸骨邪魔だな…」ベギッ


骸骨「コレデ…ワガ…クルシミカラ」

勇者「うるせぇ! 骸骨ごときが勇者に話しかけんじゃねぇよ!」ドガッ

勇者「さて、この剣は…」



勇者「お、おお……なんか、すっごい禍々しい感じだな…」

勇者「それにドス黒い雰囲気って言うか…なんと言うか…」

勇者「たぶんアレだ、さっきの骸骨が長時間触れてたせいでこうなったんだな」

勇者「それによく見たらカッコいいし…間違いない、これこそが俺の捜し求めていた伝説の剣に違いない!」

勇者「早速装備だ! このはがねのつるぎは捨てる!」


勇者は皆殺しの剣を装備した!
勇者は呪われてしまった!


勇者「ぬあああああ!! またかよ! また呪われてるのかよ!」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1490639963

続きを読む

タグ:

魔法使い「え、えろ魔道士です…」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/08/20(土) 05:09:35.43 ID:pXI/sN9x0
「そんなっ…馬鹿な…」

「これで終わりだ魔王!せめて小生の命と引き換えに貴様を封印する!」

「ふふふっ…いいだろう…だが我はすぐに復活する…」

「我の力の一部を授けし者が、この世に蔓延る限り…」

続きを読む

タグ:

【R18】勇者「御託はいい。俺の質問に答えろ、魔王ッ!!」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/10/27(火) 06:10:47 ID:Y.OksXlM
魔王「我の元までよく辿り着いた。褒めてやろう、勇者」

勇者「御託はいい。俺の質問に答えろ、魔王ッ!!」

魔王「質問だと?」

勇者「オナニーを知っているか?」

魔王「オ、オナ? よく聞こえなかった、もう一度言ってみろ」

勇者「シコシコしたことはあるかと聞いた」

魔王「しこしこ、だと?」

勇者「そう、マスターベーションのことだ」

魔王「ますたー…… すまん、勇者。なんのことだかサッパリだ」

続きを読む

タグ:

不良「おいこら金だせよ」美少女「お金持ってないんです…」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/14(水) 13:32:32.58 ID:Mzye+vMpO

不良「あーそう、じゃあ身体でも差し出して貰おうか」グヘヘ


男「その子の手を離せ!」


美少女「男くん!?」

不良「誰だぁてめえは?」

男「お前に名乗る名前はねえ!」

美少女「男くん助けて!!」

男「美少女ちゃん少し黙ってて!」


SSWiki :http://ss.vip2ch.com/jmp/1473827552

続きを読む

タグ:

勇者一行「魔王倒したし安価で転職しよう」

1: ◆OxC.1GxzwItH 2016/04/04(月) 19:32:02.16 ID:qQEVP9lu0
勇者「というわけで、頼むぞ大神官」

大神官「どういうわけなんじゃ」

魔法使い「いやぁ、魔王も倒したし、世界は平和になったでしょ?」

盗賊「だから新しい自分を見つけようってなったんだよ」

僧侶「ここ、ランダム転職ありましたよね? あれ一回やってみたかったんですよー」

大神官「…………マジ?」

勇者「マジマジ」

大神官「はぁ……まぁ、構わんがの? 本当にランダムじゃからな? 責任は負わないからの?」

盗賊「分かったって! 早くしてくれよ」

大神官「では、まず勇者からじゃ! 性別は男!」

大神官「ランダム転職開始!!」


勇者の新たなる職業↓2

SSWiki :http://ss.vip2ch.com/jmp/1459765921

続きを読む

タグ:

勇者「ヒヒヒ、助けてやったんだから >>2 しろや」 村娘「ヒェッ…」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/02(日) 17:13:05.20 ID:xzB1bv700
勇者「助けてもらったら返すのが礼儀だろ?」

勇者「おう、あく>>2しろよ」

女「そんなっ……! あなたは正義の心を持つ、勇者様なのでは!?」

勇者「おいおい、こっちは命懸けで魔物からお前を救ってやったんだ」

勇者「その見返りを求めるのは当然だろ、なぁ?」

女「でも、>>2なんて……」

勇者「つべこべ言わずにやるんだよォ!!」

女「ひっ……!」

続きを読む

タグ:

勇者「どうすれば倒せるんだ!」魔王「教えてやろう!」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/18(木) 00:07:17 ID:U60blioM
勇者「く、勇者の剣が!」

魔王「ははははは愚か者め! そんなもので私を倒せると思ったか!」

勇者「剣もダメ、魔法もダメ……どうやったら倒せるんだ!」

魔王「……知りたいか?」

勇者「え?」

魔王「どうすれば倒せるか知りたいのか!」

勇者「え、いや、うん」

魔王「ならちょっと近くに来い」

勇者「」テクテク

魔王「そしてぎゅっとしろ」

勇者「」ギュ

魔王「首ではないわ!」パコーン!

続きを読む

タグ:

勇者「剣が重いんです」 魔王「魔杖がでかすぎて邪魔」

1: ◆G/mqESF7Ns 2015/09/10(木) 22:24:52.24 ID:Dux2C+Gx0
勇者「勘弁してほしいですよね」 酒ガバガバ

魔王「全くだ」 牛乳グビグビ

(現在地:魔界の酒場)



勇者「というかですね、王様から支度金って言って3000ゴールド渡されましたけどね」

勇者「これ、国民の血税でしょ、何『ほどこしてやったんだからちゃんとやれや』みたいな空気醸してるんでしょうね」

魔王「でも貰ってるんじゃねえかよ」

勇者「んなわけないですよ、丁重にお返しいたしましたよ」

勇者「他の勇者はどうだか知りませんが、自分はバイトでお金稼いでますよ」

魔王「へー、魔物からカツアゲはしてないのか、偉いじゃねえか」

勇者「あ、魔物ってお金持ってるんだ」

魔王「そりゃあうちの従業員だもんよ、清掃とか植樹とか農業とか」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1441891492

続きを読む

タグ:

青年「俺のオヤジは元勇者だけど全く尊敬できない」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/10/02(金) 01:28:35 ID:nwm64.FQ
― 青年の自宅 ―

母「遅刻しちゃうわよ! ほら、着替えて!」

青年「うるっせえなぁ……分かってるよ」

母「んもう、なんなの! その口のきき方は!」

父「今日は魔法の授業はあるのか?」

青年「……あるよ」

父「そうか! 魔法使い――おっと、今は賢者だったか。
  あいつによろしくな!」

青年「…………」プイッ

妹「お兄ちゃん、いってらっしゃーい!」

青年は妹に軽く手を振ると、カバンを持って学校に出発した。

続きを読む

タグ:

勇者「パーティ全員が遊び人っておかしいだろ!!!!!」

2 2013/10/01(火) 13:20:02.47 ID:ajaB1Ovr0

男遊び人「なんですか、突然?」

女遊び人「そうだよ、いまさらなに言ってるの?」

勇者「ごめんそれは出発前に気づかなかった俺のミスだけども!!」

女遊び人「急に冷静になっちゃったんだね。賢者タイムかー」

勇者「あのときは、やっと仲間ができてハイになってたんだよ……」

女遊び人「ぼっちだったもんね、勇者様」

男遊び人「一匹狼と言いなさい」

勇者「でもこれあきらかにおかしいじゃん?」

男遊び人「普通ではありませんね」

女遊び人「さすが勇者様、常識に収まらないビッグな男だね。きっとアソコもビッグだー」

勇者「はしたない!!!」

女遊び人「それが仕事だもん」

勇者「そんでこいつはなんなんだよ!?」

犬遊び人「わん」

勇者「マジでなんなんだよ!!??」

男遊び人「おや、どうやら次の町に着いたようですね」

勇者「おいスルーするなよ!!」



続きを読む

タグ:

剣「お前は勇者か」 少女「違うよ」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/01(日) 08:56:43.08 ID:DljQtG0F0
地下の聖域

天井の岩盤に亀裂が走り、
そこから地上の光がわずかに漏れ出すので暗くはない


剣「……」

岩に突き立てられた、一振りの剣

剣「ヒマだ……」

少女「なんでこんな所にいるの?」

剣「勇者以外の人間に触れられたくないから、封印してもらったのだ」

少女「自分のせいじゃん」

剣「まあそうなんだが」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1385855802

続きを読む

タグ:

魔王「勇者のお父さんとお母さん!」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/20(木) 18:57:15.33 ID:GQJEZXTq0
勇者父
   「?」
勇者母

魔王「私はそろそろ旅立とうと思う!」

勇者父「そうか……ついにこの日が……」

勇者母「いずれ来るとはわかっていたわ……でも、こんなに急なんて……」

魔王「私もそれなりに力を取り戻してきた。今なら、魔境を越え城に帰れるはず!」

勇者母「目を閉じれば、あのときのことを思い出すわ……」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1371722235

続きを読む

タグ:

魔王「世界の半分」女勇者「!?」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/02(金) 19:14:44.76 ID:TPsRFZGt0
魔王「私に付けば世界の半分をお前にやろう」

勇者「半分!?」

魔王「(なんかリアクションが大げさだな……)」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1443780884

続きを読む

タグ:

魔王「滅びこそ我が喜び。死にゆく者こそ美しい」勇者「だよな!」

1: 7GIF 2015/08/07(金) 17:32:34.35 ID:aiRcxwd80
魔王「ほう…貴様、本当にそう思っているのか?」

勇者「マジもマジ、大真面目に思ってるって」

魔王「命惜しさに我に迎合しているだけだろう。正直に言ったらどうだ」

勇者「いや本当に。じゃなきゃこんな旅途中で放り出してるって」

魔王「そうまで言うのなら語って見せよ。その思いを」

勇者「いいぜ!ちょい長くなるけど」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1438936354

続きを読む

タグ:

勇者「結婚して子どもできてマイホームまで購入したんですよ!?」

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/10/02(金) 22:11:04.267 ID:a9ku2iNL0
王「しかし魔王復活ですぞ?」

王「誰が魔王をたおすのかって考えたらやっぱり勇者殿が適任でしょう?」

勇者「いやしかしっ! まだ新しい家に住みはじめて一週間!」

勇者「引越し作業も終わってない状態なんですよ!?」

王「いやあ、本当にタイミングが悪いですなあ勇者殿は」

勇者「わ、私はもう現役を退いた身なんです。魔王退治は他の人に依頼してくださいよ」

王「……いいのかなあ、そんなこと言っちゃって」

勇者「え?」

続きを読む

タグ:

魔王「八畳一間ワンルーム。風呂無し、共同トイレ。家賃は3万円」

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/02/09(火) 20:06:04.98
魔王「光熱費は2万ちょい。食費は二人で4万円で」カキカキ

勇者「やっぱドラマは水10に限るぜ」ボリボリ

魔王「……うーん、今月は支出が多すぎるなあ。どこを節約すればいいのだろうか」

勇者「あっ、煎餅なくなってらぁ。ちぇっ、いまいいところなのに」ムクッ

魔王「外食の量を減らすべきか。いや、あれは週に一回のご褒美でもあるし」

勇者「あれ、冷蔵庫にねぇや。おーい、魔王。昨日スーパーで買ったお菓子どこに置いた?」

魔王「えーい、うるさいっ! 炊飯器の棚の下だ!」バンッ

続きを読む

タグ:

勇者「伝説の剣が錆び付いてボロボロなんだけど」

1 : ◆Rhe1e32BQs :2016/03/24(木) 20:36:25.43
勇者「ついに伝説の剣を手に入れたぞ!!」

僧侶「いやあ長かったねぇ」

魔法使い「まさか竜の巣の最奥に隠されてたなんてね~…」

女剣士「はよ見せて!!はよ!!!」

勇者「よし、鞘から抜くぞ…!」

ススッ…


ギシッ


女剣士「……ぎし?」

勇者「待ってこれ…」

ギギッギシッ…ギェギ…


勇者「うわなにこれめっちゃ錆びてるんだけど」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1458819375

続きを読む

タグ:

勇者妹「お兄ちゃんって色仕掛けに弱すぎるよね。鍛えてあげる」

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/01/03(日) 02:24:06.368 ID:5csEUoB7e.net
妹「そんなんじゃ、いくら強くてもサキュバスなんかにコロっと負けちゃうんだから」

勇者「世界平和がかかってるのに、余計な心配だよ。
僕は色仕掛けなんかに負けはしない!(キリッ」

妹「おこづかいくれたら、フトモモ触らせてあげる」

勇者「えっ、ホ、ホントに!?」

妹「……ほら簡単に食いついた。絶対耐性つけたほうがいいってば」

妹「とりあえず、私のことだっこしてみて」

続きを読む

タグ:


お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク