タグ:八幡×雪ノ下

雪乃「ゴム無しとはどういうことかしから・・・比企谷君?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/20(木) 07:17:22.37 ID:Txwt2Zk5O
八幡「すまん・・・」

雪乃「まさか貴方この私を孕ませたいのかしら?」

雪乃「何もかもが初めての経験になる私に対し中々に飛ばし加減じゃなくて?」

雪乃「初性交→初膣内射精→初妊娠→初出来ちゃった婚→初出産・・・」

雪乃「怒濤の初物尽くしね・・・私にこの修羅の道を歩めと?」

八幡「いやんなつもりは微塵もねーよ」

続きを読む

  タグ:

雪ノ下「もう恋なんてしないなんて言わないわ……絶対。」

1: ◆UYOMNZkX3A 2014/03/01(土) 18:54:04.22 ID:IP2wMsuPO
雪乃「………………」ペラ

雪乃「………………」ペラ




雪乃「………………」パタン

雪乃「……もう、6時なのね」

雪乃「……今日も比企谷くんは部室に来なかったわね」

雪乃「……嫌だ、私ったら心配してしまっているのかしら。比企谷くん程度の生物相手に」

雪乃「……それに、由比ヶ浜さんも来なかったわね」

雪乃「……………………」

雪乃「……帰りましょ。」スッ

続きを読む

  タグ:

雪乃「今日から比企谷くんには優しく接するわ」八幡「疲れてるのか?」

1: ◆UYOMNZkX3A 2014/02/28(金) 21:38:47.60 ID:1OukvSBZO
雪乃「…………」ペラ

ガチャ

八幡「うっす」

雪乃「あら、比企谷くん」

八幡「おう、流石に目で見りゃ分かるようになったろ」

雪乃「そうね」

八幡「…………」

雪乃「…………」ペラ

八幡「おい」

雪乃「何かしら?」

八幡「いつもの咬みつきはどうした?」

雪乃「咬みつき?」

八幡「だからその……俺が言葉を発する度に、毎回毎回猛毒吐いてただろ」

雪乃「失礼ね」

八幡「どっちが失礼だ」

続きを読む

  タグ:

八幡「携帯を起きっぱなしにしてみる」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/11(金) 13:50:53.39 ID:VhvZ6To+0
八幡「そして待ち受けは実験相手の写真にしてある」

八幡「そいつが勝手に人の携帯を見るような奴か」

八幡「また、自分が壁紙になっていたらその後どんな反応を示すか」

八幡「実験してみたいと思う」

続きを読む

  タグ:

雪ノ下「比企谷くんは大きいおっぱいのほうが好みなのかしら?」

1 : ◆AwUsBxV3RM :2013/07/03(水) 15:17:16.52

比企谷「どうした雪ノ下、昼食に変なものでも食べたか」

雪ノ下「安心しなさい。私は正気よ」

比企谷「とてもそうには見えねえよ」

雪ノ下「いいから答えなさい。巨乳?貧乳?」

比企谷「だからどうしてそんなことを聞きたいんだ!俺の性癖なんて知ってどうする?」

続きを読む

  タグ:

八幡「やはり俺達の青春ラブコメは正しかった」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/02 02:27:24 ID:flDYoI/+0
雪ノ下「比企谷君、最近の私を見て何か感じないかしら」

八幡「…はっ?なんだって?」

雪ノ下「貴方、腐敗系主人公から難聴系主人公に方向転換したのかしら」

八幡「ふざけるな。俺をあんなリア充を目指しているようなダメ人間と一緒にするな」

雪ノ下「客観的に言えば他人との接触を不要とするヒキコモリ君の方がダメ人間だと思うのだけれど」

続きを読む

  タグ:

雪ノ下「比企谷君といると胸が苦しい」八幡「動悸だな気を付けろよ」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/11 23:02:55 ID:lsxRjcU00
雪ノ下「……」

雪ノ下「比企谷君といると体が熱くなるのだけども」

八幡「風邪だな。最近流行ってるらしいな」

雪ノ下「……」

雪ノ下「比企谷君を見てると安らぐのだけども」

八幡「部室は静かだからな。ここにいるだけで安らぐだろ」

雪ノ下「……」

続きを読む

  タグ:

八幡「俺たち付き合ってんの?」雪乃「そんな訳ないわ、気持ち悪い」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2014/01/21(火) 14:56:50.56 ID:UEc//PjI0
八幡「だよな…」

雪乃「そうよ」

八幡「あのさ…」

雪乃「どうしたのかしら比企谷くん」

八幡「この近さはなんなの?」

雪乃「こうした方が暖かいでしょう?」

続きを読む

  タグ:

雪乃「眠っている比企谷君にキスをしたら凄かった」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/17 14:04:00 ID:rHnOZLxb0
雪乃「どうしたの比企谷君、眠そうな目をしているわね」

八幡「……目のことはほっとけ」

雪乃「今日も依頼人は来なさそうだし、眠たいのなら寝てもいいわ」

雪乃「なんならそのまま永眠してもらっても構わないのだけれど」

八幡「ねぇストレートに俺の死を願うのやめてくれない?」

八幡「……ま、眠いのは本当なんだけどな」

雪乃「あなたのことだから、どうせベッドの中で良からぬことを考えて……」

雪乃「不潔だわ比企谷君、もっと離れてくれないかしら」

八幡「ひっでぇ、うわひっでぇ」

続きを読む

  タグ:

雪乃「クリスマスなのだから…で、デートぐらいしてあげても」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/25 02:22:39 ID:RdTQS32m0
八幡「は?」

雪乃「…だからデートぐらいしてあげても良いと言ってるいるのだけれど」

八幡「なんで?」

雪乃「あなた日本語理解できないの?日本人?あ、まだ日本に来て間もないのだったわね失礼したわ」

八幡「俺はどこの国の人だよ つーか日本語は理解は出来てる 状況が理解できてないだけで」

雪乃「どうせあなたはこの聖なる日に一人寂しく過ごすのでしょ?」

八幡「言い方に悪意がこもってるがまぁあながち間違っては居ないな」

雪乃「私は奉仕部の部長であって、持たざるものに慈悲の心を、困っている人には救いの手を」

雪乃「持てない比企谷くんの聖夜に…」

雪乃「えっと…その…彼女…を…」

八幡「……」

続きを読む

  タグ:

雪乃「比企谷君とのキスにはまってしまったわ」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2014/01/02(木) 13:05:38.32 ID:0IF7Y2tF0
八幡「おう」ガララ

雪乃「こんにちは比企谷君、由比ヶ浜さんは?」

八幡「ああ、今日は葉山達と31だとさ」

雪乃「そう」

八幡「ま、二人でも何ら問題ないだろ。どうせ人来ねぇし」スワリ

雪乃「……そうね」

ガタン

ピトッ

雪乃「……ふふ」

八幡「おい、……マジで? 今日もすんの?」

雪乃「仕方ないじゃない、我慢出来ないの」

続きを読む

  タグ:

小町「雪乃さんの誕生日にいたずらメールを送ってみた」

1 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/01/03(金) 14:03:34.39 ID:AGX4BNNno
今日はゆきのんの誕生日なんで思い付きで……


続きを読む

  タグ:

雪ノ下「比企谷君に愛想をつかされたわ……」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/01 17:11:14 ID:uc48CoSZ0
八幡「なあ、雪ノ下」

雪ノ下「なにかしら引きニート君。気安く喋りかけないで欲しいのだけど」

八幡「ああ、これからはそのつもりだ」

雪ノ下「えっ?」

八幡「……」

雪ノ下「……そう、私をからかっているのね。比企谷君の癖に生意気よ」

八幡「……」

雪ノ下「仮にも、そう。仮にも、あなたは私の恋人なのだけど? なのに私に話しかけないなんて、あり得ないわ。恋人としての自覚が足りてないのかしら」

八幡「雪ノ下」

雪ノ下「だいたい、さっきから何故あなたは苗字で呼ぶのかしら。二人きりの時は名前で……」

八幡「別れよう」

雪ノ下「えっ……?」

続きを読む

  タグ:


お知らせ
また、サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
カテゴリをあいうえお順にしました、

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

Twitter

SSなびのTwitterアカウントです

最新記事
ピックアップカテゴリ
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。