タグ:僧侶

僧侶「このパンツどうしよう」

1 : ◆WnJdwN8j0. :2016/04/09(土) 11:33:26.93
勇者「装備品買ってきたぞー。はい重騎士、新しい盾だ」

重騎士「サンキュ!」

勇者「で賢者に軽装鎧な。これなら装備できるだろ?」

賢者「ありがとう。性能もかなり良いわね」

勇者「で、僧侶には装飾品な」

僧侶「…ありがとうございます」


僧侶(それで、剣士君は……)チラ

勇者「重騎士、賢者、僧侶。今まで使っていた装備を剣士にあげてくれ」

剣士「よっしゃあ、装備品が一気に3つグレードアップしたぞ!!」

重騎士「良かったな剣士!」

僧侶(また、皆のお古なんだ…)



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1460169206

続きを読む

タグ:

勇者「おっぱいを触らせてください」僧侶「お断りします」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/11(月) 05:14:19 ID:S3sRDLKY
僧侶「これからよろしくお願いします、勇者様」

勇者「よろしくお願いします。ところでおっぱいを触らせてくれませんか?」

僧侶「まだ仲間になって15秒でいきなりおっぱいを揉みにかかる人は初めて見ました」

勇者「一目見たときからあなたのおっぱいの虜でした」

僧侶「まさかそれで仲間に選んだのですか?」

勇者「はい。おっぱいを触るのが僕の夢です」

僧侶「魔王退治は?」

勇者「おっぱいを揉むための口実です」

僧侶「なるほど、私にとってあなたが魔王だったわけですか」

勇者「おっぱいの魔王なんて素敵な響きですね。でも怖いので杖をしまってください」

続きを読む

タグ:

僧侶「さあ、私を鞭でブッ叩いて下さい!!」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/09(土) 22:47:53 ID:lOgqu4EI
僧侶「さあさあさあさあ」

勇者「いやいやいやいや」

僧侶「その伝説の鞭で私の尻をブッ叩いて下さい!!」

勇者「何でだよ!?」

続きを読む

タグ:

僧侶「リア充呪われろ」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/02/14(火) 02:59:23 ID:kF4YZqcE

宿屋「二部屋でよろしいのですね?」

勇者「ああ、宿代も節約しないとな」

女戦士「いつも通り2:2で分かれればいいよね~」

女魔法使い「あ、お風呂ってありますか?」

宿屋「一階の突き当たりの部屋が浴場となっております」

女魔法使い「ありがとうございます。それじゃあお部屋にいきましょうか」

宿屋「はい、ではこちらがそれぞれの部屋のカギとなります」

勇者「はいどーも。んじゃいきますか~。あー僧侶、男部屋のカギよろしく」

僧侶「…うん」



僧侶「……。」

.

続きを読む

タグ:

勇者「魔王倒したし帰るか」

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県) :2011/07/01(金) 10:10:49.16
勇者「王様チィーッス。勇者ですよーっと」

王様「だ、誰だ!?」

勇者「いやだから勇者だって。ほれ勇者の印」ぺかー

王様「それは確かに勇者のみが持つ……ああ、すみませぬ。あまりにもその……容姿がお変わりになってて」

勇者「あー、痩せたしね。ヒゲとかも生えてるし。何より格好がこ汚いよな。鎧とかドロドロだし臭いし」

王様「い、いえ。決してそのような……」

勇者「無理しなくてもいいって。あ、ごめんちょっと吸わせてもらっていい?」

王様「は? あ、ああ、葉巻ですか? では兵に良い物を用意させましょう」

勇者「いいっていいって。自分のあるし」

王様「そうですか。ところでその……他の皆様は?」

勇者「んー、戦士と魔法使いと僧侶の事?」

王様「はい。お仲間方はどこに?」

勇者「死んだよ。俺以外は全員」プハー

王様「え?」

続きを読む

タグ:

魔法使い「魔王を倒す!」 勇者「心配だ…」【後編】

205: ◆uf0K1dqu8A 2013/05/20(月) 14:48:53 ID:QQzhF/8c

僧侶「……でも…、やっぱり、なんか変ですよねえ……なんで、入国試合の時にも…思い返せば、この大陸に着いた時も私達は会っていたのに、仲間だって、気づけなかったんでしょうか…」

僧侶「……運命…これが、運命…なのかな……?」

盗賊「今はそこを気にしていてもしょうがねーだろ。指名手配の事を考えろ」

勇者「……指名手配の件に関しては、解決の糸口は見えなくもない。とにかく、今日は一旦落ち着こう…聖王様や王子が目を覚まされるのも待たねばならない、それに……君達の話も聞きたいからな」

魔法使い「…あ、バトルマスターさんだ!もう動いて大丈夫なんですか?」

バトルマスター「うむ……貴殿らには大変な迷惑をかけてしまい、申し訳ない」

バトルマスター「まだ城内も混乱している。貴殿らは部屋に戻って休んでいてくれ…食事は部屋に運ばせよう。落ち着き次第、呼びに行く」

前編:魔法使い「魔王を倒す!」 勇者「心配だ…」

続きを読む

タグ:

魔法使い「魔王を倒す!」 勇者「心配だ…」【前編】

1: ◆uf0K1dqu8A 2013/05/12(日) 00:36:21 ID:Bz.Byn7M

国王「よくぞ来た、勇者よ!そなたも気づいているだろうが、近年復活した魔王の力が、より活性化し、最早見過ごせぬ状況にある」

国王「先日、大聖堂の街の司祭が神託を受けた…勇者よ、大聖堂の街へ行け。そこに集う仲間と共に、魔王を討ち取って参れ!」

勇者「は!必ずや、王の期待に答えてごらんにいれましょう!」

魔法使い「僕も!僕も頑張りまーす!!」

勇者「何故君がここに!?」



僧侶「勇者様と」 盗賊「合流できない」

 の補完&続編です。

続きを読む

タグ:

僧侶「勇者様と」 盗賊「合流できない」

1: ◆uf0K1dqu8A 2013/05/02(木) 00:14:23 ID:5Wy0/P9w

司祭「…というわけで、君には勇者の仲間である僧侶の護衛、及び勇者との合流を果たし彼の力となってもらいたい」

司祭「君もまた神の加護を受ける、勇者の仲間であると神託が降りた…それを忘れる事なく、心して任務を遂げるよう願う」

盗賊「………」

僧侶「よ、よろしくお願いしますぅぅ…」オドオド

盗賊「…なんで俺が…」

続きを読む

タグ:

勇者「この世界は矛盾に満ち溢れている!」 僧侶「そうでしょうか」

1 : ◆D5tKuaey0Q :2014/06/21(土) 00:32:22.64
勇者「ターン制は絶対におかしい」

僧侶「そうですか?」

勇者「だってさ、何で相手の攻撃待たなきゃいけないんだよ、だるすぎだろ」

僧侶「そういうシステムですから、今やターン制はRPGのお決まりシステムです」

勇者「そりゃあやってる側としたらいいけどさ、俺らとしたらたまったもんじゃないだろ?」

僧侶「そこまでいうなら、ターン制撤廃します?」

勇者「で、出来んの?」

僧侶「はい」


続きを読む

タグ:

消えた勇者と変態僧侶【勇者SS】

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/08(日) 17:48:25 ID:oAisXPlE
-第1章 魔王討伐編-

賢者「・・・なるほど、では僧侶さんは私達と出会う前から勇者様と旅をされていたのですね」

僧侶「ええ・・・魔王討伐に向かう仲間を探しておられた勇者様に声をかけていただいてからずっとですね」

賢者「それはそれは・・・女性でありながらさぞ大変だったことでしょう」

僧侶「いえ・・・これも全て、神のお導きですから」ニコ

武闘家「あっ、いたいた!僧侶ちゃーん、一緒にお風呂行こー!!」

続きを読む

タグ:


お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク