FC2ブログ

タグ:二宮飛鳥

【モバマス】雨の中でキミと【二宮飛鳥】

2: ◆encJnTiffI 2018/06/02(土) 20:34:43.59 ID:d0tUswhw0
 ピピピッ ピピピッ

 午前6時にセットされた目覚まし時計が部屋中に鳴り響き、持ち主に時刻を告げる。

「ん……」

 二宮飛鳥は気だるそうな動きでベッドを抜け出し、机に置いてある目覚まし時計の電源を切った。眠い目を擦りながら、昨夜創作に煮詰まりそのまま放り出していた漫画ノートやポーズ集を引き出しに仕舞い登校の準備をする。

 その日もいつも通り制服に着替え、身だしなみを整えると母親が作ってくれた朝食を食べ、歯磨きをして、家族にいってきますと伝えてから家を出る。

 昨夜見ていたTVの天気予報通り外は雨がしとしと降っており、本格的な梅雨入りを告げていた。家から持ってきた無地の傘を差して歩きながら、飛鳥は小さく言葉を漏らした。

「……雨は嫌いだ」


"プロデューサーが亡くなった"

 その訃報は1週間前、自宅にやってきた346プロダクションの役員から知らされた。

 居間で母親と共に役員の話を聞いていた飛鳥だったが、終始心は空っぽの状態だった。母親に指摘されるまで飲み物に一切口もつけず、ふと唇に触れると緊張でカサついていた。

 出勤途中に車に轢かれそうになっていた女の子を助けようとして亡くなったこと。その日は雨が降っていて車の急ブレーキがあまり効かない状態だったこと。担当の、しかもまだ成人にも達していないアイドルに真実を言うべきか迷ったが、プロダクション側で「これはプロデューサーとアイドルの問題でもある」という結論に至り情報公開をしたということを聞かされた。

 翌日の夕方頃、母親と一緒に通夜に参列した。人生で初めて葬式に出席した飛鳥は、皆が喪服の中自分だけ制服であることに若干の違和感を感じつつも、母親にやり方を教えてもらいながらたどたどしい動作で焼香と会釈を終え、無感情で事が終わるのを眺めていた。

 式も終わりに近づき、出棺する前に故人に花を添えるというので、飛鳥はスタッフに貰った花を持って棺に近づいた。焼香の際には少し遠くて見えなかったプロデューサーの顔がはっきりと見える。その顔はとても安らかで、今にも起き上がりそうな様子だった。

 その顔を見た瞬間、今まで半ば夢のように感じていたプロデューサーの死がどうしようもない現実のことなのだと、もう二度とプロデューサーに会えないのだと、非情な真実に頭をガツンと殴られたような感覚に陥った。

「あぁ……」
 
 一緒に笑ってご飯を食べたこと、ゲームセンターでスコアを競い合ったりした思い出が浮かんでは消える。

「いや……いやだ……」

 周りに迷惑をかけまいと感情を殺してきたが、まだ14歳である少女の心の容量は限界だった。

「ぷろ……でゅーさー……いやだよぉ……うぅっ……うあぁぁぁ……!」
 
 その場に座り込んで花を抱きしめながら、飛鳥は声を上げて慟哭した。初めて経験した身近な人の死は、こんなにも辛く苦しいものだということを認識しながらも、溢れ出る涙を止めることは出来なかった。


 この日も、外では雨が降り続いていた。

続きを読む

  タグ:

武内P「……」飛鳥「……」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/11(日) 01:04:22.33 ID:2qLeb8yG0
≪喫茶店≫


武内P「………」

飛鳥(………気まずい)

武内P「………」

飛鳥(話がしたいと言われ、名刺を見せられ、喫茶店に連れて行かれ……そこからずっとこんな調子だ)

武内P「………」

飛鳥(こう言うのは普通、資料を読んでいる間も説明なりなんなりが入ると思うんだけど……)

武内P「………」

飛鳥(無言とは、恐れ入るよ……こうなってくると流石に、ボクとキミとの間に不可視の境界を感じざるを得ない)

武内P「………」ズズッ

飛鳥(無言でブラックコーヒーを飲む姿がここまで様になっているのは羨ましいと思わないでもないかな……)

武内P「………」

飛鳥(でもまあ、ブラックを選んでおけば格好いいだなんて、それこそ格好悪い。生物は本能的に苦みを避けるものだよ)

武内P「………」

飛鳥(とは言え、相手が茨の道を進むことを選んだ手前……ボクも引くわけには行かないかな。生存本能に抗って……)ズズッ

武内P「………」

飛鳥「………ぅぇ…」


SSWiki :http://ss.vip2ch.com/jmp/1420905862

続きを読む

  タグ:

二宮飛鳥「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛!!!!????」

2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/01(木) 22:30:49.41 ID:VKu2MYUJo

───事務所───

ドア<ガチャ

歌鈴「おはようございます~」

飛鳥「やあ、おはよう。歌鈴さん」シャ-ッ

歌鈴「おはよう、飛鳥ちゃん……ってそれは?」

飛鳥「これかい? ハンドスピナーってものさ。流行りものには流されない主義なんだけど、これが中々面白くてね」シャ—

歌鈴「はえ~……」じー

続きを読む

  タグ:

二宮飛鳥「Pのエロ本を見つけてしまった」

2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/09(水) 21:05:43.44 ID:2LDjqoLQo

「ねえP、これはどういう事かな」


営業から戻った俺を待ち受けていたのは、えらく機嫌を損ねた様子の担当アイドルだった。

彼女は普段俺が座っている事務用デスクの椅子に座り、眉間に皺を張り付けた表情で俺をじっと見つめている。彼女と俺を遮っている机の上に置いてあるのは、見覚えのある「薄い本」。

「それ」を一目見た俺は一瞬で状況を悟った俺は、一瞬のうちに脳内で数千通りの行動をシミュレートし、自身が取るべき最適行動を思案する。

そうして悟る。運命から逃れる方策は既に存在せず、憐れな子羊はただ許しを請うことしかできないということを。

続きを読む

  タグ:

二宮飛鳥「扉のムコウ」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/14(土) 20:49:20.22 ID:xyWdzKq40

二宮飛鳥にとって、扉とはセカイを断絶する壁であった

それと同時に、セカイをつなぐ壁でもあった

今彼女は事務所の扉の前に立っている


この扉の向こうには今いるセカイとは別の世界が広がっている

彼女はそんなことを思いながら、扉を開けようと手をかける

すると中から声が届いた


『ヘーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーイ!!』


彼女は扉から手を離し、自販機へと向かった

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1484394559

続きを読む

  タグ:

モバP「誘惑なんてはねのける!」【R-18】

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/28(土) 01:54:45.07 ID:i4io1f0DO
P「どんな誘惑にも打ち勝つ……それがプロデューサーというものだ」

P「さぁ、だれでもなんでもきやがれ!」

P「過ちなど決して犯さん!」

P「ふぅーははー!」


安価:有
終了条件:安価で特定のアイドル出現時

口調間違えていたら指摘お願いします。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1425056085

続きを読む

  タグ:

飛鳥「ボクのエクステ家庭菜園」

1: ◆kdCeKYg8YWHJ 2016/11/10(木) 14:30:47.85 ID:o23s8602O
スレタイが「僕のヒーローアカデミア」と同じ文構造で良いですね

はじめます

SSWiki http://ss.vip2ch.com/jmp/1478755847

続きを読む

  タグ:

モバP「もしも飛鳥が、俺のこと好きじゃなかったら」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/12(日) 18:53:33.13 ID:fXxzc3vV0
飛鳥「ボクはキミのことなんか好きじゃない」


飛鳥「突然こんなこと言ってすまないね。驚かせてしまったかな?」

飛鳥「でもだからと言って、キミのことが憎いとかというわけでもないんだ」

飛鳥「ボクをアイドルとしてここまで導いてくれたことには感謝してるし、信頼もしている」


飛鳥「要はキミという存在を恋愛対象として見れないということさ。キミを一人の男として見ることはできない。あくまでも仕事の時だけの関係」

飛鳥「そう。キミはただの担当プロデューサー。それ以上でもそれ以下でもない」

飛鳥「気を悪くしてしまったのなら謝るよ。でも、これはボクの偽りなき想いさ」


飛鳥「こうして包み隠さず話すのは、キミへの信頼の表れだと捉えて欲しいね」


P「………そうか」



P「お前の言いたいことは理解したけど―――飛鳥?」

飛鳥「なんだい?」




SSWiki :http://ss.vip2ch.com/jmp/1465725212

続きを読む

  タグ:

モバP「飛鳥とめちゃめちゃいちゃいちゃする」

5: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/09/27(火) 23:13:16.31 ID:F1KFJY4DO
P「飛鳥といちゃいちゃするために、有休取りますね」

ちひろ「……はい?ちょっと耳が腐ってたみたいなんでもう一度お願いします」

P「飛鳥といちゃいちゃするんで2週間空けますね」

ちひろ「腐ってんのはてめえの頭みたいだな」

P「んじゃ、またね」

ちひろ「あっ、ちょっ!?」

続きを読む

  タグ:

モバP「イチャラブシンデレラ」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/09(土) 10:04:59.02 ID:E7Yi9/NDO
登場キャラ

下1から10まで

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1468026298

続きを読む

  タグ:

飛鳥「Pの自宅で・・・色々、と」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/03/23(木) 03:31:35.66 ID:YQPG3lMR0

二十歳の二宮飛鳥が、Pの自宅で色々するお話。R18です。

シリーズとして設定などが繋がっていますので、前作とか読んでおくといいかも?



飛鳥「キミと飲むお酒」


飛鳥「キミと飲む、二杯目のお酒」


飛鳥「Pとどこまでって・・・えぇっ!?」


続きを読む

  タグ:

飛鳥「Pとどこまでって・・・えぇっ!?」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/20(月) 03:33:32.51 ID:497NuIlv0

飛鳥「キミと飲むお酒」


飛鳥「キミと飲む、二杯目のお酒」



二十歳になった飛鳥が、今度は居酒屋で他アイドルたちとお酒を酌み交わしたり惚気話をしたり。
なお、他のアイドルの選出は私の趣味になりますのでご注意を。

SSWiki :http://ss.vip2ch.com/jmp/1489948412

続きを読む

  タグ:

飛鳥「キミと飲む、二杯目のお酒」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/18(土) 02:55:35.72 ID:AaTfZpEH0

二十歳になった飛鳥がPといちゃつきながらお酒を飲んだりするお話。


一応前作を読んでおいた方がいいかもしれません。

飛鳥「キミと飲むお酒」




SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1489773335

続きを読む

  タグ:

モバP「飛鳥さんは思春期」

1: ◆C2VTzcV58A 2015/10/10(土) 22:06:52.31 ID:MtILxtU60
1レス完結の超小ネタ集です


続きを読む

  タグ:

モバP「ヴァリスハート」

1: ◆C2VTzcV58A 2015/09/17(木) 06:06:18.49 ID:HnlQOFea0
ヴァリアスハートシリーズです(と言ってどれくらいの人に通じるのか疑問ですが)
シリーズと言っていますが別に過去作読まなくても特に問題ないです

ヴァリアスハートシリーズ



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1442437578

続きを読む

  タグ:


お知らせ
また、サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
カテゴリをあいうえお順にしました、

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

Twitter

SSなびのTwitterアカウントです

最新記事
ピックアップカテゴリ
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。