タグ:一方通行

打ち止め「この人は『一方通行』だよ!よろしくねって(ry」初春固法黒子「」

746: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都) 2011/07/23(土) 14:45:14.48 ID:RHiatKv10
20レスほどもらいます。

※なんやかんやあって平和になった後
※風紀委員はアニメ設定
※カップリングは特にない
※地の文が入るよ

打ち止め「この人は『一方通行』だよ!よろしくねって(ry」初春固法黒子「」

続きを読む

  タグ:

一方通行「めんどい」 妹達「えっ」

340: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/16(木) 23:49:04.60 ID:kKJSxPVao
なんか激しく二番煎じくさいので5レスくらいもらう
実験の話

続きを読む

  タグ:

打ち止め「何このセーラー服?ってミサカはミサカは…」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/01/03(日) 23:49:40.21 ID:MBg5F22w0
一方通行「あン? そりゃァ俺のだ」

打ち止め「えっ? もしかして女装趣味がっ!? ってミサカはミサカは驚愕してみる!!」

一方通行「はァ? 何言ってンだァ?」

打ち止め「ああ、自分の夫がこんな趣味を持っていたなんて…ってミサカはミサカは絶望してみる」

一方通行「誰が夫だ!!」

続きを読む

  タグ:

上条「寝取るって最高じゃね?」一方通行・浜面「「わかる」」【R18閲覧注意】

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/11(木) 18:03:03.47 ID:8qE5mICl0
上条「ほう」

一方通行「気があうな」

浜面「でもただ寝取るんじゃ後々面倒だよな」

上条「ああ、自分の女にするのも手間だ。女が二人いたところで鬱陶しいだけだからな」

一方通行「一回こっきりってのが芸術じゃねェか?」

浜面「そう、たとえば男の見てる前でなすすべなく犯される」

上条「ふっ、わかってるな浜面」

一方通行「ってこたァ、ヤることは一つだよなァ?」

浜面「調度マンネリになってきたところだし少しくらい刺激的なことしても罰はあたらねえもんな」

上条「なあに、後のフォローさえしっかりしてやれば女はますます男に依存するもんさ」

一方通行「まさかヒーローが俺に負けず劣らずの悪党だったとはなァ」

続きを読む

  タグ:

絹旗「見つけましたよ、第一位!」一方通行「あァ?」

2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(神奈川県) 2012/04/08(日) 14:57:34.19 ID:8s7RHhga0
一方通行「(コーヒー買いに来ただけなンだがチビガキに絡まれた)」

一方通行「誰だ、テメェ?どこかで見た顔だが……」

絹旗「絹旗最愛です。おや、その顔は超覚えがあるみたいですね。」

一方通行「……アイテムの人間が何の用だ?」

絹旗「『暗闇の五月計画』」

一方通行「…………なるほどな」

絹旗「ええ、超察しが良くて助かります」

続きを読む

  タグ:

番外個体「そんなもんかもねぇ」

2: ◆bPFZPdrjnM 2011/12/20(火) 22:03:54.99 ID:qmDVbjYC0
~とある日、黄泉川家にて



番外個体「おいーっす、一方通行。やけに遅いお目覚めで」

一方通行「うっせー。何時に起きようが俺の勝手だ」

番外「あ、私知ってるよ。重役出勤って奴でしょ?」

一方「ぜんぜん違うけどな」

番外「うっわ、居候の癖に偉そうだねぇ。礼儀の欠片もありゃしない。死んだ方がいいんじゃない?」

一方「・・・・・・」がじがじ

番外「・・・何食ってんの?」

一方「カロリーメェト」

番外「いい加減飽きないの?」

一方「昨日はチョコ味だったしィ」

番外「栄養とか大丈夫なん?野菜食えよ」

一方「カロリーメェトはなァ、完璧なンだよ。パーフェクト食品なンだ」

番外「んな訳ないじゃん。まあ、栄養失調で倒れたらミサカがサクッと殺してあげるから安心してね」

一方「……」

番外「・・・何?どしたの?」

続きを読む

  タグ:

佐天「こ、こっから先は一方通行だァ!?」美琴「えぇー!?」

1: VIPにかわりましてGEPPERがお送りします 2010/08/16(月) 20:44:08.21 ID:tBSNST60
・放課後、学校帰り

佐天「はぁ、来週は身体検査(システムスキャン)かぁ……」

佐天「どうせまたレベル0って判定されちゃうんだと思うと気が重いなぁ」トボトボ

黄泉川「んー? 憂鬱そうな学生が居ると思えばいつだかの講習生じゃん」

佐天「え?」

続きを読む

  タグ:

一方通行「こんなに大きくして恥ずかしくないのって」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/04/27(火) 22:53:17.84 ID:cTyb96Dx0
一方通行「ミサカはミサカは軽蔑してみたり!」シュシュシュ

一方通行「う……うるせェ……やめやが……れ……」シュシュシュ

一方通行「それも足でいじられてるだけなのに……ってミサカはミサカはため息ついてみる」シュシュシュ

一方通行「……くッ……」シュシュシュ

一方通行「マジきもーい!って笑いながらさらにイジイジしてみたり!」シュシュシュ

一方通行「調子に……乗ってンじゃ……ねェ!俺を誰だと思ってやがる……ッ!」シュシュシュ

一方通行「えー?学園都市第一位の変態さんかなぁってミサカはミサカはとぼけてみたりする!」シュシュシュ

一方通行「くそっ……たれ……!」シュシュシュ

続きを読む

  タグ:

上条「希望ヶ峰学園か……」

1: カピバラ ◆Z149ikYD1cLY 2013/12/05(木) 20:35:29.34 ID:HfOuZCxP0

上条「はぁ……なんで俺がこんな学校に来てんだ?」

上条「希望ヶ峰学園か……」

上条「調べた限りだと『超高校級のお嬢様』とか『超高校級の秀才』とかがいるんだっけ」

上条「本当にやっていけるのかな」

上条「……悩んでても仕方ないよな!俺だって『超高校級の幸運』なんだし!」

上条「行くか……!」

上条「あ、あれ……?」バタッ



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1386243329

続きを読む

  タグ:

食蜂「本っ当に退屈ね、この街は」【後編】

296: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/12/30(金) 18:41:09.13 ID:BMIoR+No0

前スレ:

食蜂「本っ当に退屈ね、この街は」【中編】




三沢塾から脱出した2人の前には、手入れを怠って荒れた金色の髪に褐色の肌、
擦り切れたゴシックロリータを着用しているシェリークロムウェルに、
背中までの赤毛を鉛筆くらいの太さの細かい三つ編みに分けているアニェーゼ=サンクティス、
三つ編みそばかすのアンジェレネ、猫目のルチア、金髪で胸の豊かなオルソラ=アクィナスだった。
4人は真っ黒な修道服を着ている。さらに彼女達の周囲には、鷲などの猛禽類、狼などの猛獣がいた。

五和「こ、これは……」

目の前に広がる光景について言及したかったが、まずは一番の疑問を上条にぶつける。

五和「な、なんで逃げたんですか?」

上条「いるんだよ。能力者がもう一人」

上条がそう言った直後だった。
ドバァ!と、三沢塾の中から大量の水が溢れだした。

五和「ひゃあ!?」

上条「『水流操作』だろうな。中に留まっていたら洗い流されていた」

五和「じゃあ、あの甲冑の人も……」

上条「アウレオルスも当然グルだろう。つまり、俺達は合計7人の能力者と戦わなければいけないってことだ」

そう言った上条の空気が変わる。『幻想殺し』を解除して『竜王』の力を纏ったのだ。

上条「目の前に居る5人は俺がやる。五和はまだこっちに来ていないアウレオルスと『水流操作』を頼む。
おそらくは、サーシャだろうがな」

五和「は、はい!」

続きを読む

  タグ:

食蜂「本っ当に退屈ね、この街は」【中編】

154: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/12/27(火) 09:56:33.07 ID:JDo3T/bx0

前スレ:

食蜂「本っ当に退屈ね、この街は」【前編】




上条達は6:30に冥土帰しの病院に到着。
まず上条は、五和をとある高校の制服から学園都市の協力機関が持ってきた濃いピンクのウインドブレーカーと
濃いグレーのパンツに着替えさせた。その後今の状況を簡単に説明。ここまでで約20分経過していた。

上条「そう言う事だから、本当は巻き込みたくないんだけど、五和にも協力してほしい」

五和「分かりました。それで、その、本当にごめんなさい。操られていたとはいえ、当麻さんに攻撃するなんて……」

上条「いいよ別に。特に怪我とかないし。それよりさ、これ」

そう言って上条が五和に見せた物は、今は亡き神裂火織が使っていた『七天七刀』だった。

五和「これは、女教皇(プリエステス)の……どうして……?」

上条「よく分かんねーんだけど、学園都市の協力機関が持ってきたんだよ。
とりあえずさ、槍も壊れちまったわけだし護身用に持っておけよ」

五和「わ、私ごときがプリエステスの得物を使いこなせるでしょうか……まして私は本来、槍使いですし……」

上条「別に使いこなせなくたっていいだろ。何もないよりはマシさ。なあに、いざとなったら俺が守ってやるからさ」

五和「当麻さん///」

上条「そう言う事だからさ、朝飯食おうぜ。協力機関が持ってきたおにぎりとかの軽食になるけど」

五和「え、そんな呑気にしていて良いんですか?」

上条「多分だけど、大丈夫だ。食蜂にとってこの戦いはゲームにすぎない。
だから徹底的に俺らを追い詰めるとかは、まだしないはずだ。
この病院だけは、まだあえて見逃されているはずなんだ」

五和「そ、そんな希望的観測で大丈夫ですか?」

上条「大丈夫だって。万が一能力者が攻め込んできても、俺が守るから」

五和「当麻さん///」

続きを読む

  タグ:

食蜂「本っ当に退屈ね、この街は」【前編】

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/12/25(日) 20:36:13.52 ID:c1MFS++20
このSSはアレイスター「さあ、最後の晩餐(ショータイム)だ」の続きです

注意点
オリジナル・独自設定のオンパレード
清々しい程の厨二・超展開
一部登場人物が、前スレよりさらにパワーアップ

いろいろおかしいところはあると思いますが、ご都合主義ってことで見逃してくれるとありがたいです

続きを読む

  タグ:

アレイスター「さあ、最後の晩餐(ショータイム)だ」【後編】

221: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) 2011/08/09(火) 23:34:30.71 ID:baUWBQyL0

前スレ:

アレイスター「さあ、最後の晩餐(ショータイム)だ」【前編】




雲川『何だ?』

上条「もしもし、あの、上条ですけど。いきなりで悪いんですが、俺はインデックスを助けに
行かなきゃいけないんです。何で病院に行かなきゃいけないんですか?」

雲川『お前じゃなきゃ勝てない敵がいるから、だけど。というかお前、インデックスが
どこにいるかとか、何も知らないだろ?どうせ手掛かりは無いんだ。だったら
病院へ行って、学園都市を守ることに専念した方が良いだろう?』

上条「いや、よく分からないんですけど」

雲川『良いから黙って私の言う事を聞け。何もしなくても、インデックスはきっとお前の前に
姿を現す。だから今は病院へ急げ』

雲川『それと、この携帯の持ち主の馬鹿いるだろ?どうせお前を置いて音速で走りだしたり
しただろうけど。だから「俺のペースに合わせて走って下さい」って頼め。
私がそう言ったと言えば、言う事を聞くはずだ。それじゃ』

一方的に捲し立てられた上に、電話を切られた。
だが雲川の言う通り、インデックスに関する手掛かりは、今のところ無い。
ここは言う通り病院へ行くしかなさそうだ。

上条「あの、俺のペースに合わせて一緒に走って下さい」

削板「うーん。でも急がなきゃ」

上条「雲川先輩がそう言った」

削板「なに!?そうか。なら仕方ないな」

上条(削板と雲川先輩って、一体どういう関係なんだ?)

とにもかくにも『冥土帰し』の病院へ。

続きを読む

  タグ:

アレイスター「さあ、最後の晩餐(ショータイム)だ」【前編】

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道) 2011/07/28(木) 21:08:02.38 ID:qsadPkX80
注意点

時系列は新約後
独自設定・独自解釈かなりあり
オリジナル要素・設定結構あり
贔屓割とあり
厨二展開爆発
登場人物は大体パワーアップしてる
人がバンバン死ぬ

質問とかにはなるべく応えていこうとは思ってる

続きを読む

  タグ:


お知らせ
また、サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
カテゴリをあいうえお順にしました、

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

Twitter

SSなびのTwitterアカウントです

最新記事
ピックアップカテゴリ
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

フリーエリア