FC2ブログ

タグ:ユミル

クリスタ「ユミルを好きになるお話」ユミル「ほう」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/07(金) 01:19:14.94 ID:uskRd4wD0
『クリスタ―――』



錆びついた鉄の匂いと、火薬の匂い、それと生臭さの中でわたしは目が覚めた。



今は朝だろうか、昼だろうか、それとも夜だろうか。暗闇の中では時間の経過は分からなかった。
そう言えば、どうして自分はここで寝転がっていたのだろうか。なぜ、みんな同じように転がっているのだろうか。


なぜ、転がっていると理解できるのだろうか。


視界の隅に、窓から差し込む光が過った。光が過った床面は赤黒く染まっているように見えた。
なぜ、この部屋はこんなにも気持ちの悪い匂いで満たされているのか。光はすぐに消えた。やはり、光の中でみんなが転がっているのが見えた。


今更ながらに、怖くなった。わたしは立ち上がろうとして、足が異常に重たいのを感じた。足が動かなければ、戦えない。


戦う?



――――あいつらと、戦う?



そうだ、やらなければ食べられてしまう。クモの糸に絡まれるチョウのように、カマキリに噛り付かれるイモムシのように。
私たちは食べられる側なのだ。だから、いつも周りを見ておかなくてはならない。それが、壁の中だったとしても、やつらは壁を越えてくるのだから。ひと時たりとも安心できるはずなどないのだから。



―――壁よりも大きなあいつらと、戦う?



こんなに不安を抱いていて、今にも張り裂けそうな心臓しか持ち合わせていないのに?


こんな筋肉のついていない身体で?


一人で?



―――君は一人じゃない―――



誰かが、最後に言い残して言ったような気がする。耳元に残ってはいたけれど、すぐに消えてしまうような、そんな砂礫のような印象。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1370535554

続きを読む

  タグ:

ユミル「雪山訓練の後」クリスタ「ちょっと仲を深めました」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/30(木) 22:01:28.02 ID:XMMZm2AR0

―――雪山で三人とも下山できた日の夜のこと―――



自分以外のやつのことを、私は今まであまり考えなかった。


だって、そうだろう。隣の家が巨人に踏まれたって助けになんていかない。生きる意味も死ぬ意味もそいつの責任で運命。
そもそも、自分以外の枠をせっせと設けている間に、生き残る確率が減ってしまう。

死んだ奴は可愛そうだなとか、そのくらいは思うさ。情け程度にはさ。まあ、悪いのは巨人とかじゃなくて、そいつの運だったってわけ。
中には、自分の操縦席を「はいどうぞ」と明け渡し、自分の人生を誰かが消費するのを待っている、そんな気持ちの悪いやつがいるけれど。


そうさ―――、一度目の人生は舞台にすら立っちゃいなかった。


二度目は違った―――、運命は変えられる。自分も他人も世界も。だから、そいつを見ると妙に気持ちが落ち着かないんだ。






「ユミル……ダズ、なんとか大丈夫そうだって」


気が付くと、クリスタが扉の傍にいた。私は登山用の靴を脱ぎながら、軽く視線を向ける。


「そう、良かったじゃん」


「うん……本当に良かった……ユミルの、ユミルのおかげだわ」


「私じゃなくて、あいつのパンくずみたいな生命力を褒めてやんなよ」


SSWiki :http://ss.vip2ch.com/jmp/1369918887

続きを読む

  タグ:

クリスタ「最近おっぱいがおっきくなった!」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/18(日) 03:17:04 ID:fmenDXsU
ユミル「え?」

クリスタ「だーかーらーユミルのおっぱいがおっきくなったって言ってるの!」

ユミル「そうか?あまり自分じゃわかんねえけど」

クリスタ「私は毎日頭の上におっぱいのせられてるからわかるよ!」

クリスタ「最近重くなったもん!それに比重してのせられる時間も増えたもん」

ユミル「それは前よりクリスタが好きになったから抱き着いてたいなぁとだな」

クリスタ「嘘!おっぱいを丁度のせられて楽だと思ってるでしょ!」

続きを読む

  タグ:

【SS】「ベルトルトとユミルの……」

2: 2013/09/03(火) 10:45:41 ID:4ZyWcX8Y

ソレの

今行われている行為の前に交わした言葉なんて
大実はした意味は無いのだと思う



唇の前に、自分の物ではない弾力がある
それはほんのりとした体温を宿していて、ふにふにとした感触があった

顔の前にある圧迫感は、未だに離れようとしない
その圧迫感の所為で、目が開けづらいし呼吸も辛いと言うのに

数秒続いた圧迫感と、それによる呼吸の停止に私の心臓は大きく揺れだした
酸素が欲しい、と言う切実な要望に……つい薄く口を開けてしまう

鼻からの呼吸なんて、相手の顔に吹きかけてしまうのは憚られたのだ

続きを読む

  タグ:

ミカサ「相談×恋バナ×女子会?」

1: 進撃の名無し 2014/07/02(水) 21:33:47 ID:muWH8KeE0
――
―――


世界は突然、姿を変えた。


人類が誇るウォールシーナ、ローゼ、

そしてマリア・・・


三つの壁は一瞬にして消えた・・・
 
その巨大な構造物の跡には深い溝が残るのみであった。


そして忌むべき存在である巨人・・・

奴らも一週間たった今、

その姿を見せることはなかった。


―――
――


まあ私は今、別の問題で忙しい・・・ので

この話は数十年後にでもしようと思う。(しない)

続きを読む

  タグ:

ユミル「こいつをケツにぶちこむ……?」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/05(日) 20:38:36 ID:Y4ZAgRWY
ユミル「寒いな」

ベルトルト「それは、そりゃあ……壁の上だから……寒いよね」

ユミル「気が利かないな。なんか暖めてやろうとするとかないのかよ?」

ベルトルト「えっ。あ、ああそっか、ごめんユミル、じゃあ僕の上着を」

ユミル「イヤいいよ。そしたらお前が寒いじゃねえか」

ベルトルト「あ、でも……。君なんか脚も腕もむき出しなんだし……僕が脱いで君がカーディガンを
      羽織ったら、厚着の僕と薄着の君をいい感じで足して2で割れるよ」

ユミル「しかしな……。おまえのカーディガン、肌がチクチクしそうな毛玉っぷりだが……」

ベルトルト「ああ……確かに。っていうかこれ……前をエルヴィン団長にぶち切られてダルンダルンで、
      着心地の悪さは毛玉があるどころの騒ぎじゃない……」

続きを読む

  タグ:

ユミル「天使ー、天使クリスタはいらんかねー」 クリスタ「!?」【閲覧注意】

1: ◆B2mIQalgXs 2013/10/20(日) 00:52:24 ID:8pNV0ZMo

むかしむかし、あるところに、サシャ・ブラウス、クリスタ・レンズ、ユミルという三人の少女がいました。

 三人とも調査兵団に所属している、大の仲良しです。

 仲良しが長じて、トロスト区のあるアパートの一室を間借りして、ルームシェアして暮らしていました。


サシャ「お腹がすきました!」ギュルルルル

ユミル「くそう、三人で暮らせばその分お金が浮くと思っていたのに………コイツの胃袋を舐めすぎていた!」グヌヌ

クリスタ「我が家のエンゲル係数が天井知らずなまでに跳ね上がっちゃってるよぉ……このままじゃ、今月のお家賃が払えないよぉ………」シクシク



 しかしこのサシャ・ブラウスが意外なくせものでした。

 アパートでのルームシェア入居を決める前に取り決た『食べたもの、買ったもの、家賃などについては三人のお金から支払う』という契約を逆手に取りました。

 サシャはもともとお給金のほとんどを食費につぎ込む食の魔人だったのです。

 そうとも知らずにルームシェア契約を結んでしまったからさあ大変。クリスタ、ユミルのお財布の中身は、サシャの喰らう肉に早変わり。

 悲鳴を上げる二人を無視して、サシャはひたすらに食料を買いあさりました。

続きを読む

  タグ:

アニ「巨人仲間」

1: 進撃の名無し 2014/02/23(日) 18:39:29 ID:XpulXmY.0
ユミルとアニがメインのSSです。

続きを読む

  タグ:

エレン「いろんな場所で」ユミル「二人きり」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/11(火) 08:33:26 ID:1bTp6/oQ

基本エレユミ

カップリング要素・キャラ崩壊・捏造などなど注意

続きを読む

  タグ:

ベルトルト「ユミル、結婚しよ」【エロ注意】

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/23(日) 15:51:11 ID:w7pC9nxc
ジャン「リア充は俺が駆逐してやる…この世から…一匹残らず…!」
からの派生
・ベルユミ
・ぬるいR18
・ライクリ、アルアニ、エレミカ、コニサシャなどのCP要素あり

一発で内容わかった方がいいかと思ってスレタイ変えた
最初は一緒
グダッててごめんなさい

続きを読む

  タグ:

ユミル「キュンとしたいお年頃ってか?」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/30(日) 02:32:46 ID:7ykEApIo
クリスタ「ふふっ」ニコニコ

サシャ「クリスタ、どうしたんですか?ずいぶんとご機嫌ですね」

クリスタ「サシャ、これ見て!」ヒラッ

サシャ「わぁ!きれいな花柄のハンカチですね!街で新しく買ってきたんですか?」

クリスタ「これ、アルミンがくれたの!」エヘヘ

続きを読む

  タグ:

エレン「無実なのにみんなに信じてもらえない」

1: 名無しに代わり進撃の巨人ちゃんねるがお送りします 2013/08/25(日) 16:56:06 ID:CqfyiwtQ0

一応エレアニとエレユミが中心ですが、ミカサやサシャ、クリスタも入ります

軽い謎解きとエレンいじめあり

まあのんびり見てください

あと言い忘れましたが、かなり長いです

続きを読む

  タグ:

アルミン「僕がエレンに恋愛相談?」エレン「ああ」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/11(土) 21:05:51 ID:f5DzZP5g
夜:――男子寮――

アルミン「え?」ピトッ

ジャン「え?」ピトッ

コニー「え?」ピトッ

ライナー「え?」ピトッ

ベルトルト「え?」ピトッ

マルコ「え?」ピトッ

エレン「熱はねえよ。っていうか、アルミン以外、俺のおでこに触れてもねえよ」パシッ

続きを読む

  タグ:

ユミル「この部屋に入るには条件がある」クリスタ「条件?」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/09/17(水) 21:21:03 ID:ey.t6bFM

※注意 ユミクリ・クリユミ要素とミカ→エレ要素がある


ユミル「あぁ、その条件に当てはまる奴しか入れてやらないことにした」

クリスタ「何でそんなことをするの?」


ユミル「壁外調査までの暇潰しだな」


クリスタ「ユミル…壁外調査まであと三週間だよ?そんな緊張感のないこと言って…

ユミル「だからだよ」


クリスタ「えっ?」



ユミル「三週間後、壁外調査に行って私らの同期は何人ぐらい生きて帰って来れると思う?」

クリスタ「全員生きて帰って来るに決まってるよ。誰も死なない…」


ユミル「それはお前の願望だろ?…本心からそう思ってるか?」

続きを読む

  タグ:

アルミン「女性恐怖症エレン」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/10(月) 21:20:47 ID:dJPa13ro
コニー「おい、あの芋女まだ走らされてるぞ」

エレン「ん?…ああそうだな。五時間くらい経ってるな」
(入隊式の最中に芋食ってドヤ顔とか女は何考えてるかわからん)



マルコ「そういえば君の出身とか訊かれなかったけどどこに住んでたんだい?」


エレン「アルミンと同じでシガンシナ区、そこから開拓地に…」


コニー「シガンシナってことはよ!見たのか?超大型巨人」


エレン「ああ…」

続きを読む

  タグ:


お知らせ
また、サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
カテゴリをあいうえお順にしました、

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

Twitter

SSなびのTwitterアカウントです

最新記事
ピックアップカテゴリ
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

フリーエリア