タグ:ホモ

八幡「やっぱり俺たちの青春ラブコメは間違っている。」

1: HIPPERにかわりまして海老名がお送りします 2015/09/20(日) 16:15:43.39 ID:wbD9O9B+0
“やはり俺の青春ラブコメは間違っている”のSSです


【注意】
地の文に注意

書き手が海老名さんに代わりました
書き手が海老名さんに代わりました


葉山「やっぱり君の考えることは理解できないよ、比企谷」



のおまけ

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1442733343

続きを読む

タグ:

アスカ「あっついわねぇ、シンジクーラーの温度もっと下げなさいよ」

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/08/01(月) 15:55:36.956 ID:zEaC5kV60
シンジ「あっあの…」

アスカ「何よ」

シンジ「スカートの中見えてるけど」

アスカ「はぁ?あんたにパンツ見られたくらいどうでもいいわよ、いいからクーラーの温度下げて」

シンジ「うっうん…」ピッ

アスカ「あー暑い、昼間は外にであるきたくないわね」

シンジ「あの…脚閉じなくていいの?」

アスカ「パンツ見たいなら堂々と見なさいよ、気にしてないから」

シンジ「そうじゃなくて…、アスカパンツ穿いてないんだけど」

アスカ「え?」

シンジ「…」

アスカ「…」

シンジ「大丈夫、誰にも言わないから」

アスカ(どっどうしよう…)

続きを読む

タグ:

【ホモスレ】初春「御坂さんに見てほしいものがあるんです」美琴「え?」

1 :8 ◆H3qqj7wCjc :2016/04/01(金) 22:31:40.97
酔ったテンションで書きました
後悔する前に全部投下します
自分でも頭おかしいと思ってます


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1459517490

続きを読む

タグ:

先輩「……」シコシコ 後輩「せんぱーい?お邪魔しますよーって、あ…」

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/20(水) 22:37:44.330 ID:nTs177pI0.net
先輩「うおわああああああ!!」ドンガラガッシャーン

後輩「うわあああああああああ!!」

先輩「何してんだお前えええええええ!!」

後輩「い、インターホンは押しましたからっ!ずっ…ズボンここです!」

先輩「勝手に入ってくんじゃねえよ!!何だよ!」ゴソゴソ

後輩「だっていつも勝手に入ってるしっ…返事ないからどうしたのかなって…」

先輩「あーもういい…もういい」

後輩「……」

先輩「何だよ早く出てけよ…」

後輩「あ、あの…」

先輩「何だ」

後輩「良かったら…ですけど」

先輩「あ?」

後輩「俺が続きしましょうか?」


(省略されました。全てを読むにはワッフルワッフルと書き込んでください)

続きを読む

タグ:

雪乃「私は今日、葉山君と婚約する」

3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/10(水) 23:16:28.71

………

葉山父「では、今日付けで雪乃ちゃんはうちの隼人の許嫁…と言う事で宜しいですかな?」

雪乃母「ええ。これから先…いえ、これからも末永く宜しくお願い致しますわ」

葉山父「雪ノ下さん、そんなかしこまらなくても…昔からの付き合いじゃないですか」

雪乃「…」

私の前で繰り広げられている会話は私のこの先の人生を決定付ける話だった。

続きを読む

タグ:

比企谷「不思議なのはこの状況が決して不快じゃないってことだな」【はやはち】

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/03(火) 19:30:20.24
「きりーつ、礼」

「気をつけて帰れよー」

ガタガタ、ザワザワ……

葉山(比企谷が)

葉山「比企谷」

比企谷「」ピクッ

葉山「ごめん、待たせたかな」

比企谷「……葉山」ホッ

比企谷「……別に、そんなには」プイッ

葉山(俺を見つけて微笑む瞬間が好きだ)

葉山(すごく頼ってくれているのが解るから)

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1425378620

続きを読む

タグ:

【俺ガイルSS】葉山×比企谷【閲覧注意】

1: 元ネタは同人誌 2015/03/03(火) 05:49:45 ID:yK.ddlkA
「ー・・・それじゃあ、今日のHRはこれで終わりだ」

「きりーつ、礼」

「気をつけて帰れよー」

ガタガタ、ザワザワ……

葉山(比企谷が)

葉山「比企谷」

比企谷「」ピクッ

葉山「ごめん、待たせたかな」

比企谷「……葉山」ホッ

比企谷「……別に、そんなには」プイッ

葉山(俺を見つけて微笑む瞬間が好きだ)

葉山(すごく頼ってくれているのが解るから)

続きを読む

タグ:

提督「憲兵さんと秘密の恋」

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/23(月) 22:16:39.55
提督「(俺はこの鎮守府の提督)」

提督「(深海棲艦という、謎の敵から海を守るため)」

提督「(艦娘達と一緒に、激しい戦いをしている)」

提督「(艦娘からの信頼は得ていると思う)」

提督「(時には誘惑をされることもある)」

提督「(しかし、俺は)」

提督「(ホモだ)」

提督「(正直、艦娘にお触りされるのは不快である)」

提督「(本部は早く誰かとケッコンしろとうるさいし)」

提督「(困ったものである)」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1424697399

続きを読む

タグ:

ナルト「スゲェ事思いついたってばよ!サスケェ!」【閲覧注意】

1 : ◆cZ/h8axXSU :2015/02/11(水) 00:47:04.19
サスケ「何だよナルト」

ナルト「聞いてくれよサスケェ!俺ってばやっぱり天才だってばよ!」

サスケ「だからなんだって聞いてんだろウスラトンカチ」

ナルト「まず影分身の術で一人増やすとするじゃん?」

サスケ「ああ」

ナルト「そんでそんで!影分身を意中の奴に変化させるんだ!それで色々ヤラシー事出来るんだってばよ!」

サスケ「……馬鹿じゃねーの?」

ナルト「えー!結構いい考えだと思ったんだけどなー」

サスケ(そんな事を思いつくなんて……こいつ、天才か!?)




続きを読む

タグ:

男「おっ、注文したピザきたか」ホモ「……」ニヤリ

1: 名無しさん@おーぷん 2014/05/29(木)23:36:44 ID:fPT0eY2TM
ホモ「ピザ届けにきましたー」ピンポン

男「はーい」ガチャ 

ホモ「いつもご注文ありがとうございます」

男「あのなんで玄関に入ってくるんですか?」

ホモ「えぇ?いいじゃないちょっとくらい」

男「帰ってください仕事中でしょ?」

ホモ「しょうがないわねまた今度お茶しましょ?」

男「なんなんだあの人…」ガチャ

続きを読む

タグ:

両津「おいフータロー!暇ならわしの相手をしろ!」ヌギヌギ

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/12/18(木) 08:27:04 ID:.aF1V8LA
フータロー「いいですけどダンナ、お金はいくら頂けるんです?」

両津「なに?おまえ……わしから金を取ろうってのか?」

フータロー「ええ~~っ!?それじゃ、あっしはヤられ損じゃないですか!」

フータロー「せめて交互にヤることにしましょうよ!?」

両津「ふ~む……交互にな……よし!いいだろう!」

フータロー「へへ……じゃあまず、あっしのから舐めていただきやす」ボロン

両津「うむ!わしの華麗なテクニックをみせてやる!」

両津「ペロペロ……んぶっ★!ゴホッゴホッ!」

両津「ひでえ臭いだ!やいおまえ!最後に風呂に入ったのいつだ!?」

フータロー「28円のときに入ったきりですよ」

両津「な……なんだと!オエ~~ッ!」ゲロゲロビチャビチャ

続きを読む

タグ:

弟「ヘタレな兄が夜這ってきたけどヘタレだった」【エロ注意】

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/10/15(水) 18:04:10 ID:r/oOFIvI

日暮れをとっくに過ぎた夜半の事だった。

野鳥も昆虫も草木も寝静まった深い夜に
弟を眠りから目覚めさせたものがあった。

「なにごと」

眠気で重い身体を起こした。部屋は暗い。
目を細めて闇の中を探った。

鈍った五感に意識を集中させる。
感覚が研ぎ澄まされて鋭敏になった。

続きを読む

タグ:

アルミン「僕らと神話とホモ」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/07(土) 00:13:18 ID:Id6RDPe6

ミネルヴァの梟は黄昏とともにようやく飛び始める


エレン「なんだ、それ?」

アルミン「うん。昨日、コニーに貰った本に書いてあった文章なんだ」

エレン「コニーがそんな難しそうな本を・・・・?」

アルミン「ハハ・・・・、なんでも、街で知らない人に渡されたんだって。聖書みたいな外観だったから、
     ウォール教の人かと思ったそうなんだけど。それで返そうと顔を上げたら、その人の姿はもうなかったらしい」

エレン「姿がないって、妙な話だな」

アルミン「そうだね。・・・・・・本も古ぼけていたし、コニーも捨てようとしていて、
     そこで僕が声をかけて・・・・借りるっていうか貰うことになったんだけど。

     内容も変わっているんだ。「神話」っていう、このあたりじゃ聞かないお話が載っていてね」

エレン「神話?」

アルミン「ああ。僕らには馴染みのない神様についての古いお話なんだけど、それがいくつか」

続きを読む

タグ:

アルミン「エレンが怖いんだ」

1 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/16(日) 18:09:33 ID:dZjbbi8A
エレン「……」ボー

アルミン「大丈夫?エレン」

エレン「……なぁアルミンお前は俺の事好きか?」

アルミン「えっ?もちろん好きだけど(友情的に)」

エレン「本当か!?」

アルミン「あ、うん」

エレン「よっしゃあ!」スタタタ


アルミン「あっ、待ってよエレン!君は性的な意味で言ってるのかい!?」

アルミン「……いっちゃった」 



続きを読む

タグ:

カヲル「僕と契約して魔法少女になってよ!」シンジ「はぁ?」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/18(金) 02:02:19 ID:u78LXl0k
シンジ「カヲル君が何を言っているのか わけがわからないよ」

カヲル「なかなかにノリがいいじゃないか」

シンジ「もう突っ込みどころがありすぎるよ」

カヲル「まずはどこにツッコミを入れたいんだい?」

続きを読む

タグ:

友「は?アイドルマスター?」男「あぁ」

1 : ◆p3yuNM37DY :2014/07/29(火) 10:16:03.97
友「実際のアイドルブームもヤバイってのに、二次元にまで……」

男「まぁまぁ、面白いぞ?まず、アニメDVD貸してやるよ」

友「アニメが元なのか?」

男「いや、元はゲームだけど……」

友「アイドルのゲームか…したことねぇな、やりたい」

男「あ、じゃあゲーム貸してやるよ。箱持ってたよな?」

続きを読む

タグ:

ライナー「例えば俺がアルミンのことを好きだとする」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/26(火) 16:41:44 ID:0s7YADRI
ライナー「どうせお前らは俺のことをホモって言うんだろ?」

ジャン「そりゃそうだろ」

エレン「アルミンは男だぞ?」

ライナー「だが待ってほしい。それは本当にホモだろうか?」

続きを読む

タグ:

友人「ボクの秘密……教えてあげる」男「秘密……?」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/22(火) 00:17:03 ID:W1GXdlRc

── 駅前

男「よう!」

友人「やぁ!」

男「なんか最近、だんだんお前と会う回数が増えてきたよな」

友人「そうだね」

男「俺たちインターネット上でたまたま知り合った仲だけど」

男「なぁ~んか妙に気が合うんだよな」

男「はっきりいって同じ高校の連中とつるんでるより、お前といる方が楽しいぜ!」

友人「ボクもだよ!」

男「とはいえ、お互い彼女の一人も作らなきゃいけねー年だけどな。ハハ……」

男「ま、寂しい野郎同士、今日も楽しくやろうぜ!」

友人「……うん」

続きを読む

タグ:

提督「俺ゲイなんだけど」

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/08/22(金) 17:51:57.76
提督「頑張って憧れの海軍入ってさあ……毎日魅力的な連中と生活できるじゃん?」

提督「何か月も海の上で過ごすこともあってさあ……時には一度限りの火遊びもあるかもしれないじゃん?」

提督「尊敬される上官になろうとしてさあ……必死に努力して気づいたらそれなりに出世できたじゃん?」

提督「いい感じになってた仲間とも泣く泣くわかれてさあ……ようやく吹っ切れて陸に帰ってきたじゃん?」

提督「慣れない職場で手探りながらもひたすら頑張りましたよ……ええ……」

提督「そしたらさあ……どうしてくれんのこれ?」

電「……」

続きを読む

タグ:

男「RPGツクールでいじめっ子に復讐してやる……!」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/07(月) 21:44:59 ID:L3v76YUw
<学校>

朝っぱらから、ため息をつく一人の少年。

男「ハァ……」

男(憂鬱だ……)

男(まだアイツは登校してないみたいだけど……どうせすぐやってくる)

男(で、今日もボクはアイツにいじめられるんだろうなぁ……)

男(ああいやだ……)

彼は同じクラスの茶髪の少年から、いじめの標的にされているのである。

続きを読む

タグ:


お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク