タグ:サキュバス

サキュバス「たくさんエッチなことしてあげる。うふふふ」童貞「おぉぉ……」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/23(日) 13:16:51.49 ID:kSbY8G3vo
教室

教官「初めまして。貴女たちを立派なサキュバスにするため、今日から指導する者です。よろしく」

「「よろしくおねがいします」」

サキュバス(流石は歴戦の悪魔。とっても美人だなぁ。私もがんばらないと)

教官「最初に言っておきます。数あるクラスの中でも非常に厳しいものです」

教官「時には汚らわしいオスの部分を見ることも、触れることもあるでしょう。しかもそれを数多く繰り返さなくてはならない」

教官「これから行われる実技も実践に近い形で行われます。それはつまり……」

「エッチなことですよねー」

「きゃー」

教官「静粛に。その通りです。ですが、その分他のクラスよりも早い出世が見込まれる。より高位の悪魔になることができます」

教官「決して楽ではありません。覚悟の無い者は今の内にこの教室から出なさい。今からでも受講科目を変更することができます」

サキュバス(私は絶対に変えない。私もお母さんみたいな立派な悪魔になるって決めたの。だから、どんなに辛いことでも耐えてやるっ)

教官「……退室する者はいないようですね。分かりました。これより弱音を吐くことは許しません。そのつもりでいるように」

「「はいっ」」

サキュバス(どんな困難が待ってたって構わない。私は諦めたりしないんだから!!)

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1440303411

続きを読む

タグ:

サキュバス「女の子の経験は?」 俺「ないです」 サキュバス「経験したい?」 俺「はい」 サキュバス「うん、わかった♥」

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/16(土) 10:07:01.062 ID:zIUAhLLd0.net
サキュバス「はい♥おわったよ♥」

俺「は? えっ……?なんで僕が女の子になってるんですか……?」

サキュバス「え?だって女の子の経験したいって言ったじゃん」

俺「いやそういう意味では……あの……」

サキュバス「もう戻せないよお?♥せっかく生やしたコレだってもう我慢できないのに……」ぎんぎん

俺「ま、って、怖、その、あの、ごめんなさいっ!」逃走

ガシッ

サキュバス「だーめ♥」

続きを読む

タグ:

弟子「ぼくの師匠の奥さんはサキュバスだった」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/31(日) 13:21:08 ID:2K3ZWLUM
<道場>

師匠「さぁ、打ち込んでこい!」

弟子「いきますっ!」

弟子「だあっ! でやぁっ! ──どりゃあっ!」

バシッ! ベシッ! ドゴッ!

師匠「……まあ今日はこんなもんか。メシにしよう」

弟子「ありがとうございました!」

師匠(う~ん、このところいまいち拳がノッていないな)

続きを読む

タグ:

サキュバス「私と結婚してください!」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/02/13(月) 16:24:16 ID:6sAaASdA
男「いや、まさにいい天気だ。こんないい天気なら外に出るだろ常識的に考えて」

ガヤガヤザワザワ

男「おお、かなり賑わってんな~」

ザワッ!オオッ!

男「うん?なんかあっちが騒がしいな?」

続きを読む

タグ:

男「おっぱい揉ませて」サキュバス「イヤ」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/19(火) 00:40:35 ID:7suJ7J.M


男「何で?」

サキュバス「私達初対面」

男「だから?」

サキュバス「だから駄目」

男「でも君は淫魔なんでしょ?」

サキュバス「うん」

男「ならおっぱい揉ませて」

サキュバス「イヤ」

続きを読む

タグ:


お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク