FC2ブログ

タグ:クリスタ

クリスタ「ユミルを好きになるお話」ユミル「ほう」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/07(金) 01:19:14.94 ID:uskRd4wD0
『クリスタ―――』



錆びついた鉄の匂いと、火薬の匂い、それと生臭さの中でわたしは目が覚めた。



今は朝だろうか、昼だろうか、それとも夜だろうか。暗闇の中では時間の経過は分からなかった。
そう言えば、どうして自分はここで寝転がっていたのだろうか。なぜ、みんな同じように転がっているのだろうか。


なぜ、転がっていると理解できるのだろうか。


視界の隅に、窓から差し込む光が過った。光が過った床面は赤黒く染まっているように見えた。
なぜ、この部屋はこんなにも気持ちの悪い匂いで満たされているのか。光はすぐに消えた。やはり、光の中でみんなが転がっているのが見えた。


今更ながらに、怖くなった。わたしは立ち上がろうとして、足が異常に重たいのを感じた。足が動かなければ、戦えない。


戦う?



――――あいつらと、戦う?



そうだ、やらなければ食べられてしまう。クモの糸に絡まれるチョウのように、カマキリに噛り付かれるイモムシのように。
私たちは食べられる側なのだ。だから、いつも周りを見ておかなくてはならない。それが、壁の中だったとしても、やつらは壁を越えてくるのだから。ひと時たりとも安心できるはずなどないのだから。



―――壁よりも大きなあいつらと、戦う?



こんなに不安を抱いていて、今にも張り裂けそうな心臓しか持ち合わせていないのに?


こんな筋肉のついていない身体で?


一人で?



―――君は一人じゃない―――



誰かが、最後に言い残して言ったような気がする。耳元に残ってはいたけれど、すぐに消えてしまうような、そんな砂礫のような印象。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1370535554

続きを読む

  タグ:

ユミル「雪山訓練の後」クリスタ「ちょっと仲を深めました」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/30(木) 22:01:28.02 ID:XMMZm2AR0

―――雪山で三人とも下山できた日の夜のこと―――



自分以外のやつのことを、私は今まであまり考えなかった。


だって、そうだろう。隣の家が巨人に踏まれたって助けになんていかない。生きる意味も死ぬ意味もそいつの責任で運命。
そもそも、自分以外の枠をせっせと設けている間に、生き残る確率が減ってしまう。

死んだ奴は可愛そうだなとか、そのくらいは思うさ。情け程度にはさ。まあ、悪いのは巨人とかじゃなくて、そいつの運だったってわけ。
中には、自分の操縦席を「はいどうぞ」と明け渡し、自分の人生を誰かが消費するのを待っている、そんな気持ちの悪いやつがいるけれど。


そうさ―――、一度目の人生は舞台にすら立っちゃいなかった。


二度目は違った―――、運命は変えられる。自分も他人も世界も。だから、そいつを見ると妙に気持ちが落ち着かないんだ。






「ユミル……ダズ、なんとか大丈夫そうだって」


気が付くと、クリスタが扉の傍にいた。私は登山用の靴を脱ぎながら、軽く視線を向ける。


「そう、良かったじゃん」


「うん……本当に良かった……ユミルの、ユミルのおかげだわ」


「私じゃなくて、あいつのパンくずみたいな生命力を褒めてやんなよ」


SSWiki :http://ss.vip2ch.com/jmp/1369918887

続きを読む

  タグ:

エレン「クリスタはファーストキスってまだ?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/26(金) 13:46:29.62 ID:ThwhphDL0
クリスタ「へっ?」

エレン「?」

クリスタ「えっえっと…何で?」

エレン「ん?知りたいから」

クリスタ(つまりエレンは私のこと…)

エレン(なんで俺が聞かなきゃいけないんだろ…)

続きを読む

  タグ:

ヒストリア「………」

2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/30(月) 02:38:51.41 ID:AoDNGzkAO
―――新リヴァイ班 隠れ家


サシャ「…はあ…もっと美味しい食事が食べたいです」モグモグ

コニー「我慢しろよ…食べ物があるだけでもありがたいと思わなきゃ」

ヒストリア「…」パクパク

サシャ「そこの山から獲ってきましょうよ、鳥の声が聞こえますし…」

アルミン「ダメだよ、サシャ…この辺りは禁猟区なんだ」

ヒストリア「…」パクパク

エレン「ふう…見張り交代の時間だぞ」

ミカサ「お帰り、エレン」

ジャン「次はヒストリアが見張りだろ」

ヒストリア「うん」カチャカチュ

続きを読む

  タグ:

エレン「クリスタにイチャイチャしたい」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/17(月) 07:25:07 ID:rU3ARMUk
誰かお願いします

続きを読む

  タグ:

エレン「朝起きたら性別が逆転してた」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/19(日) 22:43:55 ID:zKfBV./M
エレン「みろよこのおっぱい」モミモミ

アルミン「お、大きいね」

アルミン「僕はアレがなくなってただけで男のときと変わんないなぁ」フニフニ

エレン「ていうかアルミン…」

続きを読む

  タグ:

クリスタ「最近おっぱいがおっきくなった!」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/18(日) 03:17:04 ID:fmenDXsU
ユミル「え?」

クリスタ「だーかーらーユミルのおっぱいがおっきくなったって言ってるの!」

ユミル「そうか?あまり自分じゃわかんねえけど」

クリスタ「私は毎日頭の上におっぱいのせられてるからわかるよ!」

クリスタ「最近重くなったもん!それに比重してのせられる時間も増えたもん」

ユミル「それは前よりクリスタが好きになったから抱き着いてたいなぁとだな」

クリスタ「嘘!おっぱいを丁度のせられて楽だと思ってるでしょ!」

続きを読む

  タグ:

ミカサ「…こうじ?」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/07(日) 22:32:59.22 ID:aE6+KFm40
・進撃の巨人

ミカサが食料事情を向上させるお話です。

SSWiki :http://ss.vip2ch.com/jmp/1373203979

続きを読む

  タグ:

ミカサ「…麦?」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/29(土) 21:38:21.35 ID:sBku1XE50
・進撃の巨人

ミカサが食料事情を向上させるお話です。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1372509501

続きを読む

  タグ:

クリスタ「明日は良いことあるといいな」

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/19(日) 22:03:53.84
多少のエロ百合ホモ翌要素あり



エレン達のいる寝室

ミカサ「……これは」

サシャ「貴重なミルクむにゃむにゃ……ちゅるちゅる」

エレン「んん……ッ」

げしッ!

サシャ「ぐはあ!?」

げしッ!

サシャ「はあん!?」

ミカサ「何をしているの」

サシャ「へあ?」

ミカサ「ここで、何をしているの」

サシャ「……あれ、絞りたて生ミルクはどこです!?」

アルミン「うんん……どうしたのミカうむむ?!」

ミカサ「今だけでいい、呼吸だけしてて」

アルミン「……!?」コクコク

ライナー&ベルトルト(……何が起きているんだ?)

サシャ「……ミルクじゃない? は!? ここはどこですか、ミカサ」

ミカサ「ここは、エレンの部屋」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1368968633

続きを読む

  タグ:

クリスタ「ずっと…待ってたんだよ?///」ウルウルニコッ

2 :ODA兵士長 :2014/12/22(月) 01:54:31.01
お馬さんの手入れをしているこの時間。

この時間だけが私にとって安心できる時間。

私の唯一の友達のお世話をしながら物思いにふける。

私は…

ヒストリア・レイスは…

なんで生まれてきたんだろう?











立派なお医者さんで、尊敬できる自慢の父さん。

美人で、怒るとちょっと怖いけど、とっても優しい大好きな母さん。

俺と父さん、母さんは仲が凄くいい。

こんな話をしたら俺のことが羨ましくなるかもしれない。

でも、友達は一人しかいない。

物知りなそいつは外の世界についてたくさん教えてくれた。

だから俺はいつか…そいつと一緒に…

外の世界を探検するんだ!

続きを読む

  タグ:

ミカサ「相談×恋バナ×女子会?」

1: 進撃の名無し 2014/07/02(水) 21:33:47 ID:muWH8KeE0
――
―――


世界は突然、姿を変えた。


人類が誇るウォールシーナ、ローゼ、

そしてマリア・・・


三つの壁は一瞬にして消えた・・・
 
その巨大な構造物の跡には深い溝が残るのみであった。


そして忌むべき存在である巨人・・・

奴らも一週間たった今、

その姿を見せることはなかった。


―――
――


まあ私は今、別の問題で忙しい・・・ので

この話は数十年後にでもしようと思う。(しない)

続きを読む

  タグ:

クリスタ「アルミンにキスマークがついてた」

2: ◆yizSS7JAzc 2013/09/16(月) 23:11:39 ID:JIz7qRpk
クリスタ「この前、対人訓練でアルミンと一緒だった時にね、………見つけちゃったんだ///」

ユミル「あのチビの、鎖骨辺りに、キスマーク?」

クリスタ「うん………///」

ユミル「………ぷっ、ぷははははははっ!ないない!絶対ないって」

クリスタ「ほ、本当だもん!」

続きを読む

  タグ:

ユミル「天使ー、天使クリスタはいらんかねー」 クリスタ「!?」【閲覧注意】

1: ◆B2mIQalgXs 2013/10/20(日) 00:52:24 ID:8pNV0ZMo

むかしむかし、あるところに、サシャ・ブラウス、クリスタ・レンズ、ユミルという三人の少女がいました。

 三人とも調査兵団に所属している、大の仲良しです。

 仲良しが長じて、トロスト区のあるアパートの一室を間借りして、ルームシェアして暮らしていました。


サシャ「お腹がすきました!」ギュルルルル

ユミル「くそう、三人で暮らせばその分お金が浮くと思っていたのに………コイツの胃袋を舐めすぎていた!」グヌヌ

クリスタ「我が家のエンゲル係数が天井知らずなまでに跳ね上がっちゃってるよぉ……このままじゃ、今月のお家賃が払えないよぉ………」シクシク



 しかしこのサシャ・ブラウスが意外なくせものでした。

 アパートでのルームシェア入居を決める前に取り決た『食べたもの、買ったもの、家賃などについては三人のお金から支払う』という契約を逆手に取りました。

 サシャはもともとお給金のほとんどを食費につぎ込む食の魔人だったのです。

 そうとも知らずにルームシェア契約を結んでしまったからさあ大変。クリスタ、ユミルのお財布の中身は、サシャの喰らう肉に早変わり。

 悲鳴を上げる二人を無視して、サシャはひたすらに食料を買いあさりました。

続きを読む

  タグ:

アルミン「やっと休暇だ」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/22(水) 11:41:07 ID:fdoY.M3Y
アルミン「さて、と……」

モゾモゾ……

アルミン「うん、OKね//」(女装)

続きを読む

  タグ:


お知らせ
また、サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
カテゴリをあいうえお順にしました、

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

Twitter

SSなびのTwitterアカウントです

最新記事
ピックアップカテゴリ
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。