タグ:エロ

千歌「あのさぁ曜ちゃん、この衣装なに?」曜「えっ? スノーステージの衣装だけど……」

1: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/12/19(月) 15:43:01.33 ID:N0SDLNvz

~千歌ちゃん家~


千歌「知ってるよ!」バーン!!

曜「うわっ!?」ビクッ

千歌「Aqoursみんながそれぞれ冬休みと言えば……の企画で」

千歌「曜ちゃんは『冬と言えばスノボだよねっ!』って言ってさ」

曜「う、うん」

千歌「それぞれ それっぽい衣装つくったけど……」ジト


千歌「なにこの衣装!!」バーン!!

曜「ええっ!?」

千歌「え、え、え……えっちすぎだよっ!///」

曜「えええっ!?///」

千歌「スノボ風の、かわいい衣装までならともかく!」

千歌「き、着方って言うか! こ、こ、こんな、服を脱いでお……っ///」

千歌「おっぱ……ぃ、を! さらけ出してるような格好……///」

千歌「イミワカンナイ! 破廉恥ですわぁっ!///」プクー!!

曜「えぇー……/// 別に水着だし……アイドルだしそれくらいはした方がって思ったんだけど……///」

曜「そもそも果南ちゃんなんかは温泉とかなんとか……でバスタオルだけだよ?///」♨

千歌「それはそれなのーっ!///」


千歌「…………こんな衣装を着た曜ちゃんがいろんな人に……///」ブツブツ

曜「……千歌ちゃん?」

千歌「――曜ちゃん!」

曜「はいっ!?」


千歌「……着てみてよ」

曜「えっ?」

千歌「いいからっ! そこまで言うなら千歌が直々に 変かどうか見てあげる!」

曜「……ここで?」



ってな感じで着替えるも千歌ちゃんの熱い視線で今さら恥ずかしくなっちゃった曜ちゃんを見てムラムラしちゃった千歌ちゃんといやいや言いながら無抵抗で受け入れちゃう曜ちゃんと千歌ちゃんのえっちなSSください

続きを読む

タグ:

穂乃果「あっ、今日も来たんだね、じゃあホテル入ろうか!」 【エロ注意】

1: 名無しで叶える物語(こんにゃく)@\(^o^)/ 2016/11/11(金) 21:46:47.41 ID:qNrlKJcX
※r-18
穂乃果「あれー、表情固いね、どうしたの?」

穂乃果「もしかして緊張してる?」

穂乃果「大丈夫大丈夫、ほら早く脱いで脱いで!」



穂乃果「それじゃあはいっ、いつもの手錠ね!!」

続きを読む

タグ:

千歌「えへへー残念っ!千歌は女の子だから梨子ちゃんとえっちなことはできないのだっ!」梨子「……」

29: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/06/17(金) 12:56:23.58 ID:XQgiM7OI
梨子「ふふっ、ほらほら! 気持ちいいでしょ!?」パンパン

千歌「あんっ♡ なにこれぇ♡ なにこれぇこんなの知らないよぉ♡」ユサユサ

梨子「こんなえっちなカラダで! 誘惑するなんて! おしおきなんだからね♡」パンパン

千歌「ごめん♡ ごめんなしゃい♡ えっちできる♡ えっちなことしてるぅ♡」

梨子「またそんなこと言って……!」ゾクゾクッ

梨子「ほら射精すよっ! 千歌ちゃんにおしおき♡ 射精するよっ♡」パンパン!!

千歌「もう気持ちいいのやめてぇ♡ おか、おかしくぅ♡ なっちゃ♡」

梨子「イくっ♡」ドビュルルルル! ビュッ! ビューッ!

千歌「あああああぁぁぁぁああぁ♡♡♡」



曜「……」シコシコ

曜「」ビクッ! ドピュ!

続きを読む

タグ:

凛「プロデューサー、休んでる暇はないよ」パンパン

1: ◆.yfRnoJuUw 2016/04/17(日) 11:27:27.96 ID:vWd2u8zzo
凛「プロデューサー、休んでる暇はないよ。んっ、ほらっ」

凛「まだ、あんっ、5回しか射精してないでしょ? だから、まだやれるはず」

モバP「うぐっ、も、もうやめてくれぇ……」ゲッソリ

凛「もっと、もっと! んくっ、我慢したんだから、はぁっ、その分取り返すよ」

凛「あんっ、また、イッちゃうっ。プロデューサーも、一緒に、イこう?」

P「や、やめ、中はやばい! アイドルなんだぞっ」

凛「アイドル、あんっ、あはっの前に……女の子、んっ、だから。ふふっ」

凛「あっあっ、プロデューサーのおちんちん、私のなかでビクビクしてるよ?」

P「も、もうやめ」

凛「あ、きちゃう、もう、もうイッちゃうよ。あっ、くるっくるっ、くるぅっ!」

P「うわああああああ!」

びゅるるるるる!!

凛「さあ、つくっていこうか、私たちのこどもおおおおんっ!!」ビクンビクン


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1460860047

続きを読む

タグ:

海未「おやつたいむ」 エロ注意

名無しで叶える物語(さつま揚げ)@\(^o^)/ 2015/10/17(土) 15:27:32.01
------どうして、こうなってしまったのか・・・
私の腕の中には逝ってしまった穂乃果が静かに眠っていました。
生き残ってしまったのは私一人・・・他の皆も、逝ってしまいました。

------いや、ただ一人、この事件を引き起こした張本人が残っていました。
恍惚とした表情で笑みを浮かべ、それはとても官能的で、思わず見とれるほどでした。
しかし、私は彼女に引き込まれる訳にはいきません。

彼女を前に倒れてしまったμ’sの為にも、これ以上の犠牲を出さない為にも。

私は、命に代えてまで彼女を止めなければなりません!



「さぁ・・・デザートの時間だよ・・・♪」



彼女は恍惚な表情を歪め、不気味に微笑む。

続きを読む

タグ:

ビスマルク「Admiral……するわよ?」R18

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/25(日) 03:02:46.47 ID:V1DcPruLo

艦隊、帰投したわ。今回も無事に主力艦隊を撃沈して来たから、褒めてもいいのよ?

え?  私が中破するなんて珍しいですって?

……たまたま運悪く敵空母の攻撃が直撃しちゃったのよ

でも、MVPはもちろん、私が取ったわ。さすがでしょう?

……それより早く入渠しろ?

…………言われなくても、今すぐ行くわよ

私は踵を返して部屋から出ようとする。ドアの前で一度立ち止まり、提督の方を見て――

…………提督のバカ

心の中で言ってから、執務室のドアを閉めて入渠ドックへ駆け足で向かった

☆☆☆


SSWiki :http://ss.vip2ch.com/jmp/1445709766

続きを読む

タグ:

島風「提督……しよ?」【R-18】

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/20(火) 23:51:18.12 ID:maiqz9t8o
夜戦描写の練習として書いてみた

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1445352677

続きを読む

タグ:

【化物語】月火「お兄ちゃん髪洗ってよー」暦「またかよ月火ちゃん」

1: ◆BAKEWEHPok 2015/07/13(月) 22:15:49.81 ID:tzEPHgMWo
阿良々木家の兄と小さい方の妹がお風呂に入って色々しちゃうだけの話しです。R-18注意

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1436793339

続きを読む

タグ:

アストルフォ「ボクがジークを幸せにするんだ!」

1: ◆BAKEWEHPok 2015/04/14(火) 00:01:38.12 ID:RAbBuj+Vo
フェイトアポクリファのアストルフォ×ジークのSSです。
いちゃいちゃしたりR-18シーンがあったりします。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1428937297

続きを読む

タグ:

【左門くんはサモナー】左門くんはもう知らない【R-18】

1: ◆BAKEWEHPok 2016/03/04(金) 14:27:39.47 ID:R3CmPZHRo
需要不明の少年ジャンプ 左門くんはサモナーのR-18 SSです。
注意点として

・天使ヶ原さんがモブ姦されます
・名前有キャラが天使ヶ原さんと性的に絡む事はありません
・陵辱ではないですが、男の数が多めです
・原作にはいない悪魔が出てきます
・まだ書ききれてないのでエロシーン寸前まで投稿します

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1457069259

続きを読む

タグ:

【食蜂×上条】食蜂さんのちょっぴり積極的過ぎるアプローチ【R-18】

1: ◆BAKEWEHPok 2015/09/25(金) 19:06:05.38 ID:Tp6jvSP2o
食蜂さんが上条さんにエロいことしてるだけの話し

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1443175557

続きを読む

タグ:

【上条×オティヌス】壊れた世界の迷い人【R18】

2: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/25(火) 09:51:11.36 ID:jTOUYFgSo
天も地もあやふやで、何もかも虚ろなただ黒だけの光景。
地平線の先まで漆黒で塗りつぶされた空間に、上条当麻は独り立っていた。
瞳を爛々と輝かせて、油断なく周りを見渡しているその姿は餓えた獣のようだ。
何かに気付いたのか、鈍く光を放つ視線が離れた、或る一箇所を睨みつける。

「……どうしたオティヌス。俺はまだ終わっちゃいないぞ」

言葉に呼応したかのよう、ただ黒だけを映していた瞳の先へと色彩が浮かび上がり
瞬きをする間もない一瞬に、オティヌスは現出していた。

「呆れたものだ。お前のしつこさにはいい加減飽いてくる」
「なら早く世界を戻して終わらせろ。俺は絶対に諦めない」

少女の姿をした魔神の表情には、ほんの少しだが疲れの色があった。
あらゆる責め苦を与えられ、血も肉も心も、切り刻まれてすり潰されているはずの
上条の精神を、どうしてもオティヌスは折る事ができていなかったのだ。
繰り返される位相を挟まれた世界は、百を越え、千を渡り、万に届いてもなお、少年は健在であった。

オティヌスは上条を見つめる。
張り詰めている表情は精神的に参っていないはずもない。
けれども、瞳には強い意思が溢れており、燻っている炎が燃え上がるのを待ちわびているかのよう。
その双肩に、幾つも重なった螺旋の世界を乗せて、立ち上がり続けていた。

オティヌスが痛苦を生み出す何万もの手管を用意していたとしても。
いや。用意して実行しているからこそ、徒労を感じるのはしょうがなかったかもしれない。

「……お前にはいい加減アプローチを変える必要がありそうだ」
「どういう意味だ?」

疑問をあげながらも上条は油断せず、オティヌスの動きを見ている。
唐突に始まる世界の変遷に、人の身で対応できるはずもないが
それでも食らいつこうとするのが上条当麻という少年だ。

だとしても見えなかった。
魔女の帽子だけが視界に在ると気付いた瞬間、オティヌスが眼前なんて生温いほど近く低い距離へと踏み込んでいたのだ。

続きを読む

タグ:

【このすば】めぐみん睡姦陵辱【R-18】

1: ◆BAKEWEHPok 2016/08/20(土) 23:06:26.63 ID:N2gbiJPpo
タイトル通りのめぐみんが眠ってるうちにおっさんに犯されるSSです
ほぼエロ要素のみなので苦手な人はスルーしてください

続きを読む

タグ:

【とあるSS】浜面×絹旗 気づかぬうちに窒素は燃えて【R-18】

1: ◆BAKEWEHPok 2014/01/25(土) 08:32:09.75 ID:6sOATsfMo
出会って間もない二人が恥ずかしいトラブルからエロいことしちゃう話です。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1390606328

続きを読む

タグ:

シノ「津田とコトミって仲いいよな」

1: ※キャラ崩壊注意 ◆WgnmsRcFGw 2014/09/26(金) 00:01:36.54 ID:Wx+joT7x0

生徒会室


ガチャッ

シノ「あれ、アリアだけか」

アリア「うん、津田くんとスズちゃんはちょっと遅れるって」

シノ「そうだったか。もしかしたら萩村を襲ってたりな!」

アリア「ちょっと濡れてきちゃったかも……」

※ツッコミがいません

シノ「まぁ、仲がいいのは良い事だな」ウンウン

アリア「そうだね~ 共学になってちょっと心配だったけど、上手く溶け込めてて安心だよ」

シノ「お陰でいたるところにフラグを立ておって……全く!津田は全く!」プンプン

アリア(プンプン怒ってるシノちゃんかわいいなぁー)



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1411657286

続きを読む

タグ:

千歌「エッチしないと出られない部屋!?」

1: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/09/26(月) 20:47:12.34 ID:8ruxczIN
千歌「ううん…」

千歌「あれ…ここどこ…?」

曜「……んあ?」

梨子「ここは…」

千歌「曜ちゃん、梨子ちゃん…」

曜「あれ…千歌ちゃん。ここどこ?」

千歌「わかんない…何故か目が覚めたらこんな所に…」

梨子「私も…確か最後は…普通に自分の部屋で寝てたはずなのに」

続きを読む

タグ:

モバP「前川、ちょっとこっちにきなさい」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/22(水) 14:55:24.42 ID:YahwxBsDO
注意、ちょっとだけエロスあり

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1437544524

続きを読む

タグ:

五十嵐響子「心も体も綺麗にしてあげますねっ♪」【R18】

1: ◆agif0ROmyg 2016/06/22(水) 21:39:32.55 ID:nopebrW90
アイドルマスターシンデレラガールズの、五十嵐響子のSSです。R18。








 おかえりなさい!

 そう言って愛しの旦那様、愛しのプロデューサーさんを出迎える瞬間こそ、私、五十嵐響子にとって幸福な瞬間です。

 特に今日は、日中プロデューサーさんが忙しくしていたせいでほとんど触れ合えていません。

 ご飯の準備やお掃除など、家事をこなしている間も寂しさは募るばかりでした。

 でも、こうして彼の顔を一目見ただけで、そんな暗い感情は消し飛びます。

 夫婦愛の暖かさに包まれながら、早速私は切り出しました。

 ご飯にしますか? お風呂にしますか? 

 それとも……と、続けるのが一般的なやり方なのでしょうが、いずれにしてもすることはするので、同じです。

 旦那様もしっかりそこを分かってくれているから、とても嬉しそうに「じゃあ、一緒に風呂に入るか」と言ってくれます。

 夕食の準備も済んではいますが、綺麗好きの私としては、ここはやっぱりお風呂のほうがいいです。

 私の事を理解してくれているようで、ますます好きになりそう。

 脱衣所で二人裸になってお風呂に入った時には、もうすっかり準備出来ていました。

 でも、いきなり絡み合ったりはしません。

 それじゃあお風呂に入った意味がありませんし……

 なにより、一日頑張った旦那様の身体を綺麗にしてあげるのは妻の務め。

 私のおっぱいや下半身を見て、みるみるうちに大きくなっているそれをつい触りたくなりますが、まだまだ。

 胴体、腕、脚、優しくこすってしっかり垢を落としてあげないと。

 石鹸をしっかり泡立てて、そのまま手でゆっくりと撫で回します。

 彼の身体には余分な肉があまり無く、皮の下からはやや硬い筋肉の反発が感じられます。

 それがまた男らしくて、触っているだけでもドキドキします。

 彼の方も、体を愛撫されて奮い立っています。

 先っぽから粘ついた液体が漏れかけているのを見て衝動的に手を出しそうになります。

 が、それでも身体のお掃除はおろそかにできません。

 両腕、背中、お腹、そしてひざまずいて脚の方までしっかり洗い流して。

 とうとう、本格的に旦那様にご奉仕する時が来ました。

 ベタベタくっついて洗っていたので、私の身体も泡まみれ。

 白く彩られた私の身体を、穴が空くほど見つめる旦那様。

 恥ずかしいですけれども、それ以上に求められている実感があります。

 愛しい男をこれ以上焦らすわけには行きません。

 座って、脚を開いてもらって間に体を滑り込ませ、まだまだ膨らんでいる途中のおっぱいを下から抱え上げて。

 彼の下腹に寄せて、竿を谷間にニュルっと迎え入れて、飛び出さないようにしっかり両側から押さえつけます。

続きを読む

タグ:

【デレマス】LiPPSと過ごす愛欲と頽廃の日々【R18】

1: ◆agif0ROmyg 2016/05/29(日) 22:00:00.82 ID:WDF+r6tF0
アイドルマスターシンデレラガールズの、一ノ瀬志希、宮本フレデリカ、速水奏、塩見周子、城ヶ崎美嘉のSSです。
全編R18。







 その夜俺は、コーヒーを飲みながら仕事をしていた。

 日も沈み、当日中に済ませる予定の仕事も皆片付き、明日以降に備えて余裕を持って作業できていた。

 他の社員や事務員も今日は早くに帰宅したようだったので、俺もそろそろ事務所を閉める準備にかかろうか、などと思っていたところ。

 いつも置いてあるはずの場所に事務所の鍵が無いことに気づいた。

 もしや、誰かが間違えて持って帰ったか。
 
 あるいは俺が、どこかに置き忘れてしまったか。

 予備の鍵もどこかにあったはずだが、アイドル事務所の鍵が紛失したままというのはいかにも不用心だ。

 大事になる前に発見したくて、椅子や机の下を探っていると、聞き慣れた声が聞こえた。

「おやおや、プロデューサー。何か探しもの?」

「あ、志希。いたのか。もう帰ったものかと」

 現れたのは一ノ瀬志希。

 俺の担当アイドルの1人であり、宮本フレデリカ、速水奏、塩見周子、そして城ヶ崎美嘉とともにユニットを組んで活動する人気アイドルだ。

「うん。今日はなんか眠かったから、休憩室で寝てたの。
 それで、ウカツなプロデューサーは何を無くしたの?」

「多分、俺が無くしたわけじゃないとは思うんだが……事務所の鍵が見つからないんだ」

「事務所の? ……あ、それ、あたし見たかも」

「本当か! いやあ助かる。どこにあった?」

「さっきまで寝てた休憩室に、それっぽいの落ちてたよーな。行ってみようか」

 ということで、連れ立って部屋を出た。

続きを読む

タグ:

モバP「フリルドスクエアと過ごす淫蕩なる日々」【R18】

1: ◆agif0ROmyg 2016/03/07(月) 16:53:33.37 ID:8o08xN+V0
アイドルマスターシンデレラガールズの、桃井あずき、喜多見柚、綾瀬穂乃香、工藤忍のSSです。
地の文、R18。




月曜日。

最近人気が急上昇してきたアイドルユニット、フリルドスクエアの担当プロデューサーである俺は、事務所で書類仕事をこなしていた。

書類といっても社内向けの簡単な物であるため、それなりにリラックスして作っていられる。

近くで少女たちが談笑していても、全く気にならない。

「ねー、そろそろ決めようよっ。今週の割り振り」

「そうですね。今回もあみだくじで良いですか」

話題を振ったのは、ぱっつん前髪と悪戯っぽい微笑みがよく似合う喜多見柚。

答えたのは、少女たちの中でもひときわ清楚かつストイックな雰囲気を漂わす綾瀬穂乃香。

真面目な顔つきの工藤忍が紙を取り出し、いつも楽しそうな桃井あずきがぱっぱっと線を引く。

「それじゃあ、旦那様当番大作戦、いくよー」

「線……この辺で良いかな」

フリルドスクエアのアイドルたちが、楽しそうになにやら決めている。

間を置かずして、あずきがこちらに紙を見せに来た。

「ほら、できたよ。今週のローテーション」

見ると、あみだくじの上側に名前、下側に曜日が書かれている。

火曜、あずき。水曜、柚。木曜、穂乃香。金曜、忍。

どうやら今週はこの順番ということで決まったようだ。

「明日、火曜はあずきの番だからね。
 今夜はゆっくり休んで、せいりょく回復しておいてねっ」

「ああ。土日は?」

「みんな大丈夫だって。全員でずっといられるの、ちょっと久し振りだよね」

「そうだな。あずきたちも随分と知名度上がってきたし、仕事も増えてきてるから」

「ふふ。明日と週末、楽しみだね。いーっぱい、仲良し大作戦、しようね」

あずきの無邪気な表情は、小柄ながらもよく育ったいやらしい肉体とミスマッチ。

早くも俺は明日が来るのを待ちきれない思いだった。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1457337213

続きを読む

タグ:


お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク