タグ:エレン

エレン「溜まってる」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/30(月) 11:54:49 ID:QvKKgMJ6
ミカサ「なにが?」

エレン「精液」

ミカサ「精液…」

続きを読む

タグ:

ミカサ「初めてはエレンとが良かったのに…」Take2

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/11/20(金) 03:33:28 ID:FmNS2xNw
今回は真面目にやります
NTR注意


前作:

ミカサ「初めてはエレンとが良かったのに…」


続きを読む

タグ:

エレン「朝起きたら性別が逆転してた」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/19(日) 22:43:55 ID:zKfBV./M
エレン「みろよこのおっぱい」モミモミ

アルミン「お、大きいね」

アルミン「僕はアレがなくなってただけで男のときと変わんないなぁ」フニフニ

エレン「ていうかアルミン…」

続きを読む

タグ:

エレン「ミカサが地下にやってきた」

1: ◆uSEt4QqJNo 2015/12/24(木) 22:33:37 ID:0CShOAXc

*エレンが初めての壁外調査に行く前の話



――旧調査兵団本部――


エレン「地下で寝るってのは寒いな。また今日は一段と冷えるし眠りにくそうだ」ブルッ

エレン「でも仕方ねぇよなぁ」ハァー

ミカサ「めりーくりすます、エレン」ヌッ

エレン「ぬおぁぁぁ!!?」

ミカサ「……ああ、びっくりした」

エレン「びっくりしたのは俺だ!! 何して、いや、なんでここに!?」

続きを読む

タグ:

ベルトルト「君の願いが、叶ったよ……エレン」

2: 2013/11/12(火) 14:25:30 ID:R..1dAT2
エレン・イェーガー
彼の母親の死について、僕は知っている

僕が蹴り上げた門の破片が彼の家にぶつかり、倒壊した家は彼の母親の足を潰した
母親が逃げられなくなり――その場に巨人が現れ、その人を捕食


僕が知っている
その人の死に際の情報を纏めると、たったの二行

僕が奪った、何万分の一の命


「可哀想だと、思ったよ」

今、考えてみても
この言葉は、妥当だと思う

だって他に、どう思えばいいと言うのだろうか

続きを読む

タグ:

ツェペリ「君が...エレン・イェーガーだね?」

5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/28(金) 18:30:13.19 ID:x+RtPyC00
845年ウォールマリア陥落より数ヶ月 開拓団耕作予定地

エレン「イテテ...」

ミカサ「エレン、この間転んで折った腕はあまり動かさないほうがいい」

エレン「だからお前は俺の母さんかっつーのッ」

アルミン「こればかりはミカサの言うとおりだよ。
今は安静にしておいた方がいい」

エレン「分かってるよ...けど働かないと配給される食料が減るじゃないか」

ミカサ「その時は私のを分けてあげる」

エレン「お前は俺より数倍働いているんだから、しっかり食えよ」

ミカサ「...///」

続きを読む

タグ:

エレン「キース教官の日記?」

1: わさび大福 2013/06/04(火) 00:32:30 ID:JiWZF5cY
エレン「キース教官の日記?」

コニー「落ちてたんだよ!」

サシャ「きっと面白い事をかいてるに違いありません!早くみてみましょうよ!」

エレン「よし。ならめくるぞ」





~日記~

今日新しい訓練兵達がやってきた。
皆、緊張していたのだろう。
初日から教官に怒鳴られるのだ。
緊張しても仕方がない。

頭の悪い訓練兵が二人ほど見受けられたがこれからドンドンしごいてやろう。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

続きを読む

タグ:

アニ「夕日からの時間」

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/08/14(金) 13:36:41.01
進撃のSSです。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1439527000

続きを読む

タグ:

ミカサ「見たい」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/10/16(金) 21:56:49 ID:hGvuTv5I
ミカサ「エレンのおちんちんが見たい」

エレン「」

ミカサ「見たい」

続きを読む

タグ:

ミカサ「エレンにイタズラする」

1: ◆uSEt4QqJNo 2015/10/31(土) 18:17:16 ID:sQ0EHOHo

ミカサ「……エレンはどこ?」

アルミン「ミカサ、早まるんじゃない!」

ジャン「ミカサ、落ち着け」

ライナー「悪いがここは通せないぞ」

ベルトルト「エレンはここにはいないよ」

ミカサ「……みんな」ユラリ

「「「「!?」」」」

ミカサ「トリック オア トリート?」


.

続きを読む

タグ:

エレン「変な機械があるぞ!」

1: レロレルト 2015/05/17(日) 21:20:21 ID:ir4Dsots0
キャラ崩壊にご注意。

エレン「なんか療を出て直ぐに変な機械があったぞ!」

アルミン「変な機械?正確にはどんな機械だった?」

エレン「えーと...長方形で...ガラスが張ってあってその中に缶みたいなのが一杯入ってたな...」

アルミン「うーん...ちょっと見に行ってみようか」

エレン「ああ!」

続きを読む

タグ:

アニ「エレンに懐かれた…」

4 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/08(木) 22:52:23 ID:O7uxXLRs
アニ(お父さん、私訓練兵になったよ。でも退屈なんだ…友達いないから…)

アニ(ライナーは友達作っていいって言ってた。でもベルトルトに反対された…クソノッポが!)

アニ(でも、ベルトルトは正しいと思うよ。私は友達を殺すなんてこと出来ないから…それもベルトルトには見抜かれてたんだろうね)

続きを読む

タグ:

クリスタ「明日は良いことあるといいな」

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/19(日) 22:03:53.84
多少のエロ百合ホモ翌要素あり



エレン達のいる寝室

ミカサ「……これは」

サシャ「貴重なミルクむにゃむにゃ……ちゅるちゅる」

エレン「んん……ッ」

げしッ!

サシャ「ぐはあ!?」

げしッ!

サシャ「はあん!?」

ミカサ「何をしているの」

サシャ「へあ?」

ミカサ「ここで、何をしているの」

サシャ「……あれ、絞りたて生ミルクはどこです!?」

アルミン「うんん……どうしたのミカうむむ?!」

ミカサ「今だけでいい、呼吸だけしてて」

アルミン「……!?」コクコク

ライナー&ベルトルト(……何が起きているんだ?)

サシャ「……ミルクじゃない? は!? ここはどこですか、ミカサ」

ミカサ「ここは、エレンの部屋」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1368968633

続きを読む

タグ:

エレン「告白しようと思う。」

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/08/19(水) 09:43:32.45
ミカサ「今・・・何と・・・?」

エレン「だからさ、告白しようと思うんだ。二度も言わせんな。でさ・・・。」

ミカサ(ああ、ついに、エレンが私に告白・・・。)

ミカサ(わかっていた、わかっていたけど、改めて言われるとなると、ああ・・・。)

ミカサ(宣言してから告白するなんて・・・、なんだか可愛い・・・。)

ミカサ(大丈夫、私はエレンを受け入れる。そもそも私はエレンのもの!)

エレン「・・・なんだけど・・・、おいミカサ、聞いてるか?」

ミカサ「はっ、ごめんなさい、何だっけ?」

エレン「だからさ、どう告白していいかがわからないんだ。」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1439945012

続きを読む

タグ:

エレン「巨人のいない世界」

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/06/08(土) 06:24:33.15
こんな未来じゃない事を祈って

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1370640273

続きを読む

タグ:

エレン「調査兵団ってどんなだろう?」

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/07/16(木) 23:47:49.25
アルミン「きっとマジメな人が多いんじゃないかな。」

~~~~~

エルヴィン「アルミンくん、ちょっと。」

アルミン「はい。」

エルヴィン「ここ、字が間違ってるから直しといて。」

アルミン「はい、すいませんでした。」

ハンジ「エルヴィン、頼まれていた資料、出来たよ。」

エルヴィン「ありがとう。」

リヴァイ「おいハンジ、私が頼んでおいた案件はどうなった?」

ハンジ「あ、申し訳ない、忘れてたよ。」

リヴァイ「何?仕方ないな。」

~~~~~

アルミン「・・・みたいな。」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1437058059

続きを読む

タグ:

エレン「って最近ホモスレばっかりじゃねえか!!!」

1 :名無し訓練兵 :2015/04/13(月) 00:14:45
エレン「ふざけんな!! 俺はホモじゃねえぞ!!!」

アルミン「エレン、どうしたの? お風呂の時間だけど」

エレン「あ゛ぁん?」ギロッ

アルミン「ヒッ!?」ビクッ

エレン「何で俺がテメェみてーな糞もやしと背中流しっこせにゃならんのじゃボゲェェェ……」ゴゴゴ

アルミン「な、何もそこまでは」

続きを読む

タグ:

クリスタ「ずっと…待ってたんだよ?///」ウルウルニコッ

2 :ODA兵士長 :2014/12/22(月) 01:54:31.01
お馬さんの手入れをしているこの時間。

この時間だけが私にとって安心できる時間。

私の唯一の友達のお世話をしながら物思いにふける。

私は…

ヒストリア・レイスは…

なんで生まれてきたんだろう?











立派なお医者さんで、尊敬できる自慢の父さん。

美人で、怒るとちょっと怖いけど、とっても優しい大好きな母さん。

俺と父さん、母さんは仲が凄くいい。

こんな話をしたら俺のことが羨ましくなるかもしれない。

でも、友達は一人しかいない。

物知りなそいつは外の世界についてたくさん教えてくれた。

だから俺はいつか…そいつと一緒に…

外の世界を探検するんだ!

続きを読む

タグ:

エレン「みんな仲良し新リヴァイ班」

2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/29(火) 04:44:45.85
―――隠れ家


コーーンッ コーーンッ

ミカサ「ふう…だいぶ割れた。休憩にしよう、ヒストリア」

ヒストリア「うん」

ミカサ「…」

ヒストリア「…」

ミカサ「…ユミルの事をずっと考えてるの?」

ヒストリア「!」

ミカサ「ユミルは…自分の意志であっちに行ったのだと思う」

ヒストリア「うん……私も、そう思うけど…」

エレン「おい、ミカサ、ヒストリア!お疲れさん、水だ」

ヒストリア「ん」

ミカサ「ありがとうエレン。掃除は終わった?」

エレン「いや、まだだ、ジャンの部屋が汚くてな」

ユミル「全くだ、あいつの部屋は汚ないからな」

ベルトルト「だよね、リヴァイ兵長に叱られちゃうよ」

ライナー「そいつは大変だな、あははは」

エレン「ははははは………」


エレン「…は?」

続きを読む

タグ:

エレン「ジャンのハートは俺のもの」

1: 名無し訓練兵 2014/12/26(金) 00:35:51 ID:F3QTacPA0
ヒューヒュー

ワーワー

エレン「イェーイ! 乗ってるかーい!?」

コニー「残りの曲は、あと一曲!」

ジャン「センキューベリーマッチ!」

エレン「俺、泣いてないよ?」

ライナー「俺、早くもう生まれたままの姿になりてえぜwww」

ジャン「お前らのこと、絶対忘れねえよ!」

コニー「ここから見える景色、ショックだったぜ?」

エレン「みんな用意はいいか? いくぜ、せ~の!!」

一同「in my pony!!」

続きを読む

タグ:


お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク