タグ:エミリア

真奥「勇者エミリアと結婚した」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/20(土) 21:48:33.84 ID:T5Tmr5UB0
鈴乃「それにしてもエミリアが結婚とは…最初は驚いたものだ」

恵美「だから、これは仕方なくなの!変な勘違いしないでよ!」

千穂「へー。そうなんですかー。へー」

恵美「千穂ちゃん。何度も言うようだけど、私達社会人には世間体っていうのがあって…」

鈴乃「それで魔王と結婚を?」

恵美「ええ、私も職場の男達に言い寄られなくてすむからね」

千穂「へー。そうなんですかー。へー」

続きを読む

タグ:

恵美「魔王と夏祭り」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/15(月) 20:01:02.16 ID:fZ+6PvHA0
恵美「ふ~ん、射的屋ね~」

芦屋「1回200円で4発だ。もしも商品を倒す事ができたら、商品をプレゼント。さらに弾を一発補充できるぞ」

恵美「ということは、200円で全部落とす事も可能ってなわけね」

芦屋「一回で落とし続ける事ができればの話だがな」

真奥「で、やるのか?やらんのか?」

恵美「やるわ!」

続きを読む

タグ:

恵美「もし魔王がイケメンだったら」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/06(土) 00:06:28.59 ID:AlcKg3iz0
真奥「今からバイトに行ってくる」

芦屋「お気をつけて行ってらっしゃいませ」


真奥「さあ行くぞ!我が愛騎デュラハン号!!!」

デュラハン号「デュオオオオオン」


女性A「あの車かっこいいねー」

女性B「見た?ちょーかっこいい人が乗ってたよー」

女性C「えへへ。実はあの人、毎日ここを通るんだー。だから私も毎日ここを通ってる」

女性D「うん。私もー私もー」



真奥(エンテ・イスラで悪魔のような勇者に追いつめられた俺は-----)

真奥(略)

真奥(というわけで、最初に契約したままのボロアパートに暮らしている)

続きを読む

タグ:

恵美「勇者が魔王をストーカーなんて…はぁ…」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/26(日) 21:05:17.39 ID:nT7d8bGh0
恵美(遠目だけど…今日もあいつは真面目に働いているわね…)

恵美(私…いつまでこんな事を続ければいいのかしら…)

恵美(はぁ…)

続きを読む

タグ:

真奥「勇者エミリアを征服したい!」恵美「死ね!変態」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/25(土) 20:54:43.83 ID:UqFJPYr+0
恵美「んっ…もう朝ね…」

恵美「…」

恵美「それで、あなたは朝っぱらから何をやっているの?」

真奥「今日は仕事休みなんだろ?たまにはゆっくり休め。朝ごはんは俺が作ってやる」

恵美「うん、色々わからないけど、とりあえず…」

真奥「ん?」


恵美「私のベッドから出ていけーーーーーーーーー!!!!」

真奥「うおおっ!?」

続きを読む

タグ:

真奥「月が綺麗だな」鈴乃「!?」恵美「?」千穂「!!」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/18(土) 22:11:31.96 ID:mWfCogR90
漆原「うどんは飽きた」

芦屋「魔王城は財政難だ。ありがたみを持って食べろ」

漆原「だからって、昼も夜もうどんはやりすぎだよ」

芦屋「元はと言えば貴様が8000円分もピザを頼むのが問題であって」

漆原「だって、たまにはパーっと食べたいじゃん」

芦屋「やりすぎだ!」


鈴乃「まったく静かに食べられないのか…って、魔王は何をしている?うどんが出来上がったぞ?」

真奥「…ああ。月が綺麗だなって」

鈴乃「!?」


■回想終了~~~~~~~~~~~~~~~~~~


鈴乃「という事があったんだ」

続きを読む

タグ:

恵美「ちょっと魔王?聞いてるの?」真奥「うっせえ、酔っ払い」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/18(土) 19:54:21.41 ID:mWfCogR90
真奥「ふふふふふ。まだ足りない。その程度では俺は満足せんぞ」

真奥「そうだ。もっともっと血肉を絞り出すがいい」

真奥「いいぞいいぞ。いい感じだ…ふふふふふ、はははははは、あはははははははは!」

真奥「ってルシフェル!勝手に食べるな!」

漆原「僕は火でちょっぴりあぶる程度がいいの」

芦屋「貴様!魔王様の肉を取るとはいい度胸をしているな!」

漆原「だって真奥ってば、喋ってばかりで全然食べないじゃん」

芦屋「だから、『様』をつけろと何度言えばわかるんだ!」

漆原「あっ、海老も焼けてるよ」

真奥「何だと!?」

続きを読む

タグ:

真奥「うおお!恵美ぃぃ好きだー」恵美「きゃああああ」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/17(金) 20:35:56.27 ID:Io7+H5W90
芦屋「な、何ですって!?」

漆原「焼き肉無料食べ放題チケット!?」

千穂「ええ。たまたま貰っちゃって…その良かったら皆さんで行ってきてください」

芦屋「」


千穂「あ、あれ?」

漆原「気にしなくていいよ。芦屋はたまにこうなるんだ」

千穂「え?」

漆原「予想外の収入があった時に固まるようになっちゃったんだよ。まったくどれだけ貧乏なんだか」

芦屋「主に貴様の支出のせいだがな」

続きを読む

タグ:

恵美「卑怯よ、魔王!」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/08(土) 19:54:53.71 ID:Xihzt2urO
恵美「こんな方法で私の動きを縛るなんて……目的の為なら手段を選ばないのね!」

恵美「だけど私は屈しないわ! なぜなら私は勇者。何時如何なる時もその真実だけは変わらない!」

恵美「後でたっぷりお返ししてやるんだから! 覚悟してなさい、魔王!!」




真奥「分かった、分かった。にしてもお前、肩凝ってたんだな。ガチガチだぞ?」モミモミ

恵美「仕方ないじゃない、仕事でずっと座っているんだから……あ~そこそこ。本当、魔王の魔手は恐ろしいわ~」ゴマンエツ

続きを読む

タグ:

恵美「な、なんで私が魔王を好きにならないといけないのよ!」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/12(日) 20:34:46.52 ID:HjXS5TYq0
芦屋「魔王様。憎っくき宿敵のエミリアを無力化する作戦があります」

真奥「ん?なんだ?」

芦屋「先日図書館から借りてきた参考書…恋愛小説というものを見て思ったのですが」

真奥「お前そんなの読んでたのか?」

芦屋「これも魔力が戻る為の資料探しの為です」

真奥「あーわかったわかった…で、なに?」

芦屋「勇者エミリアを魔王様に惚れさせるのはどうでしょうか?」


真奥「…」




真奥「ハァ?」

続きを読む

タグ:

真奥「俺の宿敵がこんなに可愛いわけがない」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/15(木) 20:01:35.43 ID:QXhZKWAT0
漆原「ふわぁ~」

芦屋「ようやく起きたか。どうだ?夏の冬眠とやらは終わったのか?」

漆原「…36時間寝てたせいで体が痛い。もうちょっと休む」

芦屋「痛いのはずっと寝ていたせいで、体がなまっているからだ!魔王様を見習え!」

真奥「ハァハァ」

漆原「何やってんの?」

芦屋「トレーニングだ!そう妥当!勇者の為!」


ガチャッ


鈴乃「プロテインを買ってきたぞ。さあ飲め」

真奥「ありがてぇ…これで恵美に勝てる…」

鈴乃「さあ、次はスクワット500回だ!足腰立たなくなるまでやるぞ!」

真奥「おう!」


漆原「…なにこれ?」

続きを読む

タグ:

恵美「魔王、私はあなたを許さない」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/24(金) 20:07:45.31 ID:QrREIwK3O
恵美「私はあなたが今までしてきたことを、一日だって忘れたことはないわ」

恵美「そして私は勇者、あなた魔王・・・私にはあなたの魔手からこの世界を守る義務がある」

恵美「だからそのためにも、私はあなたを常に監視できる状態を維持しなければいけないのよ!」




真奥「分かったから頭洗ってやってる時くらい黙れよ。泡が口に入るぞ?」ワシャワシャ

恵美「ちょ、もう少し優しくやりなさいよ! 髪が傷むでしょ!?」プンスカ

続きを読む

タグ:

恵美「で、魔王がね~」エメラダ「はぁ~」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/08(土) 23:25:17.65 ID:Ntd3gLe70
恵美「で、私が言ってあげたのよ」

恵美「この勇者エミリアは逃げも隠れもしないって」

恵美「あいつってば、ポカーンって間抜け面をして…」

恵美「ふふっ、本当にいい気味だわ」


エメラダ『で、エミリアが勝ったんですか~?』

恵美「ええ、もちろんよ。悪魔程度に負けるもんですか」

エメラダ『でも~、愛妻弁当対決なんかに勝って嬉しいんですか~?』


恵美「な、ななななななななにを言ってるの!?」

エメラダ『だって~、アルシエルと~、魔王への愛妻弁当対決で勝ったって~』

恵美「違うわよ!!!」

続きを読む

タグ:

恵美「真奥がより魔王らしかったら」

2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/23(日) 00:19:50.18 ID:J0ZBHBO70
サタン「所詮勇者などこんな者か・・・」

アルシエル「しかし魔王様、この勇者に三人の悪魔大元帥がやられたのも事実」

サタン「確かにな・・・そうだ勇者エミリア」

エミリア「はぁ・・・はぁ・私はまだ・・・まけ・・てない」ゼーゼー

サタン「そうか、なら今回はお前の勝ちと言うことにしておいてやろう」

エミリア「え!?」

続きを読む

タグ:

真奥「うるせえよ! この乳無しデコ勇者!!」 恵美「!?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/30(木) 19:50:04.67 ID:Jx7dQ17DO
真奥「いつも、いつも勇者だからって魔王に何言っても良いと思うなよ!」

恵美「……今なんて言った?」

真奥「はあ? だから勇者だからって何言っても……」

恵美「その前よ」

真奥「その前って乳無しデコ……ってちょっと待て! 何で聖法気を!? いや、さすがに聖剣は洒落にならないですよ、エミリアさん……って、ぎゃあああああああ!!!!」

続きを読む

タグ:

真奥「あれ、恵美?」 恵美「……ちっ」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/03(月) 20:10:07.09 ID:vTwFUMCJO
ショッピングモールのエレベーター前……

真奥「人の顔見ていきなり舌打ちはねえだろ?」

恵美「仕方ないでしょ? 人どころかケダモノ以下の相手を前にしたんだから」

真奥「相変わらず口の悪い勇者だな……で、乗るのか? 乗らないなら閉めるぞ」

恵美「……乗るわよ」

続きを読む

タグ:

真奥「何、乳首を吸えば魔力が回復するだって!?」 芦屋「はい」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/21(火) 09:19:56.03 ID:k5nO5M4NO
真奥「それは本当か!」

芦屋「はい。図書館で見つけたこの本に書いてありました」

芦屋「これならお金もかかりません!」

真奥「そうと決まれば膳はいそげだ! 芦屋、乳首を出せ!」

芦屋「はい、魔王様!(ハァハァ」 ヌギ

続きを読む

タグ:

真奥「勇者エミリアを無視し続けたらどうなるか」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/19(日) 20:08:53.83 ID:K77BZPeH0
漆原「わかったよ。勇者エミリアを倒す手段が」

芦屋「何だと!憎っくきエミリアを倒す手段だと!?」

真奥「くだらないような気がするが…一応聞いてやるよ」


漆原「遊佐を無視すればいいんだよ」

芦屋「…」

真奥「ハァ?」

続きを読む

タグ:

【リゼロパロSS】悟空「親竜王国ルグニカ?」

1: ◆ksTpGtn1Mo 2016/09/17(土) 05:04:20.91 ID:EOiWrfX/O
リゼロのn億番煎じネタです。原作殆ど読んでません。広い心で見て頂ける方は是非読んで行って下さい。


悟空「……ふぅ~、今日の修行はこの辺にしとくか。」

悟空「ハラも減っちまったし。チチの気を探して……あいつの気はちいせぇから見つけにくいなぁ」

悟空「よし、見つけた」シュン

悟空「……あれ?何処だここ?さっきまで暗かったのに空が明るいぞ」

カドモン「おいそこの兄ちゃん!リンガどうだい!」

悟空「兄ちゃんってオラのことか?リンガってのがなんなのかわかんねぇけどオラ金持ってねぇぞ」

カドモン「んだよ文無しか。ならとっとと失せろ!商売の邪魔だ!」

悟空「そっちから声掛けて来たんじゃねぇか……」

悟空「にしても、ここは何処だ?さっきからチチの気どころかベジータやピッコロみたいなでけぇ気まで感じられねぇぞ」

悟空「……もしかすっとオラ、てんで見当違いのところに瞬間移動しちまったのか?」

トン「おいそこの兄ちゃん、ちょっと面貸しな」

悟空「今度はなんだ?金は持ってねぇぞオラ」

チン「文無しか。そんなら着てるもん全部よこしな!」

悟空「……もしかしてゴートーって奴か?そういや薄暗い道に入っちまってるな」

カン「何余裕ぶってんだてめぇ!状況分かってんのか!」

悟空「……ちょっと痛い目見た方が良いみてぇだなお前達」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1474056260

続きを読む

タグ:


お知らせ
また、サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
カテゴリをあいうえお順にしました、

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
ピックアップカテゴリ
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。