タグ:アルミン

エレン「朝起きたら性別が逆転してた」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/19(日) 22:43:55 ID:zKfBV./M
エレン「みろよこのおっぱい」モミモミ

アルミン「お、大きいね」

アルミン「僕はアレがなくなってただけで男のときと変わんないなぁ」フニフニ

エレン「ていうかアルミン…」

続きを読む

タグ:

エレン「変な機械があるぞ!」

1: レロレルト 2015/05/17(日) 21:20:21 ID:ir4Dsots0
キャラ崩壊にご注意。

エレン「なんか療を出て直ぐに変な機械があったぞ!」

アルミン「変な機械?正確にはどんな機械だった?」

エレン「えーと...長方形で...ガラスが張ってあってその中に缶みたいなのが一杯入ってたな...」

アルミン「うーん...ちょっと見に行ってみようか」

エレン「ああ!」

続きを読む

タグ:

エレン「調査兵団ってどんなだろう?」

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/07/16(木) 23:47:49.25
アルミン「きっとマジメな人が多いんじゃないかな。」

~~~~~

エルヴィン「アルミンくん、ちょっと。」

アルミン「はい。」

エルヴィン「ここ、字が間違ってるから直しといて。」

アルミン「はい、すいませんでした。」

ハンジ「エルヴィン、頼まれていた資料、出来たよ。」

エルヴィン「ありがとう。」

リヴァイ「おいハンジ、私が頼んでおいた案件はどうなった?」

ハンジ「あ、申し訳ない、忘れてたよ。」

リヴァイ「何?仕方ないな。」

~~~~~

アルミン「・・・みたいな。」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1437058059

続きを読む

タグ:

ミカサ「訓練兵になる前に」

2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/11/30(日) 23:40:51.04
ミカサ「あくび」

アルミン「あっごめん。だって眠くてさ」

アルミン「エレン遅いね」

ミカサ「うん。遅い。私も一緒に行くべきだった」

ミカサ「エレンだけで冒険はまだ早かった」

アルミン「隣村に買出しにいっただけだよ」

ミカサ「ひどい目にあっているかも」

アルミン「なんで」

ミカサ「エレンだから」

続きを読む

タグ:

進撃の巨人SS「無題」

3: ヒマ人 2014/01/04(土) 00:21:51 ID:MXiiCi160
僕はミカサやエレンと共に訓練兵団に入団した

恋愛やヒマ潰しなんかの為に入団したんじゃない

僕はあくまで『人類の役に立つ』為に入団したんだ

でも……………………

アルミン「ハァ……ハァ……」

キース「アルレルト!!貴様だけだ!ここまで体力がないのはな!!本当に巨人の餌になりたいのか!!!?」

アルミン「なりたくありません……!」

……………そう
僕には体力がない
兵士にむいていないんだ

ー男部屋ー

エレン「アルミン、大丈夫か?」

アルミン「う、うん……」

エレン「お互い頑張って良い兵士になろうな!!」

ライナー「そうだぞ、アルミン。誰だって最初から出来るヤツなんていない」

コニー「ま、わからない事があったらこの天才に何でも聞いてくれ!」

ジャン「ハッ、お前に聞く程バカなヤツはいねえよ!!」

マルコ「た、たしかに」

ベルトルト「ハハハ…」

それでも、励ましてくれる同期の皆がいるおかげで、僕は続けられる

アルミン「ありがとう、皆」

続きを読む

タグ:

エレン「動いてる」コニー「動いてる」ジャン「動いてる」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/12/09(火) 00:11:17 ID:7k6Zg4EE
エレン「な!本当に動いてるだろ?」

コニー「すっげ!なんだこれ!?よく気付いたなこんなもん」

エレン「まあ、たまたまなんだけどさ」

コニー「たまたまって、ダジャレのつもりかよオイ」ヘラヘラ

エレン「うっさいな、ほっとけよ!それよりこれって他の奴のも同じなのかな?」

コニー「オレも気になるな、頼んで誰かに見せてもらうか?」

エレン「オレもそう思ってコニーに頼んだんだよ、っていうか頼んで見せてくれそうなのってお前ぐらいしかいないだろ」

コニー「ひっでぇこと言うな!・・・おい、あれ」

続きを読む

タグ:

アニ「お眠りピエロの夢」【鬱注意】

1: 眠ってる人 2013/08/28(水) 23:50:21 ID:JZMPX2uw
あれからどれくらい経っただろうか?

 今何時で何日で何月で何年で世界は何周目に入っただろうか

私は今座っているのか?立っているのか?でも地面を感じられないから浮いているのかもしれない

暖かいのか寒いのか

暗いのか明るいのか

分からない

でも3つだけわかることがある

1つは私が巨人だということ

もう1つは私はあの時泣いていたこと

最後は私は今、


夢を見ている

続きを読む

タグ:

アルミン「僕らと神話とホモ」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/07(土) 00:13:18 ID:Id6RDPe6

ミネルヴァの梟は黄昏とともにようやく飛び始める


エレン「なんだ、それ?」

アルミン「うん。昨日、コニーに貰った本に書いてあった文章なんだ」

エレン「コニーがそんな難しそうな本を・・・・?」

アルミン「ハハ・・・・、なんでも、街で知らない人に渡されたんだって。聖書みたいな外観だったから、
     ウォール教の人かと思ったそうなんだけど。それで返そうと顔を上げたら、その人の姿はもうなかったらしい」

エレン「姿がないって、妙な話だな」

アルミン「そうだね。・・・・・・本も古ぼけていたし、コニーも捨てようとしていて、
     そこで僕が声をかけて・・・・借りるっていうか貰うことになったんだけど。

     内容も変わっているんだ。「神話」っていう、このあたりじゃ聞かないお話が載っていてね」

エレン「神話?」

アルミン「ああ。僕らには馴染みのない神様についての古いお話なんだけど、それがいくつか」

続きを読む

タグ:

アルミン「エレンが怖いんだ」

1 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/16(日) 18:09:33 ID:dZjbbi8A
エレン「……」ボー

アルミン「大丈夫?エレン」

エレン「……なぁアルミンお前は俺の事好きか?」

アルミン「えっ?もちろん好きだけど(友情的に)」

エレン「本当か!?」

アルミン「あ、うん」

エレン「よっしゃあ!」スタタタ


アルミン「あっ、待ってよエレン!君は性的な意味で言ってるのかい!?」

アルミン「……いっちゃった」 



続きを読む

タグ:

クリスタ「アルミンにキスマークがついてた」

2: ◆yizSS7JAzc 2013/09/16(月) 23:11:39 ID:JIz7qRpk
クリスタ「この前、対人訓練でアルミンと一緒だった時にね、………見つけちゃったんだ///」

ユミル「あのチビの、鎖骨辺りに、キスマーク?」

クリスタ「うん………///」

ユミル「………ぷっ、ぷははははははっ!ないない!絶対ないって」

クリスタ「ほ、本当だもん!」

続きを読む

タグ:

アルミン「やっと休暇だ」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/22(水) 11:41:07 ID:fdoY.M3Y
アルミン「さて、と……」

モゾモゾ……

アルミン「うん、OKね//」(女装)

続きを読む

タグ:

エレン「俺達の女が」アルミン「こんなに百合なわけがない」

2013/06/24(月) 22:43:07 ID:jigkdl8I

ノーマルと百合 複数カップリング(3つ) 注意


食堂にて

エレン「でさ、今日の対人格闘ではアニに新しい技を教えてもらったんだ」

エレン「自分では結構いけたと思ったんだけどな。全然なってねえって言われちまったよ」

アルミン「はは…まあアニは思ったこともはっきり言うからね。でも、エレンは飲み込みが早いから、今日だけであそこまでできるようになるのは凄いと思うよ」

エレン「見てたのか」

続きを読む

タグ:

????「ナイミン・ナイレルト?」【進撃SS】

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/10/01(火) 22:39:24 ID:Ug4.nq6o
※カオス展開、キャラ崩壊、原作ネタバレ不可避
※ここのエレンは父親によってある程度の医学的知識を身に着けています
※原作との矛盾はここでのオリジナル設定としてください


休日の食堂にて

アルミン「うーん……」

エレン「どうしたんだ?アルミン。うなったりなんかして」

アルミン「いや、ちょっと考え事をね」

エレン「あまり抱え込むんじゃないぞ。お前はいつも一人で悩んでるからな」

アルミン「ありがとう、エレン。じゃあ、聞いてくれる?」

エレン「ああ、いいぞ」

続きを読む

タグ:

エレン「催眠術ってなんだ?」

3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/06(木) 22:52:55 ID:UpOxNHG2
夜男子寮

アルミン「前におじいちゃんの本で読んだんだけど、要は思い通りに人を操れるってことかな」

エレン「すげぇな、そんな事できんのか」

アルミン「うん、でも相手がそうとう素直で純粋じゃなきゃ、なかなか難しいだろうけどね」

エレン「面白そうだから明日やってみようぜ」

ライナー「今の話面白そうだな。俺も参加させてくれ」(クリスタを意のままに//)

ベルトルト「僕も混ぜて欲しいな」(あわよくばクリスタと…//)
ジャン「俺も絶対やるぞ!」(あのミカサを操る…//)

アルミン「明日ちょうど休日だしいいかもね。(嫌な予感が……)じゃあお休み」

エレン「おう、お休み」

続きを読む

タグ:

アルミン「僕がエレンに恋愛相談?」エレン「ああ」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/11(土) 21:05:51 ID:f5DzZP5g
夜:――男子寮――

アルミン「え?」ピトッ

ジャン「え?」ピトッ

コニー「え?」ピトッ

ライナー「え?」ピトッ

ベルトルト「え?」ピトッ

マルコ「え?」ピトッ

エレン「熱はねえよ。っていうか、アルミン以外、俺のおでこに触れてもねえよ」パシッ

続きを読む

タグ:

ライナー 朝起きたら猫になっていた【進撃の巨人SS】

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/24(金) 19:26:10 ID:yCIZ/J1g

ライナー「ナーン ナーン」(なんだこれは…)

アルミン「ニャーン ニャーン」(ライナー… 君もか…)

エレン「ニャーン ニャーン!!」(おい、どうなってんだよこれ!)

続きを読む

タグ:

アルミン「こんなことならマルコと友達になるんじゃなかった」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/20(木) 01:06:09 ID:41VcWx8o

アルミン「ジャン…もう部屋に帰って休もう…」

ジャン「…あぁ…」

アルミン「…」

ジャン「…なぁ、アルミン」

アルミン「…何?」

ジャン「オレ達も、誰にも知られずに死ぬのかもな…」

アルミン「…」

ジャン「…悪い、変なこと言った」

アルミン「…ううん」

ジャン「行こうぜ」

アルミン「うん」

続きを読む

タグ:

アルミン「女性恐怖症エレン」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/10(月) 21:20:47 ID:dJPa13ro
コニー「おい、あの芋女まだ走らされてるぞ」

エレン「ん?…ああそうだな。五時間くらい経ってるな」
(入隊式の最中に芋食ってドヤ顔とか女は何考えてるかわからん)



マルコ「そういえば君の出身とか訊かれなかったけどどこに住んでたんだい?」


エレン「アルミンと同じでシガンシナ区、そこから開拓地に…」


コニー「シガンシナってことはよ!見たのか?超大型巨人」


エレン「ああ…」

続きを読む

タグ:

アルミン「嘘発見器?」

1: 名無しに代わり進撃の巨人ちゃんねるがお送りします 2013/12/22(日) 09:08:15 ID:FYOOfyEA0
キース「そうだ。この装置がちゃんと作動するかどうか、技巧部の方で確認したいそうだ」

キース「壊れている可能性もあるが、訓練兵達に協力して貰いたい」

キース「なお、協力してくれる訓練兵には、後で蒸した芋を贈呈する」

キース「参加してくれる訓練兵を集めてくれ」

アルミン「分かりました」

続きを読む

タグ:

アルミン「その厄、もらってあげようか?」

1: ◆Ey/GY3HtXQ 2013/10/19(土) 17:02:54 ID:IWyDQLRw
―立体機動訓練―

エレン「よし!これで10体目!」ザシュ!

ミカサ「(ああ…今日もエレンは輝いている…)」ズバッ!

ジャン「クソ!立体機動はオレの方が上手いはずなのに…」

ライナー「撃破数で点数が決まる訓練だからな。移動が速くても標的を先に見つけられなかったら意味無いぞ」

ジャン「それにしたっておかしいだろ!あの死に急ぎ野郎もう二桁だぞ!?なんでいつもいつもあいつの行く先には誂えたかのように模型があるんだよ!ズルしてんじゃないのか?!」イライラ

ベルトルト「ははは…エレンがそんな卑怯なことするとは思えないけど…」

ライナー「まあ、運が良いやつなんだろ。そういう奴はいる。神様にでも気に入られてるんじゃないか?」

続きを読む

タグ:


お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
スマホの人気ランキングのレイアウトを修正しました

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク