タグ:アニ

エレン「朝起きたら性別が逆転してた」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/19(日) 22:43:55 ID:zKfBV./M
エレン「みろよこのおっぱい」モミモミ

アルミン「お、大きいね」

アルミン「僕はアレがなくなってただけで男のときと変わんないなぁ」フニフニ

エレン「ていうかアルミン…」

続きを読む

タグ:

アニ「夕日からの時間」

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/08/14(金) 13:36:41.01
進撃のSSです。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1439527000

続きを読む

タグ:

アニ「エレンに懐かれた…」

4 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/08(木) 22:52:23 ID:O7uxXLRs
アニ(お父さん、私訓練兵になったよ。でも退屈なんだ…友達いないから…)

アニ(ライナーは友達作っていいって言ってた。でもベルトルトに反対された…クソノッポが!)

アニ(でも、ベルトルトは正しいと思うよ。私は友達を殺すなんてこと出来ないから…それもベルトルトには見抜かれてたんだろうね)

続きを読む

タグ:

エレン「告白しようと思う。」

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/08/19(水) 09:43:32.45
ミカサ「今・・・何と・・・?」

エレン「だからさ、告白しようと思うんだ。二度も言わせんな。でさ・・・。」

ミカサ(ああ、ついに、エレンが私に告白・・・。)

ミカサ(わかっていた、わかっていたけど、改めて言われるとなると、ああ・・・。)

ミカサ(宣言してから告白するなんて・・・、なんだか可愛い・・・。)

ミカサ(大丈夫、私はエレンを受け入れる。そもそも私はエレンのもの!)

エレン「・・・なんだけど・・・、おいミカサ、聞いてるか?」

ミカサ「はっ、ごめんなさい、何だっけ?」

エレン「だからさ、どう告白していいかがわからないんだ。」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1439945012

続きを読む

タグ:

エレン「巨人のいない世界」

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/06/08(土) 06:24:33.15
こんな未来じゃない事を祈って

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1370640273

続きを読む

タグ:

アニ「壁に穴のある街で」

2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/06/30(月) 23:15:44.66
アニ「お父さんへ。この壁の中の世界は無事終焉に向かっています」

アニ「ですからもういいですか?」

アニ「これ以上の意味が私にはわかりません」

とこんな風な手紙を私は書き、捨てる

だって届ける方法がどうやってもわからないし

わからなくなった

この世界は誰かが望んだように人類は負けそうだった

どのくらいなんだろう?

負けたかどうかは知らないし、分からない

私は一人で暮らしていた

誰とも会わない。会いたくない

滅んでしまった?かまわない。変わらないから

それは昔だって今だったそうだ

いやになる

いやになった

だから離れた

続きを読む

タグ:

進撃の巨人SS「無題」

3: ヒマ人 2014/01/04(土) 00:21:51 ID:MXiiCi160
僕はミカサやエレンと共に訓練兵団に入団した

恋愛やヒマ潰しなんかの為に入団したんじゃない

僕はあくまで『人類の役に立つ』為に入団したんだ

でも……………………

アルミン「ハァ……ハァ……」

キース「アルレルト!!貴様だけだ!ここまで体力がないのはな!!本当に巨人の餌になりたいのか!!!?」

アルミン「なりたくありません……!」

……………そう
僕には体力がない
兵士にむいていないんだ

ー男部屋ー

エレン「アルミン、大丈夫か?」

アルミン「う、うん……」

エレン「お互い頑張って良い兵士になろうな!!」

ライナー「そうだぞ、アルミン。誰だって最初から出来るヤツなんていない」

コニー「ま、わからない事があったらこの天才に何でも聞いてくれ!」

ジャン「ハッ、お前に聞く程バカなヤツはいねえよ!!」

マルコ「た、たしかに」

ベルトルト「ハハハ…」

それでも、励ましてくれる同期の皆がいるおかげで、僕は続けられる

アルミン「ありがとう、皆」

続きを読む

タグ:

アニ「…見た?」

1: 名無し訓練兵 2014/08/27(水) 12:46:11 ID:JqZhDcjk0
※キャラ崩壊



とある人気のない場所。

アニ「はぁー…」

猫「ニャーン」

アニ「はぁーん…」

猫「ニャーン」

続きを読む

タグ:

アニ「お眠りピエロの夢」【鬱注意】

1: 眠ってる人 2013/08/28(水) 23:50:21 ID:JZMPX2uw
あれからどれくらい経っただろうか?

 今何時で何日で何月で何年で世界は何周目に入っただろうか

私は今座っているのか?立っているのか?でも地面を感じられないから浮いているのかもしれない

暖かいのか寒いのか

暗いのか明るいのか

分からない

でも3つだけわかることがある

1つは私が巨人だということ

もう1つは私はあの時泣いていたこと

最後は私は今、


夢を見ている

続きを読む

タグ:

クリスタ「アルミンにキスマークがついてた」

2: ◆yizSS7JAzc 2013/09/16(月) 23:11:39 ID:JIz7qRpk
クリスタ「この前、対人訓練でアルミンと一緒だった時にね、………見つけちゃったんだ///」

ユミル「あのチビの、鎖骨辺りに、キスマーク?」

クリスタ「うん………///」

ユミル「………ぷっ、ぷははははははっ!ないない!絶対ないって」

クリスタ「ほ、本当だもん!」

続きを読む

タグ:

アニ「ベルトルト、犬になって」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/11/15(土) 18:24:49 ID:kZZ9Wzqw
チュンチュンチュン……

ゴシゴシ サッサッ

アニ父「ふんふーん……ん?」ゴシゴシ 

アニ父(なにか落ちている。ああ、アニの絵本か……)ピラ

『お姫様は王子様のキスで目覚めました。めでたしめでたし』

アニ父(アニはこの絵本が好きだよなあ)

アニ父(……いつか王子様が来てくれるのを楽しみにしていたりするんだろうか。ま、まさかな……)

アニ(7)「……じゃあお父さん、行ってきまーす!」

アニ父「! おお、いってらっしゃい。晩御飯作って待ってるから、早く帰ってくるんだぞ」スタスタ チュ

アニ「はーい」チュ

タタタタ……

アニ父「ははは、あんまり急いで転ぶなよー……って、アニはもう大きいから転んだりしないか……」

アニ父(家族の証のこのキスも、もう何回できるんだろうなあ……)

・・

続きを読む

タグ:

アニ「巨人仲間」

1: 進撃の名無し 2014/02/23(日) 18:39:29 ID:XpulXmY.0
ユミルとアニがメインのSSです。

続きを読む

タグ:

エレン「催眠術ってなんだ?」

3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/06(木) 22:52:55 ID:UpOxNHG2
夜男子寮

アルミン「前におじいちゃんの本で読んだんだけど、要は思い通りに人を操れるってことかな」

エレン「すげぇな、そんな事できんのか」

アルミン「うん、でも相手がそうとう素直で純粋じゃなきゃ、なかなか難しいだろうけどね」

エレン「面白そうだから明日やってみようぜ」

ライナー「今の話面白そうだな。俺も参加させてくれ」(クリスタを意のままに//)

ベルトルト「僕も混ぜて欲しいな」(あわよくばクリスタと…//)
ジャン「俺も絶対やるぞ!」(あのミカサを操る…//)

アルミン「明日ちょうど休日だしいいかもね。(嫌な予感が……)じゃあお休み」

エレン「おう、お休み」

続きを読む

タグ:

エレン「そしてアニとミカサはのた打ち回り悪魔は爆笑する」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/12(水) 14:36:33 ID:LPQNYAH6
エレン「なあ、ちょっと相談があるんだが」


アルミン「……うん、ちょっと待ってね。なんか入れてたほうが、胃の負担が軽くなりそうだから

     食べきっちゃうね」

エレン「胃の負担?まあいいや。アルミンはゆっくり食べててくれ。いつも何かしら大変そうだしな」

アルミン「主にエレンとミカサのフォローでね。まったく……そろそろ僕の何かがハジケちゃうよ?」

エレン「お、おう……なんかすまん?じゃなくて今日はミカサに」

続きを読む

タグ:

エレン「無実なのにみんなに信じてもらえない」

1: 名無しに代わり進撃の巨人ちゃんねるがお送りします 2013/08/25(日) 16:56:06 ID:CqfyiwtQ0

一応エレアニとエレユミが中心ですが、ミカサやサシャ、クリスタも入ります

軽い謎解きとエレンいじめあり

まあのんびり見てください

あと言い忘れましたが、かなり長いです

続きを読む

タグ:

エレン「進撃のお漏らし」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/10(土) 11:42:11 ID:fNc8MJPQ
※ネタバレ注意


-巨大樹の森-

ゴオオオォォォ…

パシュン

ペトラ「あの時、私達を選んだから今の結果がある」

ペトラ「正しい選択をすることって…結構難しいことなんだよ」

オルオ「フン…家に帰るまでが壁外調査だかんな…」

エレン「はい!!」

エルド「お前ら…」

続きを読む

タグ:

マルコ「おい…何をするんだ…」ライベルアニ「…」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/21(土) 09:51:46 ID:7i5UkNns

アニ「・・・エレンが巨人だった」

ライナー「あぁ・・・」

ベルトルト「これは作戦どころじゃなくなってきたね」

ライナー「取りあえず計画は一旦中止だ」

ベルトルト「そうだね。エレンが座標だとしたら・・・」

アニ「なんとか連れていければ故郷に帰れる」

ライナー「あぁ・・・壁を壊して人類を皆殺しにしなくてもいいんだ」

カタン

ベルトルト「っ!」

マルコ「・・・なぁ・・・一体なんの話をしてるんだ・・・?」

続きを読む

タグ:

キース「違うぞ!貴様は豚小屋出身、家畜以下だ!」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/25(火) 08:16:32 ID:OAN00TAo
アニ「ハッ……」

アニ「わ、私は……ぶ、豚小屋……」

キース「声が小さい!!」

アニ「……わた……私は……」プルプル

続きを読む

タグ:

アニ「メイク道具?」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/01(土) 22:39:12 ID:yMPoIGA2
ユミル「クリスタの私物を整理してたら色々出てきたんだ」

クリスタ「訓練兵団入りが決まった時、慌ただしかったから、手近にあったものを詰めて持ってきちゃったんだけど…」

アニ「…ここにいる限り、使う機会は無いと思うけどね」

クリスタ「そうだよね。持ってても仕方ないし、思い切って全部処分…」

ユミル「いやいや、捨てんのは勿体無いだろ。物資不足のご時世だし、こーいうのだって結構値がはるんだぜ」

続きを読む

タグ:

ミカサ「ツンデレ?」

2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/14(土) 20:52:52 ID:MrNfRHUg
古本屋

ミカサ(偶には一人で街を散策するのもいいものだ…)ペラ

ミカサ(まさか訓練所の近くにこんな古本屋があるとは…)ペラ

ミカサ(人が少ない割に、本の種類が豊富…)

ミカサ(それに図書室でもみないような珍しい本がたくさんある…)ペラ

ミカサ(まさしく穴場…)ペラ

ミカサ(今度エレンとアルミンにも教えてあげよう…)ペラ

ミカサ(それにしてもこの本はためになる…)ペラ

ミカサ(これに書かれているツンデレという技…)ペラ

ミカサ(これを実践すればエレンを振り向かせることもできるかもしれない…)ペラ

ミカサ(そうすれば………えへへ……///)

ミカサ(よし、買おう。寮に帰って今日は徹夜でこれを読み込もう)

ミカサ(そして明日から実戦に投入する…!)

ミカサ「これください」

店主「毎度ありー」

※キャラ崩壊注意

続きを読む

タグ:


お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク