タグ:アイドルマスター

モバP「事務所に圧力が?」

1: ◆LyCcjQm78o 2016/02/07(日) 23:07:37.92 ID:fjDovXyJ0
ちひろ「これ、見てみてください」

P「ここ二ヶ月間のスケジュール、ですね」

ちひろ「最終回が異常におおいんです」

P「そう、ですか?前にもこんなもんになりましたよね?ほら、二年くらい前」

ちひろ「その頃はアイドルの子たちも実力人気不足で数字が取れてませんでしたから」

P「確かに言われてみると、終わるのが不思議な番組ばかりですね」

ちひろ「それと、降板が増えてゲスト出演が減ってます」

P「そこらへんは自分の力不足も関係してると思いますけどね」

SSWiki :http://ss.vip2ch.com/jmp/1454854057

続きを読む

タグ:

渋谷凛「今はまだ子供だけど」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/20(月) 19:59:28.40 ID:MgFaGPwuO
「ん……ぅ、ん……」

 吐息を漏らしながらぎゅうっと。顔を、柔らかくて温かい目の前の壁へと押し付ける。

 ぐりぐり、あまり大きくなりすぎないよう控えめに鼻を。すりすり、目立つような動きにならないよう気を付けながら頬を。ぎゅっと、ぎゅうっと、顔を押し付けて密着する。

 すると、声。

 そこと私の顔との間で行き場を無くして閉じ込められた生暖かい空気。それに口許をじんわり濡らされつつ、普段なら不快でしかないはずのその感覚をむしろ喜びながら私が恍惚としていると、周りからいくつかの声。

 驚いたような、微笑ましいような、羨むような、いくつかのいろいろな声。

 それが響いた。

 この部屋の中。事務所の大人組にとってはすっかり行き付けらしい居酒屋の、十人くらいまでならゆったり寛げそうな個室の中。

 私と、プロデューサーと。それから何人かの大人組と。事務所の人間だけの個室の中へ、ざわめくみたいにいくつかの声が上がって響き渡る。

 視界は真っ暗。顔は強く押し付けているし、そもそも目だって閉じている。

 でも、それでも分かる。

 そんな状態の今でもはっきり分かる。その声は……その視線も、何もかも全部が、きっと私へ向けられているんだろうなってこと。

 私へ――プロデューサーのあぐらの上に頭を乗せて、そのままお腹の辺りへ深く深く顔を埋める私へ、向けられているんだろうなって。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1490007568

続きを読む

タグ:

アイドルマスター 書き手 ◆i/Ay6sgovU 

ギャグとメインに書かてている方です

フレデリカシリーズ:

橘ありす「タクシーフレデリカ?」


橘ありす「家電アイドルフレデリカ?」


橘ありす「名探偵フレデリカ?」


橘ありす「勇者フレデリカ?」


橘ありす「宮本ノノデリカ?」


緒方智絵里「お茶会」渋谷凛「オブ」宮本フレデリカ「フリーダム☆」


橘ありす「ツッコミアイドルフレデリカ?」


橘ありす「帰ってきたタクシーフレデリカ?」





渋谷凛シリーズ:

渋谷凛「常務をぎゃふんと」本田未央「言わせたい?」


渋谷凛「何か新しいことが」本田未央「したい?」


渋谷凛「後輩と」本田未央「仲良くしたい?」


渋谷凛「花屋をもっと」本田未央「繁盛させたい?」


緒方智絵里「お茶会」渋谷凛「オブ」宮本フレデリカ「フリーダム☆」





緒方智絵里シリーズ:

智絵里「HAPPY」ほたる「HAPPY」朋「DAYS?」


智絵里「LET’S」ほたる「GO」朋「HAPPY?」


智絵里「HAPPY」ほたる「NEW」朋「YEAR?」


智絵里「ほたるちゃんの」朋「1日?」


ほたる「祝!朋さん」智絵里「ご出演決定!」


白菊ほたる「今日のゲストは藤居朋さんと緒方智絵里さんです!」


朋「DJ智絵里の」ほたる「お悩み相談ラジオ?」


智絵里「朋さんと」ほたる「少しのお出かけ」


緒方智絵里「お茶会」渋谷凛「オブ」宮本フレデリカ「フリーダム☆」





外伝的

藤居朋・橘ありす・本田未央の苦労人同盟





大人シリーズ:

橘ありす「柊さんは大人・・・・・・?」


橘ありす「兵藤さんも大人・・・・・・?」


高垣楓「勘違いっをっ♪しただっ♪けなのっ♪お・さ・け♪」橘ありす「は?」





単発:

池袋晶葉「世のため人のため雪美のため」


二宮飛鳥「十刃〈エスパーダ〉」一ノ瀬志希「集合!!!」


拓海「命乞いの練習?」


向井拓海「隣人がうるさい?」


本田未央「万引きを目撃した?」


前川みく「街頭アンケート?」


ちひろ「モバマスドラフト会議!」


杏「はやとちりーず」


杏「分解病」


若林智香「野球好きと熱血乙女と」


安部菜々「壁にミミミン!」メアリー・コクラン「障子にメアリー!」


神谷奈緒「美城常務は憎めない」


島村卯月「水曜日の346プロ!」




シリアス系

大石泉「絶えて桜のなかりせば」


小日向美穂「好きを想う」 (シリアス系)


タグ:

渋谷凛「プロデューサーって殺せるのかな」

2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/20(日) 01:12:02.06 ID:jOwIi/jE0
凛「ねぇ、プロデューサーって殺せるのかな?」

未央「は?」

卯月「え?」

未央「えっ……? まって。まってしぶりん。え? 殺したいの?」

卯月「ダメですよ! 人殺しなんて……!」

凛「ああ、ごめん。そうじゃなくて」

凛「ほら、プロデューサーってしょっちゅう晶葉や志希の実験体になったり、ヤンデレ四天王に刺されたり、車に轢かれたり、家が燃えたりしてるけど、ピンピンしてるよね」

卯月「確かに……プロデューサーさんが大怪我したとか聞いた事ないかもしれません……」

未央「言われてみれば普通の人なら死んでもおかしくないような事態に巻き込まれても次の日には普通に仕事してるよね」

続きを読む

タグ:

島村卯月の性教育【※武内Pもの】

1: ◆SbXzuGhlwpak 2016/08/14(日) 20:21:00.85 ID:ajBQNsRi0
注意事項

・アニメ基準

・武内Pもの





カタ、カタカタカタ


武内P「……」


ペラペラ、カタカタカタ


武内P「…………………ハァ」

卯月「どうしたんですかプロデューサーさん?」

武内P「……ッ!? し、島村さん」ビクッ

卯月「私が部屋に入っても気づかないままで……それに今のため息」

武内P「その……すこし仕事が行き詰っていまして」

卯月「その割にキーボードを軽快に叩いていたように見えたんですけど」

武内P「そ、それは……」

卯月「何か悩み事があるんじゃないですか? 私でよければ聞かせてください」

武内P「気持ちはたいへんありがたいのですが……人には話しづらいことでして」

卯月「話しづらい? あ、ひょっとして――」

武内P「……ッ」

卯月「この前みりあちゃんがお休みしたことと関係ありますか?」

武内P「…………そ、そのようなことは」

卯月「もう、バレバレですよプロデューサーさん。フフ」

武内P「申し訳ありません……」

卯月「謝ることなんかじゃありませんよ。私たちみ~んなプロデューサーさんのそういうところ好きですから!」ググッ

武内P「し、島村さん。落ち着いてください」

卯月「はい、落ち着きますね。で、みりあちゃんに何があったのかは私は知ってますから、プロデューサーさんとみりあちゃんとの間に何があったか話しやすいですよね?」

武内P「それでも、男として話しづらいことに変わりないのですが……」

卯月「でもここで私に話して気を楽にした方がいいと思いますよ? 最悪の場合、プロデューサーさんの様子がおかしいことに気づいた凛ちゃんと楓さんに挟み撃ちで問い詰められますから」

武内P「そ、そのような事態が……!?」

卯月「あ、でも最悪なら蘭子ちゃんやアーニャちゃんも加わっての四面楚歌ですね」

武内P「」



※四面楚歌とは

とあるプロデューサーがアイドルに囲まれ、逃げ場がない状態でトリセツ(1曲数時間)を聞かされた事件が由来。
意味は使われる状況によって変わるが、おおむね逃げ場無し、流血不可避、結婚不可避、どうあがいても絶望、強制ハーレムENDなどの意味で使われる。
同義語に前門の四天王、後門の三重士がある。

(島村書房刊『アイドル正妻戦争物語』より)





SSWiki :http://ss.vip2ch.com/jmp/1471173660

続きを読む

タグ:

モバP「かんきつ系なお隣さん」

1: ◆C2VTzcV58A 2016/03/08(火) 20:17:28.22 ID:fBHsEgjeO
ちゅんちゅん――


P「zzz」



??「おっはよー……あれ、まだ寝てる?」

??「つんつん。朝ですよー……」

P「………」

??「反応なし。熟睡中かぁ」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1457435848

続きを読む

タグ:

十時愛梨「甘えて、甘えられて」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/18(土) 22:15:56.55 ID:6kFopQTWO
「……プロデューサーさん」

「ん……?」

「その……しても、いいですか?」

「いいよ。跡だけ付かないようにね」

「……付けちゃ駄目ですか?」

「駄目。見られたら困るでしょ?」

「……ちゃんと見えないところにしますから」

「やー……見えないところ、でもさ」

「……駄目ですか?」

「ごめん」

「うー……でも、付けたい、です……」

「そう言われても……」

「プロデューサーさぁん……」

「そんな見つめられても」

「むぅー……わたしのあとぉー……」

「……」

「……うぅ」

「……もう、分かったよ。……ちゃんと、見えないところにね」

「っ、はいっ!」

「ん、っと……もう愛梨、そんなに強くされたら苦しいよ」

「あ、ごめんなさい……。嬉しくて、つい。……ん、このくらいで、いいですか?」

「大丈夫、ありがとう」

「えへへ。……と、えっと、それじゃあプロデューサーさん。その、しますから……少し、開けちゃいますね?」

「うん」

「……」

「……」

「…………」

「…………」

「…………プロデューサーさん」

SSWiki :http://ss.vip2ch.com/jmp/1489842956

続きを読む

タグ:

武内P「これは……私の抱き枕?」

1: ◆SbXzuGhlwpak 2016/09/24(土) 19:59:22.11 ID:Pq23FA/x0
・アニメ基準

・武内Pもの

・BAD END





武内P「これは……」

武内P(CPルームに入るとソファに抱き枕が置いてありました)

武内P(いったい誰の物だろうかと近づいてみると、カバーには私の姿が……)

武内P(羞恥に染まる顔を横に向け、ネクタイがほどけかかっている状態です)

武内P(驚きは――ありません。あまりの現実離れした光景に、まるで夢でも見ているかのような感覚です)


ポフッ


武内P(……この柔らかな感触。まごうことなき枕です)

武内P(こんな異常なモノは枕などという日常の物ではなく、理解の及ばない未知の物質であった方が受け入れやすかったかもしれませんが……)

武内P(ん……? 枕から甘い匂い……これは、女性用のシャンプー?)

武内P(持ち上げてみてわかりました。これには……裏がある)

武内P(心拍数が上がったことが、胸に手をあてたわけでもないのにわかります。私以外誰もいない部屋で、時計の針と心臓の音だけが鳴り響いていく)

武内P(決意したわけではなく、わなわなとふるえる手が勝手に少しずつ枕の裏をのぞかせる。この場の異様な空気がそうさせたのか、はたまた緊張に耐えかねた心臓が命じたのか)


クルッ


武内P(そこにはシャツのボタンを全てはずし、こちらに向けて両手を伸ばす私の姿が――――)

武内P「~~~~~ッ!!?」

武内P(……気がつけば枕をソファに投げ捨て、全身から汗を噴き出しながら片膝を着いていました)

武内P(枕の裏にあるものがおぞましいものであることは覚悟していました。しかしそこにあったものは私の想像の範疇を超えて余りあるもので――――)

武内P(呼吸が何とか落ち着きハンカチで首をぬぐっていると、ある疑問が今頃になってわいてきました)

武内P「いったい誰の物……それにこの商品レベルのつくり……誰が何の目的で……私への嫌がらせぐらいにしか意味はないでしょうに」


タッタッタッタッタッ


武内P「!?」

武内P(誰かが走ってくる!? もしかすると持ち主の方でしょうか。ここは隠れて様子を――)スゥ

SSWiki :http://ss.vip2ch.com/jmp/1474714761
<

続きを読む

タグ:

【SS】ありすラジオ

1: ◆E055cIpaPs 2015/07/29(水) 23:39:06.44 ID:zsErx0Tf0
アイドルマスターシンデレラガールズの人気キャラクター、橘ありすちゃんのラジオSS
だいたい30回ぐらい続いている番組のゲスト回のイメージで

SSWiki :http://ss.vip2ch.com/jmp/1438180746

続きを読む

タグ:

智絵里P「ちょっと恋愛相談に乗ってもらいたいんだけど」緒方智絵里「!?」

1: ◆E055cIpaPs 2017/07/05(水) 21:09:42.09 ID:oFThaKWS0
「ご、ごめんなさい、プロデューサーさん。遅くなってしまって」

「本当はちひろさんみたいな服を着てくるつもりだったんですけど、杏ちゃんときらりちゃんが服を用意してくれて、断れなくて」

「えへへ、二人が用意してくださった服……とっても可愛くて。どうしても着てみたくなってしまって」

「あ、あんまり胸は見ないでください。チョ、チョップです……」

「はい。今日は頑張ってプロデューサーさんのデートの練習にお付き合いします。きっと、お役にたってみせますからっ!」

「ふぁ、ふぁいとっ、です。今日は私のことはちひろさん……じゃなくて、ち、ちひろって呼んでください!」


SSWiki :http://ss.vip2ch.com/jmp/1499256581

続きを読む

タグ:

橘ありす「炎上しました、、、」

1: ◆E055cIpaPs 2016/05/21(土) 00:15:34.65 ID:DyiymhDd0
「炎上」という言葉があります。

国語辞典を引いていただければ分かりますとおり、本来は文字どおり何かが燃え上がる事を意味している言葉で、火事などで建物に火が付き炎に包まれている様子を表す時などに使われるものだったのです。

しかし、インターネットの世界やその影響を色濃く受けている芸能界などエンタメの業界では少し違った使われ方をします。

表現が難しいのですが、「騒動になること」といえば良いでしょうか?

少し前に、数万というファンを持つツイッターのユーザーが、「パクツイ」と言われる他人の発言をあたかも自身で考えたかのように呟き続けていたということで沢山の人の注目を浴びました。

沢山ネットユーザーが彼のことを話題に取り上げ、大喜利をしたりですとか、ニュースサイトに正論を添えたりですとかをして、盛り上がっていました。

私もまとめサイト読んだ話を正義感に駆られて何度か話題に出してしまったことがあります。

間違ったことをした人をちゃんと罰して社会を正しい方向へ導いていくことが私達人間一人一人の役割だと私は思うのですが、どうやらプロデューサーの考えは違っているみたいで、にやにやと笑いながら私の頭をワシワシと撫でてきました。

プロデューサーさんがこうするときは、私を子供扱いするときです。

プロデューサーさんが言う、「昔の自分を見ているようで懐かしい」とのことには少し感じ入るところが無いことも無いのですが、アイドルになって時間が経って、色んな経験を通してちゃんと大人になっている私をずっと同ように子供扱いしている事には流石に思うところがあります。

ちゃんと、成長している私のことを見て欲しい。

そんなことで私の頭がいっぱいになっていることを知ったら、貴方はまたいつもの顔で私の髪を掻き乱すのでしょうか。





SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1463757334

続きを読む

タグ:

池袋晶葉「世のため人のため雪美のため」

1: ◆i/Ay6sgovU 2016/03/26(土) 21:40:55.57 ID:jJMu6ai40

―――――プロダクション内・晶葉ラボ―――――


池袋晶葉「もしもし、ああ、私だ。完成したぞ」

晶葉「ああ……、確かに。だが、もう一度確認するが……」

晶葉「“アロマディフューザー”を“20個”でいいんだな?ホントに?聞き間違いではなく?」

晶葉「まあ、それでいいならいいんだが……。いったいどういう意味が……?」

晶葉「ああ、ちひろに……。プレゼント……ということか?……なるほど、蒸すのか」

晶葉「……」

晶葉「蒸す!?」

晶葉「い、いや、まあいいさ、時間を見つけて取りに来てくれ」

晶葉「では切るぞ……ああ、気にするな……お疲れ様」
ガチャ

晶葉「???」




SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1458996055

続きを読む

タグ:

モバP「パッションなお姉…幼…妹…あれ?」

2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/16(土) 20:44:28.60 ID:TLyMt86k0
依田芳乃「レッスン終わったのでしてー」

モバP「おー、おつかれさん」

芳乃「そなたー。膝に乗せて欲しいのでしてー」

モバP「よーしいいぞー。ほれー」グリグリ

芳乃「頭をこねくりまわすのはーやめて欲しいのでしてー」

モバP「そうかー、じゃあ高い高ーい」

芳乃「むー、わたくしは子供ではないのでしてー」

モバP「はっはっはー」

千川ちひろ「プロデューサーさん、お仕事は終わってるんですか?」

モバP「当然です。芳乃と遊ぶために午前中に終わらせました」ナデナデ

芳乃「むふー」ドヤァ

続きを読む

タグ:

小日向美穂「好きを想う」

1: ◆i/Ay6sgovU 2016/03/21(月) 19:23:39.50 ID:YEu02TvIO


「ふう……。今日もレッスン、疲れたな……」

ベッドの上で横になりながら、黒髪の少女は呟く。

「アイドル……かぁ……」

 まるで他人事のような言い方は、当然、自分の状況に向けられたものだ。
そしてその口調からは、自分の飛び込んだ環境への戸惑いが滲み浮かんでいる。

「明日も頑張ろう……」

 小さな声を残して眠りについたこの少女――小日向美穂――は、つい数日前まではただの、養成所に通う、アイドルを夢見る1人に過ぎなかった。



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1458555819

続きを読む

タグ:

モバP「食事会だとさ橘さん」ありす「ありすです」

1: ◆E81DmRur6Q 2016/07/11(月) 01:20:26.26 ID:rlAJhTBj0
モバP(以降P表記にゃ)「まあまあ、それはさておき」

ありす「さておかないで欲しいですが、食事会ですか?どこかのデイレクターさんと?」

P「いやいや仕事抜きで。ほら最近蒸し暑くなっただろ?それでアイドル達があんまり食事を取らなくなってるんだとさ」

ありす「…そう言えば、私も最近食欲が出ないのでついイチゴで済ませてしまってます」

P「若いうちからそんな食生活でどうすんの」

P「ってな訳でスケジュールの都合の良い娘を集めて食事会させようって事になってな。橘さん今日はもう上がりだろ?」

ありす「ありすです。確かにこの後は何も予定はありませんが」

P「なら、良かったら参加しないか?強制はしないけど」

ありす「そうですね…折角ですし参加してみます。自分でも最近ちゃんと食べていないな、とは思っていましたので」

P「沢山食べないと育たないもんなぁ。目指せ雫ボディ」

ありす「くっ…!ハードルが高すぎて潜ったほうが早い!」

P「要するに事務所の仲間達と集まってワイワイ楽しく飯食えば箸も進むだろうって魂胆だ」

P「あ、これプリント。場所や時間はこれ見てな」

ありす「各自一品…ですか?」

P「まあ、それも強制じゃないから別に手ぶらでも構わんよ」

P「単に第1回の時「何が一番ご飯が進むオカズか」ってことで大論争になってな。それから自慢の一品を各自持ち込むようになったんよ」

ありす「なるほど…」

P「アレは白熱したなぁ…こずえの推すなめ茸と礼子さんの推すミートボールの好カード」

ありす「色々な意味でその光景が想像出来ません」

SSWiki :http://ss.vip2ch.com/jmp/1468167625

続きを読む

タグ:

早苗「事務所に戻ってきたP君が酔ってる」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/11(土) 21:27:26.64 ID:pGWiLmdco

早苗「お疲れ様でーす……」ガチャ

ちひろ「早苗さん、お疲れ様です」

早苗「あ゛ぁーちひろちゃあーん、今日の担当マストレさんだなんて聞いてなかったわよー?」

ちひろ「マストレさんは代打だったんですよ。トレさんが熱出しちゃったって」

早苗「そういうこと……。んあぁー疲れたぁー!」ボスン

ちひろ「早苗さん、パンツ見えてます」

早苗「いいわよ別にちひろちゃんに見られたところで……う゛あ゛ぁー」グデーン

ちひろ「……あっプロデューサーさんおかえりなさーい」

早苗「」ドンガラガッシャン

ちひろ「ウソです」

早苗「もうっ! ……もうっ!!」

SSWiki :http://ss.vip2ch.com/jmp/1489235246

続きを読む

タグ:


お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
スマホの人気ランキングのレイアウトを修正しました

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク