タグ:やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。

八幡「学内裁判?」

2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/26(月) 01:38:01.92 ID:qg1f4WP20
12月上旬 奉仕部部室

修学旅行のあの出来事以来奉仕部はギクシャクしてしまっていた。あのときの俺はあの手段での解決が誰も傷つかないと信じていた。だが由比ヶ浜の気遣う視線や雪ノ下のあのセリフがずっと心に残っている。
うまく言葉に出来ないがモヤモヤしたものが渦巻いている、それはあいつらも一緒のようでその空気が今の部室の息苦しさを作っていた。
今日は誰も一度も挨拶以外で口を開いていなかった。

陽乃「やっはろー」

雪乃「ね、姉さん……何のようかしら…」

突然の訪問者が雪ノ下に挨拶以外で口を開かせた。てかこの人いつも厄介事しか運んでこないんだよなぁ

陽乃「なぁにぃ~比企谷君?お姉さんが来たからって嬉しそうな顔しちゃって」

八幡「ども(してねーよ)」

陽乃「んもぅ、そっけないんだから~ヶ浜ちゃんもやっはろー」

由比ヶ浜「こ、こんにちは…」

雪乃「姉さん、何の用なの?」

陽乃「雪乃ちゃん的には何となく遊びに来ちゃダメなのかな~?」

雪乃「姉さんは部外者なのだから当然でしょう」

陽乃「部外者なんてひどーい、でも今回はそうも言ってられないよ?そろそろ…」

続きを読む

タグ:

いろは「せんぱ~い!遅いです~!」【俺ガイル】

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/11(水) 00:41:39.97 ID:ewNvHFOA0
いろは「私待ちくたびれましたよ」

八幡「あの…何で居るの?」

いろは「先輩の部屋って何か面白みないですよねぇ」

八幡「」(どうして人の話聞かないのこの子)

八幡「それで…何でお前が俺の部屋に居るんだ?」

いろは「…言わなきゃダメですか?」

八幡「流石に言わなきゃダメだろ」

いろは「わたし親とケンカしたんですけど」

いろは「結構派手に怒鳴りあったりしちゃったんで家に居るの気まずいじゃないですかぁ」

八幡「それで家出したのか?」

いろは「家出って言うほど大したことじゃないんですけどね」

八幡「じゃあそこの旅行鞄は何なの…修学旅行?」

SSWiki :http://ss.vip2ch.com/jmp/1484062899

続きを読む

タグ:

八幡「ガン見ゆいゆいの瞬き」 結衣「あたしたちの内緒の、あまーい秘密」

2: ◆74muXbptfo 2016/02/02(火) 16:19:37.13 ID:zZH1ktsK0


うちの学校でイケメンといえば、まずあたしの友達の一人である葉山隼人くんが一番に名前に挙がると思う。

目に留まる明るい髪色に芸能人みたいにはっきりした目元、通った鼻筋。にっこりと笑えば女子はみんなくらっとくるそうだ。

うちのママは古めかしい言葉を使って隼人くんの写真を見て甘いマスクだと評した。それはまあ、間違ってないと思うし、あたしだって隼人くんは格好いいと思う。

女子力男子って言葉があるこのご時世、男子なのにーなんて言ったらおかしいかもだけど。それでも男子のくせに余計な気を遣っているおかげで、隼人くんは肌だってその髪だってもしかしたらあたし以上に綺麗なんじゃないかって思うくらいいつも綺麗だ。

スタイルも女のあたしが羨むくらい抜群で。しかも性格までいいなんて。

つまり女の子にモテるというのも訳ないのだ。

なんでも、バレンタインにチョコを両手に抱えきれないほど貰ったとかなんとか。

小さい頃から知っているらしいゆきのんから言わせれば「彼の容姿も性格も見飽きてしまえば苛つくだけよ」とのことだし、普段から毎日一緒にいるあたしにとっても「いいなあ」と彼に恋い焦がれる友達にいくら言われたって、特別な想いはまったく起きないんだけど。

続きを読む

タグ:

小町「八幡クイズ大会!」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/03(木) 20:58:55.47 ID:Bm2luM/50

八幡「好みの仕草?」戸塚「うん」【安価】


前作です↑

前作と同じようなノリで行くので、よろしければご覧ください。


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1478174335

続きを読む

タグ:

小町「お兄ちゃん」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/16(水) 23:58:54.28 ID:+LzV5In80

小町「ぬくもり」


小町「ぬくもり」 続 続 の続き



朝。残り少ない貴重な冬休みを満喫していた。マッ缶を飲みながら何も考えずボーっとしているこの時間。
缶を軽く左右に振り残量を確認。あと半分ほどだろうか。
缶を口に寄せ、少量口に含む。甘さが口に広がりそれを堪能した後、飲み干す。

「ふー……」

冬休み短かったなぁ…、ほとんど家で過ごしたが。こんな日々がいつまでも続いてほしい。
心の中でそんな自分勝手なことを考えていると階段を勢いよく降りる音が聞こえてきた


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1479308333

続きを読む

タグ:

八幡「一色いろはとの関係」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/18(日) 15:28:49.22 ID:p6W32nB80
12月


いろは「終わった、終わった~、…てこれから生徒会だけど」

いろは「はあ~なんで2年連続で生徒会長になったんだろ…これも先輩のせいだ」


友達「いろは」

いろは「ん?なに~?どしたの」


友達「あ、これから生徒会だっけ?」

いろは「そうだけど、少しなら時間あるけど?」

友達「あ、うん。もうすぐクリスマスパーティあるじゃん?」

いろは「そういえばあるね」

友達「あれって私も行っていいのかな~?」

いろは「わたしが許可することでもないけど…大丈夫だと思うよ」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1482042528

続きを読む

タグ:

御坂「その……クリスマス、暇……?」

884: 2012/01/29(日) 06:39:57.19 ID:Xe4/HGTAO
上条「あれ? 御坂じゃん」

御坂「ひっ、ひひ久し振りねっ!」

上条「何どもってんだよ……どうかしたのか?」

御坂「…………」

上条「おーい?」

御坂(が、頑張れ私……言っちまえー!!)

上条「みさ」

御坂「クリスマスッッ!!」

上条「うぉっ!?」

御坂「その……クリスマス、暇……?」

上条「あー……、暇っちゃあ暇かなぁ。クリスマスを一緒に過ごす彼女なんて上条さんにはいませんし……」

御坂「じゃ、じゃあ!」

上条「ん?」

御坂「……クリスマス、私と……一緒に……」

上条「え……」

御坂「~~~~ッ!! 私と! 一緒に! ご飯でもどう!?」

上条「お、おう……大丈夫だけど(なんだご飯か……まあそうだよなぁ、期待なんかしねえ方がいいよなぁ……)」

御坂「そ、それで……ご飯の後は、大事な話があるから……」カアッ

上条「えっ(それってもしかして……嫌まさかな……)」

御坂「…………」

上条「…………」

青ピ「…………」

上条・御坂「ってどわぁッ!?」

青ピ「ヤッホーカミやん、久し振りやねー」

上条「な、なんだ青ピか……びっくりさせんなよ……」

続きを読む

タグ:

八幡「やはり俺が三浦優美子と再会するのは間違っている」

1: ◆gKQv5IanZU 2015/10/03(土) 23:48:20.27 ID:Fx2KbiL+o
東京 某コンビニ


八幡(おいおい、ここにもサンデー置いてないのかよ)

八幡(発行部数だいぶ減ったっていうのは本当なんだな)

八幡(メジャー見たかったんだがコミックス買うしかないか)

三浦「……ヒキオ」

八幡「……三浦」

三浦「……」

八幡「…………それじゃ俺はこれで」

三浦「ちょっと待った」グイッ

八幡「な、なんですか……」

三浦「なんでそんなに怯えてるし。ちょっと聞きたいことあんだけど」

八幡「……なんだ」

SSWiki :http://ss.vip2ch.com/jmp/1443883700

続きを読む

タグ:

雪乃「あら比企谷くん。今日も死んだ魚のような目をしているのね」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/10/22(土) 20:56:43 ID:rdbq61w6
八幡「残念ながらおれは銀さんじゃないぞ。すでに目の賞味期限は切れてるが......」

雪乃「(しまったッ!姉さんから貸してもらったジャンプコミックス詰め合わせを徹夜で読んでしまったからつい...ッ)」

八幡「え、ていうか雪ノ下、銀さん知ってるの?銀髪天然パーマの侍さん知ってるのか?」

雪乃「(ここは...私のキャラを保つため無視しておこうかしら......でもッ!)」

八幡「なあ聞いてる?今たぶんお前に対して未だかつてないレベルで積極的に話しかけてると思うんだけど。おい」

雪乃「(『知ってる』って言いたい自分がいるッ!というか銀さんの絵がかけちゃうくらい知ってるッ!)」

続きを読む

タグ:

八幡「葉山と雪ノ下」

1: ◆9XuF3XEACk 2016/11/26(土) 17:10:01.98 ID:UlgWdh3g0

雪乃「葉山君、遅いわよ」

葉山「ごめん、雪乃ちゃん。遅れてごめん」

雪乃「まあ、いいわ。それで?今日はどこへ連れて行ってくれるの?」


葉山「雪乃ちゃんはどこへ行きたい?」

雪乃「私は…そうね、あまりこれといって行きたい場所は提示できないわ」

葉山「そうか…」

雪乃「ごめんなさい、デートは正直したことがなくて…」

葉山「いや、構わないよ。俺だって似たようなものさ」

雪乃「あなたの口でそういうことを言うの?あてつけかしら?」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1480147801

続きを読む

タグ:

戸部「ヒキタニくん・・・ちょっと話あんだけど」海老名「!!」

1: ◆LtLNGX83j6 2016/10/25(火) 00:15:51.98 ID:yPowmULH0
八幡(いつもの気だるい昼休み・・・さて、いつものように寝た振りを・・・)

八幡(・・・いや、次の授業は移動教室だったな。本当に寝ちまって寝過ごすとまずい・・・
俺の場合、起こしてくれる奴もいないしな)

八幡(今の内に移動しとくか。大分、暇ができるが・・・脳内会議でもして時間を潰そう)スクッ


スタスタ


結衣(あれ、ヒッキーもう行っちゃった・・・もう少し眺めてたかった・・・)

戸部「・・・・・・・・・」ジッ

海老名「ん?とべっちどしたの?ヒキタニ君の机じっと見て・・・
ハッ まさか禁断の愛に目覚めちゃった!?」

戸部「・・・・・・・・・」

海老名「・・・あの、とべっち?」

戸部「んっ、あぁ、なんでもないよ海老名サン!つーかこれからっしょ!」

葉山「なんだよそれ、意味わかんないぞ戸部」


ハハハハハハハハハハ・・・・・・


海老名(今のとべっちの反応・・・)

海老名(ガチか!?ガチの奴かこれ!?)ブバッ

三浦「姫菜自重」フキフキ

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1477322151

続きを読む

タグ:

ヒッキー! あたしとデュエルしようよ!

3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/18(土) 21:59:01.48 ID:QYkGuRV90
放課後 部室



雪乃「バトル! <ダークリベリオン>でダイレクトアタック!」

八幡「ぐああぁぁ!!」

結衣「すごーい! またゆきのんの勝ちだあ!」

雪乃「ふっ、当然よ由比ヶ浜さん。
私がこの男に負けるなんて、モンキーボードが釈放されるくらいありえないわ」

八幡「ぐっ、ほぼ可能性0じゃねーか……」

結衣「これでゆきのんが十連勝だね!」


関連スレ:

雪乃「比企谷君、私とデュエルをしなさい」


続きを読む

タグ:

いろは「トリックオアトリート!」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/02(水) 00:56:00.52 ID:ZMPY78LE0
渡り廊下にて



いろは「せーんぱいっ!」

八幡(・・・俺のことじゃないよな。って思った時は大抵俺のことだということに最近気付いた)

八幡(が、今更素直に反応するのも気恥ずかしい・・・普通に無視しよ)

八幡(何か大事な用なら肩叩いたりしてくるだろう。今までみたいに)

いろは「先輩ってば!」ギュウッ

八幡「うおふっ」ビクッ

いろは「あははっ、先輩変な声出してどうしたんですかー?」ギューッ

八幡「いや、お前、手ぇ離せ」

いろは「ダメです。先輩さっき勘違いじゃなくてわざと無視しましたよねー?そのおしおきです♪」

八幡(なんでわかるんだよこいつ!)


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1478015760

続きを読む

タグ:

いろは「やっぱり先輩は止めておいた方がいいのかな…」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/02(水) 14:28:10.70 ID:swHiBHTNO
かなり短いですがもしお暇ならお付き合いを
ーーーーーー

いろは「んんんんんん~…」

八幡(…何唸ってんだコイツ。面倒だから放っておくか)

いろは「はぁ…」

八幡(態とやってんなこれ。まぁ触れてやるほど優しさを持ち合わせてはいないが)

結衣「いろはちゃん、どうかしたの?」

いろは「結衣先輩…いえ、なんでもないです…」

八幡(だったら1人でやってくれませんかね?)

雪乃「…ここは奉仕部よ。依頼がないなら帰りなさい」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1478064490

続きを読む

タグ:

書記「一色さん、昨日比企谷先輩と千葉にいなかった?」

1: ◆O3b6jgvm62 2016/11/05(土) 19:51:33.94 ID:mjtACimJ0
約一年ぶりのガイルSSです。
特典OVA見たので千葉デート翌日に個人的に差し込みたいエピソード
短いです
書記達の口調、いろはの同級生相手の口調はサンプルないのでご容赦
シチュエーション重視でお願い
書記ちゃん仕事的には一色の下僕でも、普段はいい友達だといいなあ


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1478343093

続きを読む

タグ:

御坂「ツンデレヒロインの会?」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/14(水) 22:59:36.20 ID:xn9Xjix70
戦場ヶ原「ええ、そうよ」

雪ノ下「説明していただきたいのですが」

御坂「そうよ、いきなりこんなとこに集まれだなんて」

ハルヒ「…」

戦場ヶ原「あなたたち三人をここに呼んだ理由はちゃんとあるのよ」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1473861575

続きを読む

タグ:

八幡「一色いろはを本気で口説く」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/29(日) 09:03:00.44 ID:bA/KXtsM0
いろは「せんぱ~い♪」

八幡「ん?」

いろは「先輩って身長いくつぐらいなんですか?」

八幡「175ないぐらいだけど」

いろは「葉山先輩ってどれぐらいなんですかね?」

八幡「さぁな・・・興味ないから知らねー。195ぐらいじゃねえねの?」

いろは「先輩と一緒ぐらいじゃないですか?」

八幡「確かに近いかもな・・・」

いろは「まあ、わたし的には180とかなくても、175ぐらいがベストなんですよ~」

八幡「・・・へぇ」

いろは「あ!先輩今、"俺もストライクゾーンど真ん中"とか思いませんでしたか?!」

八幡「・・・」

いろは「身長よりも大事なのは優しさとかカリスマ性だと思うんで、ちょっと誤解させてしまったら申し訳ないですむりです」



八幡「いや、お前さぁ・・・」



いろは「はい・・・?」







八幡「なんつーか、何にも口説いてないのに俺がふられるこの流れもう飽きたわ」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1464480180

続きを読む

タグ:

【安価とコンマ】八幡「匂いの濃さがわかる機械を手に入れた」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/14(木) 15:00:46.81 ID:GmrTLKZlo
八幡「…………」


八幡(いや、使っていいのか、これ……?)

八幡(しかし、例えば万が一、知り合いの誰かと付き合う事になって、いざベッドインとかいう時に強烈な臭いを感じたら俺は平静でいられるのか?)

八幡(つうか、そんなの関係なく知りたい。いや、そんぐらい良いよね? 付き合う可能性とか少ない訳だし)

八幡(……とりあえず、誰かで試してみるか)

下1

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1460613636

続きを読む

タグ:

陽乃「八幡が毎晩求めてきて眠れない」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/11/04(金) 10:11:18.55 ID:zWStFvgA0
とある喫茶店

陽乃「ひゃっはろー!みんなそろっているね」

雪乃「姉さん遅いわよ。人を集めておいて一番最後に来るなんて」

結衣「まあまあ、ゆきのんとりあえず抑えて」

陽乃「ごめんね~つい寝坊しちゃって」

めぐり「そういえば最近陽さんいつも眠そうですね?何か忙しいんですか」

いろは「そういえば前会った時もあくびしてましたね」

雪乃「おかしいわね?最近家の行事とかはないはずだけれど…」

結衣「そういえばヒッキーもいつも教室で眠そうにしてるよ」

小町「………」

結衣「小町ちゃん?」

陽乃「実はね、ちょっと困った事があってあまり睡眠とれてないの」

めぐり「そうなんですか…まさか相談というのは十分な睡眠をとりたいということなんですね?」

いろは「それで困ったこととは?」

陽乃「え~と…ちょっと恥ずかしいなぁ///」

雪乃「さっさといいなさい」イラッ

陽乃「夜になると八幡が求めてきて寝かせてくれないの///」(≧∇≦)

「「「「ええええええー!!!!」」」」

陽乃「キャ///いっちゃった」(*/∇\*)
雪乃「わ、わわわわわ笑えない冗談ね…もし比企谷くんがそんな性欲の権化だったら部室で私か由比ヶ浜さんがとっくに襲われていてもおかしくないわ」アセアセ

結衣「そ、そうだよ!ヒッキーがそんな変態だったら花火大会の帰りとかアタシを襲っているよ!」

いろは「そ、そうですよ!私もデート(練習)の最後ラブホに連れて行かれてますよ!」

めぐり「三人とも落ち着いて、それにしても意外だな…比企谷くん超肉食系だったんだ」

小町「………」

陽乃「嘘じゃないよ。昨日だって8回も///八幡だけに…」

雪乃「いちいち照れながら言わないでくれるかしら…かなりイラッとくるわ」

結衣「いくらヒッキーと恋人になったからって、アタシ達をからかうなんてヒドいよ!」

いろは「全くです!」

陽乃「およよ…別にからかってないんだけどな…お姉さん本気で悩んでいるのにそんなこといわれてお姉さん悲しい」

めぐり「比企谷さん、陽さんのいってることほんとなの?」

小町「………本当ですよ」

「「「!!?!」」」

めぐり「そ、そうなんだ」

めぐり(陽さんがちょっと大げさにいってるのかっと思ってたけど…そうじゃなかったんだね
あの陽さんに音をあげさせるなんて比企谷くんやるな~さすが陽さんのお気に入りだけはあるね♪)

続きを読む

タグ:

八幡「晩御飯できてるぞ」雪乃「ごめんなさい、会社の人と食べてきたから」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/15(水) 10:06:52.11 ID:2WqnGAXs0
高校、大学を卒業してから俺は雪ノ下雪乃と結婚した。

雪乃は俺の希望通り、専業主夫と言う立場を受け入れてくれた

夫婦生活も円満だと思われた

しかし何時からだろう、こんなにも夫婦との間に距離を感じてしまったのは

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1436922402

続きを読む

タグ:


お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク