タグ:◆agif0ROmyg

二宮飛鳥「鏡の中の惨めな奴隷」【R18】

1: ◆agif0ROmyg 2017/02/26(日) 22:42:39.66 ID:kurmwKMz0
アイドルマスターシンデレラガールズの、二宮飛鳥のR18SSです。



「ペンは剣よりも強し」なんて、有名な格言がある。

このボク、アイドル二宮飛鳥も、この言葉の趣旨には概ね賛同している。

いかなる暴力に晒されようとも、確固たる己、揺るがぬ信念と知性があれば必ず乗り越えられると思っている。

ボクをボクたらしめるのは腕力によって規定され押し付けられたものではなく、ボクが自ら選び取ったものであるハズだ。

……ただ、残念ながら。

いかにアイドルと言えどボクはまだ14歳の中学生で、大人が本気で制圧しにかかってきたときに取れる対抗策は多くない。

特にその大人が、ボクの担当プロデューサーだったらね。



その日も、仕事を終えてなお、ボクは事務所に残らされていた。

確かに、以前からボクはあんまり早く帰宅したがる方ではなかった。

しかしそれでも、自分の意志で居残りしているのと、誰かに指示されて残らされているのでは雲泥の差だ。

担当プロデューサーがボクに何をするつもりか知っていれば、なおさら。

勿論、逃げ出したいと思ったことは一度ならずある。

でも、やつの手口は本当に用意周到で。

手を出してくるまでに随分と時間と手間暇をかけてくれていたからね。

ボクもすっかり信じ込まされて……いろいろ、弱みを握られてしまった。

あんな写真がばらまかれたら、ボクだけでなくプロデューサーだってただではすまないだろうが。

だからといって彼と心中して、こっちにメリットなんて無い。

結局今日も言われるがままで……イヤになる。

そうこうしているうちに、彼も仕事を片付けたらしい。

どことなく嬉しそうに、こっちへ歩み寄ってくる。

差し出してくる手に噛み付いてやりたいくらいだが、それができるならこんなことにはなっていない。

手を握られて、引っ張られて、車に連れ込まれて。

しばらく走ってたどり着いたのは、見るからに下品でけばけばしいな建物。

いわゆるラブホテルだ。

まだ中学生なのに、こんなところへ足繁く通う僕は、きっとろくな大人になれないんだろうな。

まだ暗くならない時間帯ということもあり、誰ともすれ違うこと無く、安そうな狭い部屋に入る。

床面積の大半を大きなベッドが埋め尽くしていて、ほとんど寝るくらいしかできそうにない部屋。

……まあ、こいつみたいな男には十分すぎる部屋だけれどね。

鍵をかけて、流石にちょっと緊張していたらしいプロデューサーはほっと一息ついた。

気楽なものだ。

こっちはこれからの事で頭がいっぱいなのに。

バレたら大変なことになるって、わかってるはずなのに。

プロデューサーはボクの服を丁寧に脱がしてくる。

事ここに及んでは、あえて抵抗はしない。

平日夕方から担当Pとラブホにいたのがバレた中学生が、このセカイでまともに生きていけるとは思えないしね。

シャツ、スカート、下着を取り去る手つきはイヤに丁寧で、慣れてる感じがまた嫌悪を煽る。

最初は、真摯で誠実で、ボクみたいなヒネた子供のことも分かってくれる、珍しい人間だと思ってたのに。

続きを読む

タグ:

五十嵐響子「心も体も綺麗にしてあげますねっ♪」【R18】

1: ◆agif0ROmyg 2016/06/22(水) 21:39:32.55 ID:nopebrW90
アイドルマスターシンデレラガールズの、五十嵐響子のSSです。R18。








 おかえりなさい!

 そう言って愛しの旦那様、愛しのプロデューサーさんを出迎える瞬間こそ、私、五十嵐響子にとって幸福な瞬間です。

 特に今日は、日中プロデューサーさんが忙しくしていたせいでほとんど触れ合えていません。

 ご飯の準備やお掃除など、家事をこなしている間も寂しさは募るばかりでした。

 でも、こうして彼の顔を一目見ただけで、そんな暗い感情は消し飛びます。

 夫婦愛の暖かさに包まれながら、早速私は切り出しました。

 ご飯にしますか? お風呂にしますか? 

 それとも……と、続けるのが一般的なやり方なのでしょうが、いずれにしてもすることはするので、同じです。

 旦那様もしっかりそこを分かってくれているから、とても嬉しそうに「じゃあ、一緒に風呂に入るか」と言ってくれます。

 夕食の準備も済んではいますが、綺麗好きの私としては、ここはやっぱりお風呂のほうがいいです。

 私の事を理解してくれているようで、ますます好きになりそう。

 脱衣所で二人裸になってお風呂に入った時には、もうすっかり準備出来ていました。

 でも、いきなり絡み合ったりはしません。

 それじゃあお風呂に入った意味がありませんし……

 なにより、一日頑張った旦那様の身体を綺麗にしてあげるのは妻の務め。

 私のおっぱいや下半身を見て、みるみるうちに大きくなっているそれをつい触りたくなりますが、まだまだ。

 胴体、腕、脚、優しくこすってしっかり垢を落としてあげないと。

 石鹸をしっかり泡立てて、そのまま手でゆっくりと撫で回します。

 彼の身体には余分な肉があまり無く、皮の下からはやや硬い筋肉の反発が感じられます。

 それがまた男らしくて、触っているだけでもドキドキします。

 彼の方も、体を愛撫されて奮い立っています。

 先っぽから粘ついた液体が漏れかけているのを見て衝動的に手を出しそうになります。

 が、それでも身体のお掃除はおろそかにできません。

 両腕、背中、お腹、そしてひざまずいて脚の方までしっかり洗い流して。

 とうとう、本格的に旦那様にご奉仕する時が来ました。

 ベタベタくっついて洗っていたので、私の身体も泡まみれ。

 白く彩られた私の身体を、穴が空くほど見つめる旦那様。

 恥ずかしいですけれども、それ以上に求められている実感があります。

 愛しい男をこれ以上焦らすわけには行きません。

 座って、脚を開いてもらって間に体を滑り込ませ、まだまだ膨らんでいる途中のおっぱいを下から抱え上げて。

 彼の下腹に寄せて、竿を谷間にニュルっと迎え入れて、飛び出さないようにしっかり両側から押さえつけます。

続きを読む

タグ:

【デレマス】LiPPSと過ごす愛欲と頽廃の日々【R18】

1: ◆agif0ROmyg 2016/05/29(日) 22:00:00.82 ID:WDF+r6tF0
アイドルマスターシンデレラガールズの、一ノ瀬志希、宮本フレデリカ、速水奏、塩見周子、城ヶ崎美嘉のSSです。
全編R18。







 その夜俺は、コーヒーを飲みながら仕事をしていた。

 日も沈み、当日中に済ませる予定の仕事も皆片付き、明日以降に備えて余裕を持って作業できていた。

 他の社員や事務員も今日は早くに帰宅したようだったので、俺もそろそろ事務所を閉める準備にかかろうか、などと思っていたところ。

 いつも置いてあるはずの場所に事務所の鍵が無いことに気づいた。

 もしや、誰かが間違えて持って帰ったか。
 
 あるいは俺が、どこかに置き忘れてしまったか。

 予備の鍵もどこかにあったはずだが、アイドル事務所の鍵が紛失したままというのはいかにも不用心だ。

 大事になる前に発見したくて、椅子や机の下を探っていると、聞き慣れた声が聞こえた。

「おやおや、プロデューサー。何か探しもの?」

「あ、志希。いたのか。もう帰ったものかと」

 現れたのは一ノ瀬志希。

 俺の担当アイドルの1人であり、宮本フレデリカ、速水奏、塩見周子、そして城ヶ崎美嘉とともにユニットを組んで活動する人気アイドルだ。

「うん。今日はなんか眠かったから、休憩室で寝てたの。
 それで、ウカツなプロデューサーは何を無くしたの?」

「多分、俺が無くしたわけじゃないとは思うんだが……事務所の鍵が見つからないんだ」

「事務所の? ……あ、それ、あたし見たかも」

「本当か! いやあ助かる。どこにあった?」

「さっきまで寝てた休憩室に、それっぽいの落ちてたよーな。行ってみようか」

 ということで、連れ立って部屋を出た。

続きを読む

タグ:

モバP「フリルドスクエアと過ごす淫蕩なる日々」【R18】

1: ◆agif0ROmyg 2016/03/07(月) 16:53:33.37 ID:8o08xN+V0
アイドルマスターシンデレラガールズの、桃井あずき、喜多見柚、綾瀬穂乃香、工藤忍のSSです。
地の文、R18。




月曜日。

最近人気が急上昇してきたアイドルユニット、フリルドスクエアの担当プロデューサーである俺は、事務所で書類仕事をこなしていた。

書類といっても社内向けの簡単な物であるため、それなりにリラックスして作っていられる。

近くで少女たちが談笑していても、全く気にならない。

「ねー、そろそろ決めようよっ。今週の割り振り」

「そうですね。今回もあみだくじで良いですか」

話題を振ったのは、ぱっつん前髪と悪戯っぽい微笑みがよく似合う喜多見柚。

答えたのは、少女たちの中でもひときわ清楚かつストイックな雰囲気を漂わす綾瀬穂乃香。

真面目な顔つきの工藤忍が紙を取り出し、いつも楽しそうな桃井あずきがぱっぱっと線を引く。

「それじゃあ、旦那様当番大作戦、いくよー」

「線……この辺で良いかな」

フリルドスクエアのアイドルたちが、楽しそうになにやら決めている。

間を置かずして、あずきがこちらに紙を見せに来た。

「ほら、できたよ。今週のローテーション」

見ると、あみだくじの上側に名前、下側に曜日が書かれている。

火曜、あずき。水曜、柚。木曜、穂乃香。金曜、忍。

どうやら今週はこの順番ということで決まったようだ。

「明日、火曜はあずきの番だからね。
 今夜はゆっくり休んで、せいりょく回復しておいてねっ」

「ああ。土日は?」

「みんな大丈夫だって。全員でずっといられるの、ちょっと久し振りだよね」

「そうだな。あずきたちも随分と知名度上がってきたし、仕事も増えてきてるから」

「ふふ。明日と週末、楽しみだね。いーっぱい、仲良し大作戦、しようね」

あずきの無邪気な表情は、小柄ながらもよく育ったいやらしい肉体とミスマッチ。

早くも俺は明日が来るのを待ちきれない思いだった。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1457337213

続きを読む

タグ:

モバP「結城晴とホテルへ行く」【R18】

1: ◆agif0ROmyg 2016/01/19(火) 16:05:52.22 ID:yo3g9eY60
アイドルマスターシンデレラガールズの、結城晴のSSです。
地の文、R18.


その日も俺は担当アイドルの結城晴とともに撮影の仕事に赴いていた。

今回の衣装は彼女のボーイッシュな魅力を存分に引き出すもので、カワイイ系よりカッコイイ系を好む晴は非常に嬉しそうにしていた。

写真やPVを撮り終えて、今日の仕事はつつがなく終了。

テキパキ進んだおかげで、時間にもかなりの余裕を持って終えることができた。

「お疲れさん、晴。今日の仕事はすごくいい感じだったな」

「まあな! オレはやっぱこう言うのが向いてるんだよ。
 カワイイ服着る仕事より、こういうのをもっとやらしてくれよな」

戻ってきた晴は、仕事の出来の良さもあってとても機嫌が良さそう。

得意げな笑みは少年らしい活発さに溢れ、カメラの前にいたときよりもまばゆく見えるほどだ。

「まあ、そう言うな。カワイイ系だって晴の魅力を引き出すためのものだ。
 時々カワイイ服着るからこそ、カッコイイ系の仕事で目立てるんだよ。
 いろいろやるのも大事なんだ」

「そういうもんかあ? まあ、それならそれでいいけどよ」

意外と素直なところもある晴は、それであっさり納得した。

もう俺たち二人、結構長い付き合いだし、親密な仲でもある。

本当に晴が嫌がる仕事を俺が取ってくるはずもないし、そのことを晴も十分理解してくれている。

今更仕事の内容について、本気で争い合ったりはしないのだ。

「なあ、ところでさあ。今日は結構早く済んだから、時間の余裕あるよな?」

「そうだな。今日はもう、予定が無い。帰って休むか?」

「何言ってんだよ。どうせ今日も行くんだろ?
 わかってんだからな、それぐらい。最近ちょっとゴブサタだったもんな」

「晴が行きたくないなら、無理にとは言わないが」

「んだよそれ。今まで散々やっといて……まさか、他に相手がいるとかじゃねーだろうな。
 オレをほっとくなんて、許さねーぞ」

「そんなわけ無いだろ。冗談だよ。さ、行くぞ」

「へへ。だよなあ。んなこったろうと思ったよ。しょうがねーなホント。……ふふ」

晴の小さな手を優しく取って、人目を避けつつ俺たちは駐車場へ戻り車に乗り込んだ。

ハンドルを握り仕事場をやや離れて、向かった先はホテル。

宿泊以外に休憩もできる類の、城のまがい物のようなケバケバしい装飾がなされた、いわゆるラブホである。

「じゃあ、受付してくるから。しばらく待っててくれ」

「速くしてくれよな」

料金を支払い、鍵を受け取り、部屋番号を確認。

館内地図を見るに、どうやら二階、階段のすぐ隣の部屋らしい。

まだ外は明るい。ラブホの利用者も多くはない。

これなら問題無く入室できるだろう。

鍵を持って駐車場に戻り、晴を連れ出した。

「おい、今日は階段なのか?」

「ああ。二階だし、エレベーター待つ間に誰かに見られるかもしれないからな」

「そっか。じゃあ、行くか」

大人用のコートを羽織り、顔と身体を覆い隠した晴と共に素早く移動。

不自然にならない程度に足音を忍ばせる。

SSWiki :http://ss.vip2ch.com/jmp/1453187152

続きを読む

タグ:

モバP「アイドルの胸には勝てなかったよ」【R18】

1: ◆agif0ROmyg 2015/12/10(木) 14:55:43.72 ID:/L/VaEeQ0
アイドルマスターシンデレラガールズのR18SSです。
地の文。 
登場アイドル:藤居朋 乙倉悠貴 ライラ 輿水幸子 服部瞳子 早坂美玲 高森藍子

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1449726943

続きを読む

タグ:

小日向美穂「私が浴室に籠る理由」【R18】

1: ◆agif0ROmyg 2015/12/03(木) 17:01:37.29 ID:OzdNve560
アイドルマスターシンデレラガールズの、小日向美穂のSSです。
全編R18。






ある日、レッスンを終えた日の夕方。

私、アイドル小日向美穂は窮地に立たされていました。

場所は私の担当プロデューサーさんのお家、お風呂場。

熱いシャワーを浴びてはいますが、私が今一番しないといけないことは身体を綺麗にすること、ではありません。

いえ、確かにこのお風呂場に入るときには汗を流させて下さいとプロデューサーさんに言いましたが、でもそんなのはただの言い訳です。

彼と親密な仲になって、家に出入りするようになって、体を委ねて、時々お泊まりしたりもして。

もう結構長い間こうして仲良くして貰っていますが、そんな大切な彼にも明かせない秘密が、私にはあるのです。

プロデューサーさんを待たせてしまっているわけですから、のんびりしている暇はありません。

手早く処理してしまわないといけないことがあるのです。

熱水を浴び続けて、自分の身体が火照ってきているのを感じます。

浴室には湯気が充満して、もうそろそろ出ないと怪しまれそうです。

扉の向こうで欲情を持て余す彼に、不審がられてしまいます。

焦りと共に、私はそっと手を股の間に伸ばしました。

陰毛は万が一にも水着や衣装からはみ出たりしないよう、短く整えています。

そんな、疎らな毛に覆われた……大陰唇、というのでしたか、びらびらした部分はお湯とは違う生ぬるい粘液にまみれています。

プロデューサーさんにお呼ばれして、夜までずっと一緒にいられるのですから、期待と興奮でこんな風になってしまうのは当然でしょう。

しかし、このまま彼の意のままにされてはいけません。

本当なら、こんなところで独りで寂しくオナニーなんてしたくはないのですが、仕方ありません。

切なさを押し殺してでもここで一回発散しておかないと、プロデューサーさんのお布団を汚してしまいますし、何よりきっと死んじゃいたくなるくらい恥ずかしい。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1449129697

続きを読む

タグ:

モバP「藤原肇と一緒にエレベーターに閉じ込められた」【R18】

1: ◆agif0ROmyg 2015/10/16(金) 17:17:53.60 ID:zDmK2gQj0
アイドルマスターシンデレラガールズの、藤原肇のSSです。
全編R18.

SSWiki :http://ss.vip2ch.com/jmp/1444983473 br />
<

続きを読む

タグ:

森久保乃々「強くて弱いプロデューサーさんへ」【R18】

2: ◆agif0ROmyg 2015/09/25(金) 15:32:18.80 ID:CL6MUxtN0
 もりくぼのプロデューサーさんは、とっても強引な人です。

 どうみてもアイドル向きじゃないこの私……

 何かの間違いでオーディションに引っかかってしまったもりくぼに声をかけて、才能があるからと言って有無を言わさず引き取って。

 たくさんレッスンを課して、色んなお仕事をやらせてきた人です。

 失敗して恥をかくのが怖くて机の下で震えている私を、いつも外へ引きずり出す人です。

 最初は、単にもりくぼいぢめが好きなだけの人かと思っていました。

 でも、長く一緒にいるにつれて……それだけではなさそうな気がしてきました。

 もりくぼ以外にも何人かアイドルをみているプロデューサーですが、なんとなく、その人たちに向ける表情ともりくぼに向ける顔が違っているような気がしてきたのです。

 こう言うと、人に合わせて態度を変える悪人みたいですが……ちょっと違います。

 どことなく、もりくぼと一緒にいるときはリラックスできているような……

 大きな仕事に怯えるもりくぼをなだめすかすプロデューサーさんからは、仕事上のつながりを越えた何かを感じられます。

 それに加えて、私自身強引に迫られるのが意外と嫌いじゃないということもあって、こうして彼の指導の下、アイドルを続けられています。

 いつまた失敗してしまうか、それで私やプロデューサーさんが笑われてしまうか、なんて思うとすぐ逃げたくなってしまいますが、彼の目を逃れられたことは一度としてありません。

 捕まってしまうのは辛いですが、仕事の前はちゃんと見ててもらえるのだと思うと安心もします。

 こんな私に仕事を振るだけで終わらせず、きっちりフォローしてくれるのは、素直に嬉しいです。

 それが例え、もりくぼの小さな心臓を破裂させるくらい緊張させられる仕事であったとしても、です。

 ですから、今日のレッスンが終わった後、事務所に残っていた私の手をプロデューサーさんがつかんでも、抵抗はしません。

 やや強い力で引っ張られ、休憩室に連れ込まれる運命を受け入れます。

 ……強引なのは、嫌いじゃありませんから。

続きを読む

タグ:

モバP「サディスティックマゾヒスト白坂小梅」【R18】

1: ◆LOIvyDDlEH10 2015/06/16(火) 16:12:15.52 ID:2pDrkubl0
アイドルマスターシンデレラガールズの、白坂小梅のSSです。
全編台本、R18。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1434438725

続きを読む

タグ:

梅木音葉「二人の淫らなコンチェルト」【R18】

1: ◆agif0ROmyg 2015/02/28(土) 16:40:53.40 ID:gz0q5lFO0
アイドルマスターシンデレラガールズの、梅木音葉のSSです。
全編R18.

SSWiki :http://ss.vip2ch.com/jmp/1425109253

続きを読む

タグ:

モバP「久々に留美さんとお出かけ」【R18】

1: ◆agif0ROmyg 2014/12/30(火) 22:18:19.09 ID:j/XtsJ1V0
アイドルマスターシンデレラガールズの、和久井留美のSSです。
前半台本非エロ、後半地の文でR18。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1419945498

続きを読む

タグ:

モバP「エ○カワコスプレ大天使千川ちひろ」【R18】

1: ◇agif0ROmyg 2014/11/18(火) 20:22:19.58 ID:NpN2QJcB0
アイドルマスターシンデレラガールズの、千川ちひろのSSです。
序盤台本非エロ、以降地の文でR18。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1416309729

続きを読む

タグ:

モバP「ユッコの欲望がダダ漏れになった」【R18】

1: ◆agif0ROmyg 2014/10/05(日) 21:22:23.29 ID:OAacdeX80
アイドルマスターシンデレラガールズの、堀裕子のSSです。
前半台本微エロ、後半地の文でR18。

SSWiki :http://ss.vip2ch.com/jmp/1412511733

続きを読む

タグ:

モバP「茄子の幸運が凄まじすぎる」【R18】

1: ◆agif0ROmyg 2014/10/01(水) 22:28:06.79 ID:QYzyE30x0
アイドルマスターシンデレラガールズの、鷹富士茄子のSSです。
前半台本非エロ、後半地の文でR18。

SSWiki :http://ss.vip2ch.com/jmp/1412170076

続きを読む

タグ:

一ノ瀬志希「惚れ薬? 作れるよ」【R18】

1: ◆agif0ROmyg 2015/03/20(金) 20:10:37.58 ID:yjI5kXZr0
アイドルマスターシンデレラガールズの、一ノ瀬志希のSSです。
前半台本非エロ、後半地の文でR18。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1426849837

続きを読む

タグ:

モバP「藍子のゆるふわオーラに抗えない」【R18】

1: ◆agif0ROmyg 2014/09/25(木) 21:38:28.30 ID:oHEMl6e+0
アイドルマスターシンデレラガールズの、高森藍子のSSです。
前半台本非エロ、後半地の文でR18。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1411648698

続きを読む

タグ:

新田美波「痴漢してくださいっ!」【R18】

1: ◆agif0ROmyg 2016/08/07(日) 22:08:45.84 ID:lcmtSZJ60
アイドルマスターシンデレラガールズの、新田美波のSSです。R18。






薄い水色のシャツに、チェックのスカート。

ラクロスの練習をしに行くときのと同じスタイルで、私、アイドル新田美波はその日も電車に乗っていました。

乗車率は100%をゆうに超えて、身動きも取れないくらいのぎゅうぎゅう詰め。

今日はスティックを持っていないのですが、代わりに大きめのスポーツバッグを肩にかけています。

混雑の中でバッグを無くさないようにするのが精一杯で、思うように移動することすらできません。

人波に流され過ぎないように耐えてはいても、奥へ奥へと押し込まれ、いつの間にか車両の隅に追いやられていました。

扉付近よりは楽ですが、この辺りも人はたくさん詰め込まれています。

……それに。

……っ。

満員電車の中、どちらかと言うと人目につきにくい場所。

揺れのせいで身体が当たった、などというのとは全く異なる感触。

そっと私の身体を撫でるいやらしい手つき。

こういう場所には、たいてい痴漢が潜んでいるものです。

後ろを振り向くこともままならない状況ですが、男は自分の身体で他の乗客の視線を遮ろうとしているようです。

逃れようとしてみてもますます追いつめられるだけ。

腰を触られて声が出そうになるのを、必死でこらえます。

さっき駅を出たばかりですので、まだまだ次には辿り着きそうにありません。

普通なら、声を上げて撃退を図るべきなのでしょうが。

スカート越しにお尻を撫でられて、身体がビクンと跳ねそうになってしまいます。

優しくゆっくりとした手つき、それでいて欲情を隠しきれていないかすかな震え。

痴漢さんの指は私の身体を、半ば無理やりほぐしていきます。

男の人に身体を弄られながら声を出してはいけない、というこの状況。

心拍数がどんどん上がって、予想以上の衝撃。

そんな私の感覚も知らずに、男の手はシャツの下に侵入し、ブラのフロントホックを簡単に外してしまいました。

とっても慣れた手つきで、外されるまでそれと気付けないほど。

ずり落ちる下着を必死に手で押さえつけますが、するとどうしても下半身の守りが緩みます。

それを見逃す痴漢ではありません。

やや短めのチェックスカートに骨ばった大きな手が這入ってきて、私の股をそっと触ってきたのです。

下着の上から触られるだけなのに、こんな公共の場でされているというだけで、もう平静ではいられません。

ゆっくり丁寧に、痛くならないようにじっくりといじめてくれる痴漢さんの愛撫で、私の警戒心は少しずつ解かれていきます。

だんだん息が荒くなってくるのを悟られたくなくて、なんとか自分を落ち着かせようとしていたとき。

続きを読む

タグ:

安部菜々「ナナの夢の終りと始まり」【R18】

1 : ◆agif0ROmyg :2015/01/04(日) 21:38:37.88
アイドルマスターシンデレラガールズの、安部菜々のSSです。
全編R18.

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1420375117

続きを読む

タグ:


お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク