タグ:◆TDuorh6/aM

徳川まつり「めめんと・もめんと?」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/15(月) 18:35:59.48 ID:RP+PdCOnO
これはミリマスssです

過去作

春日未来「めめんと・もり」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1494840959

続きを読む

タグ:

【ミリマス】ミリP「なぁ茜…俺、洗濯機になりたいんだ」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/20(木) 15:24:52.81 ID:oUcFzKKMO

これはミリマスssです


SSWiki :http://ss.vip2ch.com/jmp/1492669492

続きを読む

タグ:

佐久間まゆ「明日はデート」

1: ◆TDuorh6/aM 2017/10/23(月) 20:23:43.05 ID:tmsEt/C+O
これはモバマスssです

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1508757823

続きを読む

タグ:

鷺沢文香「階段のお話」

1: ◆TDuorh6/aM 2017/10/18(水) 23:17:34.53 ID:nmXeqSyFO

これはモバマスssです


SSWiki :http://ss.vip2ch.com/jmp/1508336254

続きを読む

タグ:

檀黎斗「北条加蓮ゥ!」

1: ◆TDuorh6/aM 2017/09/13(水) 20:20:33.04 ID:oKU0zjA20
これはモバマス×仮面ライダーエグゼイドのクロスssです

SSWiki :http://ss.vip2ch.com/jmp/1505301632

続きを読む

タグ:

モバP「火事から始まる同棲生活」

1: ◆TDuorh6/aM 2017/03/01(水) 17:56:55.58 ID:vtZMdXNkO
これはモバマスssです
最近Pの家が燃える話を見かけなかったので

前の

モバP「元カノとプロデュース」




SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1488358615

続きを読む

タグ:

モバP「元カノとプロデュース」

2: ◆TDuorh6/aM 2016/04/25(月) 00:57:04.62 ID:hXwb8Va80
上司「君に、あるプロジェクトを任せたいと思う」

モバP(上司に呼び出された俺に告げられた言葉は、先日やらかしたポカに対する叱責ではなく人生最大級のチャンスだった)

P(俺がこのプロダクションに勤め始めて数年経ち、アイドルを何人か任される様にもなった)

P(それでも他の人に比べれば圧倒的なペーペー。にも関わらず、この巨大なプロダクションのとあるユニットのプロデュースを任せたい、との事だった)

上司「もちろん一人で全てこなせと言う訳ではない。優秀なアシスタントをつける」

P(驚いて何も言えない俺をおいて、話は進む)

上司「困った事があれば彼女に頼るといい」

P「あっ、はい!かしこまりました」

続きを読む

タグ:

モバP「チョコを受け取るな?」

2: ◆TDuorh6/aM 2016/02/13(土) 16:51:09.96 ID:DltBwcCqO
ちひろ「プロデューサーさん、お話があるんですけど…」

P「なんですか?神妙そうな表情で…」

ちひろ「お忘れという事は無いと思いますけど、今日はバレンタインなんですよ」

P「そりゃ知ってますよ。世界中の若い男が胸をときめかせる一大イベントなんですから」

ちひろ「それなんですが…」

P「?」

ちひろ「出来れば、アイドル達からチョコは受け取らないで欲しいんです」

続きを読む

タグ:

【モバマスSS】Be My…

2: ◆TDuorh6/aM 2016/01/26(火) 00:36:18.95 ID:RfB0zBMr0

「では、お疲れ様でした」

パタンと事務所の扉を閉め、冷え切ったビルの群れへと足を踏み出す。
冬も盛りの2月上旬、吐く息は煙突から昇る煙の様に視界を白く染めた。
想像以上の寒さに一瞬心が折れかけるが、折れたところで何か救済があるわけでも無いので足を動かす。
道端の電信柱の元には一週間以上前に降った雪の名残がまだ固まっている。
早くこの刺す様な冷たさとお別れする為、少し足を速めて地下鉄の駅へ。

時刻を確認しようとスマホを起動。
液晶に示された数字は21と30。
事務所でプロデューサーと仲良くお喋りをしていたら思ったよりも時間は進んでしまっていた様だ。
時間の進み方は気分で変わるって言うけど、確かに全くその通りね。
楽しい時間は疲れ切った身体と心を1機分回復させてくれた気分…ふふっ。
…そんな下らない事を考え、余計に寒くなってしまい若干後悔。

前はこんなにセンスも笑いの沸点も低くなかった様な気がするのだけど。
歳をとるって嫌ね、瑞樹さんの言っていた事がわかるわ。
若い頃はこんな寒さなんて何て事なかったのに、最近はこれだけ着込んでも尚寒く感じるなんて。
こんな事ならマフラーとニット帽も持って来れば良かった。
ま、ふらーっと手ぶらで事務所へ来てしまった自分が悪い訳だけれども。

続きを読む

タグ:

速水奏「小悪魔アイドルが純情じゃいけないのかしら?」

2: ◆TDuorh6/aM 2017/07/24(月) 21:28:18.36 ID:+icqcZa3O

 速水奏について、俺は少しばかり誤解していたのかもしれない。

 年齢は17、身長は162cm。
 誕生日は7月1日、蟹座でO型。
 利き手は右で、趣味は映画鑑賞。
 歌もダンスも演技も上手い、万能型のアイドル。

 と、これが彼女のプロフィールから得られる情報だろう。
 ミステリアスな雰囲気を纏い大人びた振る舞いをする彼女は、よく周りの人から年齢を間違われる。
 時折見せる小悪魔的な表情は、見る者を魅了して離さない。
 アイドルなのにキスをねだるのが玉に瑕だが。

 プロデューサーである俺は、時折繰り出される彼女のイタズラに翻弄されてばかりだった。
 一回りも二回りも年下である少女に弄ばれるなんて……と言われるかもしれないが、それ程までに彼女は強く強かなのだ。
 ご褒美にキスが欲しいところね?そんな事したら即ファンや上司に組み伏せられ地面とキスをする事になる。
 此方からする勇気も度胸も無いと分かっているからこそ、彼女は俺に対してかなり強気に出ていた、と思う。

続きを読む

タグ:

文香「文学少女は純情だと思っていましたか?」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/22(木) 18:58:54.77 ID:gkofDq5s0


 初めて彼女の姿を目にしたのは、大学のキャンパスでだった。

 綺麗な長い髪を靡かせ、本を抱えて歩く彼女。
 沢山の人達が群れて行き交う道の中、彼女はたった一人で静かに歩いていて。
 彼女だけがまるで別の世界にいるかの様な、不思議な雰囲気を纏っていて。
 それはまるで女神のようで、その衝撃は僕の足をコンクリートに打ち付けた。

 一目惚れというものは、本当に存在したらしい。
 
 気付けば僕は首と目で彼女を追っていた。
 多分周りからみたら良い感じに危ない人だったかもしれない。
 それか首と足を同時には動かせない不便な人体構造なのだと思われていた可能性もある。
 その時の僕にそんな事を考える余裕なんて全くなかったけれど。

 名前も知らない彼女は、気付けば視界から居なくなっていて。
 それでも僕は、なかなか動けなくて。
 もちろん、その後の講義に集中出来る訳なんて無かった。




SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1498125534

続きを読む

タグ:

鷺沢文香「本の旅に、想いを添えて」

2: ◆TDuorh6/aM 2017/06/12(月) 20:57:23.08 ID:gz1sJwmbO


初めて読んだのは、絵本でした。
まだ幼く文字が読めなかった頃、母に寝室で読んでもらった絵本。
語り手である母の声を通して、画かれた絵を通して。
私は初めて、自分以外の世界を知って。

内容は今思い返せば拙いものですが。
子供騙しと言っても差し支えないくらい、子供っぽい内容でしたが。
それでも、私は確かに愛を感じ。
当時は何度も母にねだって読んでもらい。

そこから、でした。
自分が暮らしている世界とは全く違う、遠くの物語を知って。
もっと、もっと知りたくなって。
全ては……そこから、始まったんです。

続きを読む

タグ:

文香「何故が何故ならに変わる一瞬」

2: ◆TDuorh6/aM 2016/10/27(木) 16:35:49.87 ID:NwvdSviAO

ペラ、ペラ、と。


捲られるページの音が部屋じゅうに響く。
けれど内容自体はまったく頭に入って来ずに。
本に集中しきれない私は、一度大きく息をはいた。


端末の電源を入れれば時刻は二十三時半。
ロックを解除し期待を込めてsnsアプリを開くも、通知は0件。
再び大きく息を吐き、本のページを捲る作業にもどった。


…焦り過ぎ、ですね…
こんなに…待てなくなってしまうなんて…

続きを読む

タグ:

鷺沢文香「短冊に綴った空想文学」

1: ◆TDuorh6/aM 2016/07/08(金) 01:03:38.40 ID:nr9ey/Um0

・これはモバマスSSです
・地の文が多いです



SSWiki :http://ss.vip2ch.com/jmp/1467907418

続きを読む

タグ:

モバP「妹が欲しい」

2: ◆TDuorh6/aM 2016/02/25(木) 02:26:12.33 ID:PSLJSAfX0

ちひろ「急にどうしたんですか?」

P「いやほら、俺って割とデリカシーが無いとか女心が分からないとか言われてるじゃないですか」

ちひろ「あぁ…それで?」

P「もし妹や姉がいたなら、そう言う事もある程度学べたんじゃないかと思いまして」

ちひろ「成る程…それは確かにあるかもしれませんね」

P「この仕事に就くまであまり女性と接する機会が少なかったのもありますけど」

P「流石に今から妹と言うのは年齢的に難しいのはわかってますけどね」

続きを読む

タグ:

フレデリカ「きっと甘くて特別な」

2: ◆TDuorh6/aM 2017/02/14(火) 20:45:10.63 ID:vHWBdB42O
ふんふんふふーん、ふんふふーん


鼻歌交じりにアタシは歩く。
まだ少し冷えるビルの群れの中、両手をフラフラさせながら。
期待交じりの、不安交じりの。
そんな雰囲気の中、紙袋を横にならないように携えながら。


まーアタシは不安なんて無いんだけどね?
だってチョコ作るの楽しかったし!
世の中には楽しんだ者勝ちって素晴らしい言葉があるからねー。
だったらフレちゃんは常に勝者!


勝ち負けに拘る訳じゃないけど、敗者はねー…
フレちゃん歯医者さん苦手だし。
生まれてこの方虫歯になった事ないけど。
あ、もしかしてこのチョコを渡したら虫歯になっちゃったりしないかな?

続きを読む

タグ:

モバP「お見合い!」

2: ◆TDuorh6/aM 2015/11/15(日) 21:14:36.83 ID:OtBfLvo40
ちひろ「え!プロデューサーさんがですか?!」

P「はい。今週末の予定です」

ちひろ「結婚願望とかあったんですか?」

P「まぁ、多少はありましたよ」

ちひろ「それにしてもお見合いとは…」

P「上司から何事も経験だと押し付けられまして…なんでも、ある有名なアイドルプロダクションの社長に頼まれたそうです」

ちひろ「うちの事務所ですら断れないとなると…もしかして」

P「おそらく想像通りですよ。そこの事務員さんが御相手です」

ちひろ「はぁ…」

続きを読む

タグ:

鷹富士茄子「過去神社」

1: ◆TDuorh6/aM 2015/10/29(木) 19:11:36.43 ID:P2jucTz1O

・コレはモバマスssです
・気分を害する展開があるかもしれません

・モバP「過去神社」


の続きです


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1446113496

続きを読む

タグ:

モバP「過去神社」

1: ◆TDuorh6/aM 2015/10/29(木) 01:17:27.65 ID:aCN+kuKg0

・これはモバマスssです
・P表記で進めます
・若干のキャラ崩壊があるかもしれません
・気分を害する展開があるかもしれません

元ネタは世にも奇妙のあれです

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1446049047

続きを読む

タグ:


お知らせ
また、サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
カテゴリをあいうえお順にしました、

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
ピックアップカテゴリ
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク