タグ:◆OFPPQdZV86

八幡「青春ラブコメの主人公」【後編】

前スレ:

八幡「青春ラブコメの主人公」【前編】



407: ◆OFPPQdZV86 2013/01/28(月) 02:22:18.94 ID:YWa2pJpr0
ビクビクしながら迷路をひた歩く。

見通しが悪い故に常に耳を澄まして歩き、角を曲がる際には念のため様子を窺ってから進むようにしていた。

既に方向感覚が失われてから久しい。

ただでさえミノタウロスに追われて気が滅入っている上に、まるで代わり映えのない風景がさらに精神を圧迫してくる。

呼吸は浅く、鼓動がやけにうるさい。

俺は本当に進んでいるのだろうか。いや、そもそも迷路において進むとは一体何を指すのか。

俺は今、前進している。しかし、文字通り前に進んでいるだけに過ぎない。

隣人部の連中がミノタウロスに襲われたかは確認のしようもないが、俺と雪ノ下は遭遇してしまった。

その分時間を浪費している。

もしあれがなければ例の法則で今頃ゴールできていたかもしれない。

考えても仕方のないことではあるが、そうせざるにはいられない。

作戦上、こちらで機能しているのは既に由比ヶ浜だけだ。

俺はこんな状態だし、雪ノ下は体力が尽きるのは目に見えている。

このままでは負けてしまうかもしれない。

せめて、由比ヶ浜だけでも無事でさえいてくれれば。

続きを読む

  タグ:

八幡「青春ラブコメの主人公」【前編】

2: ◆OFPPQdZV86 2012/07/02(月) 00:39:40.80 ID:nTBVt/Bm0
第一話「鴉鳴いてわたしもぼっち」



色々あった夏休みが終わり、二学期に入ってからもちらほらと平塚先生によって舞い込んでくる依頼もとい命令をそれなりに、おざなりにこなしていた。

雪ノ下との勝負にはいつの間にか由比ヶ浜も加わっていて、現在勝負は一進一退の膠着状態に陥っている、らしい。

勝負とか何でしたっけ、俺すっかり忘れてたんだけど。ねえ誰かこれ覚えていた人いんの? 

そもそもなんで勝負しているのかもわからない。由比ヶ浜はともかく、雪ノ下と戦って勝てる事なんて殆ど無いに等しい。

痛い目や辛い目を見るのは必至である。常に敗者の俺は陽の目を見ない。ついでに言えば雪ノ下は俺の目を見ない。

しかし、殆どないということは逆に言えば少しはあるということである。

容姿端麗成績最高スポーツ万能県議会委員の娘で帰国子女の雪ノ下に勝る俺。

俺SUGEEEEEEEE! どのくらいかって言えば魔法科高校のお兄さんくらい。

過去の痛い勘違いなら雪ノ下なんて目じゃないぜ! なにそれよけい辛い。

続きを読む

  タグ:

星奈「あたしたちはまだ友達が少ない」

4 : ◆OFPPQdZV86 :2011/08/15(月) 21:04:13.97
第一話「明日次郎降臨!」


今年最後の授業を終えた放課後、夜空と並んで部室に向かう。

この学園は二期制なので、終業式は無い。冬休みにどこかに行く計画を相談する友達がいない俺たちは、早々に教室から退散した。

「全く……リア充共め……。スノボだの初詣だの、わざわざ教室で話さなくてもワックとかで話せばいいだろうに……。あれは私達への当てつけなのか?」

「それは考えすぎだろ」

「しかも居座るからってHRのときから教室の暖房を強くしすぎだ。暑くてかなわん」

そう言ってタイを緩める。

「それは確かにそうだったな」

「そう言うわりに平気そうじゃないか」

「俺はカーディガン着てないからな。似合わないし」

「そうか、では私も脱ぐとするか」

そんな益体もない事を話していると、いつの間にか部室の前に着いていた。

続きを読む

  タグ:


お知らせ
また、サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
カテゴリをあいうえお順にしました、

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

Twitter

SSなびのTwitterアカウントです

最新記事
ピックアップカテゴリ
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。