タグ:◆Dm8ArSIo3MOQ

杏「たまにはダラダラしようよ」 モバP「たまには?」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/10(水) 02:01:59.01 ID:/u+fX4Xq0
杏「ずーっと働き詰めなんて体によくないよ。知ってる?野生動物だって必要以上に狩りはしないんだよ」

モバP(フフーン、以降P表記ですよ!)「知ってるか?その代わり必要以上にダラけたりもしないんだぞ」

P「それに生きていく為には働かないといけないしな」カタカタカタカタ

杏「プロデューサーはどう考えても必要以上に働きすぎだと思うけどね」

P「杏はどう考えても必要以上に休みすぎだと思うけどな」ッターン

杏「屁理屈」

P「おまいう」カタカタカタカタカタカタ





P「…で、いつまでソファの下に挟まってるつもりだ?」

杏「察してよ」

P「太った?」

杏「服が引っ掛かってるだけだよ。年頃の女の子に何てデリカシーが無い」

P「デリカシーぐらいあるわい。相手によって使用するかしないかってだけで」

杏「最低だー。今の発言で杏は酷く傷心しました。2週間の休みを要求します」

P「次の輿水チャレンジのスペシャルゲスト決定な」

杏「人間、やっぱり程々に労働するのが正しい姿だよね」キリッ

P「いいから出てこいヤドカリアイドル」スポンッ

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1470762118

続きを読む

タグ:

モバP「ごく平凡な夏の1コマ」 ちひろ「嘘つけ」

1: ◆Dm8ArSIo3MOQ 2016/08/31(水) 00:45:07.79 ID:s67gAOjm0
ちひろ「もう夏も終わりですねぇ」

モバP(以降P表記頑張ります!)「そうですね。とは言えまだまだしばらくは暑い日が続くでしょうけど」カタカタカタカタッターン ボンッ

ちひろ「夏休みも終わっちゃいますね」

P「会社員には元々あんまり関係無いですけどね。学生組は宿題終わってないー、とか騒いでましたね」

ちひろ「宿題、懐かしい響きですね…。私は夏休みの宿題は7月中に終わらせてましたけど。プロデューサーさんはどうでした?」

P「夏休み初日でフルスロットルで終わらせて休みを最大限エンジョイしてましたね」

ちひろ「あぁ、学生時代からバケモノだったんですね」

P「え、ひどくない?」






アッキー「短編、オニムバス形式だ。深く考えず頭を空にして読むのがSSのルールだろう」

SSWiki :http://ss.vip2ch.com/jmp/1472571907

続きを読む

タグ:

芳乃「ラジオ番組ですー」 乃々「そ、それゲームボーイですけど…」

1: ◆Dm8ArSIo3MOQ 2016/08/05(金) 00:37:22.80 ID:6ptJSVEz0
芳乃「ほー?」

乃々「ラジオはこっちです…どこから持ってきたんですか…」

芳乃「間違えましてー」

乃々「も、もりくぼも初めて実物見たんですけど…過去の遺物なんですけど…ソフト刺しっぱなんですけど」

芳乃「ほー?」

乃々「…え、SD武者頑駄無…?流石に全然知らないんです…」

乃々「って、いきなり脱線してるんですけど…」

芳乃「これはこれはー、失礼致しましたー」

乃々「あの、今日はどのようなご用件で…芳乃さんと二人きりだなんて、もりくぼは芳乃さんの聖属性オーラに消滅してしまいます…」

芳乃「かの者が言いましてー」

芳乃「わたくし、今度ラジオのぱーそにゃりてぃー、というものをやるそうなのでー」

乃々「パーソナリティー、ですけど」

芳乃「そう、それですー」

芳乃「わたくし、何分初体験なものでー。それならば先輩ぱーそなりふぃーにアドバイスを貰って来れば?と」

乃々「パーソナリティーですけど」

乃々「…って、先輩ってもりくぼのことなんですけど!?」

芳乃「ご指導ご鞭撻、お願い致しますー」ペコリン

芳乃「あ、これはつまらないものですがー」

乃々「歌舞伎挙げ!」

SSWiki :http://ss.vip2ch.com/jmp/1470325042

続きを読む

タグ:

モバP「初詣に」 芳乃「参りましょー」

1: ◆Dm8ArSIo3MOQ 2017/01/07(土) 01:43:28.33 ID:XMyk7EWD0
芳乃「日付が変わりましたー」

モバP(ダー、以降P表記です)「うわ、俺年が変わる瞬間蜜柑の皮剥いてたわ」

芳乃「わたくしはー、歌舞伎揚げをー」ボリボリ

P「今年もこんな調子なんだろうなぁ」

芳乃「よきかなーよきかなー」

P「明日は朝イチで初詣だし、早めに寝とくか」

芳乃「夜はまだまだこれからなのでしてー」

P「夜更かししてっと大きくならないぞ?」

芳乃「むぅぅー」

P「むくれても可愛いだけだぞー」

芳乃「そなたは今年もーいじわるなのですー」

P「プロデューサーのSはサディストのSだからな」

芳乃「どこにSがー」

P「どうせいつもみたいに朝「眠いのでしてー」ってなかなか起きられなくなるんだから。ほらほら、早く寝なさい」

芳乃「まだ眠くありませんー」

P「早めに寝て明日1日たっぷり遊べばいいじゃん」

芳乃「まだ「今夜も生でさだまさし」がー」

P「ラリホー!」

芳乃「すやぁ…」

P「よし」





芳乃「起きるのでしてー。起-きーるーのーでーしーてー」ペチペチペチペチペチペチ

P「うぅ…眠いのでしてー…」

芳乃「そなたは昨夜ー何時に寝たのでしてー。寝たのでしてー」ペチペチペチペチペチペチバキペチペチペチグシャペチペチ

P「あばばばばばばば」

SSWiki :http://ss.vip2ch.com/jmp/1483721008

続きを読む

タグ:

芳乃「水垢離でしてー」 モバP「プールだよ」

1: ◆Dm8ArSIo3MOQ 2016/07/29(金) 00:05:33.98 ID:MBtgizTd0
芳乃「ほー」プカプカ

芳乃「涼しくー、心地よいのでしてー」プカプカ

芳乃「…ほぉー」プカプカプカ

芳乃「ほほぉー」プカプカプカプカ



モバP(以降P表記。わかるわ)「あれ芳乃?おーい芳乃ー?」

P「あれ、さっきまでここにいたのに…おーい!芳乃ー、芳乃さんやーい!」




芳乃「どこまでいくのでしょうー」プカプカプカ

芳乃「このままー、どこまでも流されていくのでしょうかー」プカプカ

芳乃「…いけませんー。それではかの者に会えなくなるのでー」

芳乃「うんしょ、んっしょ……」

芳乃「駄目ですー、この流れには逆らえませんー」プカプカ

芳乃「うぅ…」

芳乃「そなたぁー…」




P「あ、いた」

芳乃「そなたー」ガシッ

芳乃「危うく、もう二度と会えないかとー」

P「いや、流れるプールなんだから1週すりゃ戻ってきますわ」

SSWiki :http://ss.vip2ch.com/jmp/1469718333

続きを読む

タグ:

モバP「事務所に来たら智絵里が床に落ちてた」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/20(水) 01:30:04.08 ID:44Ce04310
智絵里「」チーン

モバP(以降P表記。まぁ悪くないかな)「うわぁビックリしたぁ!!」ビクッ!

P「お、おーい智絵里?智絵里だよな…どうした、床に転がってたら汚いぞ?」

智絵里「」チーン

P「…智絵里?おーい……もしかして暑すぎて床で冷を取ってるとか?」

智絵里「」チーン

P「ち…智絵里?寝てるだけだよな?」ツンツン

智絵里「」チーン

P「お、おい智絵里。寝てるだけだろ?なぁ!返事をしてくれ智絵里っ!智絵里ぃい!!」ユサユサ

智絵里「」智ーン


P「…グスッ…誰だ、誰だよ智絵里をこんな姿にしたのは…」

P「教えてくれこずえ…どうして現場に血が流れるんだ…!」

こずえ「しらないのぉー」

P「……あ、クローバー落ちてる」

P「なんだ、単に抜けてただけか」プスッ

智絵里「はうっ」ビクンッ

智絵里「…あれ?私、どうしてこんなところで寝転がって…」

P「おはよう智絵里。具合はどうだ?今日の朝ご飯何食べたか覚えてるか?」

智絵里「あ、あれ?プロデューサーさん…?あ、はい…大丈夫です。今朝はコーンフレークです」

P「よし、大丈夫そうだな。心配したぞ」ナデナデ

智絵里「え?えっ?」

智絵里「あっ」ポロッ

P「あっ」

智絵里「」パタンッ

P「しまったちゃんと刺さって無かった!ちえりっ!智絵里ぃーー!!」

智絵里「」智ーン

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1468945803

続きを読む

タグ:

凛「プロデューサーが風邪?そんなまるで常人みたいな」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/26(木) 01:32:52.46 ID:pB+csejD0
未央「ちょいちょーい、しぶりんしぶりん。プロデューサーだって一応人間だよ?」

凛「…そうだっけ。1人でありえない量の仕事捌くしありえない数のアイドル担当してるから、つい忘れちゃうよ」

卯月「不発弾踏み抜いても生きてましたしね!」

未央「まぁそんなプロデューサーでも風邪ぐらいは引くって訳だよ。だから今日はお休みだってさ」

凛「ふーん…仕事は大丈夫なの?」

未央「昨日、「何か体がダルい…風邪っぽいから動けるうちに1週間分の仕事終わらせておこう」って前倒しでやっといたんだってさ」

凛「やっぱり常人じゃないよ超人だよ」

卯月「むしろ怪人かもしれません!」

未央「否定はしないけどさ」

凛「そっか、じゃあ今日のレッスンも休みなんだね」スタスタ

未央「ちょいちょーい!」

凛「何?どうしたの未央。通れないんだけど」

未央「通せんぼだからね!」

未央「何でサラリと帰ろうとしてるの。私達のレッスンは普通にあるよ!」

凛「え、何で?」

未央「むしろこっちが何でって聞きたいよ」

凛「レッスンあるの?じゃあお見舞いはどうするの」

未央「普通に終わった後で行こうよ!」

凛「え、お見舞いよりレッスンが優先なの?」

未央「しぶりん、私達アイドル。レッスン大事。オーケー?」

卯月「凛ちゃんポンコツです!」




ちひろ「あの怪人、私の仕事まで終わらせてったよ…」ズズーッ

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1464193972

続きを読む

タグ:

モバP「楓さん自重。楓さん、こら高垣」

1: ◆Dm8ArSIo3MOQ 2017/04/08(土) 00:53:10.87 ID:AYkuPmVc0
楓「……」キョロキョロ

モバP(以降P表記だよ♪あれ、アッキー?)「楓さーん、こっちですよこっち」

楓「…!」

楓「……?」ピョン、ピョンッ

P「こっちですってば。おーい、ここです、ここー!」フリフリッ

楓「……!」パァッ

P「あ、見つけた見つけた。そんな急に走ると蹴躓きますよーって、あっほら」

楓「あいたた…」

P「大丈夫ですか?ああもう、膝ちょっぴり擦り剥いてるじゃないですか」

楓「すみません…プロデューサーのお姿を見つけたもので」

P「別に逃げやしませんよ。迎えに来たんだから」

楓「本当は私が先に見つけて気づかれる前に捕まえたかったんですけど」

P「逃げやしませんてば!」

楓「足元の石に足を取られてすとーん、って転んじゃいました」

P「33点」

楓「!?」

P「取り敢えず移動しましょう。その膝も消毒しないといけませんし」

楓「あ、あのっ、もうちょっと点数上げて貰えませんか?」

P「はいはい、行きますよ25歳児さん」

楓「あ、ちょっとだけ待って貰えますか」

P「忘れ物でもしました?」

楓「えいっ」ピロリンッ

P「ちょ」

楓「2人で地方ロケなう、と…」

P「うわぁツイートして3秒立たずに物凄い反応だぁ」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1491580390

続きを読む

タグ:

モバP「今年1年を振り被って」 時子「振り返りなさいよ」

1: ◆Dm8ArSIo3MOQ 2016/12/31(土) 01:08:47.94 ID:PNlBW6o/0
ラッシャイマセェー? アリャットゴザッシタァー ココロガオドルナ!


モバP(以降P表記ぽよ~☆)「うっわ、流石年末。めっちゃ混んでるな…」ガラガラッ

P「えーっと、空いてる席、空いてる席…」

時子「…」

P「…」

P「……」

P「よし、空いてないから諦めるか」メールデシテー メールナノデシテー ソナター?

P「ん?」ピッ


『アァン?』


P「…」チラッ

時子「…」クイクイッ

P「……」

P「さてと、別の店探すか」

時子「アァ?」




ギョーザオマタセシヤッシタァー ソコノラーユヲトッテクレ マッテローヨ

時子「あれだけしっかり目を合わせておいて無視しようだなんて、随分良い度胸してるじゃない」

P「いやぁ、折角1人でのんびり飲んでるところを邪魔したらあかんかなぁ~、って」

P「んで今更だけど相席で良かったのか?」

時子「人の顔を見てコソコソ逃げる豚には一から躾し直す必要があるでしょう?今だけ我慢してあげるわ。額を擦り付けなさい」

P「あ、トッキーそこのドリンクメニュー取って?」

時子「もう一度そのフザけた呼び方したらこの店の裏メニューにしてあげるわ」スッ

P「サンキュートッキー」

時子「ちょっと店員。厨房を使わせてもらうわよ」

SSWiki :http://ss.vip2ch.com/jmp/1483114127

続きを読む

タグ:

モバP「ふみちゃんは語りたい」

1: ◆Dm8ArSIo3MOQ 2017/02/12(日) 00:19:59.92 ID:tIT1oVI/0
文香「…」ペラッ

文香「………」

文香「…………」ペラッ

文香「……」

文香「………ふふっ」

文香「…」ペラッ

文香「………」

文香「…………」パタン

文香「…なるほど。興味深いです…」

文香「早速、試してみるとしましょう…」ゴソゴソ

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1486826399
>

続きを読む

タグ:

モバP「鬼は外ー」パシッ ちひろ「痛っ」

1: ◆Dm8ArSIo3MOQ 2017/02/01(水) 00:56:41.94 ID:o+jqY0Mv0
ちひろ「いきなり何するんですか!」

モバP(以降P表記じゃけぇ)「ちひろさん、節分ですよ!節分!」

ちひろ「ええ、ええ。もちろん知っていますとも。けどそれと私に豆をぶつける事にどういう因果関係が?」

P「え、ちひろさんって鬼じゃないんですか?」

ちひろ「違いますよ」

P「あれ?おかしいな」

ちひろ「ちなみに悪魔でもありませんからね」

P「財布の破壊者チィケイドですもんね」

ちひろ「あ、その豆ちょっと借りますね?」ヒョイ

P「どうぞどうぞ」

ちひろ「ありがとうございます」スッ

ちひろ「どっせい!」バシッ!

P「めっちゃ痛い!!」




P「いてて…豆って人体にめり込むものなんですね」

ちひろ「まったくもう!まったくもう!」プンスカ

P「いやぁ、常日頃から鬼だの悪魔だの黒魔神闇皇帝だの言われてるちひろさんには取りあえず投げつけとかないと、と」

ちひろ「私のことを何だと思ってるんですか」

P「ハハッ」

P「そういう訳で他のみんなとも折角の節分を楽しんできますねー」トテトテトテトテ

ちひろ「ちょっと答えてくださいよ!それに節分ってそんなテンション上がるイベントでしたっけ?うわ、何て無駄な行動力!」

ちひろ「まったくもう…仕事終わらせた後だから良いですけど、あの社畜はもぉ…」

ちひろ「…あれ?いつの間にかデスクの上に恵方巻が」

ちひろ「………」

ちひろ「まったくもう」モキュモキュ

SSWiki :http://ss.vip2ch.com/jmp/1485878201

続きを読む

タグ:

モバP「カネゴンとお出かけ」 ちひろ「千川だよ」

1: ◆Dm8ArSIo3MOQ 2016/09/21(水) 00:56:51.04 ID:RhZmIpV80
モバP(以降P表記よ、この豚)「すみません、お待たせしました」

ちひろ「いえいえ、私もついさっき来たところですよ」

P「そうですか?なら良かった」

P「それにしてもちひろさん随分早いですね。俺も割と早めに着くようにしたつもりなんですが」

ちひろ「ふふ、女性を待たせるなんてまだまだですね、プロデューサーさんも」

P「やっぱり待たせてたんじゃないですか」

ちひろ「言葉のあやですよ。ほら、行きましょう?」

P「ええ。…あ、そうだ」

P「…コホン」

P「今日1日よろしくお願いしますね、ちひろさん」

ちひろ「はい、こちらこそ。よろしくお願いします」

P「…」

ちひろ「…」








P「…気持ち悪くなってきたんでそろそろやめましょうか」

ちひろ「そうですね…普段通りでいきましょう」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1474387011

続きを読む

タグ:

文香「…プロデューサーさんは、無責任です…」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/17(金) 01:26:36.66 ID:1lFJE0x60
モバP(以降P表記)「まだ残ってたのか」

文香「…すみません。キリの良い所まで、とは思っていたのですが…」

P「いや、別に怒ってる訳じゃないよ」

文香「…あの、もう少しで読み終わるので……」

P「構わんよ。事務所の戸締りしてるから」

文香「はい…ありがとうございます」

P「読み終わったら声かけてくれるか?」

文香「…」

P(もう聞こえなくなってるよ、流石と言うか…)



文香「…ふぅ」パタン

文香「すいませんでした、プロデューサーさん。随分お待たせしてしまって…」

P「ん、別に気にしないでいいよ」

P「じゃ、帰ろうか」

文香「はい……あぅっ…!」

P「おっと!」ガシッ

文香「いたた…す、すいません…」

P「…大丈夫か?また悪くなってるんじゃないか?」

文香「だ、大丈夫です…」

P「本当に?」

文香「ほ、本当に…です」

P「なら、いいんだけどさ…」

SSWiki :http://ss.vip2ch.com/jmp/1466094396

続きを読む

タグ:


お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク