FC2ブログ

タグ:◆8ozqV8dCI2

乙倉悠貴「貴女の特別」

1: ◆8ozqV8dCI2 2018/02/08(木) 23:12:22.65 ID:YzLmVQlD0
悠貴(小さくて可愛くて自由な貴女は、初めて見た時から私の特別でしたっ)

悠貴(そんな貴女から可愛いと言われると嬉しくて、いろんな人に同じことを言ってると知って悲しくて)

悠貴(でもやっぱり嬉しくてっ!)

悠貴(いつか貴女からも特別と思ってもらえる私になるために)

悠貴(憧れの先輩の隣を目指して、今日も私は走っていますっ)


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1518099142

続きを読む

  タグ:

【SS】棟方愛海の見えざる手

1: ◆8ozqV8dCI2 2017/12/16(土) 17:27:45.67 ID:YYiK24eN0
愛海「透明人間になったら何をするか」

愛海「誰もが一度は、人によっては週に一度は考えるこの問いに、あたしはこう答えよう」

愛海「お山に登る!」

愛海「姿さえ見えなければこっちのもの。あんなお山もこんなお山も自由に登り放題パラダイス。最高だよね」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1513412865

続きを読む

  タグ:

棟方愛海「あたしの罪としがない苦しみ」

1: ◆8ozqV8dCI2 2017/11/19(日) 01:52:38.26 ID:QUXWsklw0
「貴女のせいよ」

夕日が射す教室で、彼女は言った。

「貴女のせいよ、棟方さん」

先ほどまで愛を囁いていた唇が、微笑に歪みながらあたしを責め立てる。

「私、女の子を好きになっちゃったわ。ほんの少し前まで、恋に恋してたっていうのにね」

「貴女に出会わなければ、普通に男の人に恋をしていたというのに」

「今では毎日貴女のことばかり考えているわ」

彼女は笑みを絶やさない。

もうすぐ欲しいものが手に入る、そう確信した顔だ。

「女の子が女の子を好きになるなんて気持ち悪い、なんて言わないわよね?私がこんなふうになったのは貴女のせいなんだから」

「嫌とは言わせないわよ」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1511023957

続きを読む

  タグ:

乙倉悠貴「おめでとうが聞きたくてっ」

1: ◆8ozqV8dCI2 2017/10/09(月) 02:43:04.08 ID:AAvMIUWk0
悠貴(おはようございますっ。乙倉悠貴ですっ!)

悠貴(今私は学校が終わって事務所に向かって走っていますっ)

悠貴(あ、いつも走っているわけじゃないですよっ。今日は特別なんです)

悠貴(それというのも、実は今日は私の誕生日なんですっ!)

悠貴(事務所の皆は忙しいのでパーティーは無理ですけど、皆におめでとうと言ってもらいたくてじっとしていられませんっ)

悠貴(ちょっとワガママでしょうか?でも、いいですよねっ)

悠貴(だって今日は誕生日ですからっ)


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1507484583

続きを読む

  タグ:

【SS】ウサミン星人のいない地球は

1: ◆8ozqV8dCI2 2017/09/18(月) 22:33:40.04 ID:n8F8dLyB0
夢を見た。

一人の少女の夢だ。

少女が憧れたものはキラキラのステージ、オシャレな衣装、響く歌声、鳴り止まぬ歓声。

一目見た時から、少女はアイドルに憧れていた。

そんな少女の憧れが形となったのはつい最近のこと。

たまたま彼女を知ったアイドル事務所のプロデューサーが彼女をスカウトしたことで、彼女は念願のアイドルとしての一歩を踏み出した。

動き出した日常は目まぐるしく、しかしプロデューサーや事務所の仲間だけでなく、ファンからの手助けを受けながら彼女は日々を笑顔で過ごしていた。

それは本当に嬉しくて、楽しくて、どうしようもなく幸せな毎日で。

だから彼女は涙を流しながらこう言った。

「さようなら」

「え……」

その日プロデューサーはいつもより早く目を覚ました。

なぜ自分が泣いているのかはわからなかった。


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1505741620

続きを読む

  タグ:

浅利七海「貴女の温もり」

1: ◆8ozqV8dCI2 2017/06/23(金) 05:47:49.18 ID:en73dGsg0
七海(おさかなにとって人の体温は高すぎて火傷してしまうから、素手で触れてはいけない)

七海(そう言うと貴女は驚いて、ガッカリして、そしておさかなが入ったバケツから離れて七海の手を握った)

七海(七海ちゃんがおさかなじゃなくてよかった、そう言って笑う貴女は眩しくて)

七海(貴女の温もりで火傷しそうだとは言えなかった)


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1498164468

続きを読む

  タグ:

白菊ほたる「貴女の幸せ」

1: ◆8ozqV8dCI2 2017/06/20(火) 12:09:23.90 ID:DITMeo6LO
ほたる(可愛い女の子が好き。女の子の柔らかい部分が好き)

ほたる(初対面で人の胸を揉もうとする女の子)

ほたる(そんな貴女と出会ったのは、間違いなく不幸だったに違いない)

ほたる(それなのに、じゃあ会わなければよかったと)

ほたる(そういうことは考えられない今の私は、きっと幸せなんだと思う)

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1497928163

続きを読む

  タグ:

【SS】愛海と生活!

1: ◆8ozqV8dCI2 2017/05/29(月) 01:38:40.93 ID:CMTHvV/20
モバP「今日はこのへんで終わるか」

愛海「プロデューサー、お仕事終わったの?」

モバP「ああ。ぼちぼち帰るか」

愛海「うん。あ、スーパー寄ろう。牛乳残り少なかったし」

モバP「ついでに夕食の材料買って帰るか。愛海なにか食べたいのある?」

愛海「帰りながら考えようよ」

モバP「そうだな」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1495989520

続きを読む

  タグ:

大沼くるみ「貴女の手のひら」

1: ◆8ozqV8dCI2 2017/05/21(日) 17:11:20.09 ID:JNxUMb9k0
くるみ(たとえば手を差し伸べてくれた時)

くるみ(たとえば別れ際にバイバイとしてくれた時)

くるみ(たとえばお胸を揉まれている時でさえ)

くるみ(貴女の手のひらがこっちを向いている、ただそれだけで)

くるみ(安心しちゃうくるみがいるの)

くるみ(何でかなぁ?)

SSWiki :http://ss.vip2ch.com/jmp/1495354279

続きを読む

  タグ:

二階堂千鶴「コロッケのコロちゃん」

1: ◆8ozqV8dCI2 2017/04/08(土) 23:05:53.15 ID:J+qrADWR0
千鶴「わたくしは二階堂千鶴。セレブですわ」

千鶴「思えば幼い頃から立派なセレブになるためたくさんの習い事をしてきました。ピアノ、華道、英会話、コロッケ、茶道、バレエ……。毎日目が回るほど忙しい日々でしたわ」

千鶴「あら、同情はいりませんわ。セレブに生まれた者として当然の責務ですもの」

千鶴「ただ、あの子と出会ったのも習い事が終わって執事が運転する車で帰る途中でしたと言いたかっただけですわ」

千鶴「今、時間はよろしくて?少々わたくしの昔話に付き合ってくださいな」

千鶴「これは、わたくしが小さな家族と過ごした日々の物語ですわ」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1491660352

続きを読む

  タグ:

【SS】愛海とお仕事!

1: ◆8ozqV8dCI2 2017/04/04(火) 07:03:26.66 ID:rArlI3wPO
モバP「愛海にテレビの仕事取ってきたぞ」

愛海「やった!アイドルの共演者はいるの?」

モバP「いるぞ。他所の事務所だけど」

愛海「うひひ、入念にイメージトレーニングしておかなきゃ」

モバP「ちなみに男性アイドルな」

愛海「プロデューサーお昼まだだよね?駅前にふわふわなサンドイッチのお店ができたらしいから買いに行かない?」

モバP「急速にやる気をなくすな」

愛海「今の話のどこにやる気を見出だせっていうの?」

モバP「テレビの仕事ってところにだよアイドルの愛海ちゃん」

愛海「はいはい、とりあえずお昼にしようよ」

モバP「まったく。じゃあ持ち帰って食べながら話すか」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1491257006

続きを読む

  タグ:

結城晴「二人の勇気が!」 乙倉悠貴「合わさればっ!」

1: ◆8ozqV8dCI2 2017/03/13(月) 12:15:41.32 ID:r1oe/GaXO
晴「うーん、いいのが思い浮かばねえ」

悠貴「晴ちゃん?さっきから唸ってるけど、どうしたんですかっ?」

晴「あ、声出てたか?ちょっと考え事してた」

悠貴「悩みがあるなら相談乗りますよっ?」

晴「いや、大丈夫。これはオレ個人の問題だから、自分で考えねえと」

悠貴「そう?ならいいけど、もし私に手伝えることがあったら言ってくださいねっ」

晴「サンキュー。もう少し考えて駄目だったら頼む」

悠貴「はいっ!」

晴「こう、うまい感じで……」

悠貴(ジュースついであげようかな)

晴「二人とも名前にユウキが入ってるのは使いたいよなあ」

悠貴「それ本当に晴ちゃん個人の問題ですかっ!?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1489374941

続きを読む

  タグ:

市原仁奈「はじめてのおしょくじ」

1: ◆8ozqV8dCI2 2017/01/10(火) 22:40:31.51 ID:1vmwn4+80
ウチは親父が定食屋を営んでいて、息子の俺も時々手伝いをさせられる。

その時々というのは親父に見つかって逃げ切れなかった時という意味なので、つまり俺は親父の手伝う気はまったくない。

だからあの日、バイクで仲間とひとっ走りして帰った日の夜も、裏口から親父に見つからないようにこっそり部屋に戻る予定だった。

だったのだが。

店兼家の前まで帰ってきた時に、俺は見てしまった。

「……うさぎ?」

店の引き戸の前で、人間の子供ぐらいでかいうさぎが店の方を向いて二本足で佇んでいるところを。


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1484055631

続きを読む

  タグ:

【SS】神谷奈緒が眉毛を出荷する話

1: ◆8ozqV8dCI2 2017/05/21(日) 13:32:03.95 ID:JNxUMb9k0
雫「奈緒ちゃん、そろそろ出荷の時期ですから覚えておいてくださいねー」

奈緒「ああ、もうそんな時期か。サンキュー雫」

雫「どういたしましてー。じゃあお仕事行ってきますねー」

奈緒「頑張ってな」

未央「……?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1495341123

続きを読む

  タグ:

浜口あやめになった日

1: ◆8ozqV8dCI2 2017/01/04(水) 22:38:31.75 ID:Jsek1YGi0
どこかの森にある、忍びの隠れ里。

その中にある、頭領と頭領に認められたものしか入れない一室で、私は頭領と対面していた。

これは頭領直々の任務が言い渡されることを意味する。

「浜口あやめ」

頭領は筆でゆっくりと紙に私の知らない名前を書き、私の眼前に差し出した。

「これがそなたの新しい名じゃ」

紙を両手で受け取りながら、私は静かに頷いた。


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1483537111

続きを読む

  タグ:


お知らせ
また、サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
カテゴリをあいうえお順にしました、

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

Twitter

SSなびのTwitterアカウントです

最新記事
ピックアップカテゴリ
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。