FC2ブログ

タグ:◆/BueNLs5lw

クリスタ「ユミルを好きになるお話」ユミル「ほう」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/07(金) 01:19:14.94 ID:uskRd4wD0
『クリスタ―――』



錆びついた鉄の匂いと、火薬の匂い、それと生臭さの中でわたしは目が覚めた。



今は朝だろうか、昼だろうか、それとも夜だろうか。暗闇の中では時間の経過は分からなかった。
そう言えば、どうして自分はここで寝転がっていたのだろうか。なぜ、みんな同じように転がっているのだろうか。


なぜ、転がっていると理解できるのだろうか。


視界の隅に、窓から差し込む光が過った。光が過った床面は赤黒く染まっているように見えた。
なぜ、この部屋はこんなにも気持ちの悪い匂いで満たされているのか。光はすぐに消えた。やはり、光の中でみんなが転がっているのが見えた。


今更ながらに、怖くなった。わたしは立ち上がろうとして、足が異常に重たいのを感じた。足が動かなければ、戦えない。


戦う?



――――あいつらと、戦う?



そうだ、やらなければ食べられてしまう。クモの糸に絡まれるチョウのように、カマキリに噛り付かれるイモムシのように。
私たちは食べられる側なのだ。だから、いつも周りを見ておかなくてはならない。それが、壁の中だったとしても、やつらは壁を越えてくるのだから。ひと時たりとも安心できるはずなどないのだから。



―――壁よりも大きなあいつらと、戦う?



こんなに不安を抱いていて、今にも張り裂けそうな心臓しか持ち合わせていないのに?


こんな筋肉のついていない身体で?


一人で?



―――君は一人じゃない―――



誰かが、最後に言い残して言ったような気がする。耳元に残ってはいたけれど、すぐに消えてしまうような、そんな砂礫のような印象。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1370535554

続きを読む

  タグ:

にこ「私以外、みんなドMウイルスに感染した?」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/22(日) 18:14:50.45 ID:dRA7wokuO
ギャグ、エロ、胸くそあるかも。純粋なラブライバーは閲覧注意



にこ「ケツバットがしたい?」

絵里「うん、にこなら知ってるでしょ」

にこ「そりゃ、まあ、一般常識としては」

絵里「じゃあ、はいこれ」

にこ「あんた、誰に吹き込まれたのか知らないけど、騙されてるわよ? いい、ケツバットっていうのはお尻をバットで叩くことなんだからね


絵里「ええ、知ってるわよ? はい、バット」

にこ「い、いやだから」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1403428490

続きを読む

  タグ:

美琴「白いのが出て行った」インデックス「短髪のバカバカバカ……」

1: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/30(木) 10:47:52.58 ID:uLI2fBIU0
1作目

美琴「なんか白いのに慰められた」インデックス「白いの言うな!」


2作目

美琴「白いのと沖縄行った」インデックス「短髪、パンツ見えてるよ」


3作目

美琴「白いのがメイドになった」インデックス「お茶入れてみたんだよ」


4作目

美琴「白いのが、お、おっぱいを吸ってくる」インデックス「記憶にないんだよ?」




5作目
美琴「白いのが出て行った」インデックス「短髪のバカバカバカ……」

今回はシリアス、百合。書き溜めないので、亀。意味わからんところは脳内補完してください。




インデックス、美琴の部屋を掃除中。

インデックス「ふんふん……」

インデックス「どこもかしこも綺麗すぎるんだよ……ぶっちゃけ私が掃除しなくてもいいような……決してめんどくさくなったとかじゃなく……」

インデックス「……ベッドの下もっと……ん?」

ベッドの下には可愛らしい人形がいくつか置いてあった。

インデックス「クマに、ウサギに、カエルに……ふッ……こんな所に隠してあるなんてお子ちゃま過ぎるかも」

ゴソゴソ

インデックス「んしょ……んしょ」

インデックス「どれもこれも埃がすごいんだよ……あ……これは綺麗」

インデックスが手にとったのは包帯に巻かれたクマの人形だった。

インデックス「こんな悪趣味なのも持ってるんだね……あれ、何か挟まってる?」

ガサガサ――ペラ

インデックス「絶対能力進化(レベル6シフト)計画?」

ペラペラ――ペラペラ

インデックス「……何なのかなこれ……クローン……?」

ペラペラ――

インデックス「帰ったら美琴に聞いてみよ」

パサッ






SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1391046472

続きを読む

  タグ:

美琴「白いのが、お、おっぱいを吸ってくる」インデックス「記憶にないんだよ?」

1: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/16(木) 23:21:09.30 ID:rFPLwkO60
1作目

美琴「なんか白いのに慰められた」インデックス「白いの言うな!」


2作目

美琴「白いのと沖縄行った」インデックス「短髪、パンツ見えてるよ」


3作目

美琴「白いのがメイドになった」インデックス「お茶入れてみたんだよ」




一応続き物ですが、ほとんど単発ギャグssです
今回は、百合、コメディの予定です。書き溜めないので、亀更新です



常盤台女子寮――美琴と黒子の部屋


カーテンの隙間から漏れる月光に、二人の少女が薄ぼんやりと照らし出されている。
一人は上半身半裸ですやすやと船を漕ぎ、一人は一心不乱に何かに吸い付ていた。

ちゅる――ちゅるちゅるっ!

美琴「んっ……」

ちゅぱっ!
ちゅぱぱぱ!!

美琴「……っ」ビクン

インデックス「……チュー」

チュプププ!
チュルン!

美琴「……んァっ?!」ビク!

美琴は突然の刺激に、ベッドから思い切り跳ね起きる。

美琴「な、な……に?」

インデックス「……」

美琴「あ、あんた……?」

インデックス「ばぶうー」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1389882069

続きを読む

  タグ:

まほ「みほが公式試合で私が好きだと言ったらしいのだが・・・」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/10(木) 15:52:48.41 ID:qdXsAWWu0
色々知識足りないのでご容赦を。みほまほ。百合。たぶん18禁



戦車は人の手によって動く機械だ。動かされるものだ。
重厚で高火力な装備をいくら兼ね備えた所で、そこに生命無き以上、轍一つ作れはしない。

戦車は、人間の魂を注いでやる必要がある。
同じように西住流には、西住まほを捧げる必要がある。

私の歩むすべての道が、西住流と言われ続ける。
過去延々と受け継がれてきたこの血によって。

真っ直ぐに、勝利のみを掴みとる。
人間の魂を削り取るように。



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1381387968

続きを読む

  タグ:

美琴「白いのがメイドになった」インデックス「お茶入れてみたんだよ」

1: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/13(月) 19:10:53.79 ID:TRFObCoy0

1作目

美琴「なんか白いのに慰められた」インデックス「白いの言うな!」


2作目

美琴「白いのと沖縄行った」インデックス「短髪、パンツ見えてるよ」






今回は、百合、コメディです。





沖縄旅行から何週間か経った頃――

常盤台寮――美琴と黒子の部屋

美琴「……黒子」

黒子「どうじてなんでずがおねええざま……ッ!?」

美琴「気まぐれと言えば、気まぐれになるのかな」

インデックス「お茶入れてみたんだよ」

コト――

美琴「ありがと」ズズ

インデックス「とうまが作ってる玉ねぎの皮のお茶なんだけど」

美琴「ぶふォ?! げほッ……」

黒子「お、お姉さま、お口から漏れ出してます! 黒子が舐めとりまぐはッ?!」

インデックス「不味くはないでしょ?」

美琴「不味くはないけど、先に言って欲しかったわ……」

インデックス「お世話になるんだからって、持たされたんだけど」

黒子「じゃなくて、お姉さま! インデックスさんをメイドに雇うなんてどういうことですか!」

美琴「だ、だってこいつが借りを返したいって言うんだもん」

黒子「確かに、我が常盤台の学生には個人的に家政婦やメイドを雇う方もいらっしゃいますが……お姉様には、お姉様には! この黒子がいるじゃありませんことおおお?! 用心棒から下の世話まで何もかもお任せして頂けるんではないのですか!?」
インデックス「私は家事雑用できないから、私がいてもいなくても黒子のやろうとしていることの支障にはならないと思うけど」



SSWiki :http://ss.vip2ch.com/jmp/1389607853

続きを読む

  タグ:

美琴「白いのと沖縄行った」インデックス「短髪、パンツ見えてるよ」

1: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/12(日) 21:26:09.64 ID:B6YupFkY0
美琴「なんか白いのに慰められた」インデックス「白いの言うな!」の続編

↑読んだ方が分かりやすいですが、お話は単独でも読めるかも

今回のジャンルは百合、ホラー、コメディ



美琴「うーみー! やっぱり海はいいわね!」

インデックス「短髪、パンツ見えてるよ」

美琴「パンツじゃないわよ! 短パン! それと、短髪言うな!」

インデックス「みこと」

美琴「うッ」ビシッ

インデックス「ほらー、何で名前で呼んだら固まるのかなあ。学園都市にいる時は大丈夫だったのに」

美琴(こっちが知りたいわよ……)

インデックス「それにしても、まさかイギリスに帰らなくても良くなるなんて、思わなかったかも。これで、心置きなくご当地グルメ食べ放題……じゅるる」

美琴「たくッ、何が手違いでした、よ。何のために沖縄来たんだか……。あんたのとこの協会の奴らに一発お見舞いしてやんないと気がすまないわ……」

インデックス「私も帰ったら噛み付いてやるんだよ」

美琴「何が悲しくて意味もなく、あんたと二人で沖縄旅行行かないといけないんだか……」

インデックス「それは、ひどいんじゃないかな? だいたい誘ったのはそっちかも」

美琴「なによ、海行きたいって言ったのはあんたでしょ」ビリッ

インデックス「ちょ、ちょ! 事あるごとに電撃で威嚇しないで欲しいんだよ! 当麻の気持ちが何だかわかるかも……」

美琴「あれは、あいつが毎回逃げるから行けないの……。大人しく勝負すればいいのに」

インデックス「当麻が理由もなく短髪を殴れるわけ無いんだよ」

美琴「別に、言われなくても分かってるわよ……」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1389529569

続きを読む

  タグ:

【SS】イメージプレイ 百合ver

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/24(日) 07:45:09.72 ID:iK6l9jlVO
不快な表現があるかもしれません


私は電話線をハサミでちょん切った。案外と簡単に切断できるのだと知った。
なぜそんなことをしたのかと言うと、これ以上電話をするのはまずいと思ったからだ。

家の電話だった。
母の顔面が歪む。

「何をしてたの?」

私は聞いた。

「あ・・」

彼女は目を見開きつつ、受話器を床に落とした。




SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1408833909

続きを読む

  タグ:

希「昨日、絢瀬さんの誕生日だったん?」絵里「そうだけど、何か?」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/22(水) 23:40:07.68 ID:iR5xjIFp0
希と絵里の過去の日常if
書き溜めなし
短い



希と絵里が1年生だった時のこと
教室にて

ざわざわ――

希「なあなあ……」

ツンツン

絵里「……なに?」

希「昨日、絢瀬さんの誕生日だったん?」

絵里「そうだけど、何か?」

希(何かってことはないやろ……)

希「家で誕生日パーティーとかあるん?」

絵里「パーティーって程ではないけど。ただ、今年は両親が忙しくて妹と二人で祝ったけれどね」

希「へえ……えーなあ」

絵里「あなただって祝うでしょ?」

希「……あ、うん。あははッ」

絵里「ちょっと、何が可笑しいの?」

希「あ、いや」

絵里「どうでもいいけど、あまり、下らないことで時間を取られたくないから、ごめんなさい」フイ

希「ごめんな」

絵里「謝らなくてもいいわよ」

希(……下らない、か。そうなんかな。そうなんかもな)




SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1413988797

続きを読む

  タグ:

海未「穂乃果を買わされた」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/12(日) 01:48:39.78 ID:fv2c/MMJ0
穂乃果の日常if
書き溜めなし
短い




園田家


ピンポーン

海未「はーい」

凛「こんにちはー」

海未「あら、凛じゃないですか。珍しいですね。というか、よく私の家がここだと分かりましたね?」

凛「穂乃果ちゃんに聞いたんだよ」

海未「穂乃果に?」

凛「うん、穂乃果ちゃんに」

海未「ところで、上がって行きますか?」

凛「あ、ここで大丈夫だよ。実は今みんなに聞いてるんだけど、穂乃果ちゃんのことどう思ってるのかなって」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1413046109

続きを読む

  タグ:

絵里「暗い、狭い、怖い」花陽「こういうじめっとして狭い所、落ち着きます……」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/20(月) 23:40:09.71 ID:khQY+8Sy0
絵里と花陽の日常if
書き溜めなし
短い


穂乃果「じゃんけんの結果、今日の掃除当番は絵里ちゃんと花陽ちゃんになりました!」

絵里「あらら、まあしょうがないわね」

花陽「最近部室に私物を置きすぎていたので、ちょうど良かったです」

穂乃果「あ、あの、それから……隣りの掃除用具が入ってる小さい部屋も片付けてもらってもいいかな。実は、先生に頼まれちゃって」

海未「穂乃果、頼まれたのはあなたじゃないんですか?」

穂乃果「う……実はこの後、雪穂と映画に行く約束をしておりまして……」

ことり「すっかり忘れてたんだね」

穂乃果「その通りでございます……」

希「じゃあ、うちとにこっちが」

にこ「ええッ、なんでにこが」

希「うんん?」ニコ

にこ「ひィ……その顔止めなさいよ」

絵里「いいわよ、ついでにやっておくわ。ねえ、花陽」

花陽「あ……は、はいッ」

凛「かよちん、頑張ってね」ポン

花陽「え、あ、う、うん」

真姫「大丈夫?」

花陽「へ、へーきですよ?」

真姫「……ふーん、ま、いいけど」

希「どうしたん?」

花陽「な、なんでもないですッ」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1413815999

続きを読む

  タグ:

穂乃果「絵里ちゃん、希ちゃん、あのね」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/19(日) 21:15:19.28 ID:mXWgMEuu0
穂乃果の日常if
書き溜めなし
短い



3年生の教室――

希「なあ、今日は寒いしコンビニで肉まん買って帰らん?」

絵里「そう言って、一昨日も食べてたじゃない」

希「そやったかなあ?」

絵里「私は別に構わないけど……」

さすさす

希「ちょ、ちょっと……えりち、何お腹触っとん?」

絵里「スカートきつくなっても知らないわよ」ニヤ

希「えりちのいじわる……」

ダダダダ――

絵里「うん?」

ガララ!

穂乃果「絵里ちゃあああん、希ちゃあああん!!」


SSWiki :http://ss.vip2ch.com/jmp/1413720909

続きを読む

  タグ:

にこ「少女の影」

1: ◆/BueNLs5lw 2014/10/24(金) 22:36:29.79 ID:fHYJJGwj0
絵里「青春の影」」、希「青春の影」と同じ世界観で、にこのその後みたいな感じ
書き溜めなし
のろのろ



この胸の中には、いつもとびきりの笑顔をくれる少女がいた。



希がにこの家に遊びに来てから、随分と日が経った頃。

にこ「……」

にこは送られてきたSNSのメッセージに、苦笑いする。

にこ「何よこれ、仲直りできたってこと?」

絵里と希の両方から、キャラクターが深々とお辞儀するスタンプが貼られていた。

にこ「別に、にこは何もしてないし……」

適当にスタンプを貼り付けて、メッセージを送信する。

にこ「人の応援なんてしてる場合じゃないのにね」

携帯をベッドに放り投げて、椅子にもたれかかる。
肌寒い。

時計の針の音。日が陰り始めていた。
時間が進んでいる、それがふいに物悲しい。

にこ「洗濯物、入れよ……」




SSWiki :http://ss.vip2ch.com/jmp/1414157779

続きを読む

  タグ:

幼馴染の末路4

1 : ◆/BueNLs5lw :2016/01/20(水) 20:13:41.93

幼馴染の末路


幼馴染の末路2


幼馴染の末路3



百合
かれん視点


結局、次の日、ひよちゃんは大学に顔を出しませんでした。
あの日、私の部屋に脱ぎっぱなしだった服は全部無くなっていました。
つまり、嫌われてしまったということだと思います。
当たり前です。
初恋だったんですが。
実らないとも言われてますし。

ひよちゃんの喜ぶ顔が見たくて、私がやってきたこと、
その全てがたった一日で無駄になってしまいました。
あまり言い訳もしなかったので、今までの日々が全て下心でできていた、
なんて思われてしまったらどうしましょうか。
仕方がないですかね。
それだけのことを、私はしたのですから。

何もせず、ひよちゃんの隣で笑い合う未来もあったのに。
どうしてその未来を選べなかったのでしょうか。
壊れた関係を戻すために、また、同じ時間を過ごしたい気持ちもあります。
でも、それはしません。
そういう約束を私はあえて交わしたのです。
ひよちゃんに近づいて分かったのは、
自分は滑稽だと言うことでした。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1453288421

続きを読む

  タグ:


お知らせ
また、サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
カテゴリをあいうえお順にしました、

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

Twitter

SSなびのTwitterアカウントです

最新記事
ピックアップカテゴリ
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

フリーエリア