智樹「イカロス、今日のご主人様はVIPPERの皆さんだ」

1: トモキでぇす 2012/10/30(火) 18:04:11.57 ID:pDJmF4Fl0
智樹「お前らも分かったな?」

イカロス「びっぱー?」

ニンフ「なにそれ?」

アストレア「おいしいの?」

智樹「食い物じゃねーよ、これ…PCの中に居る人の事だ」

ニンフ「ふーん?ネットワークの向こう側のニンゲンって事か、それがご主人様ってどういう事よトモキ?」

智樹「お前らさ、俺に命令してくれってよく言ってんじゃん?」

ニンフ「……まあ、そうね」

アストレア「わたしはいってないけど」

智樹「だからな、普段命令(安価)慣れしてるであろうVIPPERの皆さんせっかくだからやって貰おうと思ったんだよ」

アストレア「だからわたしはあんたにめいれいしてなんていってないってば!!」

智樹「うるせー!!お前はついでじゃいついで!!」
イカロス「……?」キョトン

続きを読む

タグ:

赤セイバー「問おう、そなたが余を招きし奏者か」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/01(水) 23:46:14.55 ID:7WKhEyPu0
切嗣(透けてる…)ガンミ

セイバー「これ、余に見とれるのは良いが返事くらいせぬか」

切嗣(小さい…)ガンミ

セイバー「む?そなた今失礼なことを考えなかったか?」チマーン

続きを読む

タグ:

アスカ「男は素直で可愛らしいのが好き・・・ツンデレは時代遅れ」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 06:37:59.01 ID:4+CKtbn30
アスカ「・・・」

アスカ「これって・・・私の事言ってるの?」

アスカ「気に入らないわね!!編集部に文句言ってやるわ!!」

アスカ「その前に・・・」

アスカ「シンジッ!!ちょっと来なさい!!」

シンジ「なんだよアスカ・・・焦げちゃうよ・・・」

アスカ「抜き打ちテストぉおおお!!」

シンジ「えっ!何のだよ!!?」

アスカ「言わないから抜き打ちなのよ!!バカ!!」

シンジ「酷いなぁ・・・」

アスカ「2択問題!!問題数は気分で決めるわ!!」

シンジ「はぁ・・・どうせ拒否権はないんでしょ?」

アスカ「正解!!いくわよ!!」

シンジ「どうぞ・・・」

アスカ「今から見せる二つの仕草で、いいなと思う方を答えなさい!!」

続きを読む

タグ:

夕美・美波「甘えるよ!!」カッ!! 文香「…ええ」

1: ◆hAKnaa5i0. 2017/11/13(月) 14:58:49.48 ID:/1Zhxejo0
夕美「プロデューサーさんに甘えるよ、美波ちゃん!」カッ!

美波「プロデューサーさんに甘えようね、夕美ちゃん!」カッ!

2人「「やるよ!!」」ガシッ!!

夕美「ところで美波ちゃん!」

美波「どうしたの!」

夕美「『甘える』って具体的にはどうやるの?」

美波「…」エ-ト

夕美「…」

美波「…」

夕美「…」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1510552729

続きを読む

タグ:

渋谷凛「恋するスカート」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/28(水) 23:37:22.51 ID:ROJ5+eJL0

プロデューサーのことは初めて見たときから何か特別なものを感じていて、気がつくと目で追ってたりして

まじめで、厳しくて、でも優しくて、アイドルのみんなのことを一番に考えているところも好きで…

いつもプロデューサーのことばかり考えてしまって、夜も眠れなくなって、胸が苦しくなるんだ

この気持ち、どうしたら良いのかな?




凛(・・・いや、自分のスカートに筆談で恋愛相談されてる私の気持ちはどうしたらいいの?)

スカート[あの~~、凛ちゃん?聞いてる?]サラサラ


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1482935842

続きを読む

タグ:

モバP「ノースリーブのタートルネックってエロくない?」渋谷凛「……え?」

1: ◆TOYOUsnVr. 2018/02/02(金) 01:44:50.92 ID:BHsgrPsN0
凛「いや、えっ?」

P「ノースリーブのタートルネックってエロくないですか、って」

凛「それ。私を見て言ってる?」

P「他にどこにノースリーブのタートルネックがいるって言うの」

凛「なんでちょっと偉そうなの」

P「で、ノースリー」

凛「もうわかったから、三回も言わないで」

P「はい」

凛「それで? なんだっけ。私の今の恰好がその、卑猥に見えるわけ?」

P「卑猥って言い方はなんか違う」

凛「うん。それはそうだよね。普通の服着てるわけだし」

P「わかんないかなぁ」

凛「ごめん。本気でわからない」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1517503490

続きを読む

タグ:

モバP「ウチのアイドルたちとプチ修羅場」

2: ◆Y0Lmk/CZYI 2018/01/31(水) 23:15:01.52 ID:hlXhHMkm0

とある日の事務所


モバP(以降P)「あ~仕事やる気しねえ……」グデー

緒方智絵里「プロデューサーさん元気だしてくださいっ」

P「とは言ってもなあ…最近智絵里が出るイベントの仕事もないし……」

智絵里「それはそうですけど……でも、みんなが活躍してるのを見るのははすごく嬉しいですよっ」

P「ごめんなあ……。乃々~お前も智絵里のイベントなくて寂しいよなあ~?」ノゾキコミ-

森久保乃々「ふえッ!?なんでもりくぼにふるんですか……?」ビクン

P「いや、なんとなく」

乃々「なんとなくでふらないで欲しいんですけど……!」

P「ふらないで欲しいとか言いながら俺のスラックスの裾掴んでる乃々マジ可愛い」

乃々「あぅ……///こ、これは別にかまって欲しいとかそういうんじゃないんですけど……!」アセアセ

P「あ~はいはい。乃々も智絵里も可愛いなあ~」ナデナデ

智絵里「はう……///」

乃々「あうぅ……///」

続きを読む

タグ:

【18禁艦これ】秘所感大淀~絶対隷奴の服従陣2~

1: ◆YzsQKkaIIQ 2017/05/25(木) 20:59:37.98 ID:q24s9CWm0
久しぶりなので初投稿です

【18禁艦これ】従順孕艦高雄~絶対隷奴の服従陣~


これの続きというかスピンオフ的な
なんで↑を読まなくても大丈夫だと思いますん

続きを読む

タグ:

碇シンジ(24)「あの頃は大変でした、今ではいい思い出です(笑)」

3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/01(木) 21:50:37.98 ID:71L5TGjOP
シンジ「当時の子役って台詞噛まなきゃそれでいい、みたいな風潮があって。」

ゲンドウ「それが嫌だった と」

シンジ「現場でも僕だけ演技指導が無い。悔しくてずっと隅で練習してましたね(笑)」

シンジ「でもやっぱり誰も相手にしないんですよ。その内嫌になっちゃって。」

レイ「その僻み芸が活きちゃったんだ(笑)」

一同「(笑)」

シンジ「そう(笑)。中盤、僕が鬱になってく辺りからリアルな演技だって褒められ始めた。」

続きを読む

タグ:

幸子「今日、私はボクを卒業します」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/26(土) 18:00:37.33 ID:i8kqGCrS0
事務所から外に出ると冷えた空気が頬をはたきます。
11月の末とはいえ、この冷え込みは相当です。

夜空には厚く雲がかかっていて星は隠れていますが、見上げた視線をゆっくり落としていくと、街のあちこちでイルミネーションが輝いています。
迎えの車を待ちながら、私は人工的な星の瞬きを眺めていました。

SSWiki :http://ss.vip2ch.com/jmp/1480150836

続きを読む

タグ:

【ガルパン】優花里「我ら大学生!」エリカ「ウェーイw」

1: ◆45SR4r0flud5 2016/09/27(火) 20:11:18.61 ID:UxA90TgcO
※注意:優花里とエリカがやらかします

優花里「いやぁ、大学生になってからおめでたいこと続きです!」

エリカ「本当よね。わたしはみほと仲直りできてあんた達とも仲良く飲みに行ける!」

優花里「今日はサシですけどね!それにわたしは西住殿とお付き合いすることになりましたし!」

エリカ「ちょっとぉ、どっちの西住よ?」

優花里「おっと失礼、みほ、とお付き合いしています!」(キリッ

エリカ「何よそのドヤ顔www」

優花里「あれあれぇ?そういう逸見殿はぁ?」

エリカ「隊長とお付き合いさせていただいています」

優花里「ちょっとぉ、それじゃあどこの隊長かわかりませんよぉ~」

エリカ「あら、黒森峰の隊長、まほさんに決まってるじゃない!」

優花里「ですよねーwww」

優花エリ「「ハッハッハッハッ」」



SSWiki :http://ss.vip2ch.com/jmp/1474974678

続きを読む

タグ:

モバP「石の下の蛇」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/09(日) 22:42:00.76 ID:pmc/dcOM0
モバマスSSです。

ペキッ

楓「あら…?」

楓(何か踏んだかしら…)

楓「気のせいかしら」

楓(久々にちひろさんやPさんと飲んだから、酔ったんですかね…)

SSWiki http://ss.vip2ch.com/jmp/1370785320 >

続きを読む

タグ:

【R18】梅木音葉「二人に響く愛と本能」

1: ◆agif0ROmyg 2017/06/11(日) 21:53:28.86 ID:hNl4eUND0
アイドルマスターシンデレラガールズの梅木音葉のR18SSです。




撮影など、旅先での仕事が少し遅くなった時。

彼はよく私をホテルに誘います。

私、アイドル梅木音葉を担当しているプロデューサーは、これでなかなか有能な方で、普段の仕事の差配はとても上手く回してくれています。

そんな彼が、折り悪く宿が空いてなかったなんて言ってくるのは、いかにもわざとらしい。

でも、そんな適当な嘘を言ってくることも承知の上。

強引に誘わないのは彼の最後の職業人としての挟持なのでしょうか、それともそうすることで私の心のガードが緩むと考えているのでしょうか。

おそらく両方、なのでしょうね。

そうして、私たちは今夜も、いわゆるラブホテルに向かいます。

駐車場からすぐ入れるため、私達みたいなアイドルでも案外利用しやすいのが嬉しいですね。

他の利用者から顔をまじまじ見られることもまずありませんし。

それに何より、普通のホテルとはぜんぜん違う、この淫靡で薄暗い雰囲気。

部屋を選んで鍵を受け取るだけでも何か煽り立てられているような感触があります。

このホテルに来るのは初めてですけれど、ラブホと呼ばれるような建物はどこもおおむね同じ。

薄暗くて微かにロビーに音楽が流れてたりして、でもそれ以上に耳に飛び込むのはベッドの軋み、シャワー、そして嬌声。

ビルの中に部屋がたくさんあって、その全てが男女の睦み合いのためだけに作られた部屋で、何組ものカップルが絡み合っている……

薄い壁や床、天井を隔てて声が漏れ聞こえる、こんなところ。

手を引かれて歩いているだけでも、私の視界に淫らな色が満ち溢れて、言葉にできない衝動が脳神経をかき回します。

扉の向こうから艶かしい色が漏れ聞こえてくる、その部屋の前を通ると、狂気を孕んだ喘ぎ声が視界の端に広がって目を背けることなどできません。

まるで男性がいやらしいDVDか何かを見ているときのように、私も焚きつけられてしまいます。

鍵を開けて私たちの部屋に入った時には、もう出来上がってしまっていました。

狭い中に大きなダブルベッドを無理やり詰め込んだ、寝ることしかできない部屋。

そう言えば彼とこういうホテルに来るのは久し振りのことですね。

私は未成年で、まだお互いの家におおっぴらに出入りできるような関係ではありません。

そのせいもあって、彼とは結構なご無沙汰。

認識すると、改めて興奮してきました。

奮い立っているのは私だけでなく、彼の方も呼吸がちょっと荒くって。

そんないかにもオスっぽい色、誘ってるんですか私を。

発情してるのを魅せつけて、こんな狭い部屋、呼吸すら淫らに響きます。

ここはもう正気でいられる場所じゃありません。

傍に立つ彼にしなだれかかって、首に手を回し、そのまま唇を合わせました。

部屋に入ってすぐ、靴も脱がずにこんな風にキスするのは、本当に欲望をもて余し切っていたみたいで少し恥ずかしいですけれど、実際そうなんですから仕方ありませんね。

私より少し背の高い男性と立ったままキスするのは、あまりやりやすいものでもありません。

でも、今まで何回もやったことですし、相性も悪くないようで、すぐに没頭してしまいます。

プロデューサーさんの舌が私の口の中にぬるりと入り込んできて、粘っこい唾の体温で頭の中が染まっていきます。

触れるだけの軽いキスでは物足りない。

お互いの口を啜りあう貪欲な口付けで、頭の中をかき回してほしい。

粘膜と唾の鳴る音で、私はゆっくりと狂っていきます。

何も味なんかついていないはずなのに、どうしてこんなにキスが美味しいんでしょう。

目を閉じてこの感覚に浸るのもいいのですが、そうしたところで淫らな色は消えてくれません。

続きを読む

タグ:

長門「駆逐隊からバレンタインチョコをもらいたい」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/14(火) 23:33:00.20 ID:8Ntaawkg0
陸奥「なに?」

長門「手作り本命チョコをもらいたい」

陸奥「……はぁ」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1487082779

続きを読む

タグ:

アスカ「バレンタインデーにチョコ?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/03(月) 20:56:14.97 ID:dBg6YBHwP
ヒカリ「うん、日本のバレンタインデーはチョコを渡すのよ」

アスカ「ふーん」

ヒカリ「……あんまり興味なさそうね?」

アスカ「だって、私、付き合ってる人いないし」


ヒカリ「日本では別に付き合っていなくても、あげていいのよ」

アスカ「そうなの?」

ヒカリ「うん。好きな人、憧れている人、日頃お世話になっている人……そういう人にあげるの」

アスカ「へぇ」

続きを読む

タグ:


お知らせ
また、サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
カテゴリをあいうえお順にしました、

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
ピックアップカテゴリ
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク