真姫「にこ生って何かエロいわね…」にこ「!?!?」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/24(木) 04:32:00.33 ID:0jIXdzG2O
にこ「い、いま何か言った?」

真姫「はぁ?なによいきなり」

にこ「いまその……」

真姫「?」

にこ「に、にこがどうとか…えろがどうとか…」ボソボソ

真姫「なに?聞こえないわよ」

にこ「な、なんでもないわよ!!」

真姫「なによ意味わかんない」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1406143920

続きを読む

  タグ:

比企谷「雪ノ下が産婦人科から出て来た」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/07(日) 12:05:16.54 ID:rQtYb2XJ0
比企谷「おい、まじかよ…」

雪ノ下「…あら?」

比企谷「…うっす」

雪ノ下「こんなとこで会うなんて…奇遇ね」

比企谷「ああ、そうだな…その…俺は何も見てないことにするから気にすんな」

雪ノ下「何がかしら?」

比企谷「いや、なぁ…」

雪ノ下「ここから出て来たことに関して?」

比企谷「まぁそうだな…その、大変だなお前も」

雪ノ下「…なぜ他人事みたいに言ってるのかしら?」

比企谷「ん?」

雪ノ下「あなたももう父親になるんだから…その…しっかりして」

比企谷「…は?」

続きを読む

  タグ:

フレンダ「何故か生き返ったっぽい訳よ!」駒場「…そのようだな」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/02(月) 20:36:12.19 ID:Us8iXRtu0
――深夜・操車場

ブロロロロロ… ガチャッ

木山「…よし、誰も居ないな。この実験は誰かに見られると非常に困る。なにせ禁忌に触れるものだからな」

木山「さて、さっそく準備をするとしよう」ガサガサ

木山「…完成しているといいが。一度命を失ったあらゆるものを蘇生させる禁薬『蘇生薬』!」

続きを読む

  タグ:

クリスタ「ユミルを好きになるお話」ユミル「ほう」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/07(金) 01:19:14.94 ID:uskRd4wD0
『クリスタ―――』



錆びついた鉄の匂いと、火薬の匂い、それと生臭さの中でわたしは目が覚めた。



今は朝だろうか、昼だろうか、それとも夜だろうか。暗闇の中では時間の経過は分からなかった。
そう言えば、どうして自分はここで寝転がっていたのだろうか。なぜ、みんな同じように転がっているのだろうか。


なぜ、転がっていると理解できるのだろうか。


視界の隅に、窓から差し込む光が過った。光が過った床面は赤黒く染まっているように見えた。
なぜ、この部屋はこんなにも気持ちの悪い匂いで満たされているのか。光はすぐに消えた。やはり、光の中でみんなが転がっているのが見えた。


今更ながらに、怖くなった。わたしは立ち上がろうとして、足が異常に重たいのを感じた。足が動かなければ、戦えない。


戦う?



――――あいつらと、戦う?



そうだ、やらなければ食べられてしまう。クモの糸に絡まれるチョウのように、カマキリに噛り付かれるイモムシのように。
私たちは食べられる側なのだ。だから、いつも周りを見ておかなくてはならない。それが、壁の中だったとしても、やつらは壁を越えてくるのだから。ひと時たりとも安心できるはずなどないのだから。



―――壁よりも大きなあいつらと、戦う?



こんなに不安を抱いていて、今にも張り裂けそうな心臓しか持ち合わせていないのに?


こんな筋肉のついていない身体で?


一人で?



―――君は一人じゃない―――



誰かが、最後に言い残して言ったような気がする。耳元に残ってはいたけれど、すぐに消えてしまうような、そんな砂礫のような印象。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1370535554

続きを読む

  タグ:

千川ちひろ「猿知恵?」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/10(月) 21:55:03.27 ID:+pKVNC1a0

P「漢字じゃなくてカタカナのサルヂエですよ。テレビ番組の。
 今度一回限りで復活するんですがウチの事務所に出演オファーが来てましてね」

ちひろ「ええっ!?あのイイ大人がサルにバカにされながらなぞなぞを解く番組ですか!?」

P「そうです。早く正解した人が優雅にくつろぎながら他の回答者を煽るアレです」

ちひろ「すごいじゃないですか!一時はゴールデンまで進出した人気番組ですよ!」

P「進出した途端打ち切られましたけどね……」

ちひろ「そ、それはまぁ……でも、どうしてウチにオファーが?」

P「リアルな話、やっぱり一度打ち切られた番組なので予算が限られてるらしいんですよね。
 あまり大物芸能人は使えないみたいなんですよ。枠も深夜ですし」

ちひろ「なるほどなるほど」

P「ただ人気番組だったことには変わりないので、これはかなりのチャンスですよ」

ちひろ「そうですね!」

P「じゃあちひろさん、いっしょにがんばりましょう」

ちひろ「はい!
    


    ……………え?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1370868902

続きを読む

  タグ:

揺杏「悩みがあってだな」 爽「ほほう」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/02(土) 23:35:19.04 ID:xxCS/FZR0
爽「聞くには聞くけど、それは私に相談することなのか? シスターなり牧師さんなり、この辺は探せばいるじゃないか」

揺杏「んー。まあ、人間関係に関することだし私個人に詳しいやつに訊いたほうがいいのかなぁと」

爽「よし、いじめでも恋愛でも遠慮なく相談しなさい。私はお前の味方だよ」

揺杏「悪いけど、爽の期待してそうなセンセーショナルな話題ではないよ」

爽「そっか……」

揺杏「あからさまに凹むなよ」

爽「私の中の野次馬根性が見る見るうちに萎んでいくのを感じる……」

揺杏「堂々とクズみたいなこと言うね!」


SSWiki :http://ss.vip2ch.com/jmp/1467470118

続きを読む

  タグ:

勇者「あなたはいつでもそうやって…」【後編】

前スレ:

勇者「あなたはいつでもそうやって…」【前編】



265: ◆jPpg5.obl6 2012/12/13(木) 21:09:44.10 ID:y6+XiQLs0
都ー門ー

門番「誰だ貴様!! こんな夜更けに都に何の用だ!?」

僧侶「弐の国の王の命できた、名は僧侶…勇者様の守り手だ」

門番「勇者の守り手? 肝心の勇者様は来てないのか?」

僧侶「勇者様は伍の国に居る賢者に会いに行っている、私だけだ」

門番「魔族・魔物に侵攻されてるってのに助けに来てくれないのかよ、けっ…何が勇者だ」

僧侶「黙れ…」

門番「な、なんだよ?」ビクッ

僧侶「オレが魔族・魔物全て殺せば問題無いだろう」

門番「っ!!」ゾクッ

コイツ、何て目をしやがる…

今、話しているだけで刃を突き付けられている様だ。

門番「入れ…都には城から騎士達が来てくれてる」

僧侶「そうか、分かった」ザッ



門番「守り手? あれじゃあ、まるで…」

続きを読む

  タグ:

勇者「あなたはいつでもそうやって…」【前編】

1: ◆jPpg5.obl6 2012/12/03(月) 02:02:31.47 ID:1z5tvHI00
「魔族と内通し勇者の情報を流したのは貴様だな?」

「私だけではない!!他にも魔族と内通している貴族達が居るはずだ!!なのに私だけを裁くのか!?」

「貴様を始末した後に奴らも始末する…勇者に仇なす者には死を…」

「頼む!!妻と娘がいるんだ見逃してくれ…」

「お前も貴族ならばオレがどのような存在かは知っている筈だ……」

「やめろ、助けてくれ…」

ヒュッ

「助けゃッ」

ブシャッ…ゴロン…





「神よ、この者の魂を救いたまえ…」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1354467751

続きを読む

  タグ:

佐藤心「少女の夢を応援していた一人の男の話」

1: 名無しさん@おーぷん 2018/07/22(日)00:00:05 ID:6O6
アイドルマスターシンデレラガールズです。
佐藤心さんのお話ですが、あまり出てきません。

続きを読む

  タグ:

男「今日誰も家に来なくてよかったぁ~! ぼっちでよかったぁ~!!!」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/18(水) 22:38:12.01 ID:bbL2xROn0
AM6:00――起床



男「ふあぁ……朝か」

男(私はいつもこの時間に起床する)

男(起こしてくれる人などいない。なぜなら私はぼっちだから)

男(だが、いいのだ。少なくとも今日に限ってはそれでいいのだ)

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1531921091

続きを読む

 

にこ「やーんお嫁に行けなくなっちゃうにこー」キャピ 真姫「!」

1: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/20(金) 23:17:43.92 ID:HcpMNchY
真姫「わ、私が貰ってあげても――」ボソ


絵里「にこは良いお嫁さんになれそうね」ニコニコ

にこ「はぁっ!?//」


穂乃果「あー!絵里ちゃんがにこちゃん甘やかしてるー!」

凛「えこひいきは良くないにゃー」

絵里「ちょっと、別に甘やかしてなんか…」


ワイワイガヤガヤ





真姫「…」イライラ

続きを読む

  タグ:

妲己「久しぶりねぇん、ハンバーグ師匠」

1: ◆LYNKFR8PTk 2017/05/11(木) 22:37:51.31 ID:X25n3K9O0
ハンバーグ師匠「よう妲己!! この王宮も変わらねえな!!」

妲己「懐かしいわねん……数年前までわらわと一緒に王宮にいたわねん」

ハンバーグ師匠「懐かしいな!! 確かあの時は……」











紂王『ハンバーグ師匠……なんだこれは』

ハンバーグ師匠『熱々の鉄板だ!! これで処刑するぜ!!』

梅伯『……』

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1494509871

続きを読む

  タグ:

六花「むぅ……ゆうたぁ……♡」

1: ◆S0EQ4FQIRE 2018/07/21(土) 15:57:16.15 ID:bljMZ0rY0
六花「むぅ……ゆうたぁ……♡」

中二病でも恋がしたい!SS

SSWiki :http://ss.vip2ch.com/jmp/1532156235

続きを読む

  タグ:

佐天「打ち止め?」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/04/29(月) 22:47:33 ID:e5SDndMA

佐天「それでも戦いたくない」



の続きで、禁書目録5巻の再構成です。
地の文ありで、多少キャラ崩壊があるかもしれません。
こんなのでよければどうぞ。

続きを読む

  タグ:

ゲンドウ「ゲンドウは逃げんどうwwwwwなんつってwwwww」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/20(火) 10:41:23.33 ID:tan1oeoh0
ゲンドウ「・・・」
冬月「・・・」
ミサト「・・・」
リツコ「・・・」
マヤ「・・・」
日向「・・・」
青葉「・・・」
レイ「・・・」
マリ「・・・」
シンジ「えぇ・・・?」
アスカ「うわぁ・・・」

ゲンドウ「冬月」

冬月「なんだ碇」

ゲンドウ「只今をもって初号機と弐号機のパイロットを更迭する」

アスカ・シンジ「!?」

続きを読む

  タグ:


お知らせ
また、サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
カテゴリをあいうえお順にしました、

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

Twitter

SSなびのTwitterアカウントです

最新記事
ピックアップカテゴリ
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。